2005年10月02日

外国でのパーティで着物を着る方、背が高くなる「最強秘密道具」です。


icon
icon
ヒールたびセット
icon

これ、何だと思いますか?
「背が高くなる足袋」なんです。正確に言うと「ヒールを内蔵できる足袋」

↓足袋とヒール台が別々になっています。


 ヒール台


 ■ヒール専用足袋

↓こういうタイプのヒール足袋も持っています。こちらは軽量ですが履き心地と外見上で↑のタイプを使うことが殆どです。


私は、身長157cmしかありません。ですので、背の高いアメリカ人の中にあっては本当に子供のようです。
特にパーティなどでは、肌を見せるタイプのドレスなどでは太刀打ちできないわけです。

そんなわけで、いつも着物を着ることが多かったのですがそんな時に大活躍したのがこの「ヒール足袋」です。すごいでしょう。知らなかったでしょう。着物をよくご存知の方でも知らない方が意外に多いのです。背でお悩みの方、ここのブログを読んでいてラッキーでしたよ〜。

ヒールの高さ3.5cmプラス草履の高さ3.5cmとすると、なんとなんと 7cmも「背が高く」なる寸法です。
これだけ背が高くなると、外国人と話す時もそんなに見上げないですみます。

難を言えば、自分の体重が草履の鼻緒に「ぎゅ」とかかる分、足は痛いです。
でも車で会場入り口まで行って、あと座っているならなんら問題はありません。

(ちなみに私はこのヒール足袋を装着したまま、ずっと立っていても大丈夫です。なんせちょっと背が高いだけで、着物姿もぐっと違うので気分がいいのです。)
→パーティの話題の記事書いてます。日本文化で外国の人々をうならせたい。

足袋は普通少し小さ目を選ぶものですが、ヒール足袋はヒールごと足袋を履きますので、少し(0.5cm)大き目をお求めになったほうがよろしいかもしれません。

最後にひとつだけ注意です。
お座敷などで正座する機会があったりすると、このヒール足袋を履いているとかなり厳しいです。正座はできないことをお伝えいたします。


お助けシューズ、男性用もあります。
背が高くなる靴「銀座de通販」


こちらは、シークレットシューズならぬシークレットソックス。
靴を脱いでも、背が高い!
ハイアップソックス(2足組)

ユキさんからのアイデア商品。初めて見ました。
足袋型のパンティストッキング!


ストッキング >竹炭足袋型パンスト M-L #3608(ベージュ)



最新の記事は、こちらです。↓
受ける!喜ばれる!日本のお土産


建設途中ですが、私のサイトです。
ブログで紹介したものを探しやすいリストにしていきます。↓

日本のお土産



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/omiyagejapan/50106043
この記事へのコメント
はじめまして。
ヒール足袋の使い勝手についておたずねしたいのですが、
ヒール台3.5cm+草履3.5cmで7cmアップなのですが、
別々の物で7cmも踵が上がるのでは、パンプスやブーツの時の7cmヒールより不安定になりませんか?
また、草履を脱いで足袋だけになってしまった時の動きやすさも気になりますが、畳の部屋でも平気なのでしょうか?
私も背が小さいほうなのでヒール足袋の存在を知ってからは、すごく憧れているのですが、不安な事も多くて、教えていただけたら助かります。
よろしくお願い致します。
Posted by ユキ at 2007年01月10日 21:55
はじめまして。
ヒール足袋の使い勝手についておたずねしたいのですが、
ヒール台3.5cm+草履3.5cmで7cmアップなのですが、
別々の物で7cmも踵が上がるのでは、パンプスやブーツの時の7cmヒールより不安定になりませんか?
また、草履%
Posted by ユキ at 2007年01月10日 22:00
5
ユキさん、お尋ねのご不安についてお答えいたします。

○階段の上り下りなどかなり不安定です。焦って早足したりすると、グネッっと足を捻挫してしまう可能性は高いと思います。さらに、自分の体重が草履の鼻緒に「ぎゅ」とかかる分、足は痛いです。でも車で会場入り口まで行って、あと座っているならなんら問題はありません。

○ブログの最後のほうに記しましたが、お座敷などで正座する機会があったりすると、このヒール足袋を履いているとかなり厳しいです。一度、そういう事態に陥った時ストールを足袋の裏にかぶせて座りました。靴をはいて正座するような苦しさです。ただ苦しさよりも足袋の裏側が座ると見える正座は、見た目上おススメできません。掘りごたつ式のテーブルなら、全く問題ないです。
Posted by 朔 美月 at 2007年01月12日 11:40
コメント欄に入りきらなかったので、2回に分けました。

いろんな意味で、ヒール足袋は「美の為の究極の選択」をせまられるシロモノかもしれないですね・・・・。私は愛用者ですが、お使いになるかどうかは悩まれる気持ちもわかります。

着物はもともと洋服より動きにくいものなので、その為所作に制限がかかります。ただ、その制御された所作が他人の目に美しく映るというのも事実。
私にとって、ヒール足袋は拷問ではなく美しい所作と姿の為の道具と考えています。でも転んで怪我をしないように気をつけることは大前提ですが・・・。 いつでもまたご相談下さい。
Posted by 朔 美月 at 2007年01月12日 11:46
お礼が遅くなりました。
私のコメント、二つも送られてたみたいで、すみませんでした。
私なりにも色々と調べてみましたら、爪先の部分まで一体化になったヒール台も発売されているようで、こちらのタイプだとヒール台と足の間に、さらに中敷を仕込んで痛みを和らげる方法を試しておられる方もいらっしゃいました。でも、このタイプの欠点は、底全体が厚くなってしまい、不意に滑ってしまったりして危ないとの事でして、足袋底に透明のゴムスプレーを吹き付けて、軽く滑り止め効果を付けると動きやすくなるそうです。
滑り止め効果のほかに、汚れが付きにくくなるそうなのですが、あまり厚く吹き付けると祭足袋のように滑らなくなって、すり足のような歩き方が出来なくなってしまうとも紹介されていました。
みなさん、研究されてるようで、感心いたしました。
どうもありがとうございました。失礼します。
Posted by ユキ at 2007年01月22日 21:49
5
ユキさん、ご連絡ありがとうございました。

爪先の部分まで一体化になったヒール台も発売されているとは、驚きました。でも痛いのは中々避けられないのですね。足袋の滑り止めにスプレーというのも斬新! 新たな情報をありがとうございますっっ。

昔は、一晩中着物好きのサイトをサーフィンすることもありましたが、今はすっかりご無沙汰していたので、ユキさんのコメントを読んで久々にネットの着物仲間のサイトを訪れてみたくなりました。

また、遊びに来てくださいね。再コメントとても嬉しかったです。
Posted by 朔 美月 at 2007年01月23日 23:35
こんばんは。
さらに調べてみましたら、ヒール足袋って、そうとう昔から発売されていたようですね。
『ファインゴム』って名前だったようで、検索してみると、昔風の宣伝文句などを見る事ができました。
宣伝文句を紹介しますと、
・ 旅行に ・・・ 二寸位なら誰でも高くなれます
・ 写真に ・・・ スラッとした良い姿になれます
・ 儀式に ・・・ 使っていることが目立ちません
・ 観劇に ・・・ いつでも手軽に使えて便利第一
・ 映画に ・・・ 気分がとても朗らかになります
・ 訪問に ・・・ 歩行することが楽になれます
・ 通勤に ・・・ 丈夫で長持ちのする新品質です
 
二寸というと約6cm弱くらいでしょうか。すごいですよね。
名前自体、かわいい感じですし、気分が朗らかになれそうな気がしてきますよね。
最後の宣伝文句は、???だったのでコピーしていません。
いかにも、昔って感じがしました。
Posted by ユキ at 2007年01月24日 20:49
ユキさん、いらっしゃいませ〜。 ささっ、座布団どうぞ。

ファインゴムで検索するとYAHOOでトップにくる「おとらのしっぽ」さんのサイトですね。いやあ、面白いっ! ユキさん、よく探してきましたね。すごい検索力です。脱帽。

こういう宣伝文句って、現代でも意外にヒットしたりして。

何というか、つっこみどころ満載で。(笑)

また、楽しいお話聞かせてください〜。ありがとう〜。
Posted by at 2007年01月26日 17:25
こんばんは。
まぁ、お座布団まで出して頂いて。(笑)
ヒール芯(長)の方を注文しました。爪先まで足裏全体のタイプです。
室内での動きやすさ、安定性は、ずれにくい分(長)の方が圧倒的有利だそうで、ただ、土踏まずから爪先の部分があるため、(短)よりも重くなるのだそうです。
早く届かないかなぁって心境です。
届いたら真っ先に中敷を試してみたいですね。たとえ5mmでも背が高くなったらなんて。(汗)
足裏全体に厚みのある物がどんな感じなのか、履いてみてからスプレーをしてみます。
それでは、また。
Posted by ユキ at 2007年01月27日 01:51
5
ユキさん、とうとう決断したのですね。
長いタイプで私も探してみました。喜久屋さんのでしょうか?
たしかに安定感がありそうですね。
足袋先はこれぐらいの厚さなら鼻緒の痛みも、短いタイプと変わらないかしら・・・。ふむふむ、興味深いです。

履き心地など、感想聞かせてくださいね。
私も買っちゃおうかなあ〜。
Posted by at 2007年01月27日 21:19
こんばんは。
>私も買っちゃおうかなあ〜。
是非、買っちゃってください。
なんか、初心者の私が何も知らないのにヒール芯(長)の方を注文したの、申し訳ない気がしてしまいます。
例えば、免許取りたての方がすごいスポーツカーなんて買ったような、そんな気持ちです。
ずっと使いこなしていらっしゃるようなので、きっと(長)は良いと思いますよ。
Posted by ユキ at 2007年01月27日 22:48
ユキ様、粗茶ですが。どぞ。

>初心者の私が何も知らないのにヒール芯(長)の方を注文したの、申し訳ない気がしてしまいます。
>例えば、免許取りたての方がすごいスポーツカーなんて買ったような、そんな気持ちです。

そんな事は、思いもよりませんよ〜。申し訳ないなんて考えすぎです。
ユキさんは、きっと着物サイトもよく読んでおられるようなので、最新情報は、きっと私などよりずっと詳しいはず!

だから、また教えてくださいね。
初心者でも運転のセンスがある人は、長年のペーパードライバーに勝るものです。はい。 
Posted by at 2007年01月30日 00:30
こんにちは。

>申し訳ないなんて考えすぎです。

そう言って頂けると嬉しいです。
差し支えなければ、
美月さんもヒール芯(長)を試してみてくださいませんか。
おそろいだったら気持ちが楽です。
結局、私、わがまま言ってるみたいですね。(汗)
ごめんなさい。
それにしても、遅いですぅ。
早く届かないかなぁ。
Posted by ユキ at 2007年01月30日 17:25
ヒール芯(長)、すぐにとはいきませんが、試してみたいと思います。

(長)とあるだけで必ずしも足袋の大きさにぴったり・・・というわけではないようですね。

そのあたりの履き心地なども確認したいなあと思います。

早く到着して欲しいですね。ほんとに。
Posted by at 2007年01月31日 18:05
こんにちは。
本日、届きました。
早速、開けてみました。
通販で届いた箱を開ける瞬間って、いつもワクワクしちゃいませんか?
着物も着ていないのに、普段着のままで試着しちゃいました。(汗)
足の裏全体が厚い物に覆われてるせいか、畳の上だと少し複雑です。
普段、フローリングの上で使ってるルームブーツは、和室に入る時には脱ぐように心がけていましたから、どこか、後ろめたい気持ちになりました。
美月さんにアドバイス頂いた、階段の上がり降りや、早足も試しましたよ。
思っていた以上に安定感が高くて、安心して動いていられました。
でも、底が布製って事を忘れて、普段のゴム底ルームブーツの感覚で動こうとすると滑りそうになるので、気をつけないといけませんね。(汗)
長々と、ごめんなさい。
Posted by ユキ at 2007年02月03日 18:12
とうとうご到着ですね。おめでとうございます。
私も通販のワクワクが止まらなくって、ついつい何度も買っているクチです。
>思っていた以上に安定感が高くて、安心して動いていられました。
そうですか〜、よかったです。
>足の裏全体が厚い物に覆われてるせいか、畳の上だと少し複雑です。
畳の上をスリッパや靴で歩いているような感覚ですよね。育ちが良いのが伺えますよ。ユキさん。
そうそう私は畳だと正座は出来ないので、そういうお出かけの時は普通の足袋です。ヒール足袋は立食やフロアー用。そういう「複雑な思い」は唯一自宅の畳の部屋で着付けている時です。

ご存知とは思いますが、着付ける前にはかないと特にこのヒール足袋は大変です。すそもヒール分少し長く着付けます。
(でないと上げ底が逆効果のつんつるてんになってしまいます。)

でも、間違いなく、着姿が素敵になります!
転ばないように気をつけて、ヒール足袋楽しんでね。
Posted by at 2007年02月04日 00:04
こんばんは。
いつもアドバイスして頂いて、ありがとうございます。

>すそもヒール分少し長く着付けます。

意外と気付きませんでした。もう少しで、つんつるてんになってしまうとこでしたねぇ。(汗)
それに、草履を履いたままの時に限定使用なんですね。ちょっと残念。
私のわがままで、足袋底にスプレーのゴムなんか加工しちゃったら畳を傷めてしまうかも知れませんね。(汗)
よそ様のお家に上がらせてもらう時、必ず上にカバーを履いて行って、玄関先でカバーを脱いでたのですが、
ヒール専用足袋って5枚コハゼの上に、踵にヒール芯のスペースがあるので、今まで使っていた普通のカバーが履けないですものね。(涙)
でも、5枚コハゼって今まで一度も履いた事がなくて、階段なんかで足を上げる時でも、裾をあまり気にしなくても良さそうで動きやすそう。
では、つんつるてんにはならないよう気をつけます。(笑)
Posted by ユキ at 2007年02月04日 18:40
つんつるてんという言葉が、お若いユキさまに通じてうれしいです。
書いてから「これって今時の言葉じゃないかも?!!」っておばさんは心配してしまいました。(笑)

私は、ヒール足袋をはかないときも5枚こはぜのストレッチ足袋がお気に入りです。綿100%でないので洗ったらすぐに真っ白になるし、ユキさんの言うとおり階段で裾を気にしなくて良いのが助かります。何だか足首が細く見える気がしないでもないし・・・・。(そこまで見えるほど裾を乱して歩くのも考え物ですが。)

踊りをしている方は、聞くところによると5枚こはぜらしいです。(日本舞踊も激しい動きのあるものは、すそが気になりますものね。)
Posted by at 2007年02月05日 10:04
つんつるてん。大丈夫ですよ。(笑)
私より若い子の集まりの中で、わざと『ハイカラ』とか遣って笑いを取ってみたりしてます。(汗)

5枚こはぜって、踊りをされる方用だったのですね?
今まで4枚こはぜを履いてましたけれど、スタッキング?(どうして【タ】なんでしょう)は、土踏まずに引っ掛けて膝下までのタイプじゃなく、
足先が足袋型に作られたタイツをずっと使っていました。
膝下のタイプを使っていて、弛んでしまった事が何度かありまして。(汗)
着物の時でも動きすぎなんでしょうか。大人しくしないといけませんね。
でも、タイツだと、さらに動いちゃってるようです。(汗)

ヒール足袋ならぬヒール靴下、発見しちゃいました。(笑)
URL載せると、いけないかもしれませんので、
『ハイアップ ソックス』で検索してみて下さい。

では、ヒール足袋でハイカラに決めたいと思います。(笑)
Posted by ユキ at 2007年02月05日 21:21
>5枚こはぜって、踊りをされる方用だったのですね?

詳しくはわかりませんが、私の友人はそういってました。

そうそうハイアップソックスと足袋型パンストを教えていただきありがとうございます!! 
紹介できるサイトで見つかりましたので、ブログ記事の本文に加えました。
ユキさんのご紹介と書きましたが、問題あれば書き換えます。

特に足袋型のタイツは感動的でした。寒がりの友人に絶対教えてあげます。
足袋ソックスの記事をまた書くときに、再度記事にしたいと思います。
良い情報ありがとうございました。

では、ヒール足袋でハイカラで決めてください。
Posted by at 2007年02月06日 12:05
>問題あれば書き換えます。
いえいえ、逆に、『ユキ』と書いて下さって、とっても嬉しいですよ。
足袋型タイツは、寒がり屋の私には、すごく暖かくて重宝させてもらってますけれど、ハイアップの方は、ウケを狙っちゃいました。(笑)
足袋って、底と横が別に裁断されて作られていてヒール台を入れていても、そう簡単には見破られないように思いますが、伸び縮みするソックスの場合は、ヒール台(あれもヒール台と呼ぶのかしら?)の膨らみが外に出ちゃってて、靴を脱いだ室内だと、すぐにバレちゃいそうですね。(汗)
足袋用でも、素材が硬めのヒール台の場合は、側面を薄いスポンジや綿でくるんであげると、踵のラインが自然な柔らかさに仕上がって、万一、他人に近くで見られたりしても全然安心していられるんだそうです。
↑この工夫、すごく良いなぁって感心しちゃいました。
こうなったら、とことん完ぺきにハイカラに決めまぁ〜す。(笑)
Posted by ユキ at 2007年02月06日 21:38
管理人さん、ユキさん、はじめまして。      実は私も、つい最近ヒール足袋と出会って、使い始めるようになり、ユキさんの抱かれている不安な気持ちがよくわかります。   でも、管理人さんの仰る『制限された美しさ』みたいなものも、すごくわかります。          本当のところ、ヒール足袋を装着するのは楽じゃない事が多いですが、ユキさん、苦労を乗り越えた美しさが待っていますよ。   ファイト!!
Posted by はるみ at 2007年02月16日 00:35
5
はるみさん、ようこそ! コメントありがとうございます。
はるみさんもヒール足袋愛好者なんですね。
「ヒール足袋装着」という文言がとても気に入りました〜。なんかこう「変身!」というイメージですよね。すごい感性に脱帽です。
ところでユキさんは、装着後の初めてのお出かけをされたのでしょうか?
きっと「ハイカラ」に極められた事でしょう。
Posted by at 2007年02月16日 09:12
はるみさん、はじめまして。
なにか、すごく励ましていただいて、とても嬉しいです。
『ヒール足袋装着』、私にも良い響きに感じられましたよ。
管理人さん、
>装着後の初めてのお出かけをされたのでしょうか?
少し残念だったのは、お座敷だった事です。
でも、折角買ったのに、使わないともったいないので・・・。
ヒール芯の後側に薄いスポンジを挟んで履いて行きました。
そうする事で、足袋の中でヒール芯が爪先寄りにセットされるせいか、
草履の鼻緒もヒール芯の指股が体重を殆ど受け止めていてくれたようで、
あまり痛くなかったです。
正座の時も、スポンジがあると少しは楽でした。
お座敷で歩く時、何度か足袋底が滑りそうになったので、
その日は大人しく、ゆっくりした動作でした。(スプレーしちゃおうかな)
Posted by ユキ at 2007年02月16日 17:20
こんばんは。わたし的に装着するという感じだったものですから・・・。(汗)でも、別人のようになれるから、装着=変身って感じかも知れません。
ユキさん、初めて?ヒール足袋で人前に出た時って、わくわくしませんでしたか?私は、わくわく、どきどきでした。
Posted by はるみ at 2007年02月16日 19:56
はるみさん、
私の場合は、ハラハラっていうのが近いようでした。(汗)
本番の日に備えて、家で何度も歩く練習をしていたのに、
本番では少し緊張してしまって・・・。
それに、ヒール足袋を装着している事は誰も知らないはずなのに、
みんなにジロジロ見られてるような気がしました。
『スポンジをあてて自然な感じに仕上げてきたのに、どうして?』
って、ずっと不安な気持ちで、あまり楽しくすごせなかったです。
こんな苦労、乗り越えられるのでしょうか?
Posted by ユキ at 2007年02月18日 00:33
ふっふっふっ、まだまだですね。

私なんて、「見て見て〜っっ! こんな秘密道具あるのよ〜っっ。」と宣伝していますよ。←アカの他人にではありませんが・・・・。
(おばさんてば、怖いものなくてすごい)

電車の中などでは、きちんと背筋を伸ばして立つ。
着物を着ている自体、それなりに目立つので「今日の私は秘密道具を装着しているので、より素敵な着姿さっっっっ!」と自信をもってくださいませ。

