2007年02月23日

話題のマクロビ(Macrobiotics)

今日の日経の夕刊に、「和の食材、外から磨く」という記事がありました。

 国内でさほど評価が高くなかった料理や食材が、外国人の手によって輝きを取り戻し、日本で静かに再認識されつつあるという内容。玄米菜食が「マクロビオティック」という横文字になって、注目されているとあります。

マクロビ(マクロビオティック)とは、日本古来の玄米菜食を基盤にした食養法。4〜50年前に米国に紹介されて現地でじわじわと浸透してきたそうです。特に歌手のマドンナさんら著名人がマクロビを実践しているとの情報で、数年前から国内の新しいものに敏感な人たちの間で話題になっているそう。

アメリカの方は、太っている人はとてつもなく太っていますが、健康に気をつけている人はとことん健康に気をつけている。

「なぜこうも両極端なのか??!!」とよく感じましたが、これから海外へ出られる方、
お米の国から行くわけですので、マクロビオティック−Macrobiotics−という言葉を知っておくと、いざ話題になったときに困りませんよ〜。

追記)マクロビオティックを実践しているアメリカの著名人。
カーター元大統領、クリントン大統領、マイケル・ジャクソン、故ジョン・レノン、故ジョン・デンバー、トム・クルーズ、マルチナ・ナブラチロワ、陸上競技のカール・ルイス、リッツカールトンホテルのシュルツィ社長などの実業家も多数。200万人に及ぶと言われています。


↓上記著名人を指導する「久司 道夫」さんの本。マドンナのレシピもあります。

久司道夫のマクロビオティック 美しくなるレシピ


↓英文対訳つきのレシピ集。

中島デコのマクロビオティック パンとおやつ


↓こちらは、大きくて見やすそう。

Dr.クロワッサン 体の中からきれいにする食べ方。健康マクロビオティック料理


実は、玄米菜食というのは狭義でのマイクロビオティックの考え方です。
広義においては、ZENや陰陽が入ってくるようで、かなり難しいです。

英語サイトをちょっぴりサーフィンしていたら、

Findarticles(記事探し)のサイトに、ZENとからめたMacrobioticsの記事がありました。

findarticles.com MACROBIOTIC: Zen and the Art of Metabolism Maintenance(英語です。)

私は知らなかったんですが、陰陽(いんよう)って、yin and yang って英語で書くんですよ。

へぇぇぇぇぇ〜。

↓は、Macrobioticsに興味はあるが、yin and yang (陰陽)なんて小難しいと思っている方へ。
※注 洋書です。



The Hip Chick's Guide To Macrobiotics: Great Food For A Fabulous Body And Radiant Mind

  

Posted by omiyagejapan at 20:33Comments(0)TrackBack(0)