2006年02月28日

フランス人の男子学生が求めた日本のうつくしいもの  その三

彼がこだわる日本のうつくしいもの。今日は日本の鉛筆と小さな絵を探しました。
これが、本当にむずかしゅうございました。それでも、日本のお土産ハンターとしての意地をかけてご紹介したいと思います。

過去の関連記事
フランス人の男子学生が求めた日本のうつくしいもの その一
フランス人の男子学生が求めた日本のうつくしいもの その二 日本のアルバム

フランス人の方への日本のお土産

残念ながら画像を勝手に掲載できませんので、各テキストをクリックしてご確認下さい。
お品物によっては、ネットで購入できない物もあります。

国宝の絵画が文房具になってます。お値段も高くありません。

美しい日本の文房具 東京国立博物館ミュージアムショップ

彼の意向から外れますが、個人的にちょっと欲しくなってしまった「はにわスタンプ」や「はにわのぬいぐるみ」があります。「考古鉛筆」が美しいかは、ページからはわかりません・・・。

キッズコレクション 東京国立博物館ミュージアムショップ

どこまで精密に再現されているのか不明ですが、ミニチュア絵巻物の鳥獣人物戯画や、ミニチュアの屏風があります。

インテリアグッズ 東京国立博物館ミュージアムショップ

小さな絵という点では、貝合わせはとても美しい日本のお土産ではないでしょうか。

貝合わせ(源氏物語絵巻シリーズ)「みかわ工房」

「ごじゅうおん」と読みますが、ボールペンと鉛筆専門のお店の名前です。
とても可愛らしくて、まあ、こんな鉛筆があるの!という驚きと発見を売っているそうです。
残念ながらお店のウエブサイトは無いので、紹介したコラムをご紹介します。

ボールペンと鉛筆にこだわりぬいたショップ「五十音」

五十音(ごじゅうおん)
銀座4-3-5 松輪ビル裏1F 宝童稲荷前 03-3563-5052

果たして、今日の記事の中に「彼のイメージする日本のうつくしいもの」あるのでしょうか・・・。

みなさんも、良い情報がございましたらぜひコメント下さいませ。

このブログ「受ける!喜ばれる!日本のお土産」のトップページへ


建設途中ですが、私のサイトです。
ブログで紹介したものを探しやすいリストにしていきます。
日本のお土産



(ads by amazon)
  

Posted by omiyagejapan at 01:13Comments(0)TrackBack(0)