ユキさんの場合は、初めてのお出かけがお座敷だったからじゃないでしょうか? 今度はランチなどテーブル席にお出かけしてみては? 足元のことなどきっと気にならないですよ。
Posted by at 2007年02月18日 15:25
こんにちは。
たしかに、まだまだですね。(汗)
失敗したり、誰かに見破られた訳でもないのに勝手に凹んでしまってる私が嫌で仕方なかったです。
せめて、滑りの不安だけでも無くそうと思って、ヒール芯の裏側に、ルームブーツの底なんかに使われているゴムイボ付きの布を貼り付けてみました。
見た目は普通の足袋底でも、体重がかかると床面にイボの形が当たるようで、動きが楽になりましたよ。
底自体は布のままなので、畳の目にも優しいようです。
あとは、気持ちの持ち方ですよね。
秘密のゴムイボでお座敷にもリベンジしたいですね。(笑)
Posted by ユキ at 2007年02月18日 17:43
こんにちは。
ユキさんのヒール足袋への思い入れって、すごいものを感じますね。
ユキさん仰るように、気持ちの問題のようですね。
スポンジやゴムイボで、ヒール足袋は万全のようですから、きっと素敵に変身して、お出かけを楽しめる事と思います。ガンバレ!!
Posted by はるみ at 2007年02月19日 10:30
こんばんは。
管理人さん、はるみさん、いつもアドバイスや励まし、
ありがとうございます。
こちらのブログにお邪魔させて頂くようになってから、すごく勉強させてもらってます。なにか、ほのぼのした気持ちになれるんです。
コメントを拝見するのが楽しみのひとつになりました。
ヒール足袋への思い入れって程じゃないですが、ヒール芯ってシンプルな物なのに、私にとって不思議な存在です。(大袈裟ですね(笑))
私のヒール足袋、まだまだ万全とは言えませんが、少しは使い勝手良くなっています。
管理人さんの仰る
「今日の私は秘密道具を装着しているので、より素敵な着姿さっっっっ!」
って前向きになれるようにがんばっていきたいです。
Posted by ユキ at 2007年02月19日 22:09
おおっ、お客様にお茶も出さずに留守していました。すみませんんんんっっ。おまんじゅう買って来たよっっ。
ほのぼの〜って嬉しいコメントありがとうございます。
なんか、もうお土産サイトの「隠れ家的そんざい?!」って感じで、このまま行きましょう(笑)
こうなったら、ヒール足袋について知りたいなら「こちらへどうぞ」ということで、ユキさんとはるみさんには、達人として新しい方には、アドバイスをお願いしたくなってきましたよ。まじで。←ちょっと若ぶってみる。
Posted by at 2007年02月21日 16:12
こんばんは。
まだまだヒール足袋経験の浅い私が達人だなんて、恥ずかしいです。
でも、ヒール芯って私の身長の一部をしっかり支えてくれているって思ったら、不思議と、ほぉっておけない存在なんです。
外で履くヒールやブーツにはそういう感情が湧かないのですが、室内でも常に私の踵を持ち上げていてくれているって思うと、歩行練習が終わって足袋の中から出してあげる時、『重たかったでしょ、ごめんなさいね』なんて声もかけたくなる程なんです。(汗)
ゴムイボでグリップ力が上がると、気になりはじめたのが、足とヒール芯のブレなんです。タイツに装着したらブレてしまうようです。足とヒール芯は、専用足袋に包まれて繋がってるだけだから仕方ないのですが。(泣)
そこで、今度はヒール芯自体を私の足に固定したらどうかと。(汗)
お座敷でも自由自在に動いていられそう。
白いマジックテープを買ってきたので、取り付けてみます。
Posted by ユキ at 2007年02月22日 00:58
こんにちは。
ユキさん、すごい。
必要は発明の母ですよね。サンダルのような感じかな?是非実現させてね。
私も長芯買ってみようかしら。ユキさんの最強仕様!ヒール足袋、装着してみたくなっちゃいました。
Posted by はるみ at 2007年02月22日 15:33
こんばんは。
管理人さんの仰るとおり、はるみさんの感性ってすごいですね。
最強仕様だなんて、考えてもみませんでした。
そんなに難しくは、なかったですよ。
爪先は、タイツを履いた指とヒール芯の厚みで専用足袋の中がピッタリなので普通のままにして、ブレやすい踵部分だけをマジックテープで足首に固定するようにしました。
タイツの足の裏とヒール芯がブレないと、すごく安心して動けるみたいです。踵を上げたりする時でも、ヒール芯の踵部分が足の裏にしっかりと付いて上がってくれるので動きやすいみたいです。
階段では、特に降りる時、踵に体重が掛かってしまってもブレたり滑ったりしないので、すごく安心みたいです。
家の階段で、歩行練習中にひとり『ニコッ!』なんてしてるところを、もしひとに見られたら、変に思われたかもしれません。(汗)
Posted by ユキ at 2007年02月22日 20:46
こんにちは。
ユキさんが、階段でニコッっとしてる姿、なんとなく想像できますよ。
『ユキさんスペシャル』の完成度の高さが伺えますね。
元々、安定感が高そうな長芯だと、工夫のやりがいがありそうですね。
歩行練習までされてる意気込みに脱帽しましたぁ!
お座敷リベンジ、楽しみですね。がんばって!
Posted by はるみ at 2007年02月24日 10:15
こんばんは。
『ユキスペシャル』だなんて、恥ずかしいですぅ。(汗)
運動神経のダメな私が、生意気にも長芯を買った為に、お座敷で思うよう動けなくて、結果、いろんな物をくっつけちゃいましたけれど、
案外、短芯タイプだったら、爪先の自然な厚みの足袋底が床の感覚を掴みやすくて良かったのかも知れません。(汗)
お座敷リベンジなんですが、本当にやってもいいものなんでしょうか。
外見は足袋でも、中身はショートブーツ(笑)と言えそうな程、
変てこな秘密がいっぱいなのに、
相手さまのお座敷にずけずけと上がり込む事を考えると・・・。
結局最後は、気持ちなんでしょうね?
マナーやエチケットの観点から見ると、大丈夫なんでしょうか?
管理人さんは、場所に合わせて使い分けてらっしゃいますけれど、
はるみさんは?訪問先がお座敷でもヒール足袋でお出かけでしょうか?
Posted by ユキ at 2007年02月24日 22:14
こんにちは。
お恥ずかしい。
はるみさんに想像されちゃいましたね。(汗)
でも、練習しとかないと、本番で何が起こるかわかりませんし。
お蔭様で、早足も階段昇降も、結構普通に出来るようになりました。(笑)
本番の時は、ドキドキしないように気をつけないと。
足袋の内側にゴムイボやマジックテープの秘密が隠れているのに、人前で平然としていられるかどうかですね。
Posted by ユキ at 2007年02月25日 17:59
ユキさん、よっぽど恥ずかしかったみたいで、ごめんなさい。(笑)
ユキさんの工夫だと、外からは普通の足袋に見えるようだし、エチケット面は大丈夫じゃないかしら。
あまり気にしないで、堂々と背筋を伸ばしていれば、お座敷だって、どこだって、きっと大丈夫ですよ!
Posted by はるみ at 2007年02月26日 12:32
こちらこそ、ごめんなさい。
管理人さん、またまた二通も同じような内容を送ってしまいました。
ごめんなさい。
コンピューターの調子が悪くて最新投稿が表示されずに、
はるみさんへのお返事を送ったのかどうかもわからなかったので。
何度も更新ボタンをクリックしたのに、はるみさんの投稿が最新で表示されていました。
>お座敷だって、どこだって、
私達の集まりって、以前からお座敷が多いので、次もおそらくお座敷です。
>エチケット面は大丈夫
ゴムイボむき出しじゃないので大丈夫そうですよね?
でも、いつも床とゴムイボに挟まれてる専用足袋の底生地が心配です。
グリップ力が上がった分、擦られて早く破れちゃいそうで・・・。
Posted by ユキ at 2007年02月26日 21:39
5
うふふふ〜。盛り上がってますね〜。

ユキさん、すごい! ここまで可愛がってもらったヒール足袋は、かってなかったのではないでしょうか? 良かったね。ユキさんのヒール足袋ちゃん・・・。

そして、はるみさん。
「ユキさんスペシャル・最強仕様ヒール足袋」という新たな感性あふれるキーワードの出現!
はるみさんワールド、これからも炸裂させてください。

最近、記事の更新もままならず申し訳ありませんが、存分におしゃべりを楽しんでくださいませ〜。

間違って二度書き込んでしまっても、全く私は気にしていませんのでダイジョブです。

他にも、ヒール足袋を語りたい方は、どうぞご遠慮なくお立ち寄りくださいませ。ではでは。
Posted by 朔(管理人) at 2007年02月26日 23:27
こんばんは。
ひとのブログで、勝手に盛り上がってる自分に少し恥ずかしくなってきました。(汗)
もはや、管理人さんは『いち抜けたぁ〜』的な感じですよね?
ほんと、ごめんなさい。
すぐ調子に乗っちゃう自分がすごく恥ずかしいです。(赤面)
Posted by ユキ at 2007年02月26日 23:48
いえ、抜けてませんよ。
毎回のぞいてます。

ユキさんも書きたいときに書いてくださいね。
書くのに疲れちゃったら、休憩してください。

いつでもコメントくださる方は大歓迎です。
Posted by at 2007年02月27日 01:23
>ユキ(さん)も書きたいときに書いてくださいね。
やっぱり、ほのぼのです。(涙)
ありがとうございます。
今日、少し時間があったので着物でお出かけしました。
草履併用の歩行練習をかねて・・・。
ずっと履かずにしまってあった、高さ5cmの草履に挑戦してみました。
脚が8cmも長くなると別世界のようですね。(汗)
5cmの草履だと傾斜もそこそこありますが、ここでもゴムイボが効いていた様子で、鼻緒に掛かる体重の痛みをガードしてくれていました。
これならいける!って思って、もっと体重の掛かりそうな下り坂の方へも行く事に・・・。
『平気だぁ!すごいっ!』って階段の時と同じです。(汗)
周りに誰もいなくて良かったですぅ。(笑)
Posted by ユキ at 2007年02月28日 00:01
ユキさんスペシャルは、やっぱりすごそうですね!
下り坂でも平気だなんて完璧かも。
三月で暖かくなりましたね。どんどんお出かけしたくなりますよね。
はるみスペシャル、計画中でして。(汗)
Posted by はるみ at 2007年03月01日 11:14
こんばんは。
はるみさん、『はるみ(さん)スペシャル』って事は、私のと同じ長芯も購入されたって事ですか?
『わがまま改造』したヒール足袋の方が、少なくとも、私の他にもう一人お仲間が出来て、心強いです。(汗)
3cm強のヒールで、そこそこ自然な動きが出来るようになってきたので、踵部分にだけ、市販の中敷を重ねて約5cmにアップしてみましたよ。(汗)
最初は、やっぱりグラついてしまってスムーズに動けませんでしたが、マジックテープをキツ目に締め直したら平気になりました。
ヒール芯の後ろをカバーするスポンジも、5cmヒールに合わせて交換したので、外から足袋を見られても自然な踵に仕上がってると思います。
だって、絶対に人前では秘密を見破られたくないんですもの。(苦笑)
では、『はるみ(さん)スペシャル』、成功するように祈ってますよ。
Posted by ユキ at 2007年03月02日 00:05
>『はるみ(さん)スペシャル』、計画中でして。

なんか、すごく楽しみです。
私のより、ずっと高性能にして欲しいです。
そうしたら、私も、もっと工夫します。(汗)
ヒール足袋を装着していないと脚長スタイルになれないので、普通の足袋の人より不安が多くて、せめてマイナス面だけでもゼロに持っていきたくて、いろいろ工夫を重ねたんだと思います。
Posted by ユキ at 2007年03月03日 02:36
ユキさんスペシャル、ほんと! すばらしい!
今後の進化が楽しみです。
階段でひとり「にこっ」としている着物姿のお嬢さんをついつい探してしまいそうです。

はるみさんもスペシャルを計画中とか。
報告お待ちしていますよ〜。
花粉飛んでますが、やっぱり「お着物お出かけ最適シーズン」到来なので、心が騒ぎますね。お花見もありますし。

ご存知かもしれませんが、浅草にある「長谷川商店」っていう下駄とぞうりの専門店(卸?)で自分用に鼻緒をすげてもらえるお店があるのですが、ヒール足袋装着時の専用ぞうりを作ってみるのも面白そうです。(すげてもらうときに、スペシャルを職人さんに見られちゃうけど・・・。)

それにしても、着物のお話は楽しいわ〜。
ユキさん、はるみさん。ほんとうにありがとう。
Posted by 朔(管理人) at 2007年03月03日 23:04
>すげてもらうときに、スペシャルを職人さんに見られちゃうけど・・・

当然、ヒール足袋装着状態で合わせてもらわないといけないんですよね?
かなり至近距離で秘密を見られちゃうって思うと、想像しただけで怖いですぅ。(汗)
昨日、お出かけしたのですが、始まってしばらくして友人が、
『裕希の足袋、コハゼ、一個外れてるよ!』って教えてくれました。
冒頭の『裕希の足袋』って聞いたところで、一瞬ドキッっとしました。(汗)
足袋の中に隠してるヒール芯やゴムイボの後めたさが私を常にピリピリさせてたのかも知れません。バレるの絶対イヤですもん。
その場は、さり気なく『ありがとう・・・。』と流しましたが、よりによって秘密部分が人にチェックされるなんて。(涙)少し凹んじゃいました。
それで、今日のお出かけはキャンセルしちゃいました。(半泣き)
Posted by ユキ at 2007年03月04日 10:04
ユキさんたら、悪いことしているわけじゃないんだから、お願いそんなへこまないで〜。きっといつもよりユキさんが背が高いから、お友達も「おや」と思って足元みたらコハゼがはずれてただけのこと。
そんなに気にされるお出かけ先は、お茶席ですか?(お茶席っていろいろ厳しいから。)
隠すと人って、興味津々になるし、さらけ出すととたんに興味無くすもののような気がするんですが、イケズ(いじわる)言う人いるのかな?←たとえば、着てくる着物にいちいちなんか言う人とか。や〜ねぇ。
Posted by 朔(管理人) at 2007年03月04日 21:47
続きです。

着物は、とことん「自己満足の世界」と思っている私です。
人にほとんど見えない襦袢の柄にこだわったり、通しかしらない演目に関する柄の帯をしめて歌舞伎を観る、3/3のお出かけに「三色団子の帯留」をする。気がつかない人がほとんどいないけど、自分だけがその秘密を身に着けている。
そんな自己満足のために着物を着る私です。自分が楽しいのが大事ですよ。

階段や坂道で「にこっ」と思わず笑った楽しい気持ちを思い出して、元気出してね。
Posted by 朔(管理人) at 2007年03月04日 21:49
いつも励まして下さって、ありがとうございます。
急にキャンセルしたので、また一緒に行くはずだった友人がすごく心配して帰りにうちに来てくれました。
彼女がコハゼの事を教えてくれた直後から急に私の様子が変わった事にも気付いていたようで、そんな彼女まで騙し続ける事に罪悪感を感じたので、ヒール足袋を装着していた事など、すべて打ち明けました。
ヒール芯を見せてあげると、『こんなのあるんだぁ、すごい!』って言ってくれました。ネットをしないせいか、ヒール足袋の存在を知らなかったようで、『すごい!』を連発してくれました。
さいわい足のサイズが二人とも同じくらいだったので、彼女にもヒール足袋初体験させてあげました。
お出かけ帰りに寄ってくれたので、着物姿です。5cmのヒール足袋に履き替えると、やっぱりつんつるてんですね。笑っていると元気になれました。
励まして下さる管理人さんや、友人にすごく感謝しています。
Posted by ユキ at 2007年03月05日 00:09
こんばんは。
少し間があいてしまいました。長芯が届いてから、ろくに装着もしないでユキさんスペシャル仕様に改造してました。(汗)
ゴムイボすごいじゃないですかぁ!ユキさん、よく思い付かれましたよね。
なるほど、ゴムイボ付けちゃうと、マジックテープなしでは、逆に危険な事もわかっちゃいましたよ。
階段や下り坂でニコッどころか、ガッツポーズだって許されそうな出来だと思いますよ。
Posted by はるみ at 2007年03月05日 21:24
はるみさんんんんんっっっっっ!

ガッツポーズですか!? ゴムイボすごいんだ!

改造してたんだ!!! もう○○レンジャーの世界ですね。

「実は私は、ヒール足袋レンジャーだったの。今まで黙っててごめんなさいっっ。」

というわけで、カミングアウトしたユキさんの気持ちが軽くなって、世界に平和が戻って、本当によかったです。

ご友人もヒール足袋レンジャーにぜひお誘い下さい。
Posted by at 2007年03月05日 23:54
↑ぶっとんだコメントすみません・・・。
長男のインフルエンザBに感染した模様。しばしお留守にいたします。
Posted by 朔(管理人) at 2007年03月06日 12:39
>ぶっとんだコメント・・・。
いつもの管理人さんとは違ってて、少々ビックリしました。
私の方こそ、管理人さんを呆れさせてしまったようで、ごめんなさい。
昭和初期からファインゴムとして存在する、日本の伝統みたいなヒール足袋を、私のわがままで、変てこりんな物にしてしまって。
はるみさん、
私の影響で改造されたんですね?ガッツポーズの気持ち、わかりますよ。
でも、お座敷では、なるべく大人しくしてる方が良いようです。
友人に履かせてあげた時、よろめいた友人に足を踏まれたんです。
布底で間接的だったけど、ゴムイボに踏まれると結構痛いようで・・・。
人が多いお座敷では注意しないといけませんね。
>インフルエンザBに感染した模様
お身体、大丈夫ですか?しっかり静養なさって早く良くなって下さいね。
Posted by ユキ at 2007年03月06日 14:58
管理人さん、大丈夫ですか?
ゆっくり休んで治して下さい。
ユキさん、ご自分の作った『強化ソール』に足を踏まれるなんて、ついてないですね。お座敷の人ごみの場面までは、気がまわりませんでした。気を付けないと。
Posted by はるみ at 2007年03月07日 00:40
こんにちは。
>『強化ソール』
相変わらずの抜群センスですね。(笑)
今回は、私のヒール足袋を友人が履いているとわかっていたので、痛かっただけでしょうけれど、もしも、何も知らない他人の足を踏んでしまったりすると大変ですよね?
『ん?裏がデコボコ?』とか、すごい違和感も与えちゃうでしょ?
そんな場面、想像しただけで『ゾッ!』っとしちゃいますぅ。(汗)
いくら『強化ソール』装着中でも、着物だし、大人しくしていた方が良いですね。
Posted by ユキ at 2007年03月07日 14:36
こんばんは。
私の場合、集まりに出かけると主催する側というか、結構忙しく動き回っていないといけないのでユキさんの強化ソールを真似させて頂く事で、すごくラクできるようになったんです。
パワーがあると、動き回っていても安心感が違いますね。
ユキさん、アイデアありがとう!
Posted by はるみ at 2007年03月09日 22:28
こんばんわ。復活しました。
実は、熱の出る前にタミフルを飲んだら、妙に気分がハイになったみたいで、↑の私のぶっとんだコメントになったみたいです。
皆様、ちょっと引いてしまいましたね。ごめんなさい。もう消去したい・・・。
恥ずかしすぎる・・・

ユキさんのアイデアで、はるみさんパワーアップみたいですね。
何だか、すごく嬉しいね。ユキさん! 私も嬉しい〜っ。
さっそく私も長芯のヒール足袋、春のお出かけ用に注文します。

遅ればせながら美月スペシャル誕生の予定です。
ユキさんのお友達もきっとスペシャルを作りそうな予感がします。
Posted by 朔(管理人) at 2007年03月09日 23:24
復活されてよかったです。
タミフルでおかしくなった子の話をニュースで見ましたが、『ハイ』な気分になるのは本当だったんですね?怖いですね。

