2005年07月04日

日本人が忘れてしまったもの・・・

日本の古都を愛し、坂東玉三郎と親交を結び、京都の庵で暮らすアメリカ人Alex Kerr (アレックス カー)さんの本、
犬と鬼―知られざる日本の肖像の日本語版と英語版です。


犬と鬼―知られざる日本の肖像


Dogs and Demons: Tales from the Dark Side of Japan


衝撃的日本論!肌で感じる痛切さがあり、率直で熱烈、有益で強烈ですが、失われつつある美しい日本の姿を残していきたいという情熱、日本への愛情が行間ににじんでいます。


Best Friendsを日本帰国時のプレゼントとして、私に贈ってくれた友人に差し上げたい本です。

彼女なら、日本に対して明快で鋭い観察(時に辛らつ)があふれているこの本の中に、重要で意外とロマンチックな部分がある事を理解してくれると信じています。

現在、アマゾンブックスでのカスタマーレビュー数は19件です。読んだ感想、評価はひとそれぞれですが、私は彼の感性に賛同致します。

「だって、私もとても日本が好きですから」

ちなみにアメリカ人である彼が、日本語で執筆した
美しき日本の残像は、新潮学芸賞を受賞しています。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/omiyagejapan/26752783