2005年07月05日

そば猪口は、粋で優れものの器です。

sobachokosalada
景徳鎮 蕎麦猪口(そばちょこ)
 そばちょこは、「そばつゆを入れるだけ」ではありません。

普通のサラダもすごくお洒落にみえてきますね。

自由な発想で、ひとつの器を多目的に使いこなすのも器を使う楽しみのひとつですが、そば猪口ほど応用が効くものはありません。例えば、朝の食卓だと1人分の納豆やジャムや卵を入れたり、アイスクリームやあんみつを入れておやつのテーブルに・・・・

夕食の食卓には、手巻き寿司の具のきゅうり、スティックサラダやディップを入れたり・・・

アルミで蓋をすれば、茶碗蒸し器にだってなるんです。もちろん、コーヒーやお茶、ワインを入れても持ち易さは抜群です。


  
ちょっと欠けたりヒビが入ったそば猪口は、捨てる前にもう一活躍。小さな植木鉢として、小ぶりの観葉植物を植えてもステキです。(穴がないので、水やりに注意です。)

さてさて、「蕎麦猪口」といえばもうひとつ行きたいお店がありました。



高山寺鳥獣戯画のそばちょこ


小さいタイプも有ります。


高山寺鳥獣戯画のそばちょこ(小)


上記、ふたつは、2005年05月26日の記事と同じお店です。
箸置きが大好きです−季節を大切にする日本文化−

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/omiyagejapan/26105230