>遅ればせながら美月スペシャル誕生の予定です。
美月さんも強化ソールのスペシャル仕様になさるのですか?
すでにヒール足袋を使いこなされてるベテランなので、完ぺきですよね。
強化ソールでも、やっと早足できる程度のドジな私からすると、ジェラシー感じちゃいますぅ。(苦笑)
はるみさん、よかったですね。颯爽と動き回る姿、拝見したいです。
階段や坂道で優越感を感じてる私のヒール足袋なんかより、活躍度が違いますよね。私のより実用的でパワフルなんでしょうね?いいなぁ〜。
私も、もっと練習を重ねて、強化ソールを自由に使える人になりたいです。
Posted by ユキ at 2007年03月10日 08:19
復活、おめでとうございます。
ユキさん、颯爽となんて良いもんじゃありませんよ。(汗)ただ忙しくバタバタしてるだけ。
でも、ユキさんのアイデアがなかったら、踵部だけの短芯ヒール足袋でずっとバタバタしていたでしょうね。長芯だと、足裏全体が守られているし、長い時間装着していても、すごく楽ですね。
私の場合は、長芯の爪先に指を入れる袋も付けているので、ヒール芯ムキ出し状態でもサンダルのように歩く事が出来ます。専用足袋は目隠しの為のカバーの役目のみなんです。爪先が安定して、頻繁に向きを変えるような動きをしても全然平気です。ただし畳を傷めないよう注意しないと。
Posted by はるみ at 2007年03月11日 21:56
こんばんは。
>ヒール芯ムキ出し状態でもサンダルのように歩く事が出来ます。
はるみさん、すごいじゃないですか。
爪先のブレを防ぐ工夫ですよね?
はるみさんは、スタッキング使ってらっしゃるの?
私は足袋型タイツなので爪先の袋があるとブレにくくて良いかも。
クッション性のある厚めの袋だと、爪先のガード性も高そうですね。
フェルト生地で作っちゃおうかしらって思いました。(汗)
ヒール足袋が、いつの間にか『室内用和装ショートブーツ』になっちゃいましたね。(汗)
Posted by ユキ at 2007年03月14日 21:47
ユキさん、私は膝下タイプのスタッキング派です。
ただし、動いても膝下からズリ落ちないように、スポーツとかサイクリング用のマジックベルトで縛ってます。普段は膝まで見られる事はないけど、着付けの途中の光景なんか、絶対見せられないですね。
ユキさんはタイツでしたよね?脚まわりは、スッキリしてそうだけど、パンティ部が重なってモコモコしちゃいそうで・・・。
ショーツとガードルだけでも結構苦しい私がタイツまで重ねると動けなくなっちゃいます。(汗)
ユキさんはきっとスリムで、タイツ重ねても大丈夫なんでしょうね。羨ましい。
Posted by はるみ at 2007年03月16日 15:41
こんばんは。
>着付けの途中の光景なんか、絶対見せられないですね。
裾をからげたりしないかぎり、膝下まで見られる心配はないとは思いますが、お襦袢を着けるまでは丸見えですものねぇ。(笑)
でも、動く為の工夫が裾の内側に施されてる事なんて、ほかの人は気付かないですよね。スリルがありますね。(笑)
私だって、スリムなんて言えないですよ。(汗)
内側からショーツ、タイツ、ガードルの順番ですね。やっぱり動こうとするとモコモコしちゃいますよ。(汗)
だんだん暖かくなってきたので、私も膝下スタッキング復活させようかな。
はるみさんのアイデア、マジックベルト、使わさせて下さいね。
ところで、フェルト生地の爪先ポケット、あと少しです。
足袋の爪先を作る感じで、型紙とか取るの、結構苦労しますね。(汗)
『サンダル型ヒール芯』、ワクワクしちゃいますね。(笑)
Posted by ユキ at 2007年03月16日 21:49
こんにちは。
ユキさんは、お裁縫とか得意みたいですね。なぜかというと、型紙。
私のはだいたいの形を切り抜いて縫っただけなので。次は、中敷きで5センチヒールにアップして、『動ける仕様』をめざしてます。ユキさんスペシャルの進化も楽しみ。
Posted by はるみ at 2007年03月17日 12:37
はるみさん、こんばんは。
>中敷きで5センチヒールにアップして、『動ける仕様』をめざしてます。
5cmだと、マジックテープを相当キツ目に締めておかないと、
横方向の動きが辛くなっちゃう感じですよね。
管理人さん御愛用のヒール台のように、後ろにフチ状の物が付いていたら、ブレなくて良いのかも知れませんよね。
私のヒール芯、フェルトの爪先ポケット出来上がりましたよ。
早速、サンダル状態で、専用足袋を被せないで歩いちゃいました。
ゴムイボがムキ出しなせいか、安定感、グリップ感がすごい感じでした。
はるみさん、フチ状の物も付けちゃいませんか?
思い切って、踵がスッポリとはまるくらい深めのフチだと完ぺきかしら、なんて。(汗)
この際、秘密の工夫満載のスペシャルヒール足袋にしちゃいましょうよ。(笑)
Posted by ユキ at 2007年03月17日 22:48
盛り上がってますね〜。嬉しい嬉しい。
おふたりのコメントをいつも本当に感心しながら読んでます。
どうもありがとうございます。

そうそうかかとのブレ感で思い出しましたが、写真一番下のきねやさんのヒールと、ふちあり「このみ」さんのヒールの両方を比べた場合、明らかにフィット感の優劣はあります。このみヒールは、プラス足袋がきついので、ヒールは全く動かない。

愛用縁ありタイプは、かなり重いですが、外見上は丸いかかとになります。(ちょっとでかいかかとの女にはなりますが・・・。)

確か、縁なしタイプは、積み木みたいなふみ心地で使わなくなったんです。
あれ、靴用の中敷でムアツ枕みたいなタイプ敷いたらいいかもと思いました。ヒール芯(長)が届いたら、いろいろやってみよ〜っと。

それぞれの秘密の工夫満載のスペシャルヒール足袋、いつか特集組みたいくらいです。
Posted by at 2007年03月18日 22:52
管理人さん、こんばんは。
ご無沙汰なので、本当に呆れかえってしまわれたのでは?なんて心配してました。(笑)
ところで、このみさんのふちありヒール台は、プラコンパウンドって素材だったような気がしますが、プラスチックの塊なんでしょうか?
125gだと重たいですよね?少しでも軽くしようと裏に窪みがありますね。
画像のテカリ具合で、硬そうにも見えます。踏まれたら痛そう。(苦笑)

>ヒール芯(長)が届いたら、いろいろやってみよ〜っと。
配達待ちなんですね?
美月さんスペシャルが一番完ぺきになるんだろーなぁ。いいですね。
普通のヒール台で動き慣れていらっしゃる上に強化ソールを装着なさると完ぺきなんでしょうね。
Posted by ユキ at 2007年03月19日 00:32
あきれ返ってなんていませんよ〜。おふたりのやり取りを楽しく拝見していました。

ブラコンバウンドって言うんですか? ユキさん、詳しい〜。
割れるような硬さでなく、適度なぐにゃり感があります。
硬いといえば、最初に買ったきねやサンのほうが、積み木踏んでるみたいに硬くて痛い。もうすぐ来るヒール芯(長)の踏み心地と比べてみたいです。

ヒール足袋装着してバリバリお仕事をこなしているはるみさんの、最新5センチアップの動ける仕様の報告が楽しみですね。もちろんユキさんスペシャルの進化も。
Posted by at 2007年03月19日 14:33
こんにちは。
>あきれ返ってなんていませんよ〜。
よかったですぅ。(笑)
きねやさんの方がソフトな印象なのに本当は硬いんですね?
たしか、裏側が真っ赤なゴムシート状になってるんですよね?
かわいい感じだけど、正座の時とか専用足袋の底生地から赤が透けたりしたら気付かれちゃいますよね?どうして赤色なの?って疑問ですね。
いくら工夫で、自然に仕立てていても、裏側見せるのは心配です。
フェルトの爪先ポケット、良い感じですよ。ほんの少し厚めの生地使ったのでクッション性があって、爪先がしっかりガードされてる感じで。(汗)
マジックベルト仕様の膝下スタッキングの時は、足先が素足なので丁度良い感じです。尖がった風の型紙で作ったので、カバー代わりの専用足袋を重ねても爪先のラインがきれいにキリッ!っとして見えます。(自分できれいだなんて(汗))
Posted by ユキ at 2007年03月19日 15:38
こんばんは。
ユキさんスペシャルのフェルトポケット、いいアイデアですよね。タンスの角とかでも安心!みたいな。
管理人さん、長芯待ち遠しいですね。ユキさんのアイデアのゴムイボグリッパーは必須条件と思ってくださいネ。(笑)安定感に余裕のある長芯だと、いろいろ楽しめちゃいますよ。ヒールアップしたってマジックテープ付ければ余裕です。ユキさんに感謝しなきゃ。
Posted by はるみ at 2007年03月19日 19:55
はるみさん、感謝なんていいですよ。(笑)
はるみさんのスペシャルの方が絶対にすごいと思いますよ。
動き回る時って、いちいちヒールを気にしていられないでしょ?
パワーも安定感もすごいからこそ、お仕事中でも安心して使っていられるのだと私は思います。
私の場合は、5cmヒールだと、いつも意識してないと怖いですもの。
この間、友人とお出かけの途中で、乗らないといけないバスに乗れなかったんです。バス停に行くまでにバスが来てしまって。
友人は普通の足袋に草履で、小走りくらい出来たのでしょうけれど、
ヒール足袋と草履で5cm+5cmの私は怖くて走れなかったんです。
友人はヒール足袋の事をわかってくれていたので、乗り遅れの原因を作った私を責めようとはしませんでした。かえって辛かったですね。
せめて、私より5cm背の高い人と同じ動きさえ出来れば、友人に嫌な思いをさせずに済んだかと思うと、すごくへこみました。
Posted by ユキ at 2007年03月20日 08:54
ユキさん、たいへんでしたね。ご友人は、すごくやさしい方のようで、コメントから伝わって来ます。
ムリして捻挫なんてしたら、横に居て下さる友人に、もっと負担をかけていたかも。
私も、お座敷では5僖辧璽襪世函▲灰鵐肇蹇璽襪靴討い蕕譴泙垢、草履がプラスされると、まだまだなところがありますね。
お座敷ではスペシャル仕様でも、フロアー対策が必要ですね。
Posted by はるみ at 2007年03月21日 22:22
おはようございます。
>ムリして捻挫なんてしたら
怖く感じて走れなかっただけなんですが、よく考えてみたら、捻挫とかすると、人前でマジックテープを剥がされてヒール足袋の秘密が公然の下にさらされてしまうところでしたね。私はそのほうが怖いです。
普通のヒール足袋だと誰もが買って装着できるし、最悪、人に見られても仕方ないと割り切れるかも知れませんが、ゴムイボ、テープ、ポケット、という異様な、生意気なスペシャル仕様ヒールだと、人の見方は変わりますよね?
『余計な物を付けるからよ!』なんて言われてしまいそう。
5cm+5cmで小走りOK!なんて成功したら、すごいですね。
はるみさんの仰るとおり、お座敷対策は、ほぼ万全なので、次は草履着用時のフロアー対策ですよね。
草履でフロアー限定使用されてた管理人さんなら良いアイデアありそう。
Posted by ユキ at 2007年03月22日 08:23
こんばんわ〜。私もとうとうゲットしました! ヒール芯(長)! やはり、長いのは安定した感じですね。表示通りだと少しこのみヒールより2mm低いだけですが、すごく楽に低く感じるのは先が長いからですね。教えて下さって、ほんとありがとうユキさん。ゴムイボとマジックテープ、フェルト爪先ポケット、はるみさんの市販の中敷アイデアetc...もうみんな試してみようと思います。おふたりに感謝です。私の今の足袋は、かなりきつめなのでいろいろ細工するには、足袋をひとサイズ大きいものが必要な感じです。ヒール足袋のブランドも吟味しなくては・・・。フロアー対策なんて、おふたりの工夫を情熱を超えるものなんてありません。ヒール芯に「重かったでしょ。ありがとう。」と私もこれからヒール足袋をめでてあげたいと思いました。
Posted by 朔(管理人) at 2007年03月23日 22:16
こんばんは。
届いたんですね。良かったですね。
ヒール芯(長)の使い勝手、どうですか?
おそろいになれて嬉しいです。
ノーマル状態だと、指の力加減が床に伝わりにくいので、
滑ったりしないように気を付けて下さいね。
Posted by ユキ at 2007年03月24日 00:10
続けて、ごめんなさい。
今日、お出かけの時、友人がこの前よりも早めに家に寄ってくれました。
またバスに乗り遅れない為の気遣い、とても嬉しかったです。
『裕希、今度は(ヒール足袋)バッチリなの?』って、友人に聞かれましたが、この一週間で良いアイデアも浮かばず、私のヒール足袋は先週のままの状態でした。(汗)友人は私の事を心配してくれてるのに、また同じ失敗を繰り返すかも知れない5cmヒールでお出かけしようとする事に、後ろめたさを感じました。そして友人は、一緒にアイデアを考えようって言ってくれました。この間、私のヒール足袋を初体験させてあげた時から、すごい気になっていたらしく、私が購入したところで友人のヒール芯を注文することになりました。届いたら私のと同じスタイルに仕上げて、二人で工夫を考えて行きたいと思っています。
管理人さん、はるみさん、今後ともよろしくお願いします。
Posted by ユキ at 2007年03月25日 23:32
そうですね。あのままだと具合悪い感じわかります。
だからこそ、お二人が工夫されたんだなあと理解しました。
技術開発に燃える素材ですよね。
そうそう、ここでの盛り上がりをきっかけに、せっかくだから別に掲示板「きもの技術開発局」でも作ろうかと思い始めてます。(掲示板設定の勉強中) まずは手始めにおふたりのヒール足袋から。着物を着るための見えない工夫を中心に語れる掲示板にしたいなと考えています。春休み中になんとかしたいと思っていますが、そしたら、またどんどん語りに来てくださいね。だって、いつもユキさん気を使っている感じなんですもの。だから。
※※※ここで、新たにユキさんの書き込み発見。あわてて書き足してます。やっぱりご友人もヒール足袋気に入ったんですね。うふふ〜。お友達と一緒に考えるとまたまた新たなアイデアが生まれそうですね。やっぱり「技術開発局」作らなきゃね。
Posted by 朔(管理人) at 2007年03月26日 00:00
ユキさん、
アイデアなんて焦ると浮かばないもんですよね。
なんでもない時の方が、すごいのがひらめくんですよね。
ユキさんのアイデアを真似した私が言うと説得力ないですが。
管理人さん、
ユキさんのアイデアで仕上げたヒール足袋なら完璧です。私も美月さんスペシャルの完成を楽しみにしております。
開発局も楽しみ。
『私は7センチヒールでも平気です!』なんて強者が現われるかも。
Posted by はるみ at 2007年03月26日 12:48
はるみさん、
私はアイデアを考えただけで、実際にはるみさんスペシャルを作り上げて、お仕事にも使っていられるような強力なのに仕上げられたのは、はるみさんご自身ですもの。意気込みの差ですよね。
私のは、人から背が高くて着姿がきれいに見られたいっていう気持ちだから、ちゃんと動けない中途半端な工夫なのかなぁって思っちゃいます。
私の踵とヒール芯を安定させる『フチ』は、皮で作ろうかと思っていますが、まだ素材も無くて、頭の中で考えているだけなんです。
今は、まず、家の中で、意識してヒールを床に付けないで歩く練習をしていて、草履を履いて5cm+5cmになった時でも踵に体重を乗せない状態で動けるようにしています。
こちらにお邪魔し始めた頃は、ただ憧れていただけなんですが、ヒール足袋に接してみて、奥行きの深さに驚いています。
Posted by ユキ at 2007年03月26日 23:42
ユキさん、確かに奥深いものってありますよね。
短芯の時は、ただ、お助けグッズ程度にしか思ってなかったけれど、長芯に買い替えてからは、認識が変わりましたね。
ユキさんの改善案があったからこそ、長芯にグレードアップできたと思います。
Posted by はるみ at 2007年03月28日 12:39
こんばんは。
はるみさんのヒントで、5cmの上に、さらに中敷を重ねて7cm近くまでアップしてみましたよ。
ヒールを床に付けないように意識してると7cmでも平気みたいです。
専用足袋でカバーすると甲のところがピッタリして、見た目もすっきりしている様子です。
早足は、5cmの時は出来るようになりました。
実用的なのは5cmまでのようですね。
学生の頃、バトンで使ってた白いストレッチブーツも5.5cmなのに踊っても平気だったので、だんだん感覚が戻ってきたようです。(汗)
もし良かったら、『日本パレード社』か『パレード用品』で検索してみて下さい。そのブーツ、今も保管してるんです。(汗)
Posted by ユキ at 2007年03月28日 23:26
こんばんは。
毎日、すみません。どうしても聞いて頂きたくて。
いつものように爪先ステップの練習していたら、急にゴムイボのグリップ感が無くなって、前に滑りそうになったと思ったらヒールの上に乗ってしまって、右足を少しひねったみたいなんです。(汗)
お医者さんのお話では、骨などには異常無しとの事でしたが、ヒール足袋で転びそうになった事だけは、言いませんでした。
一週間ほど安静にしなさいと言われたので、ヒール足袋の練習もお出かけも出来ません。(泣)
どうして滑ってしまったのかがわかりません。ゴムイボを付けてからは、ずっと滑らずに動けていたのに、とても悔しくてヒール芯を投げつけてしまいました。
Posted by ユキ at 2007年03月30日 01:27
ユキさん、大丈夫ですか?
症状軽いみたいで良かった。
私のは、裏に、ユキさんのアイデアの透明ゴムスプレーを加工してるので、仕事で使っても平気です。黙っていてごめんなさい。
仕事で動いていると、畳を傷めちゃうとか、考えていられないので。(汗)
はっきり言って、マナー違反ですよね。
Posted by はるみ at 2007年03月30日 12:57
大変! ユキさん。大丈夫ですか?
一週間の安静とは、ちょっと痛手ですね。悔しいね。
こうなると、はるみさんのような裏ゴム加工は必須かもしれないですね。うん。
マナー違反うんぬんについては、いろいろとご意見も分かれることと思いますが、実際裏ゴムの靴下は大人用でもたくさん出ているので・・・微妙ですね・・・。
ベルメゾンでこんな商品がありましたので、中敷に使ってみようと思います。足裏全体に体重を分散させることで、快適さと安定感を高められるようです・
ハイヒール用インソール(http://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=EbWZrFdWnmQ&offerid=47523.6201771&type=2&subid=0)
ユキさんのご回復をお祈りいたします。
Posted by at 2007年03月30日 14:20
こんばんは。
管理人さん、はるみさん、大丈夫です。(汗)
安静といっても、普通の生活には支障なくて、
湿布薬で痛みも和らぎました。
でも、ヒール足袋は、まだ履く気になれません。(泣)
悔しさのあまり投げつけてしまっても、結局自分で拾いあげるしかないのに、すごく寂しい感じです。
今週のお出かけはキャンセルなので、
友人も『一人で行ってもつまらないから・・・。』
ってキャンセルしたそうです。
私、友人に迷惑かけてばかりなのに、いつも付き合ってくれます。
明日、友人の長芯が届く予定なので、お詫びにユキスペ供兵分で言うと照れくさいですね)に仕上げたいと思います。
インソールも見てみますね。ありがとうございます。
Posted by ユキ at 2007年03月30日 20:32
今日、予定通り友人の長芯が届きました。
友人を呼んで、まず、ノーマル状態のヒール足袋を履いてもらいました。
いきなり改造すると友人にもヒール足袋にも悪い気がしたので・・・。
そして改造手術です。(笑)
何事も二度目だと、スムーズに進む感じでした。(汗)
私のヒール芯と並べてみると、微妙に出来ばえが違います。
ちょっと複雑です。
試着の時も、友人は運動神経が良いのか、スムーズな動きでした。
おそろいになれて嬉しいはずなのに、何故か複雑な気持ちです。
おそろいでお出かけする時の事を考えると、私はもっと練習重ねないといけない気がしました。早く治らないかなぁ。
足首が治ったら、私もはるみさんと同じラバースプレーの強化ソールに挑戦します。きっと、強力なんでしょうね。
同じ失敗だけは二度としたくないですもの。(汗)
Posted by ユキ at 2007年03月31日 22:41
こんばんは。
足首が治るまでの間はヒール足袋装着できないので、裏面のスプレー加工に取り掛かりました。スプレーを吹いては乾かし、を三回繰り返してゴム層を厚めに仕上げましたよ。専用足袋をひっくり返して内側の底に少し浸み出したゴムにスプレーして、外のゴムと繋がるようにしました。
計算上は床との摩擦でもゴム層が剥がれないと思います。
私はテスト出来ないので、友人に先にテストを頼みました。(複雑ですが)
畳、カーペット、フローリングなど、お座敷で想定される床すべてで動いてもらいました。(汗)畳も平気みたいですね。マナー合格。(笑)
フローリングでは、微かに『キュッキュッ』って音が出ちゃいますが、耳障りな程ではありません。
友人も『昨日とは全然違うよ。すごい力強くなったよ!』って言ってくれました。
私も早く履きたい気持ちになりました。
Posted by ユキ at 2007年04月01日 22:01
私が言うのも変ですが、裏ゴムにしちゃえばこちらのものって感じですよ!
早く完治して、余裕のグリップ感を味わってみてくださいね。
たしかに、板の間なんかでは音がしちゃいますが、気にしていられません。(汗)
一日、履いてると端っこからゴムが剥がれそうになっちゃうのは、裏側だけに厚塗りしてるからですね?
ユキさんスペシャルのように、内側にも繋がるように加工しないと。
ユキさん、ありがとう!
Posted by はるみ at 2007年04月02日 22:21
おはようございます。

>余裕のグリップ感・・・

はるみさんの裏ゴム仕様のすごさが伝わってきますよ。早く体感してみたいですぅ。(笑)

