2006年04月30日

記念日のステキな贈り物 メモリアルテディ

私がアメリカの友人の大切な記念日に贈った品物です。表情がとても愛しいメモリアルベア。

teddy1teddy2

◆『メモリアル・ベア  2006年限定モデル』◆


お取り扱い店
◆ボッシュ・シゴ−ニュ◆


おひとり、おひとりの出生時の身長、体重にあわせて手づくりされる本格的な、オーダーテディベアです。左足裏には、「赤ちゃんとご両親のお名前」、「バースデー」、「バースタイム」、「身長」、「体重」が刺繍されます。

あのバッテリーの作家「あさのあつこさん」も、娘さんの成人式に弟さんからのお祝いとして受け取って、図らずも涙ぐんでしまったテディベアのシリーズです。

なんでも20年前に、お嬢さんを初めて抱き上げた時の重みを思い出してしまったからだそうです。

「ああ、そうよ。こんな感じだった・・・。」と。(日経新聞の記事より)

他参考→”メモリアル・ベア” を紹介した多数のメディア


アメリカでは、キログラムではなく体重は「ポンド」、身長は「インチ」であらわしますので足の刺繍もそのようにお願いしました。ただ、作っていただく方の為に、それぞれをキログラムとセンチメートルに換算する必要があります。

(↓ポンドやインチが、入力するだけでkg,cmに換算してくれるので、便利なページです。)
度量衡換算 - 重さ(ポンド・オンス)
度量衡換算 - 長さ(フィート・インチ)

お祝いとしては、息子さんあてなんですが・・・・、友人が涙ぐむかもしれません。

(追記*記念日について)今日は、長くなります。

アメリカから、立派なカードが届きました。友人の息子さんのBar Mitzvahの式典への招待状です。

旧約聖書の民、ユダヤ人が子供を一人前の【成人】と認めるのが【13歳】です。
ユダヤ教では、この13歳の成人式は人生の大切な節目として、子供の成長を家族、親族、友人と共に盛大にお祝いする大切な行事となっています。これがBar Mitzvah(バル・ミツバ)の式典です。

この式典が友人にとって、人生の本当に大切な記念日になる事を十分理解していましたので、ちょっと奮発しても相応しい贈り物をずっと探してました。(通常はお金でお祝いをあげるようです。)

(その他、候補にしたもの)
Think the Earth アースウォッチ(地球時計)

日本の記念アルバム

海外にいるとおよばれされるかも知れない宗教的行事には、こんなものもあります。
特に、お子さんの親しいお友達関係で招待される事があるので、知っておくと良いと思います。

(キリスト教)
*First Holy Communiont(初聖体)とは子供が初めて聖体(特別に聖 なるものとされたパン)を頂く事で、およそ10歳の子供がその為の準備の勉強をした上、初めて聖体を戴くことを呼ぶ。

アメリカのように、多数の民族の集まる国には勉強しておきたい事がいっぱいありました。

子供達にも読み易く絵本になった宗教に関する本。(年中行事など写真入で出ています。)
ニュージャージーの紀伊国屋で見たら、すごく高かったのでたまげました。

↓国際理解という意味でも自宅にずらりと並べておきたい絵本です。
宗教というのは、中々難しいものなのですが、海外で知り合った相手の宗教を勉強する意思を示すことは、とても優しい印象を与えるようです。完全に理解できなくても、理解しようとする姿勢が大事なのではないかと・・・・。(えらそうですみません。)

よくわかる世界の宗教―国際理解に役立つ〈2〉キリスト教

よくわかる世界の宗教―国際理解に役立つ〈3〉ユダヤ教


よくわかる世界の宗教―国際理解に役立つ〈1〉イスラム教
よくわかる世界の宗教―国際理解に役立つ〈4〉ヒンズー教
よくわかる世界の宗教―国際理解に役立つ〈6〉仏教
  

Posted by omiyagejapan at 00:30Comments(0)TrackBack(0)