2005年06月29日

ふろしきマジック 「つつむ」「結ぶ」日本のお土産

私は、着付け講師という仕事柄「布もの」と「結ぶ」ことが大好きなので、いろいろな「包む」「結ぶ」本を買ってきてはいろいろ試してみました。当時は「マイナー」な部類の趣味だと承知していましたが、これが海外生活でとても役立ったのです。

折り紙」も外国の方には大好評でしたが、この「結ぶ・包む」というプレゼンテーションもかなり注目されました。そして好きなことをして皆に感動してもらえるって、ものすごい快感なんだって気付きました。

こちらをぜひご覧下さい。
和雑貨を現在にいかす「シルコット」



ご覧になっても分かるようにすごく素敵でしょう? 特に「ふろしきマジック」。
写真にあるような無地の大判の日本的な色ものが何枚かあると、あとは手持ちの風呂敷とのアレンジで十分なインパクトがあります。ご招待された時にワインを綺麗な風呂敷に包んで持っていけば、「ほどくのがもったいない。」と言われますよ。



無地ふろしき


そうそう、そして冬になったらホストマザーにスカーフを結んであげましょう。
私はホームステイしたことはありませんが、YWCAで知り合ったおばあさまに結んであげたら、とても喜ばれました。首に結んであげるのが抵抗ある場合は、バッグの取っ手などにちょっと飾ってあげるのもいいかもしれません。

人に結んであげなくても、毎日違う結び方で学校やオフィスに出かけたら、そのうち「いつも素敵にスカーフ結んでいるけど、どうするの?」と同級生、同僚に聞かれることまちがいありません。

<ご注意>↓の本のものは、ふろしきでなく本物のスカーフを使っています。

6c52aeb9.gif
スカーフ・ストール・マフラーStyle Book―完全マスター!キレイな結び方

スカーフの折り方・結び方から、おしゃれ傾向別スカーフの選び方、手入れ・シミ抜き・収納法まて、エッセで特集した情報が1つにまとまった豪華本です。(の割りに安くてコンパクト?)


ブログ内のその他のふろしきの記事

ふろしきの本がたくさん出ています。

↓包んで楽しく、贈ってよろこばれるふろしきラッピング60種類を写真とイラストでわかりやすく紹介。海外の方のために、英訳も付けました。四季折々、贈り物の場面に活かせます。
ふろしきの贈り物―包むたのしさ、贈るしあわせ


ふろしきの包み方「英語訳」
Gift Wrapping with Textiles ふろしきラッピング (英文)


暮らし結びのすべて―包む・束ねる・しばる・まとめる・運ぶコツ 全222種


包むこころ―風呂敷


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/omiyagejapan/26569774
この記事へのコメント
昨日は書き込み有難うございました
その後いかがですか?随分ブログの内容も充実してますし
成果が上がってませんか?
セミナーの懇親会に出られませんでしたので、お目にかかれませんでしたが
今までの経験からの商品紹介色々な楽しい商品を載せてますね
又何かございましたら、コミニケーションさせて下さいませ
有難うございました
Posted by きちはな at 2005年06月29日 09:31
昨日は、なんだか場違いな書き込みですみませんでした。お返事、ありがとうございます。

ひとつの記事を書くのに、とことん調べたりして時間がかかるのを何とかせねばと思っています。正直申し上げて、成果はほとんどまだありません。
時給にしたら、1円にも満たないという感じです。(笑)

ただ、とにかく探してきて紹介するのが楽しくて楽しくて、ついつい睡眠時間を削ってパソコンにしがみついてしまうので、時間を上手に使わなくてはと痛感しているこの頃です。
Posted by 美月 at 2005年06月29日 15:36