>一日、履いてると端っこからゴムが剥がれそうになっちゃうのは・・・

お仕事、大変そうですね。内側もスプレーしたら絶対に剥がれなくなるとは言い切れないけれど、お仕事で装着されてみても剥がれずに密着したままだと嬉しいです。レポート、楽しみにしていますね。
美月さんも、是非スプレーされて長芯のポテンシャルを引き出して下さい。
ヒール足袋で滑って捻挫なんて、私一人で十分ですもの。(汗)
Posted by ユキ at 2007年04月03日 07:59
私ばかり、ごめんなさい。(汗)
捻挫してから1週間安静と言われ、期限は明日までなのに、出来上がった強化ソールがすごく試したくて、足首の痛みもないようなので湿布したまま装着しちゃいました。
専用足袋でカバーして立ち上がる時、すごくわくわくしました。(汗)
立っただけだとわからなかったのですが、2、3歩畳の上を歩き出したら、やっぱり違いました。カバー無しでゴムイボで直接歩いたグリップ感と同じくらい強力なんです。はるみさんがお仕事で装着されていても平気な事が体感できましたよ。カーペットだって、フローリングだって全然平気ですね。
フローリングや板の間で『キュッキュッ』ってゴム底のすれる音が、逆に力強くて感動しちゃいました。(汗)
『私のはパワフルなのよ!』みたいな、少し、いやらしい優越感ですね。
今までと違って、ちょっとは積極的になれそうな気がしました。
Posted by ユキ at 2007年04月04日 17:47
ユキさん、捻挫よくなったんですね。良かった。そして、パワーアップ成功ですね。
私のも、内側にゴムスプレーしたので、今までより動ける感じですよ。剥がれる心配しなくてもいいので安心ですね。ゴムイボが足袋の内側のゴムに乗っているからブレ感もなくなったみたいです。
話がかわりますが、ユキさんの学生時代のブーツ拝見しました。ピッタリした感じで素敵ですね。ハイソックスみたいなのかしら?
Posted by はるみ at 2007年04月05日 00:52
はるみさん、
たしかに爪先辺りのブレ感が無くなるだけでも、すごく動きやすくなった気がしますよね。
お仕事で装着されてても剥がれなくなったって事は、本当に足袋底の繊維の隙間にゴムが浸み込んで裏側と内側で繋がってるんですね。
踵部に皮製のカップを付けると5cmヒールでもしっかり安定すると思うのですが、実現は少し先になりそうです。
日本パレード社のページご覧になったんですね?
モデルさん着用の写真だから素敵ですよね。白は膨張色なので、脹脛の太い私なんかだと大変な事になっちゃいます。(汗)
たしかに、白い牛革パンプスにビニールコーティングの靴下が縫い付けられたような仕組みですね。ファスナーが無いので、まずパンプスを履く感じで、それから筒(靴下部)を膝下にセットしてましたよ。
Posted by ユキ at 2007年04月05日 07:57
ユキさん、白いブーツ、今も持ってられるんでしたよね?春でも履けそうですし、洋服でお出かけの時に履かれてみては?
バトンのブーツ履いてる人っていないでしょうし、白いウエスタンブーツも流行みたいですから、オシャレじゃないかしら。
Posted by はるみ at 2007年04月06日 00:52
はるみさん、
私が現役の時はレオタードとストレッチブーツの組み合わせでした。
ふつうの洋服に合わせるなんて思ってもみませんでした。(笑)
今から思うと、ビニールの靴下構造なので、冬場は寒くて、夏場は暑いブーツでしたから、春や秋はわりとラクでしたね。
ファッション目的で履いてる人は見かけたことないので、新しくて良いかも。(汗)思い切って試してみようかなぁ。(笑)

美月さん、
ヒール足袋がテーマのブログなのに、ごめんなさい。
よそのブログでは、テーマから脱線したコメントすると叱られたりします。
ところで、美月さんスペシャルは活躍されてますか?短芯の方が使い勝手が良いなんて言わないで下さいね。(笑)
Posted by ユキ at 2007年04月06日 07:57
こんばんは。
たまに、テーマ違いのコメントして叱られる事ありますね。
ブログって日記ですよね。少し前だと、日記帳は、他人に見せない物と相場が決まってたのに。
そっか、交換日記もありましたよね。ここは、ヒール足袋で集まった私たちの交換日記の場ですね。
美月さん、ユキさん、ありがとうございます。
Posted by はるみ at 2007年04月07日 00:41
お気遣いありがとうございます。来る方も限定されていますので、めちゃくちゃ脱線しない限りイエローカード出しません。

そうそう「技術開発局」掲示板を作るといって、もうだいぶたっちゃってますね。もう少しお待ち下さいませ。そしたら遠慮なく綴れますよね。

まだ美月スペ完成していないのです・・・・。大き目の専用足袋を購入しないと細工した芯がきつくて入らない・・・。(足袋にしわが寄るのが嫌で、どれもキツキツで・・・・) しくしく・・・
Posted by 朔(管理人) at 2007年04月07日 10:13
美月さん、
私がスペシャルを自慢するので、余計な出費をさせてしまってるみたいで申し訳なくてなりません。
私は購入の際、美月さんの書いて下さっていた
>『ヒールごと足袋を履きますので、少し(0.5cm)大き目を・・・』
って説明で、何の躊躇いもなく大きめサイズにしちゃったので後々、強化装備を付けても、丁度な大きさで装着できています。
足袋がたるんでいると、『七五三の子供さん』って感じが、私のイメージの中で、あるのです。(笑)
>細工した芯がきつくて入らない・・・。
裏ゴム加工って短芯の時も、有利じゃないでしょうか?
私は短芯の経験がありませんが、足の前半だけ布底で、後半はヒール台に乗っていて、どこか違和感が大きそうな気がします。前半もゴム層が加わるとバランスが良くならないでしょうか?
Posted by ユキ at 2007年04月07日 16:02
いやあ、ユキさんやはるみさんのスペシャル聞いてると、何かすごく欲しくなっちゃったんですよ。早く完成させたいなあ。

>『ヒールごと足袋を履きますので、少し(0.5cm)大き目を・・・』

私は、ヒール用の足袋を2足持っているのですが、これがどちらもジャストサイズなので、履くのが大変だったんです・・・・。あんまりぴったりだと鼻緒にかかる圧力も高い気がしますし・・・。
ですので、少し大き目が良いかしらと書き足しました。スペシャル作るには、ワンサイズ上の足袋を選びましょうというアドバイスも加筆しないとね。短芯、長芯とも裏ゴム加工すると良さそうですね。前半のゴム層加工、大きめ足袋を手に入れたら、短芯ヒールも変身させようっっとっ。
Posted by 朔(管理人) at 2007年04月08日 23:07
こんばんは。
昨日、いっぱいで湿布を剥がす決意をして(大袈裟ですね)今日、友人とお出かけしてきました。
お座敷に上がらせてもらってしばらくは、『強化ソール』の事がすごく気になってしまってて、強化前のように大人しくしていましたが、友人や他の人達とすごしてるうちに、すっかり忘れてしまって、
後で友人に『私、ぎこちなくなってなかった?』って聞いても大丈夫だったようです。
帰り際の廊下で、友人も私も緊張が解れてしまったのか、一瞬『キュッ』って鳴ってしまいました。(汗)
二人ほぼ同時の出来事に、思わず顔を見合わせて、舌を出したりして。
結構、長い時間装着していても大丈夫みたいでした。
パワーに余裕があると、すごい楽みたいですよ。
Posted by ユキ at 2007年04月09日 00:11
美月さん、
スペシャル完成間近なんですね?早くジャストサイズの専用足袋、届くといいですね。
ユキさん、
お出かけ、無事成功したようですね?良かった。
いろいろあったみたいなので、今回の成功には、すごい意味があったんでしょうね。
ところで私の専用足袋、裏ゴムを厚く塗り重ねてあるので、生乾きの状態の時に、ゴムイボシートを押さえ付けて凹み模様を付けてみました。
『工夫しましたぁ!』って満足感のせいなのか、パワーアップしてるみたいに感じちゃいますね。
美月さんも、ユキさんもトライしてみてね。
Posted by はるみ at 2007年04月09日 12:50
美月さん、
裏ゴム加工される前?に、
はるみさんの『超強力裏ゴム』の方法が届いて良かったですね。
私は、そこまで考えつきませんでした。(汗)
はるみさん、
はるみさんスペシャルって、本当にお仕事の事を考えた工夫が伺えますよ。
私のは、お仕事用じゃないけど、安心して装着していられそうなので、
私のにも模様を付けたいと思っています。
裏ゴムに加工するだけでも余裕なのに、
模様付きだとワクワクしちゃいますよね。
ワクワクするのって、捻挫してしまった私だけかしら?(汗)
きっと、階段や早足の時だってヒール足袋の弱点じゃなくなるんでしょうね?(弱点だなんて、大袈裟ですね(笑))
Posted by ユキ at 2007年04月10日 00:13
ヒール足袋をパワーアップさせようって気にさせてくれたのはユキさんのおかげですから、ユキさんスペシャルだって、模様付きソールで安心して、装着してほしいですね。
たしかに、足への固定方法が不完全なノーマル状態のヒール足袋だと、階段や早足は弱点でしょうね。
でも工夫されたスペシャルなら完璧ですよね。
ベテランヒール足袋愛好家の美月さんも、是非スペシャル仕様の安全性を味方にしてほしいです。
きっと感動しちゃいますよ。(笑)この安定感は何なの!みたいな感じ。
Posted by はるみ at 2007年04月10日 12:51
はるみさん、美月さん、
ハイパーユキスペ(やっぱり恥ずかしいですね)完成しましたよ。
はるみさんのお仕事されてる姿を想像しながら装着してみました。
私のタイツだと、やっぱり感じが出ないので、
はるみさん仕様の『マジックベルト留めスタッキング』とセットで装着しちゃいました。(笑)
模様加工しました!っていう満足感だけじゃないと思いますよ。
本当に、『何なの?』ってパワーを感じました。
階段や早足も、もちろん試してみましたよ。
ギュッって踏ん張っても、すごい力で支えていてくれる感じで、下りの階段も平気でした。
急に早足したり、急に止まろうとしても安心して出来る感じです。
美月さんスペシャルにも絶対おすすめです。
Posted by ユキ at 2007年04月12日 00:24
ユキさん、
恥ずかしがり屋さんですね。(笑)
ハイパーユキスペってネーミング、おしゃれじゃないですか。私の場合、ハイパーハルミスペだと字余りな感じで、スッキリ感がないでしょ。(汗)
あまり気にしてなかったのですが、意識してみると、たしかに急加速とか、急停止の場面でも安心していられる感じはありますね。
すごい力で支えられてると仰る感じ、わかります。
もう、手放せないですね。
Posted by はるみ at 2007年04月12日 12:51
たしかに、ハイパースペシャル経験しちゃうと手放せなくなる感じですよね。
透明のゴムで加工しているので、もしも秘密の裏ゴムを見られて心配な時でも、さり気なく振舞えそうですし。(汗)
ハイパーでお出かけするのが楽しみです。
ヒール芯のテープを留めてハイパーカバーを装着すると、本当に変身したような気持ちになっちゃうんですぅ。(汗)ちょっと危険な私。(笑)
背が低いというだけで消極的だった私を、もっとお出かけしたいって気持ちにさせてくれたのは事実です。
ヒール足袋について調べるうちに、こちらの美月さんのブログに出会って、性格も明るくなりましたよ。
美月さん、はるみさん、ありがとうございます。
Posted by ユキ at 2007年04月13日 01:43
ユキさん、
『ハイパーでお出かけ』ってフレーズ、いいですね。
成功祈ってます。
私も、仕事前、まずヒール足袋を装着して着付ける時に、どこか変身するような気持ちになってますね。(汗)
体がキリッっと引き締まるというか、5僖辧璽襪背筋を伸ばしてくれる感じがして。
ハイパーでお出かけ、がんばってね!
Posted by はるみ at 2007年04月13日 12:56
はるみさん、
いつも励ましていただいてありがとうございます。
着付けの時って、前にも美月さんが仰ってたように、
『つんつるてん』にならないようヒール足袋を先に装着して裾丈を合わせるので、たとえ5cmでも秘密ゾーンのヒール分だけ長くする時、
きっと変身するような気持ちになれるのでしょうね。
明後日のお出かけに備えて明日は、最終チェックです。(汗)
いくらハイパーでも、固定がしっかり出来てないと、すごく不安ですし、
爪先ポケットやマジックテープの緩みがないか、
ハイパーカバー装着した時、不自然な形にならないようにヒールの後ろのスポンジを整えたり、草履装着中でも鼻緒で痛くならないための指股ガードスポンジをフワフワの新品に取り替えたりとか、
当日、完ぺきを目指そうとするとチェックも真剣になりそうです。(汗)
なんか、ひとりの世界に入ってるみたいですね。(笑)
Posted by ユキ at 2007年04月13日 23:11
ご無沙汰してすみません。なぜかいつも書きかけてるときに邪魔が入って・・・

気持ちって、ほんと不思議。自信ってとても大切。
着物を着るだけで、日常の自分から「へんし〜ん!」なんですが、さらにスペシャルヒール足袋装着でハイパーおでかけ!!

私もユキさんとはるみさんからパワーとほのぼのをもらっています。

いつもありがとうございます。



Posted by 朔 美月 at 2007年04月14日 10:19
美月さん、
こちらこそ、いつもお世話になっております。
以前は、辛い事や嬉しい事があっても、
ほとんど自分の胸に仕舞っておくタイプでしたが、
この美月さんのブログに出会って、打ち明けられるようになりました。
美月さんやはるみさんと着物やヒール足袋の事でお話出来るのが楽しくて。

最終チェック終わりました。(汗)
はるみさんがお仕事で結果を出して下さっているハイパー仕様だから、
今度のお出かけこそ、完全成功させたいなぁ。(笑)
友人のヒール足袋もチェックしました。
廊下で紐を持って、二人で綱引きならぬ紐引きしてみましたよ。(汗)
足元の安定感すごいです。友人も感心していました。
Posted by ユキ at 2007年04月14日 16:25
ハイパーでお出かけしてきましたよ。(笑)
はじめは、お座敷に上がりましたが、少しして、お花見みたいな感じで、
お庭に場所を移す事になりました。(葉桜だけど・・・)
お庭だと当然、赤い毛氈が敷かれてると思っていたら、全体の半分だけで、
残り半分は工事用のブルーシートでした。
いくらハイパースペシャル装着しているといっても、
ビニールシートの上を歩くのって初体験なので、
私も友人も少々不安でしたが、いざ歩いてみると全然余裕でした。(笑)
やっぱりパワー、すごいみたいです。
薄いシートなので地面のゴツゴツがあった様子ですが、長芯だと足裏全体がガードされてるので全然痛くなくて安心していられました。
初めての床にも、しっかり対応できたので、今回は完全成功だと思います。
美月さんの仰る通り、ハイパーのおかげで、やっと自信がついた気がします。ありがとうございました。
Posted by ユキ at 2007年04月15日 16:16
ユキさん、
お出かけ成功して良かったですね。
ハイパースペシャルで完全成功なんて、何故か私まで嬉しくなっちゃいますね。
私のハイパーは、室内のほとんどの床では対応してくれていますが、
工事用のビニールシート上では装着した経験がありません。(笑)
ハイパーだと、どんな床だって不安なく装着していられそうですよね!
私も裏ゴムにする前は、ワックスのかかったフローリングで危なかった事が、
二、三度ありました。ユキさんが捻挫された時、告白しようかとも思ったんですが、勇気がなくて今になってしまいました。ごめんなさい。
同じ場所でも裏ゴムで模様を付けてからは早足だって、
なんのそのって感じです。これからは、普通のお座敷用の足袋だって裏ゴムよ!って時代になってくれると嬉しいですね。私の場合、裏ゴムでないと仕事にならないんですもの。(身勝手な女:はるみ(爆))
Posted by はるみ at 2007年04月16日 13:42
はるみさん、
身勝手な女だなんて、そんな事ないですよ。
私だって、裏ゴムの標準化には賛成です。(笑)
ビニールシートの件では、戸惑いました。凸凹の地面に敷かれてたので、
大半の普通の足袋の人は足の裏が痛くて大変だったのでは。
座る場所には、お座布団が用意されてましたけど。
透明ゴムベールのおかげで底の汚れもガードされてて、
正座で秘密のハイパーソールが見えても平然としていられましたよ。
『舞台度胸』ならぬ、『ヒール足袋度胸』って感じですね。(笑)
舞台で連想すると、主役が着物だとしたら、ヒール足袋は完全な脇役でしょうけど、私のこだわりは、そういった縁の下の力持ち的なヒール足袋を中途半端にしてあげたくない気持ちですね。(なんか、力説(汗))
ハイパーだからって油断しません。弱点を見つけて改良強化したいです。
私も、結構、身勝手な女ですね。(笑)
Posted by ユキ at 2007年04月16日 14:50
ユキさん、
長芯を装着されていて得しましたね。(笑)
>大半の普通の足袋の人は足の裏が痛くて大変だったのでは。
足袋って、布底が普通なんでしょうけれど、
足の裏側全体をカバーしてくれる長芯が、思わぬ場面で有利に働いてくれましたよね。
私が短芯ヒール足袋を履く前は、底にクッション層のある足袋で仕事してましたよ。一日中履いていると普通の足袋と足の疲れ方が違うのがわかりましたね。
短芯になって、また普通の布底に逆もどりしたため、ヒールの不安定な感じと重なって足の疲れが過去最高になっちゃいました。(涙)
そんな経緯もあって、現在使っている長芯プラス強化スペシャルだと、今までの歴代足袋の中で一番快適です。長芯ヒールを発明された人に感謝しないと。
パワーアップのアイデアを教えてくれたユキさんや、このブログを運営して下さってる美月さんにも感謝しています。ありがとうございます。
Posted by はるみ at 2007年04月18日 15:39
はるみさん、
あったかクッション足袋って、かなりのスグレモノのようですね。
メーカーさんのスペシャルって感じがします。(笑)
クッション底にストレッチ生地、5枚コハゼって紹介されてましたね。
ヒール専用足袋も、もっとバリエーションが欲しいですよね。
無理矢理5cmに上げているヒール芯だと、専用足袋もヒールを入れるスペースが5cm分あると、もっと自然に見えるのかしら?なんて考えちゃいます。
足袋を誂える事って、できるのでしょうか?
でも、秘密のスペシャルヒール芯で採寸される事を思うと、気が進みませんよね。(汗)
Posted by ユキ at 2007年04月19日 07:43
あったかクッション足袋ってスグレモノ。知りませんでした!!

底クッションや裏ゴム、長芯とやはり底の安定感は大切なんですね。

それはそうと、やっと大き目のヒール足袋を注文しました。
それまで、0.5cm大き目か1cm大き目か悩んでいたんです。さすがに、1cmは大きいかなと思いましたので、0.5cm大きい足袋です。

それにしても、足袋の中で5cmもアップできるお二人は、きっととても「可愛い」お御足なんだと思います。→おふたりのコメント読みながら、なぜコハゼがちゃんとはまるのだろうと、こっそりうらやましかった私です。

ちゃんとコメントを読んで仕様を理解しているつもりなのですが・・・変な誤解があったら教えてくださいね。
Posted by at 2007年04月19日 18:25
美月さん、

>なぜコハゼがちゃんとはまるのだろうと・・・

はるみさんスペのカバーは、わかりませんが、
私のは、コハゼを留める側の紐を二段階から三段階に追加しちゃってます。
紐の縫い付けって、そんなに難しくなかったですよ。
さすがに爪先ポケット、固定用マジックテープ、外観補正スポンジなんかで武装しちゃうと、緩い側の紐でもキツキツ状態でしたね。
以前、コハゼが外れてたのを友人に指摘された失敗は、そのせいじゃないでしょうか。失敗は成功の元って、つくづく思います。
Posted by ユキ at 2007年04月19日 18:53
美月さん、ユキさん、
私も5cmヒールだと少しきつ目ですが、緩い側でなんとか留まります。
見た目も甲高ですが、ペタンとした甲よりも足が小さく見えるような気がして、
良いと思います。(汗)
足の形や太さって、人それぞれ違うので、本当のスペシャルにする為には誂えたいですよね。
ぴったりフィットだと、パワーや取り回しやすさだって、もっとアップしそうですよね。
お座敷用の足袋なのに、パワーを追求するのって、他の人からすればきっと変に感じちゃうのかしら。(汗)
仕事で使っているので、パワーはもっと欲しいです。
ユキさんは、どうですか?
でも、絶対に畳を傷めちゃうでしょうね。
Posted by はるみ at 2007年04月20日 08:58
はるみさん、
>緩い側でなんとか留まります。
足首、きっと細いんでしょうね。(笑)羨ましいですぅ。
甲高で足が小さく見えるっていうのは、数学の世界ですよね。
直角三角形に例えたら、
(ヒール芯の底部の長さ)の二乗+(ヒールの高さ5cm)の二乗
=(足の裏の長さ)の二乗
でしたよね。(汗)
代入すると、
X二乗+25=576で、X二乗=551、すると、X=23.47・・・
24cmの足に5cmヒールを装着すると、底面の長さは23.47cmで良いわけですね。(笑)
Posted by ユキ at 2007年04月20日 16:06
なるほど!
三角比がヒール足袋にもあてはまるのですね。
ユキさん、すごい!
Posted by はるみ at 2007年04月21日 00:55
ほんとユキさん、すごい! 

黄金比とか三角比とか結構身近で発見できるものなんですね。
しかし、ヒール足袋のコメントが数学的になっていくというのも、管理者として誇らしいです。(「うちのお客さんたち、すごいでしょ」って)

コハゼの疑問、解決しました。もうすぐ届くのでいろいろトライしてみます! ありがとうございました。
Posted by at 2007年04月21日 09:07
そうでした、『三角比』って呼び方思い出しました。(汗)
斜辺の長さの二乗は、他の二辺の二乗の和に等しい。
とかって言ってませんでしたか?
厳密に言うと、ヒール芯は、爪先からすぐに高くなってるわけじゃないですし、あてはまるのって、土踏まずの辺りから後ろまでの部分ですよね。(汗)
Posted by ユキ at 2007年04月21日 15:25
今日は小雨でしたが、お出かけしてきました。
雨の日のお出かけにも慣れておかないと。(汗)
専用足袋に撥水スプレーしておきました。
底に塗っている透明ゴムとは別の撥水専用の物です。
入り口にスノコがあったのですが、着物から落ちた水滴でしょうか、
少し濡れていましたけれど、ハイパーだと平気みたいでした。
雨にも強いんですね。(汗)
何か、ハイパー仕様にしてからは、凹んじゃう事がなくなった気がします。
足元の心配がなくて、気持ち良く過ごしていられる感じなんですよ。
美月さんの専用足袋、早く届くといいですね。
ベテランの美月さんがハイパースペシャルだと、完ぺきだと思います。
お座敷のお出かけでも装着して欲しいですね。
Posted by ユキ at 2007年04月22日 20:07
ユキさん、

>着物から落ちた水滴でしょうか

よくありますよね。裾なんかに残った水滴が玄関で落ちちゃうんでしょうね。
裏ゴムしちゃってるから、たとえ水滴を踏んでしまっても大丈夫ですよね。
でも、足袋底への水の染み込みはなくても、
水でゴムが滑るんじゃないかしら?って心配でしたが、
ユキさんのコメント見るかぎりハイパーソールが守ってくれましたね。
すごいパワフルなんだ。(笑)
私も、あらかじめ試しておいた方が良いのかしら?
ハイパーだからって過信しちゃってて失敗なんてしちゃうより、
ここまでだったら絶対OKって限界みたいなのを知っておく事も大切ですよね。
安心してハイパースペ、装着していたいですもの。
Posted by はるみ at 2007年04月23日 01:55
はるみさん、
玄関口、結構濡れていたようでしたが、滑ったりなんてしませんでした。
私も、どの程度までグリップ力があるのか、知っておきたいですね。(汗)
アマゾンでCDとか通販するのですが、包まれてるダンボールの内側に波々型の模様があります。緩衝材になってると思いますが、次の裏ゴム模様に使っちゃおうかと企んでます。(汗)
土踏まずより前半の底に波々型模様、後半の踵部の底には今までのゴムイボ凹み模様って具合に、二種類の裏ゴムにしちゃおうかと。(笑)
お風呂掃除で装着するママブーツの底も波々型で水にすごく強いので、ユキスペに応用しますね。(汗)
ちなみに、私のママブーツは、ロングタイプのファンシーブーツです。
ブーツ丈が20cmくらいの深さで、スポンジソールの踵部が2cm程のヒールになっているのが、お気に入りです。
でも、メーカーのミツギロンさん、製造を中止されました。
Posted by ユキ at 2007年04月23日 21:19
私の仕事柄、集まって来られる方の中にも、ちらほらヒール足袋を装着された方がいらっしゃって、私には装着が見破れてしまうのです。(笑)
ユキさんの工夫された、『外観補正スポンジ』が、ヒール足袋に入ってないからだと思ってしまいます。
でも、すごい人、いましたよ。
いくら5枚コハゼの深いタイプでも歩いたりしてるとスタッキングとの境い目って見えちゃう事があると思いますが、その方の足袋って、かなり上の方まで生地が繋がっている様子でした。興味を持つと観察しちゃいますよね。(汗)
足袋底の色が薄グレーなんです。色が着いてるだけで、すごいパワーありそうに見えましたね。頭を殴られたくらいの衝撃を受けました。(汗)
ショートブーツくらいの高さがある足袋なんて、完全にオーダーメードでしょうし、薄グレー底は裏ゴムなのか、安定感もすごい感じでした。
ショートブーツスペシャル、私も欲しい!
Posted by はるみ at 2007年04月24日 00:58
はるみさん、
すごい方、いらっしゃるんですね。私も見てみたいです。
はるみさんのコメントで、ショートブーツスペシャルを想像しましたよ。
丈が膝と足首の中間くらいまであるとすると、スタッキング無しでも裾の心配がいらなくて良いかも、ですね。(汗)
薄グレーの裏ゴムっていうのもスゴそう。
私たちのスペシャルよりパワーありそうでしたか?
お座敷用の足袋なのに、底を薄グレーにしておられるのって、やはり目的があっての事なんでしょうね。パワフルにするためかしら?
はるみさんのコメントで、私もショートブーツスペシャル装着してみたくなってきました。(汗)
Posted by ユキ at 2007年04月24日 20:44
足袋の事を調べるうちに↓

http://fpouch.fc2web.com/himo.html

って足袋のサイトにたどりつきましたよ。
でも、足首丈より深いブーツタイプの足袋って、地下足袋だけですよね。
そして、ヒール足袋も立派な足袋なのに、
サイトでは取り上げられていませんでした。
なにか、寂しい感じでした。
はるみさんの見られたスペシャル、気になって仕方がありません。
裏ゴムが薄グレーってところがお洒落ですよね。
もし茶色い裏ゴムだったら、いくら素敵なオーダーメードのブーツ足袋だって、地下足袋と間違えられちゃいますもの。
お座敷で地下足袋はダメですよね。
Posted by ユキ at 2007年04月25日 21:23
ショートブーツスペシャル装着した方が、また来られていたので、すごく気になってしまって、意を決してブーツタイプの事を聞いてみましたよ。
私の立場だったら、スペシャル装着してる事に気付かれて、他人から質問なんてされるとイヤな気持ちになりそうなのに、その方は不機嫌な様子も無く答えて下さいましたよ。(汗)
身内に足袋を扱ってる方がおられて、冗談半分でブーツみたいな丈の長い足袋が欲しいというお話をなさったところ、本当に作ってもらえる事になったそうです。
私も、足袋関係の親戚、欲しい!(汗)
実際に見せてもらえる事になったのですが、大勢の人ごみで足袋を脱がせるなんて、とても失礼なので、スタッフ用の控え室に来てもらいました。
ブーツタイプの秘密が見られると思うとわくわくどきどきでした。
美月さん、長くなるのでコメント分けますね。ごめんなさい。
Posted by はるみ at 2007年04月26日 00:56
続きです。
控え室で二人だけにしてもらって、ブーツタイプを脱いで下さいました。
なんと、革製なんです。すごいでしょ!私のじゃないけれど。(笑)
最初は布で作られたそうなんですが、試行錯誤で現在のが三作目の物で、革になったそうです。もちろんヒール芯も入れられていて、私達と同じ既製品の長芯でした。やはり、スペシャルを目指す方は長芯なのかしら?
手にとって触らせてもらっていると、装着したくなりますよね。
でも段階があって、私もハルスペの事をカミングアウトしないと話が進みませんよね。ほとんどがユキさんのアイデアの塊であるハルスペにも感動してくださいましたね。すごく優しい方で安心して打ち明けられた感じでした。
ブーツタイプ装着です。革製のためか、ヒール芯を普通に入れてるだけなのに安定感が高いんです。伸縮性があるからかしら。
さらに続けますよ。ごめんなさいね。
Posted by はるみ at 2007年04月26日 01:25
薄グレーの裏ゴムなのですが、専用足袋にゴムを塗ったハルスペとは別物だという事で、底自体が特殊なゴムシートなんだそうです。
普通のゴムシートだと室内の畳や床を傷めてしまうので、かなり選ばれた材質なんだそうです。ブーツタイプは無理としても、この特殊シートだけでもハルスペに付けて上げたい気持ちですね。(汗)
畳を傷めないのが不思議なくらいパワーがあるのです。ハルスペのパワーでも満足してたのに、さらにパワフルで感動しちゃいましたよ。
履き心地も、長芯と特殊シートの二重クッションでガードされているせいか、足の裏がすごくフワフワ気持ち良くて、何時間でも動いていられそうな感じでしたね。
見た目にもパワーにも拘った本物のヒール足袋って感じでした。
すごく欲しいけれど、やはり、あつかましくて『私にも・・・』なんて言えません。
パワーと履き心地を体験させて頂いただけで感激でした。
Posted by はるみ at 2007年04月26日 01:52
はるみさん、
ショートブーツタイプ、試着されたんですね。羨ましい。
底自体が特殊なゴムシートだなんて、スゴすぎますね。
ちゃんと、畳や床の事を配慮しながらハイパワーで行動できるなんて、
完ぺきじゃないですか。羨ましいとしか言えないですね。

>すごく優しい方で安心して打ち明けられた感じでした。

そんなにすごいブーツタイプの足袋を装着なさってるのだから、
『ツンツンすました人』じゃないかって、勝手に想像していました。(汗)
ハイパー仕様とか言っていい気になっていた自分が、何だか恥ずかしいです。
すごいパワーなのに、決して振りかざしたりしない優しさって、やっぱり必要なんでしょうね。
Posted by ユキ at 2007年04月26日 19:35
はるみさん!

ショートブーツスペシャル仕様の試着報告ありがとうございました。
お誂えのヒール足袋なんて、そうお目にかかれるものではありません。

大げさですが、求める人のところへは、そういうチャンスがめぐってくる運命のようなものを感じました。

>普通のゴムシートだと室内の畳や床を傷めてしまうので、かなり選ばれた材質なんだそうです。
>履き心地も、長芯と特殊シートの二重クッションでガードされているせいか、足の裏がすごくフワフワ気持ち良くて、何時間でも動いていられそうな感じでしたね。

う〜んっっ。欲しい!!
Posted by at 2007年04月27日 11:29
試着報告のためにコメント三回分も占領しちゃいまして、ごめんなさい。
でも、すごく貴重な体験させてもらったので、報告せずにいられない気持ちでしたね。(笑)
短時間の試着でしたが、夢のようで、パワーも履き心地も私のハルスペとは比べ物にならないくらい『別物』だったので、このところハルスペの調子がすごく悪くて困ってます。(涙)
おそらく、ハルスペ自体の変化は無くても、装着している私がハルスペのパワーに『物足りなさ』を感じてしまったからなのでしょね。(汗)
できることなら、ショートブーツスペシャルで仕事してみたいですね。
革の素材と特殊ゴムシートだけで、あれだけの完成度の高さなのが羨ましくてたまりません。
足袋のフィット性と底のパワーのバランスを追求された結果なのでしょうね。
特殊シートだけでもGETしたい!
Posted by はるみ at 2007年04月27日 18:14
はるみさん、
>このところハルスペの調子がすごく悪くて困ってます。(涙)
はるみさんのハイパースペシャルを調子悪く感じさせる程の高性能が、
革素材の足袋と特殊なゴムシートというシンプルな仕組みだなんて、
ハイパーで自信の付いた私にとっては、すごくショックを感じます。
ハイパーで嬉しくて仕方がなかった私って、すごく低レベルなのかしら?
そんな気持ちで、凹んじゃいました。
ハイパーでお出かけするのも、何だか恥ずかしい感じです。
畳や床を保護しながら今以上にハイパー化することなんてできないし、
もう、どうでもいい!って気持ちです。
Posted by ユキ at 2007年04月27日 19:07
はるみさん、
>このところハルスペの調子がすごく悪くて困ってます。(涙)
はるみさんのハイパースペシャルを調子悪く感じさせる程の高性能が、
革素材の足袋と特殊なゴムシートというシンプルな仕組みだなんて、
ハイパーで自信の付いた私にとっては、すごくショックを感じます。
ハイパーで嬉しくて仕方がなかった私って、すごく低レベルなのかしら?
そんな気持ちで、凹んじゃいました。
ハイパーでお出かけするのも、何だか恥ずかしい感じです。
畳や床を保護しながら今以上にハイパー化することなんてできないし、
もう、どうでもいい!って気持ちです。
Posted by ユキ at 2007年04月27日 19:08
ごめんなさい。
また、同じのが二つも送られてしまいました。
ヤケを起こしたようなコメントをしてしまってごめんなさい。
よく考えたら、美月さんにも、私が抱いたような不快感をあたえていたかも知れませんね。
まだ、ハイパースペシャルを実現されていないのに、
私は、いい気になって自慢ばっかりしてしまって、ごめんなさい。
はるみさん、
お気を悪くなさらないで下さい。
純粋に感動した様子を報告して下さっただけなのに、私が勝手に僻んだようなコメントしてしまって。
反省します。
Posted by ユキ at 2007年04月27日 20:28
何度もすみません。
さっき、テレビの番組宣伝で、明日、夜9時の番組の事をやってました。
全国同じ時間なのでしょうか、フジテレビ系だったと思います。
脚の骨を切断して、20cm伸ばす手術を受けた女性の話題でした。
私はいくら背が低くてヒール芯に頼っているからといっても、
そこまでするのは、どうかと。
恐いけど、見てみたいような。
Posted by ユキ at 2007年04月27日 23:09
ユキさん、私の方こそ、ごめんなさい。
あまりにも衝撃的だったので、つい調子に乗ってしまいました。
ハルミスペシャルなんて言ってましたが、大方はユキさんのアイデアで仕上がったスペシャルを、オーダーメードのスペシャルと比較して調子が悪いなんて言われれば、面白くはないですよね。そんな事まで考えもせず、軽薄でした。
ユキさんのコメントを見て気付かされました。
美月さんだって、毎日のようにスペシャル関係のコメントを見せられるのって、すごく複雑だったと思います。
人の気持ちも考えずに、いい気になっていました。
ユキさん、美月さん、本当にすみませんでした。 はるみ
Posted by はるみ at 2007年04月28日 11:23
ショートブーツスペシャルのすごい性能にジェラシー感じちゃいました。
とても恥ずかしいです。
はるみさんの場合、
>できることなら、ショートブーツスペシャルで仕事してみたい・・・
そんな気持ちが強かったのでしょうね。あらためて、レポート拝見して、そう感じました。
私がお出かけで装着する時間と、はるみさんがお仕事で装着される時間って
全然違うでしょうし、足の疲れも相当なんでしょうね?
だったら、安定感とパワーは、いくら高くても困らないし、足裏のフワフワしたガード性に憧れて当然だと思います。ユキスペ、やっぱりパワー、何とかしたいです。(笑)
美月さん、
自慢ばかりじゃなくて、これから美月さんスペを成功させるためのサポート的立場を考えて行きたいです。(汗)こらからも宜しくお願いします。
Posted by ユキ at 2007年04月28日 20:47
ヤフーで『滑り止めシート』って検索したら
http://www.yuusai.co.jp/carpet/seet.html
を見つけましたよ。
見出しに『最強の滑り止めシート』なんて載せられていて、
覗くと、カーペット用だとわかりました。
畳や床にカーペットを安定させるシートなら、
ヒール足袋の底に装着して動き回ったりしても床を傷める心配がないと思うのですが。厚みもあって、足裏二重ガードにもなりますよね。
専用足袋を革素材でブーツ丈に誂えたりするのは無理だけど、
この滑り止めシートを特殊シートの代わりに使う事なら出来ますよね。
今のハイパーよりパワーアップなのかどうかは、まだわからないけれど、
夢のような高性能のショートブーツスペシャルに、少しは近づけるようで、
『ドリームスペシャル』って呼びたいな。(汗)
Posted by ユキ at 2007年04月29日 02:19
拝見しましたよ、ユキさん。
見出しの、『最強・・』っていうのが気になりますね。
早速、厚みのある方、注文しましたよ。
ユキさんは、アイデアとか、検索とか、すごいですよね。
なんか、いつもお世話になりっぱなしって感じです。(汗)ありがとう。
なのに、ハルスペ調子悪いなんて言っちゃってごめんなさいね。
もう、ショートブーツスペの事は高嶺の花と思って忘れるようにしますね。
ショートブーツスペ装着した人と、ヒール足袋でパワー比べとか、するわけじゃないので気になりませんよね。(汗)
『ドリームスペシャル』、とても素敵な呼び方。
畳や床に優しくてパワーも強力なら『ドリーム』最適だと思います。
今週は、久しぶりにまとまってお休み取れそうなので、いつも私の過酷な使用に耐えてくれてる『ハルスペちゃん』も休ませて上げたいです。シート、届いたら改造手術しちゃうけれど、ごめんね。(って感じですね(笑))
Posted by はるみ at 2007年04月29日 23:54
皆様、突然に、しかも趣旨違いですいません。
ユキさんがお持ちのストレッチブーツ、可能であれば譲っていただきたく書き込みました。よろしければ御連絡下さい。
どこで買えるのかもわからず、しかも結構高価なもののようですね。
Posted by こじろう at 2007年04月30日 02:36
私は、全く気にしていないですよ〜。
たぶん日本中で、ここでしか、発表されていない「貴重な」ヒール足袋仕様情報ですから、どんどんお知らせくださいね。

私は、現在では中々着物でお出かけもままならないので、改造も心ゆくまで楽しむ時間がないのが残念でならないのが本音です。

ですから、いろいろ私の代わりにやってみて報告してください。
私のことは、どうぞ気にせず。

それこそ、早く掲示板を作らなきゃね〜。いやいや、ほんと。
Posted by 朔(管理人) at 2007年04月30日 14:50
>ここでしか、発表されていない「貴重な」ヒール足袋仕様情報・・・
 いつの間にかコメント数145通ですね。(汗)ごめんなさい。
>現在では中々着物でお出かけもままならないので・・・
 お忙しいみたいですね。
 時間をみつけて『スペシャル』製作して下さいね。

注文していた『最強の滑り止めシート』、やっと届きましたよ。
専用足袋の底生地に納まるように切り抜いて裏ゴムの上から装着しました。
裏ゴムだけの時とは違う感じのパワフル感ですね。
畳の上でだって平気ですし、『傷めないんだ』って思うと動きやすいです。
三面鏡の前で片足上げて振り返り、薄グレーの特殊シートが他人からどんな風に見えるのかも確認しましたよ。(汗)
薄グレーっていうだけでパワーがありそうに見えますね。(笑)
この秘密だったら、気付かれてもいいですね。(汗)
Posted by ユキ at 2007年05月05日 21:48
ユキさん、シート届いたんですね。私の方は、まだなんです。
なんとか明日中に届いてくれないと仕事でドリームスペシャル使えないですもの。ドリームパワーのハルスペ、すごく楽しみだったのに。
鏡で薄グレーを確認されてる姿、想像しちゃいました。(笑)
着物の時って、そんなに足を上げないので、さり気なくチラチラ見せるくらいの方がインパクトが強いんじゃないでしょうか。
私が最初に見かけた時もそうだったんです。
ショートブーツスペで歩いておられるのを見て、気になって、その人が正座された時、ヒール足袋の弱点で底が見えてしまったんですね。
『この人も足袋底に細工してたんだぁ!』って確信したというか。(汗)
衝撃的だったけど、私も裏ゴムで装着してたので違和感は全然なかったですね。
ユキさん、ドリームスペのレポート、待ってますよ。
周りの人達に薄グレーの衝撃を与えてあげてね!
Posted by はるみ at 2007年05月06日 02:39
はるみさん、シート早く届いてほしいですよね。
革製ショートブーツタイプのフィット感はわからないけれど、
グリップ力とクッション性の高さが良いみたいです。
お仕事で動かれる事の多いはるみさんには最適じゃないかしら。
私のは、お出かけ専用ですが、入念にチェックやテストしちゃいましたよ。
本番で失敗したくないので、パワーの限界を試したり、何時間くらい装着していられるのか知りたくて、
今朝からドリスペをずっと装着したまま過ごしてます。(汗)
こんなに長時間連続で装着した事なんてありませんでしたが、
ヒール芯とシートの二重ガードクッションなら大丈夫みたい。
はるみさんも、『ドリスペ』でお仕事された様子、レポートして下さいね。
Posted by ユキ at 2007年05月06日 18:47
ユキさん、おかげさまで今日届きました。
でも、夕方だったんですよ。
急いでハルスペドリーム化手術でした。(汗)
私のも裏ゴムの上から貼り付ける事にしました。
裏ゴム剥がそうとしたら、とても食い付きが強力で剥がせられなかったの。
毎日、私の動きを底でサポートしてくれてたんですもの、
ちょっとやそっとの力で剥がれちゃうと困るんですけどね。(汗)
裏ゴムにボンドで貼りましたよ。
ボンドが乾くまで待ち遠しくて、何度も試し履きしようと思ったけど、
明日、仕事本番中に最強シートが剥がれたりするのが一番怖くて、
専用足袋を新聞紙に並べてノートPCを『おもし代わり』に乗せました。
テストも出来ずに本番装着なのが少し心配ですね。(涙)
ユキさんのコメントだと、パワーは大丈夫そうなので、
あとは、お出かけまでにしっかりくっついてくれる事を祈るだけです。
Posted by はるみ at 2007年05月07日 01:48
はるみさん、
ギリギリでも間に合って良かったですね。
テスト装着無しで、いきなり本番は大変だったでしょうね?
でも問題は無いと思いますよ。
クッションの良さも、すごく良すぎるとヒール側がグラグラしちゃうかも知れませんが、
『最強シート』くらいの厚みだと、適度な感じじゃないかしら?
私は自宅で長時間耐久装着(笑)してみましたけど、
草履を履いて外を歩いたり、お座敷に上がらせてもらう場合は、
また少し違うかも知れないので、
今度『ドリスペ』でお出かけ出来るのを楽しみにしています。
いつもより足を上げ気味に歩いて薄グレーのシートを見せちゃおうか
なんて企んでいます。
はるみさん、美月さん、そんな私って、はしたないでしょうか?(笑)
Posted by ユキ at 2007年05月07日 18:23
ユキさん、心配して下さってありがとうございます。
やはり十分なテストもせずに本番投入だと少々不安だったので、
朝、少しだけ早起きして、いつもより早めに装着しちゃいましたね。(汗)
家の中での用事、外の移動ともにOKでした。
さぁ仕事って時に、ヒール足袋デビューの時(短芯と長芯の二回)以来、
久々に少し緊張しちゃいました。
最初はシート気にしながらでしたが、そのうち忘れちゃってました。(笑)
レポートのためにチェックしとかないといけないのにね。(汗)
やはり畳との相性は良いですね。パワー上がってますよね。すごい余裕!
驚くべきは、廊下でした。パワーがあるのに『キュキュッ』って音が
全然鳴らなくて超静かでしたよ。
一日仕事してもラクでしたね。二重ガードクッションのおかげですよね。
あとは、耐久性でしょうか?裏ゴムみたいに高耐久で、お手入れ不要だと
私としては助かるのですが。(汗)様子見ますね。
Posted by はるみ at 2007年05月08日 00:26
はるみさん、
どこか手を加えた時って、最初はすごく気になっちゃいますよね。
でも、自然と忘れちゃうくらいだったら、
何の不安もないって事だと思います。
私も板の間で不思議に思いましたよ。
すごいグリップ力なのに全然音が出ないですよね?
友人も、すごく喜んでくれました。
シートの耐久性は、私も少々気になります。(汗)
スプレーで厚塗りしただけの裏ゴムが、
これほど丈夫だったとは思いませんでしたね。
足袋底の繊維に浸み込んで、しっかりと内ゴムと繋がってたので、
どんな動きにも剥がれたりせずに、ずっと耐えてくれてたんだと思います。
お出かけ中に剥がれたりすると大変ですものね。
何より、お仕事装着に成功して良かったです。
Posted by ユキ at 2007年05月08日 20:02
ユキさんには、いつも応援してもらって、ほんとにありがとう。
仕事でドリームスペ装着しはじめて三日経ちましたが、
パワーを出すコツみたいなものも身に付いたようで、
私にとっては、仕事には絶対に欠かす事のできない
『スーパーアイテム』になっちゃいましたよ。(笑)
シートのグリップ力やクッションのサポートが無ければ、
怖い感じで、仕事なんて絶対ムリかしら。
私も、足を上げて鏡にドリームシートの底を映しちゃいました。(汗)
裏ゴム仕様の時って、一度もしなかったのに。
ビジュアル効果というものでしょうか?
ガッツポーズしないけど、『ニコッ』って。
今度はユキさんのお出かけの番ですね。
どんなお座敷だって、かかってらっしゃい!って気持ちですよね?
オーバーだけど、ドリームスペ装着中なら、そんな気持ちになれますよ。
Posted by はるみ at 2007年05月10日 01:25
はるみさん、
>仕事には絶対に欠かす事のできない・・・
最初は普通の足袋でも良かったけど、パワーが強い方が動きに有利で、
パワーを追求すると元には戻れないですよね。(汗)
私の場合は、お出かけ用なのにパワーを追求しましたね。
普通に動くだけなのにパワーが弱いと不安です。(汗)
もう戻れないですね。
新しいシート底なら、静かで迷惑もかけないし、誰にでも進められますね。
普通の足袋底でも十分満足な方も、このシートでさらに安心して欲しい。
そんな気持ちです。
ところで美月さんは、新しい専用足袋と長芯でのお出かけは済まされましたか?
もし、お済なら短芯との使い勝手の違いなど、教えて頂けたら嬉しいです。
Posted by ユキ at 2007年05月10日 18:59
私も、美月さんのベテランヒール足袋愛好家のご意見、聞きたいですね。
私的には、絶対に 長芯>短芯 という関係で、
ノーマルの短芯には戻れません。
でも、ドリームシート付きのヒール専用足袋で短芯を装着したらどうなるのかしら。
クッション性の高いシートで足裏全体がガードされていると、
短芯でもノーマルの長芯的な感覚なのでしょうか?
でも、仕事中のテストは、やめておきますね。(汗)
外側はドリームシートでも、内側の短芯は固定されないから心配ですもの。
ハルスペの時や、今のドリームスペで、よくありますが、
動いていて調子が悪く感じた時って、たいてい足首のマジックテープが緩んじゃってますね。急に緩んじゃうと、パニックですね。(汗)
5cmヒールだと安定感が無くなってきてピンチになっちゃいます。
一刻も早くテープを締め直さなきゃ!って時が、すごい不安です。
Posted by はるみ at 2007年05月11日 00:28
はるみさん、
お仕事中の動きでマジックテープが緩んで来ちゃうと、
専用足袋を一旦脱がないと直せないですよね?たいへんですね。
緩んだままムリされると私みたいに捻挫しちゃう危険性がありますよね?
気をつけてくださいね。
普通の動きしかしない私でも、
あの捻挫以来テープはしっかり締めて装着するように心がけています。
たしかに、裏ゴム→模様付き裏ゴム→ドリームシートってふうに、
パワーアップするにつれてテープの緩み方がひどくなってるみたいですね。
やっぱり、ショートブーツタイプでフィット性の良いほうが有利ですね?
ショートブーツだと、普通にヒール芯を入れて装着されてたんですよね?
やっぱり、ショートブーツ羨ましい存在ですね。(苦笑)
パワーとフィット性のバランスが、とれているみたいですね。
Posted by ユキ at 2007年05月12日 02:51
ユキさん、
ショートブーツスペの事って、やっぱり忘れられませんよね。(汗)
ヒール芯はブーツの内側に入っていただけで、特別に固定とかしなくても
コハゼを8枚留めるだけで、驚くほどのフィット感でした。
革って、結構ストレッチ効果があるみたいで、爪先を床に着けたまま
踵だけを上げた時でもヒール芯が一緒に持ち上がってくる感じでした。
ブレ感が無いので、横方向の動きでも不安なく動けます。
体力測定の『反復横跳び』だってOKかも。(笑)
着物でヒール足袋装着して『反復横跳び』する人なんていませんよね。
でも、通常動作の中で『反復横跳び』に近い動きに出くわしたりしたら、
ショートブーツタイプだと余裕でしょう。
なんか羨ましさを通り過ぎて、小生意気な存在ですね。
はるみ、問題発言!
Posted by はるみ at 2007年05月12日 16:43
ドリームスペを装着してお出かけしました。
着物や足袋で過ごす事にあまり慣れていらっしゃらない若い方でしょうか、
廊下でバランスを崩されたんです。
私と友人のすぐ前で滑られたので、二人で起こしてあげました。
私達にはわかりませんでしたが、その廊下は相当ツルツルしてたようで。
やっぱり裏ゴムの時よりパワーに余裕があって、すごく楽でした。
私達だけ平然と歩けるから不思議に思われたかも知れませんが、
足袋底の秘密の事には触れられませんでした。
自分からカミングアウトしたくないけど、
『特殊シートに気付いてよ!』なんて内心思っていました。(汗)
人前で足を上げて特殊シートを見せようかしらなんて言ってましたが、
やっぱり恥ずかしくて出来ませんでした。(汗)
白いタイツ装着で足上げ対策は一応してましたけど。(笑)
気持ちが、はしたないですね。
Posted by ユキ at 2007年05月14日 00:02
長らくのご無沙汰すみません。お返事も遅れていました。
私の長芯ヒールと短芯ヒールの装着感の違いを正直にお伝えします。
実は、装着後の安定感については、かかとを包み込むような構造になっている(ブログの写真にもある重いタイプ)に軍配が上がります。私の手の加え方(スペシャル仕様)にも、問題があるとは思いますが、履いた感じは、長芯のタイプでも、かかとが全て乗り切ってない気がして、ついついいつものかかとカバー型短芯タイプを装着しています。
短芯のこのタイプだと、ズレは全く無く、底が歩く時に曲がるので、足指の先に踏ん張りが利くんです・・・。長芯だと、底がまっすぐで曲がらないので、歩く時少し違和感が・・・・。
けっして、長芯を否定しているわけでなく、たぶん私の問題もちゃんとスペシャル仕様に上手に改良すれば大丈夫なはずなんです。ごめんね。こんなコメントで・・・。ユキさん、買ったことを後悔しているわけではないので、心配しないでね。
はるみさんは、どんなタイプの短芯ヒールでしたか?
Posted by 朔(管理人) at 2007年05月16日 09:52
美月さん、『かかとカバー型短芯タイプ』の使い勝手、良い事がすごくわかりました。ありがとうございます。
手軽に(足軽に)装着できそうですよね。(笑)
私が長芯を選んだのは、3cm強の高さでは装着しても身長が160cmに少し足りなくて、(汗)どうしても5cmヒールにしたかったので。
最初、手元に届いた状態のままで装着した時は、指先に力が入らなくて戸惑いもありましたが、今は大丈夫です。
ヒール足袋というより、和装ルームブーツですね。(汗)
気になるのは、はるみさんがスペシャル改造されたタイミングです。
ノーマル状態の長芯で、お仕事なさってからの改造なのでしょうか?
ノーマル状態の長芯だとお仕事にならなかったのでは?なんて。
今のハルミさんスペシャルは完ぺきですか?
お仕事でも平気ですよね?
Posted by ユキ at 2007年05月16日 16:40
美月さん、
私が初めて使った短芯は、長芯と同じメーカーの物でした。
たしかに、短芯だと爪先の布底が床を掴める感じで、仰るように踏ん張れる
感じですよね。でも、さらにその前に使ってたクッション底の快適さが良くて、ユキさんスペシャルの影響もあって長芯を買いました。
ユキさん、
長芯をノーマル状態で装着したのは、届いて開封した時一度だけです。
仕事は布底の短芯で我慢しながらこなし、家に帰ってからユキさんスペシャル仕様に改造していましたよ。
ヒール芯の裏に仕込んだゴムイボシートだけだと正直なところ、仕事にはパワー不足状態で、ユキさんに内緒で裏ゴムにしちゃったんです。
すべてユキさんのアイデアですね。
裏ゴムや特殊シートなしでは長芯装着で仕事するのはムリでしょうね。
パワーがあると安心して仕事に専念できます。足元が気にならないですし。
Posted by はるみ at 2007年05月17日 13:50
はるみさん、
ゴムイボシートだけだと、やっぱりパワー足りませんよね。
滑って捻挫しちゃった時、裏ゴムに加工する前でした。こわかったです。
裏ゴムってすごい!と思ったのは入り口のスノコが濡れていた時です。
今度のシートは水にも平気なんでしょうか。
わざわざ室内用の足袋で水に濡れた床をテストするなんて
気がすすみませんが、万が一の事を考えると試しておきたい気もします。
凸凹のビニールシートの上はどうなんでしょう。
長芯とシートの二重クッションで守られた感じも体験したいです。
踏ん張りが効くので、倒れた人を起こす時もすごい楽でしたね。
パワーがあると、人にも優しくなれる気がして。(汗)
何か、完ぺきに近い状態になって、(汗)アイデアが出なくなりました。
はるみさん、美月さん、不具合な点はありませんか?
アイデアの参考にしたいです。
Posted by ユキ at 2007年05月19日 07:57
ユキさん、
ユキさんの方が私なんかより、ずっとずっと困難な状況を体験なさってるようですね。(笑)
捻挫の時は、怖くて痛い思いをされたでしょうけど、お出かけ専用と仰るヒール足袋にもパワーがあった方が安心だと認識できたんですもの。
裏ゴムのパワーだけじゃなく耐水性の高さまで体感されたのって、言い換えれば、すごく運が良いって事じゃないかと思います。
凸凹シートの場合は、ユキさんがヒール芯を選択された時に、長芯を選ばれた時点で足裏のガード性が高い感じがあったのでは?
長芯って、ノーマル状態は動けないけど、手を加えれば加えるほど応えてくれる感じがして、現在は完ぺきと言えますよね。
夢は、やっぱりブーツタイプ。私の場合、脚のムクミを防ぎたいから、
ショートブーツと言わず、膝下丈のロングブーツでもいいですね。(汗)
Posted by はるみ at 2007年05月20日 00:21
はるみさん、
私が長芯を選んだ理由には、インターネットで写真を見た時、すごく高級な感じに見えたからです。短芯が高級じゃないって言ってるんではないので、お気を悪くなさらないで下さいね。
ヒール足袋を買ってからは、一度も普通の足袋は履いていません。
底に滑り止めが無いと心細い感じで、洋服の時の靴下も落ち着かない感じになってしまいました。(汗)
初めて長芯を装着した時は、畳の上では複雑な気持ちだったのですが、今では、底にガード性が無いと逆に複雑に感じます。
最初は、長芯が畳に当たる音が気になって後ろめたい気がしましたが、今では、すっかりコツをつかんで静かに動けます。
でも裏ゴムにした時の『キュッキュッ』って音は、少し気に入ってました。
お誂えのブーツ型足袋、私も装着してみたいですね。ロングだとスタッキングやタイツも履かなくていい感じですよね。
Posted by ユキ at 2007年05月20日 21:29
昼間、またまた、すごい人を見ちゃいました。
私自身がヒール足袋を装着してるから、どうしても和装の人の足もとに目が行っちゃうのかしら?(笑)足袋の踵部分の床面から約2cm位上のところに薄っすら境い目のような線があって、線の上と下では明らかに素材が違って見えました。布とゴム?
わかりやすく言うと、長芯を足袋の底に外付けしてるように見えたんです。
爪先に行くにしたがって厚みが薄くなってるようでした。3mm位かしら。
足袋の方もコハゼのいちばん下の位置がやけに高くて、ヒール専用足袋じゃないかと。専用足袋の内と外にヒール芯を装着されてるんでしょうね。
気になる裏面は、白くて足袋底に似た模様に見えました。
外付けヒール芯が爪先から踵まで足袋底全体をカバーしてるって事は完全なゴム底足袋なのかしら?動きを見ると、パワーすごそうでした。こんなの見たら、私、すぐに欲しくなっちゃいます。(汗)
Posted by はるみ at 2007年05月21日 00:44
はるみさんの周りには、すごい人がいらっしゃいますね。(笑)
ヒールを外に装着していたら、すぐに秘密がバレちゃうのに、すごいです。
>白くて足袋底に似た模様・・・
模様付きゴム底と模様付き裏ゴムとどっちがパワーあるんでしょうね?
完全ゴム底足袋でお座敷に上がるのって、相当勇気がいると思いますが、
白ゴムだから許せるのでしょうか?
爪先部が3mm厚のゴムだと、内装してるヒール芯は短芯でも底のガード性は十分じゃないかしら。
なんか、いろいろ想像しているうちに、私も装着してみたくなりました。
コメントの様子では、その人と、はるみさん、お話はされてないみたいですが、ショートブーツの時みたいに、声をおかけになりますか?
私としては、もっと詳しい情報、お願いしたいです。(汗)
Posted by ユキ at 2007年05月21日 21:40
ユキさん、
私もその方と再会したいのですが、昨日今日と、お見えになってません。
すごく衝撃的なヒール足袋を見せつけられて、再会できないなんて、
私としてもすごく悔しい感じですね。

>模様付きゴム底と模様付き裏ゴムとどっちがパワーある・・・
私が見た感じでは、その方の動きだと、相当強力というか、余裕がありそうでしたよ。
私やユキさんのようにスペシャル化して、パワーを求める方って、他にもいらっしゃるのでしょうか?
もっと、いろんな工夫を見たくなりましたね。
Posted by はるみ at 2007年05月23日 01:40
放っておいてごめんなさい。
ヒール足袋をスペシャル化される方って、少ないのでしょうね。
私は装着の経験がありませんが、短芯だと気軽に装着出来て動きやすそうな感じだし、スペシャル化するユーザーは少ないでしょうし、短芯長芯に関わらず、お座敷上で装着する足袋底に滑り止めを付ける事に抵抗を感じる方が多くて当然なのでしょうね。(汗)
私の場合も抵抗はありましたが、スペシャル足袋でお出かけを重ねるうちに、自信がついてきて、最近では人前でも堂々としていられるようになっちゃいましたね。(汗)図々しいですね。
5cm脚長のスラリとした着姿にさせていてくれる素敵なものなのに、動きでミスしていたら、台無しになってしまいますよね。
やっぱり、パワーアップしておいて、しっかり動けないと着姿も美しく見えないと思います。ヒール足袋を装着しだしてからといもの、とてもプラス思考になった気がします。(汗)
Posted by ユキ at 2007年05月28日 01:12
間隔が開いちゃいましたね。
情熱が冷めちゃったわけではありません。毎日ハルスペのパワーに助けられて働いておりまして。(汗)
いつだったか、ユキさんがお庭のビニールシートの事を書かれてたと思いますが、私もこの前のお天気の良い日に体験するハメになりましたよ。
やっぱりシートの下の地面がゴツゴツしてたようですが、二重のクッションで完全ガードなもんですから、すごく余裕でしたね。
普通の足袋底1枚きりのお客様は、辛かったんでしょうね。
草履からビニールシートに踏み込む第一歩目は少し警戒して構えてましたが、グリップ感は上々でした。
Posted by はるみ at 2007年06月03日 00:52
私が工事用のビニールシートを体験した時は、裏ゴム仕様の時だったでしょうか。
今の滑り止めシートを装着してからは体験していませんが、なんとなく大丈夫かなって思ってましたよ。(笑)
『足の裏は第二の心臓』って聞いた事がありますから、やっぱりガードされてた方が安心していられますよね。(笑)
ところで、まだ少し先の事なんですが、浴衣の季節が来ますよね?
私は今年に入ってからヒール足袋を初体験したので、去年の夏、浴衣の時は普通に素足に下駄でした。
浴衣は素足って決まってるの?ヒール足袋で脚長になっちゃダメなんでしょうか?草履と違って、下駄は硬くて足の裏が痛いので、足裏ガードの長芯が装着出来ないのが残念ですね。
Posted by ユキ at 2007年06月03日 18:52
ユキさん、
私独自の考え方かも知れませんが、浴衣の時は、涼しい感じを演出しなければいけないので、足袋は履かないものだって思っています。
裾も短めにして、軽い感じの方が涼しそうですし。
折角の苦心作のハイパースペシャルが浴衣に合わせられないのは残念ですね。
下駄は私も苦手ですね。靴と靴下のように足袋を履いて足を保護したいところなんですが。
カジュアルな柄の付いた足袋なら、おしゃれですよね?
でもヒール芯は装着出来ないし、裏はガード性無しの普通の布底だし、ハイパースペシャルで慣れてしまっていると不安も残りますよね。
的確なアドバイス出来なくてごめんなさい。
Posted by はるみ at 2007年06月06日 23:42
>ハイパースペシャルで慣れてしまっていると不安・・・

一年ぶりに下駄を履いてみましたが、私もスペシャル足袋で草履を履く事に慣れてしまったみたいで、素足だと心細くて。板に直接足の裏が乗っているからすごく痛くて、長い時間は無理ですね。
鼻緒もスぺシャルだと、スポンジを入れてクッションに出来るので痛くなりませんが、直接だと指の間が赤く腫れてしまいました。
去年の夏は我慢出来ていたのに、今年ヒール足袋を装着するようになってからは、我慢できないようです。
美月さんの仰る『最強秘密道具』って言葉の意味がすごく伝わってきます。
ヒール足袋にガードされていないと不安で仕方がない軟弱者です。
浴衣の時もヒール足袋装着したいですぅ!
Posted by ユキ at 2007年06月08日 01:13
ユキさん、
どうしても浴衣に足袋を履きたい場合は、襟を付けて上下のバランスを整えるというやり方があるそうですよ。
着物っぽく(浴衣も着物だけど)着付けるって事じゃないかしら。
真っ白な襟と、真っ白なスペシャル足袋だと、キリッ!っとした涼しさに仕上がりそうですよね。

>ヒール足袋にガードされていないと不安で仕方がない軟弱者です。

軟弱者だなんて大袈裟ですね。(笑)
短芯の時は、そんなに感じなかったけど、長芯のスペシャル仕様だと、かなりのガード性だし、装着できない場面での不安な気持ちは感じちゃいます。
Posted by はるみ at 2007年06月10日 16:39
ご無沙汰してました〜。
いつも来ていただいてありがとうございます。掲示板も作らずほんとにごめんなさい。もう、春休み中に作るとか大口たたいておいて、合わせる顔もありません。

さてさて、浴衣で足袋を履きたい時は、はるみさんも仰るとおり夏物の着物(紗や絽、麻)の時のように装えば問題ないと思います。襦袢(袖は、「うそつき袖」で涼しく)と半衿は夏物をつけて、帯は、夏物の着物にするような帯をしめて(お太鼓でなくても可)帯揚げ、帯締めをすれば、トータルのバランスがとれます。
http://omiyagejapan.livedoor.biz/archives/50736501.htmlのような麻まじりの生成り風なもの。純綿の浴衣でも、色や柄があまり浴衣っぽくないなら、上手に夏物風にコーディネート出来ると思いますよ。
Posted by at 2007年06月10日 23:50
浴衣に足袋を合わせる事って、結構むずかしいみたいですね。
普通の着物の時だと、とりあえず、『つんつるてん』にさえならなければ、
ただスペシャルを足に装着するだけで『最強の自分に変身!』なんて、
ちょっと誤解していたのかも知れませんね。反省!
今になって、スペシャルで変身するという事について考えちゃいました。

硬めのヒール芯で、普通の足袋の方たちに混じってお座敷内を動いてても
本当に安全なのかしら?
とか、
本来お座敷用の足袋には付いていない特別なシートでパワーアップさせて
本当に床や畳を傷つけたりしてないのかしら?なんて具合です。

『浴衣の時くらいは素足に戻っちゃおうかしら』とも思います。
でも、スペシャル足袋を装着していない時って、すごく不安です。
Posted by ユキ at 2007年06月15日 12:58
>硬めのヒール芯で・・・
足を踏んじゃうって事ですね?
スペシャルだと、爪先内側にポケットがあるので、もし踏まれても、
あまり痛くないかも知れないけど、ヒール芯で踏まれた相手の事を考えると
お座敷でスペシャル装着するのって、少しズルいのかしら。
でも、他人の足を踏む事なんて滅多にある事じゃないし、
気にしなくても良いと思いますよ。
不安な気持ちで浴衣を着てもきれいに見えないと考えれば、
美月さんの仰るやり方で合わせられたら良いと思いますよ。
Posted by はるみ at 2007年06月18日 21:39
7月になったら浴衣とスペシャルを合わせてお出かけしようと計画してます。
スペシャルの裏に装着しているシート、5mmの厚さだと普通に立っている時でも横から薄グレーが覗いちゃうので、シートの縁に白いバイアステープを付けてみましたよ。夏仕様です。
歩いたりして足を上げちゃうとシートは丸見えなんですけど、立ち姿だけなら浴衣の時でも軽やかに見えるんじゃないでしょうか。
でも、畳など柔らかい床では何ともないのですが、廊下などではバイアステープのところにグリップ力が無いので、真ん中のシートを使って接地させていないと危ない感じでした。
横方向に動く時は注意しないといけませんね。
Posted by ユキ at 2007年06月21日 22:04
ユキさん、
たしかに歩くとスペシャルの秘密が丸見えになりますが、
横からは絶対にシートが見えないって事は、第一印象が変わりますよね?
いいかも。私は秘密がバレても仕方ないと覚悟して仕事していますが、
バイアステープのアイデア、頂いちゃってもいいですか?
見た目は大人しい印象なのに、実はハイパワーなのよ!
って、装着していてワクワクしちゃうでしょうね。
バイアステープ部に体重を掛けると滑りそうになるんでしたら、
テープにゴムスプレーを染み込ませるっていうのは、どうですか?
裏ゴムのすごいパワーは実証済みだし、
シート+縁ゴムなら完ぺきにパワーアップできるんじゃないかしら?
外観と実力が両方備わった秘密道具なら、きっと素敵ですよ。
Posted by はるみ at 2007年06月22日 20:35
バイアステープの裏ゴム化、予想以上に良いみたいです。
バイアステープだけの時は、少し動きづらかったけれど、ゴムスプレー効果
絶大ですね。
シートのパワーと縁ゴムのパワーが合わさって、今までにない感じです。
パワーのテストを兼ねて、廊下の雑巾がけしちゃいました。(汗)
水分のあるところを踏んでも、ビクともしない感じでしたよ。
ヒール足袋で雑巾がけなんて、滑稽でしょうね?(笑)
Posted by ユキ at 2007年06月25日 15:55
ヒール足袋で雑巾がけ!! ふくらはぎに効きそうですね〜。
バイアステープの裏ゴム化は、またまたユキスペヒール足袋のパワーアップのすごさを感じてしまいます。

それにしても、ユキさんて可愛いお嫁さんになりそうですね。
Posted by 朔(管理人) at 2007年06月26日 10:03
すごく恥ずかしいです。(汗)
廊下をお掃除っていうより、水で濡らせてただけみたいです。
わざとビショ濡れの廊下で何度も往復して、乾かないうちに早足までしちゃいました。
早足していて急に止まる時でも、廊下の角を曲がる時でも思い通りに出来ちゃうみたいですよ。
久しぶりに『キュッキュツ』って裏ゴム特有の音、聞きました。
この音を聞くとパワーがすごい!なんて思ってしまって、安心して装着していられます。
美月さん、閲覧されてる皆さん、安全の為にも、ヒール足袋には絶対にシートや裏ゴムで強化しておかれたほうが良いですよ。
きれいにおしゃれしていてケガとか、つまらないですもの。
はるみさんは、バイアステープと縁ゴム、お済みですか?
安心してお仕事できるように願ってます。
Posted by ユキ at 2007年06月27日 16:42
>安心してお仕事できるように願ってます。
ユキさん、ありがとうございます。
濡れた廊下で早足しちゃうなんて、すごいテストですね。(笑)
たしかに、シートだけの底より縁ゴム加工したほうが、
さらにパワーがあるように感じちゃいますよね。
仕事中も楽々ですよ。
シートの縁が真っ白くなっただけで、すごく素敵な感じがするのに、
動きやすさもアップしてるなんて、夢のようですね。
ユキさんの浴衣と素敵な夏スペシャル、きっときれいにきまると思います。
Posted by はるみ at 2007年06月30日 07:25
実は、テープを付けた理由は、ほかにもありました。
床に少し窪みがあって、一緒にいた友人の爪先部のシートが引っ掛かって、
親指部分が剥がれてしまったのです。
友人の装着するヒール足袋も私が作ったものなので、
友人のだけがアクシデントなっちゃって、すごく申し訳なく思いました。
親指の裏側だけに、すごく動きづらそうでしたが、その場で補修なんて
できないし、草履を履いちゃえばお座敷上よりシートの剥がれの影響も
少なくなるので、途中で帰る事になっちゃいました。
私の加工が悪いせいで、友人にとても嫌な思いをさせてしまった
ものですから、バイアステープでシートの周りを囲ってガード性を高める
工夫を思いついたんです。
出来上がった夏スペを友人は『いつもごめんね』と言って受け取って
くれたのですが、私の方こそ、嫌な思いさせて・・・って感じなのに。
友人がいるって素敵な事ですよね。(汗)
Posted by ユキ at 2007年06月30日 18:16
>床に少し窪みがあって
お座敷の中でだって、何が起きるかわかりませんよね。
一度、柱と小指が当たった事があったけど、
爪先ポケットがクッション代わりになって大事には至りませんでしたね。
怪我とか無くて良かったです。
>『いつもごめんね』と言って受け取ってくれた・・・
私がご友人の立場で、嫌な思いをしてたら、ユキさんに怒っていたかも。
変な言い方だけど、ユキさんのご友人、すごく良い人ですね。
いつもお揃いのスペシャルでお出かけなんて、とても羨ましいです。
Posted by はるみ at 2007年07月01日 19:13
はるみさん、ほぉっておいてごめんなさい。
柱とか、タンスの角って痛いですよね。
でもスペシャル装備でガードされてるってところが嬉しい感じです。
はるみさん以外のスタッフ?の方は、スペシャル仕様をどのように感じて
らっしゃるのか興味があります。他の方って、普通の足袋ですよね?
もし私がスペシャル仕様で颯爽と仕事なさってる人を見たら、
絶対羨ましく思うでしょうね。
友人は元々私より少し背が高いのでヒール芯は3cmのままでいいと言ってくれています。それ以外は私のと同じ工夫を施してあります。
友人の足袋に手を加えた後は、試着してみるのですが、2cmの差ってすごく感じます。シートやゴムの付け方は同じでパワーも同じはずなのに3cmヒールのほうがパワーに余裕がありますね。
私が5cm、友人が3cmだと丁度並んだ時に同じ位の背丈になります。
すごく気をつかってくれていて申し訳ない感じです。
Posted by ユキ at 2007年07月09日 16:27
2cmの差でパワー感が違うのですね?
私のハルスペは、段階的じゃなく一気に改造したので、
3cmヒールで裏ゴムという組み合わせは未体験ですね。
2cmの中敷と長芯は貼り付けたので戻せません。(汗)
ただ重ねただけでは、動いた時すごくグラグラする感じだったもので、
思い切って貼り付けちゃいました。
ユキさんのスペシャルは貼り付け仕様ですか?
中敷と長芯を固定するだけでもパワーアップするみたいですよ。
安定感が上がるから、限られたパワーでも有効に使えるって事かしら。
長芯って不思議ですよね。手を加えれば加えるほど応えてくれる感じ。
同じメーカーなのに、どうして最初に短芯を選んじゃったのかって、
思うようになりました。
ユキさんや美月さんに出会わなかったらと思うと。このページに感謝です。
Posted by はるみ at 2007年07月10日 13:37
初めまして、奈美恵といいます。
ヒール芯という言葉にいろいろくっつけて検索していたら辿り着く事ができました。
少し前にヒール芯長と足袋を通販して、あくる日に早速履いて出かけたのですが、こちらの過去のコメントの中にあるように、板状の底が影響したのでしょうか、部屋の中では滑りやすくて怖い思いの連続でした。
その時一度履いたっきり着物で出かける時も普通の足袋を使うようになっていたのですが、こちらを拝見してビックリしました。
私は早々に諦めてしまったヒール芯長なのに、すごく工夫されて使っていらっしゃいますよね。
コメントを拝見してるだけでいきいきとした感じが伝わって来たのです。
すばらしい工夫、私も真似させてもらっても良いでしょうか?
わからない事とか、質問させて下さい。
5cmも背が高くなれたら、すごいでしょうね。
Posted by 奈美恵 at 2007年07月11日 15:37
奈美恵さん、いらっしゃいませ〜っっ。

よくぞよくぞたどり着いて頂きました。はい、お座布団どうぞ。
こちらこそ、ヒール足袋の「隠れ里」でございます。

こちらのはるみ姫とユキ姫のスペシャルなお話を、ぜひぜひご参考になさってください。私も彼女達にずいぶんと刺激を受けました。

素朴な疑問からでも、きっと優しく教えてくださると思いますよ。

Posted by 朔(管理人) at 2007年07月11日 16:54
新しいお客様なんですね。
こちらこそよろしくお願いします。
長芯だと、やっぱり滑っちゃうんですよね。
美月さんのブログなのに、あつかましくコメントさせてもらっていますが、
せっかくのヒール足袋で怖い思いをされるのってつまらないですものね。
長芯を安全に装着して頂くために、是非スペシャル化をおすすめします。
私の場合は、パワーアップによって気持ちまで晴れやかになれたかなって、
そんな風に思います。滑る心配しなくて良いので自然に振舞えますから。

美月さん、ユキ姫だなんて、恥ずかしいですよ!

お忙しい美月さんもスペシャル化、すすめて下さいね。
Posted by ユキ at 2007年07月13日 09:21
5
ユキ姫、さっそくコメントありがとうございます。
スペシャル化、がんばりますっっっ!
Posted by 朔(管理人) at 2007年07月13日 10:20
お姫様とか和装のお嫁さんって、懐剣をさしてますよね。
きれいな打掛や白無垢に護身用の刀なんて、どこかミスマッチだけど、
パワーアップしたヒール足袋を装着してる時って、
なんだかそんな気持ちになっちゃいます。(笑)
ケガから守ってくれる護身用なのかしら。(汗)

美月姫、奈美恵姫、一刻も早く『護身用スペ』体験して下さいね。

ハイパーヒール足袋のユーザーが増えるの、すごく楽しみです。
Posted by ユキ at 2007年07月13日 16:13
あたたかく迎えて下さって、すごく嬉しいです。
ヒール足袋を愛用されてる方は、みんな同じ思いをされてるのですね。
背の事が気になっていて、履くだけで背を高くしてくれるヒール足袋に憧れて買ったのですが、実際は怖い思いの連続で裏切られた気持ちでした。
もしこちらにたどり着けずにいたら、二度とヒール足袋を履く気になれなかったと思います。
コメントを拝見してると、ユキさんやはるみさんのヒール足袋は、すごい事がわかります。羨ましいです。
5cmも背が高くなれて普通の足袋みたいに怖くないのですよね?
絶対、奈美恵スペシャル作り上げます。
アドバイス、よろしくお願い致します。
Posted by 奈美恵 at 2007年07月13日 17:48
奈美恵さん、はじめまして。

>あたたかく迎えて・・・

やっぱりこちら、あたたかいですよね。
私が拝見させてもらうようになった時、
すでにユキさんのはスペシャル化がスタートしていて、
私もすごい刺激を受けました。
奈美恵さんの場合も、ユキさんと同じく、最初から長芯なんですよね?
ほとんどがユキさんのアイデアで強化されたスペシャル長芯ですが、
仕事で使ってても、すごく安心ですし、
高い安定性と動きやすさには太鼓判押しちゃいます。(笑)
スペシャル化しちゃえば、二度とヒール足袋を履く気になれないなんて
絶対に思えなくなりますよ。ガンバッテ!!
Posted by はるみ at 2007年07月14日 15:55
ありがとうございます。
『仕事で使ってても、すごく安心』
私が初めてヒール足袋を履いた時の印象からは、全然想像できません。
久しぶりに引っ張り出して履いてみましたが、
普通のままだとやっぱり怖いですね。
この怖い感じが無くなるって思うと、ワクワクします。
過去のコメントを参考に材料や部品を探しはじめました。
もう、早く加工したくてたまりません。
私なりにも考えたのですが、魅力的な5cmヒールは後回しが良いのでしょうか?爪先とか、ベルトを付けて滑り止めの効果がちゃんと使えるようになってからにしようって考えています。
後から参考にするので、『良いとこ取り』するみたいで、申し訳ないです。ユキさん、はるみさん、管理人さん、ごめんなさい。
Posted by 奈美恵 at 2007年07月14日 18:47
奈美恵さん、
>後から参考にするので、『良いとこ取り』するみたいで・・・
そんな事、気にしないで。
たしかに5cmヒールを先にやっちゃうのは危険ですね。
ぐらつきやすくて動きづらくなりますね。
バランス良く仕上げるにはヒール芯のマジックベルトと専用足袋の底に
裏ゴムしちゃうと、それだけでもお出かけに耐えられる仕様だと思います。
見違えるような変化が体感できますよ。
でも、加工した後はしっかりテストや歩行練習して下さいね。
本番で失敗するとつまらないですものね。
Posted by ユキ at 2007年07月14日 20:06
的確なアドバイス、ありがとうございます。
新聞紙の上で今朝買ってきた透明スプレーを吹き付けました。
お天気が悪くて、1回目のが乾きにくくて。
透明ゴムスプレーって便利ですよね。
見た目は布底ってところがすごいですよね。
マジックテープも付けましたよ。
しっかり付けないといけないみたいなので、
ヒールの底から足首に回して留めるように取り付けました。
ポケットを作っていないので、専用足袋のゴムが乾くまで履けません。
ゴム層を厚塗りするまでは、待てそうにありません。
早く履きたいです。
Posted by 奈美恵 at 2007年07月15日 15:28
奈美恵さん、
>ゴム層を厚塗りするまでは、待てそうにありません。早く履きたいです。

最初のゴム層は、とっても大切な部分なので、
焦ると後でたいへんな事になる可能性がありますから。
私も早くパワーアップを体験したくて1回塗りで装着してしまったのです。
でも、床との摩擦で悲惨な事になりました。(汗)
専用足袋の底って、結構強い力にいつもさらされてるんだって、
あっさりと破れた裏ゴムを見た時感じました。
なので、やり直した時は、焦りませんでした。
底生地の内側に染み込んだゴムにもスプレーして、
しっかりと裏ゴムを定着させてあげましょう。
せっかくのスペシャルヒール足袋なのに、
秘密の裏ゴムが不安の原因だと楽しくすごせないですもの。
Posted by ユキ at 2007年07月15日 18:19
盛り上がってますね。(笑)
奈美恵さん、すごいパワーを早く体感してみたい気持ち、よくわかります。
私も同じでしたが、昼間は最初の短芯ヒールで仕事に出て、帰宅後毎晩、
少しずつスペシャルヒール足袋に仕上げていきましたもの。(汗)
ここは、ぐっと我慢して着実に裏ゴムを厚くしていったほうが、
後々、お出かけの時、きっと素敵に活躍してくれると思いますよ。
私のハルスペ、現在は滑り止めシートと縁ゴムで強化していますが、
裏ゴム作りの時は、しっかりと乾かし乾かし塗り重ねたつもりなので、
仕事でどんなに酷使したって床との摩擦には絶対負けない感じでしたよ。
ユキさん、
親身になってアドバイスされてる感じがすごく伝わってきます。
ユキさんのお人柄を垣間見た気がしますよ。
ところで、美月さんもウカウカしていられませんよ!(笑)
スペシャル長芯、絶対に成功させて欲しいです。
Posted by はるみ at 2007年07月16日 00:31
私のスペシャルは失敗とやり直しの繰り返しだったので、(汗)
スペシャル化を始められた奈美恵さんや、
すでに始めておられる美月さんには失敗なく作り上げて頂きたいですもの。
お仕事にだって耐えられる、はるみ姫スペシャルのほうがずっと優れてると思ってますから、
はるみさんのアドバイスもお願いしますね。(笑)
Posted by ユキ at 2007年07月16日 14:38
ようやく裏側の3層目を塗り終わったところです。
ユキさんのアドバイスを拝見して1層目の次に内側を塗る事ができました。
でも、内側が乾くまで専用足袋を表側に戻せなくて、
なかなか2層目に取り掛かれませんでした。
早くパワー体験してみたくて我慢できないのですが、
ユキさんやはるみさんのコメントを拝見してなんとか抑えています。
ここまで待ったのだからじっくり仕上げたいと思います。
生乾きの間に模様を押し付けてグリップ力を強化したいと思ってます。
明日が楽しみ。
ユキさんのように、廊下で『キュッキュッ』って鳴らせてみたくて。(汗)
すごくワクワクしています。
私の足袋、先に仕上がりそうで管理人さんには申し訳なくて。
がんばって下さいね。
Posted by 奈美恵 at 2007年07月16日 21:50
>私の足袋、先に仕上がりそうで管理人さんには申し訳なくて。

や〜んっっ! いいんですよ、そんなこと。
奈美恵スペシャルの完成のご報告、お待ちしています〜っっ!!

ワクワクするお客様が増えて、とても嬉しいです。

ユキさん、はるみさん、そして奈美恵さん、ほんとにありがとう。
Posted by 朔(管理人) at 2007年07月17日 00:03
ありがとうございます。裏ゴムが乾いてたので早速試着しました。
普通に歩いてみただけなのに、
思わず、『何なの?すごい力!』って独り言が出ちゃいました。
裏ゴム、想像以上のグリップ力なのですごくビックリしちゃいました。
最初は廊下で試して、それが良かったのかも知れないですね。
お出かけで使うためには畳のお部屋もクリアしないとダメなので、
恐る恐る和室に移動しました。楽に移動できましたよ。
過激な事をしなければ裏ゴムで畳を傷める心配はない事を確認しました。
ユキさんの早足や階段の事を思い出して、やってみました。
ユキさんが仰ってたように、ヒールに体重が掛かってしまっても安定感が
すごくあって、あの怖かったヒール足袋と同じ物とは思えませんでした。
今度は早く本番で履きたくなってきました。
パワーのすごさを乱用してはいけないけど、
少しくらいなら優越感に浸ってもいいですよね?
Posted by 奈美恵 at 2007年07月17日 19:05
奈美恵さん、おめでとうございます。
>『何なの?すごい力!』って独り言が・・・
わかります。その気持ち。
買ったままの普通の状態だとどこかよそよそしい感じで、しっくりこなかったのに、
マジックテープを巻いたらぴったりとフィットして動きについてきてくれる感じなんですよね。
動きやすいっていう言い方も良いですが、パワーがすごいから動きたくさせてくれるって言い方のほうが近いように思います。(汗)
>少しくらいなら優越感に浸っても・・・
良いと思いますよ。私にはパワーがあるのよ!って自信が着姿をさらに美しくしてくれます。私はそういう気持ちになるのに少し時間かかりましたけど。(汗)
私も、初めてすごいパワーに感動した時の気持ち、忘れたくないですね。
Posted by ユキ at 2007年07月17日 20:53
もう、感動と感謝の気持ちでいっぱいです。
アイデアを下さったユキさん、はるみさん、そしてお二人との出会いを下さった管理人さん、ありがとうございます。
あの怖い思いをして諦めていたヒール足袋を履いて出かけられると思うと夢のようです。
でも、お草履の鼻緒対策とか、お座敷での正座の事とか、ちゃんとしないといけないですよね。裏ゴムのパワーを使いこなせるようにもならないと。
ユキさんやはるみさんのスペシャルは、もっとすごいパワーが出せるのですよね?
裏ゴムだけでもすごい感動なのに、想像できないです。
まずは裏ゴムでしっかり練習してハイパーヒール足袋デビュー決めたいです。ハイパーヒール足袋って呼べるのも嬉しくて。
管理人さん、ほんとうにごめんなさい。がんばって下さい。失礼します。
Posted by 奈美恵 at 2007年07月18日 01:07
奈美恵さん、よかったですね。
パワーが強いから、『きれい』って事もあるって考えてます。
本当は、自然な動作がきれいだと、それに越した事は無いのでしょうけど、
なかなか上手くいかないですよね。
ある程度は意識して作っている面って、正直あると思いますから。
そんな時、思い通りに動けないと上手く表現ってできないんですよね。
でも、パワーに余裕があると足元がしっかりして、
何でも上手くいく感じしませんか?
ハイパーヒール足袋の乱用は、絶対おすすめできませんが、
優越感に浸るのは、いいと思いますよ。
私のは、誰にも負けない裏ゴムパワーなのよ!って。
自信を持って堂々とデビューしましょう!
きっときれいにきまるはずです。
Posted by はるみ at 2007年07月18日 19:46
『何でも上手くいく感じしませんか?』
その通りだと思いました。
今日は、いろいろとテストしちゃいました。
ユキさんやはるみさんが遭遇されたお庭のゴツゴツシートが、
どうしてもやってみたかったんです。
うちに工事用のシートが無いので玉砂利の上に薄めのピクニックマットを敷いて歩いてみました。
相当ゴツゴツなのにヒール芯がしっかりガードしてくれてます。すごい。
ナイロンのマット上でも裏ゴムのパワーすごいです。
マットの上に砂利が数個乗ってたのを知らずに踏んでしまっても裏ゴムベール、とても丈夫で破れませんでしたよ。少し心配しましたけど。
Posted by 奈美恵 at 2007年07月18日 23:36
二つも使って、ごめんなさい。
濡れた廊下も試してみたかったのですが、
底生地にしかゴムを塗ってないので縁の足袋生地が浸みてきそうで、
できませんでした。
その点、ユキさんやはるみさんの滑り止めシート+縁ゴム仕様って、
完全防水なところが羨ましいです。
濡れたところで早足されたユキさん、すごいですね。
きっと、パワーに余裕があるんだろうなぁなんて想像しちゃいます。

とにかく今のうちにパワーヒール足袋に慣れて本番で失敗しないように、
しっかり動きの練習をしていきたいと思います。
また、いろいろ教えて下さいね。
失礼します。
Posted by 奈美恵 at 2007年07月18日 23:53
奈美恵さん、
>相当ゴツゴツなのにヒール芯がしっかりガードしてくれてます。
やっぱり足裏全体をカバーできる長芯の強みでしょうね。(笑)
私の場合は、突然お庭に移動する事になったので、
ビニールの上でも裏ゴムパワーがしっかり発揮出来るのか少々不安でした。
でも、予習というか、前もって経験しておくのって良い事ですよね。
へっちゃらだってわかっていれば、気持ちにも余裕が持てますもの。
お水で濡らせた廊下では、シートと縁ゴムって有利ですよ。(笑)
パワーも安定性も問題なしでしたね。
でも、途中で足首のマジックテープが緩みそうになって、少し焦りました。
何度も着け外ししているからテープの固定力が落ちてるのかも。(汗)
パワーが上がるほどテープが重要みたいですね。
5cmヒールにアップされる時は、テープに気を付けて下さいね。
万一、お出かけ中に緩くなっても直せないと、不安になりますもの。
Posted by ユキ at 2007年07月19日 21:59
マジックテープ、やっぱり緩んじゃいますよね?
私のは、ここ4ヶ月で2回交換しています。(汗)
そろそろ交換かな?って思う時は、決まって緩んできちゃいますね。
硬い床だと緩みにくい感じなんですが、柔らかいところに長く居ると、
すぐに緩んできてしまうので、5cmヒールだとグラグラして、
すごく動きづらくなります。
一旦コハゼを外さないと直せないので、控え室や化粧室に逃げ込みますよ。
やっぱり秘密のヒール、見られたくないですし。
でも、逃げ込むまでの歩き方は非常にスローです。(汗)
パワー底なのに早足できないので、すごく情けない気持ちなんです。
滑りやすそうな床上で急に緩んだりしちゃうと、『ドキッ』っとしますね。
せっかくのハイパワーが使えない感じで、すごくピンチに陥っちゃいます。
5cmヒールで動く場合は、テープの点検は必須といえるでしょうね。
Posted by はるみ at 2007年07月20日 00:31
ユキさん、はるみさん、
いつも丁寧に教えて下さるので、毎日拝見するのが楽しみです。
今日は遅いなぁとか、思いながらお気に入りをクリックしています。
コメント読ませて頂くと、
ユキお姉さん、はるみお姉さん、なんてお呼びしたくなります。(照)
少し照れちゃいますよね?

教わったとおり、ハイパーヒール足袋を履く前には必ず点検します!
あのすごいパワーが私に自信をつけさせてくれるのに、
本番でミスやトラブルになるのってイヤですもの。
『私にはパワーがあるのよ!』『私のは、誰にも負けない裏ゴムパワーなのよ!』って言葉がすごく素敵で、好きになりました。
絶対にハイパーヒール足袋デビュー、成功させたいです。
Posted by 奈美恵 at 2007年07月20日 01:13
>ユキお姉さん、はるみお姉さん、なんてお呼びしたくなります。(照)

こちらこそ照れちゃいますよ(ポッ)

じゃぁ、美月さんは『おかあさん』かしら。(笑)ごめんなさい。

舞妓さんみたいでいいですね。
でも舞妓さんや芸妓さんは、ヒール足袋なんて装着しないのかしら?
どなたかご存知ありませんか?
踊りにくそうですものね。(笑)
Posted by はるみ at 2007年07月20日 19:52
はるみさん、
>じゃぁ、美月さんは『おかあさん』かしら・・・
同感です。(笑)
いつも、見守って下さってる優しいおかあさん的な存在ですね。
奈美恵さんがきっかけで、過去の発言を読み返してたのですが、
私自身も、この半年で変わったのかしら?って思いました。
変わったの、ごく最近のような気もしますけど。(汗)
最初、ヒール足袋の事を知らなくて、こちらにたどり着いてから、
美月さんにパワーを頂いて、はるみさんには、パワーアップさせて頂きましたね。
お互いに、はるみさんもパワーアップ、奈美恵さんにもパワーアップして頂いて、とても嬉しいです。
美月おかあさん、絶対に後悔しないスペシャル化なので、頑張って下さい!
短芯ヒールでは、百戦練磨!スペシャル装着だと最強ですね!(笑)
Posted by ユキ at 2007年07月21日 14:44
いきなり本番をむかえるのって緊張とかするかも知れないので、
友人たちと軽く外に出てきました。
もちろん3人で着物姿で、もちろん私だけは内緒でハイパーヒール足袋装着して行きました。装着って、良い響きですね。
外では草履のままでしたが、帰りに友人宅にお邪魔する事になりました。
内心、『来たっ!ハイパーヒール足袋の出番よ!』なんて。
パワーがあると、室内でのほうが、いけてる感じですね!
親しい友人なので打ち明けるのを前提で、フローリングで『キュッキュッ』って鳴らせてみました。
こちらで教わってスペシャル化した事など、すべて打ち明けました。
友人二人は、すごく羨ましがっていましたよ。
お出かけ実習、まずは大成功でした。
Posted by 奈美恵 at 2007年07月21日 19:01
奈美恵さん、良かったですね!成功おめでとう。

>『来たっ!ハイパーヒール足袋の出番よ!』

わかりますよ。草履を脱いで上がらせてもらう時こそ、
パワーアップの効果、感じちゃいますよね。
自宅の床で体感してるパワーと感じ方が違ってたりするんです。
打ち明けられた時、お友達の反応すごかったでしょ?
ハイパーヒール足袋初体験、させてあげました?
きっと、誰もが憧れるんじゃないかと思います。
ハイパーヒール足袋愛好家、もっともっと増えるといいですね。
Posted by ユキ at 2007年07月21日 20:47
ユキさん、いつもありがとうございます。
友人宅にお邪魔する時、私以外の二人はスリッパを履きましたが、
私はわざと履かずに上がりました。
せっかくハイパーヒール足袋装着しているのに、当然ですよねっ!
3cmヒールを装着した私の方が背が高くて気分も良かったですよ。(笑)
そして、秘密を打ち明けちゃいました。
もちろん、二人にも履かせてあげましたよ。
一人は、以前、成人式か何かで短芯を履いた経験があったそうなんですが、
私のハイパーヒール芯(長)とは全然違うって言ってくれました。
ヒール芯初体験の友人も、『すごく動きやすい』って言ってました。
二人がヒール芯を買う時は、絶対に(長)をすすめますよ!
ノーマル状態では全然使えないヒール芯(長)だけど、
私が責任持ってハイパーヒール足袋に加工する予定です。(汗)
Posted by 奈美恵 at 2007年07月21日 23:05
昨日、催しの席に小さい子供を連れた方が来られてました。
私のところにその子が来て、
『おねえちゃん、足の裏どうして黒いの?』って。
『おねえちゃん』までは良いのですが、裏シートの事を指摘するなんて!
子供は下の方、よく見てるのですね。
グレーは目立つんですね。すごくショックでした。
冒頭の『おねえちゃん』がもし『おばちゃん』だったりしたら、
ヒール芯と裏シートのパワーで足なんか踏んでやってたかもっ。!
子供にスペシャル化を説明しても始まらないので、
笑って『どうしてもっ!』って逃げてごまかしておきました。
しかし腹立ちました。
Posted by はるみ at 2007年07月22日 15:19
はるみさん、たいへんだったみたいですね。
>ヒール芯と裏シートのパワーで足なんか踏んでやってたかもっ。!
 ダメですよ、ハイパーを乱用しては。(笑)
子供は正直だから仕方ないのでしょうけれど、
でも、秘密の底の事に触れられると焦りますよね。
美月さんが仰ってたように、ヒール足袋は正座の時、無防備なんですよね。
まして、シートを装着したスペシャルだと、開き直るしかないみたい。
相手が大人だと、時間掛かっても詳しく打ち明ける事ができれば、
理解してもらえそうに思いますが。
私が打ち明けた相手は、まだ、数人ですが、みんな決まって、
『欲しい』『すごい』『履かせて』って仰いましたよ。
そういう風に言われるの、スペシャルヒール足袋愛好家としては、
光栄じゃないでしょうか。(笑)
Posted by ユキ at 2007年07月22日 22:44
遅くなって、すみません。
はるみさんの相手、子供さんだったから対応が難しかった様子ですね。
裏ゴムのパワー感に慣れてきてしまって、もっとすごくしてみたいって、
ユキさんやはるみさんと同じ滑り止めシート+縁ゴム化を考えてます。
ヒールも5cmにしたいです。ヒール芯(長)だと5cm化の時、
ヒール芯の前半部分から滑らかに高さを稼ぐ事が出来そうですね。
以前少し話題になりかけていた7cm化は無理でしょうか?
くるぶしが上にハミ出しちゃいそうですね。
だったらショートブーツタイプも憧れちゃいますね。
せっかくスペシャルヒール足袋愛好家に入門したのだから、
とことんすごくしていきたいです。
Posted by 奈美恵 at 2007年07月26日 14:12
奈美恵さん、
たしかに5枚コハゼだとヒールを上げるのにも限界がありそうですよね。
ショートブーツタイプ、私も憧れてます。
古い足袋の糸をほどいてみた事があります。
布の部品に分けてくるぶし部分を長めに裁断した布地に変えると、
ショートブーツタイプになりそうですが、
足袋職人さんのように上手く縫製できる自信がありません。(汗)
Posted by ユキ at 2007年07月26日 18:11
5
(何気に京都言葉に変換してください。でもちょっと違うかも〜)

はいはい、ユキちゃんもはるちゃんも奈美ちゃんも、
お座敷でこけんように、しっかりお稽古しときいや。

おかあさんも、あんたらががんばったはるからうれしいんやで。

ぎょうさんお稽古したら、みんなに見せたげてや。

ほなら、おかあさんいくさかい、よう勉強しとき。

Posted by at 2007年07月26日 23:26
おおきに、おかあはん。(笑)

>ユキ(ちゃん)もはるちゃんも奈美ちゃんも、

↑の中では、『はるちゃん』が一番感じが出てますよね?

>お座敷でこけんように、しっかりお稽古しときいや。

うちのはハイパーやさかい、こけたりせぇしまへんえ。
おかあはんも、よお、おきばりやす。

こんな感じですね。きっと。(笑)
Posted by ユキ at 2007年07月27日 13:51
いやあ、ゆきちゃん。たいしたもんや。(笑)

ユキちゃん、もしや本場もんの京都弁?

「おきばりやす」は、出なかった。
Posted by at 2007年07月27日 22:09
京都の人に憧れています。(汗)
でも、着物の本場の京都で、スペシャルヒール足袋なんて装着しても良いのでしょうか。
玄関でチェックされて、脱がされてしまいそうで。
少し心配ですね。
Posted by ユキ at 2007年07月28日 07:55
どうなんでしょうね。
汚れたり、しわの寄った足袋などは要注意みたいですが・・・。


よう見たはるみたいでっせ。


でも、口に出さないのが京都の人・・・です。
Posted by at 2007年07月28日 23:32
とうとう、裏シートと+2cmの中敷ヒール付けちゃいましたよ。
もちろん裏シートが剥がれない為の縁テープも付けて裏ゴム加工です。
5cmの脚長になっているのに裏シート+縁ゴムのパワーだと、
何の不安もなく動けますよね。すごいです!
強力パワーを上手に使えるように猛練習中です。(汗)
着物の時って、そんなに動かないみたいですが、足元の安定感が高いと
普通に過ごしている時でも気持ちにゆとりが持てる感じで、
安心できるみたいですね。
ユキおねえさんや、はるみおねえさんが絶賛されるの、すごくわかります。
とにかくパワーがすごいです。
逆に、ヒール芯(長)だから足裏全体で強力パワーが使えて安心ですね。
二重クッション底のガード感も頼もしいです。楽チンですね。
強力パワーでお出かけするの、すごく楽しみです。
Posted by 奈美恵 at 2007年08月02日 23:22
奈美恵さん、シート底の装着、おめでとう!
この前、出来なかった濡れた床上テスト、出来ちゃいますよね。(笑)
パワーアップしてる分、マジックテープの緩みには
十分注意してテストしてね。
5cmヒールに体重を掛けないように、意識しながら爪先で動く感じかな。
踵の底を浮かせる時、マジックテープが緩んでいると、
強力パワーが上手く操れない感じですね。
濡れたところでも早足出来たりすると、もう、
『どっからでも、かかっていらっしゃいな!』なんて、
自分がとても強くなった気分です。(汗)
でも、過信は禁物ですね。
どんなに強力パワーでも一瞬だけスリップしたりすると、すごく焦ります。
だから、練習って大切ですね。
Posted by ユキ at 2007年08月04日 00:40
ユキおねえさん、
>『どっからでも、かかっていらっしゃいな!』
まさにピッタリですね。
早足から止まろうとする時も強力なパワーなので、自由自在って感じです。
でも、爪先ポケットが後回しなのが心配になってきました。
強力なパワーが仇になって、少し動いただけでマジックテープがすぐに
緩んできちゃう感じなんです。
私の足の裏がヒール芯の傾斜を滑り落ちちゃう感じなんです。
その点、ポケットって、うまく考えられてるなぁって思います。
ポケットとベルトでしっかり足に固定するとブレが無くなって、
強力パワーがコントロールしやすくなるのですね?
信じられないくらい強力なのに畳に安心して使えるのがすごいと思います。
鬼に金棒、ヒール足袋に裏シートですよね。
Posted by 奈美恵 at 2007年08月05日 01:30
奈美恵さん、
裏シートだとパワーはすごいし、メンテナンスは楽だし、
完ぺきですよね。
私の場合、裏ゴムの時は、毎日装着してるとゴムが薄くなってきて、
塗り直しとか結構大変でしたね。
ゴム層が無くなってくるとパワーが弱くなるの、わかりましたもの。
ゴムが薄い方の専用足袋に当たった日なんかは、動きづらくて不安でした。
二日同じのを装着できないから、スペアを作って、
洗い替えと補修の繰り返しでした。
今はゴムがバイアステープのところだけなので、
酷使していても、それほどダメージは受けていないみたいで助かってます。
ポケット取り付け、がんばって。
パワーコントロール楽だし、さらに動きやすくなると思いますよ。
Posted by はるみ at 2007年08月05日 13:39
はるみさんは、毎日装着されてるみたいだから、
ちゃんとスペアが用意してあるのですね?
私の場合は、次のお出かけまでに洗って乾かせておけばよいのですが、
万が一の為にバッグにスペアを入れておこうかと考えています。
撥水スプレーで汚れにくくしているつもりですが、完全とは言えないし。
普通はタビカバーを上に装着して行って、上がる時に外すのが、
エチケットなんでしょうけれど、ヒール足袋にカバーは装着できませんね。
ストレッチって、『伸びる』って事だから、ヒール足袋の上にも装着出来るほど伸びるものなんでしょうか?
でも裏シートにカバーしちゃうとパワーが出せなくなりますよね。
Posted by ユキ at 2007年08月05日 20:00
フェルト状の生地で爪先ポケット作りました。
指4本側の丸みは、わりと上手く縫えたのですが、
親指1本側の方は、なかなか納得のいく丸みが作れなくて・・・。
でも、なんとか妥協しました。
ヒール芯に付けて専用足袋を装着(←すごく良い響きですね)すると、
足袋の爪先がピンっと張って、外から指のラインが見えませんよね。
足袋なのに、白いパンプス履いているみたいで、すごくおしゃれですよね。
爪先のヒール芯も、しっかりフィットしてくれます。
パワーを使って、急な早足や急ブレーキ、ターンなんてしても平気です。
ターンの時は、底のパワーが強すぎて親指1本で回る感じじゃないと、
うまくいかない感じで、やりすぎると床面が心配ですね。
着物姿の時は大人しくしていないといけませんが、
いざ!という時、ヒール芯がブレずに動けるから、すごいと思います。
Posted by 奈美恵 at 2007年08月09日 14:38
お出かけで5cmヒールデビューしましたよ。
完成してから昨日まで練習していたので本番でも緊張しませんでした。
5cmヒールがグラつくのが心配だったのでマジックテープも、
新しい物と交換しておいたのが良かったみたいです。
パワーがすごいと知らず知らずのうちに活発に動いてしまってるみたいですが、
新品テープだと全然緩まずに安心でしたよ。
家に帰ってからから着物を脱いで、ヒール足袋を外した時、
すごい達成感みたいなのを感じちゃいました。
パワーと安定性のおかげなんでしょうね?
やっぱりすごいですよね。パワーヒール足袋って。
ずっと使っていたいし、さらなる進化もさせてあげたいですね。
Posted by 奈美恵 at 2007年08月16日 23:03
奈美恵さん、良かったですね。
練習されてる感じが見えてくる感じです。(笑)
私も散々練習しましたから。
常に爪先で歩く感じをつかんでしまえば、もう、こちらのものですよね。
マジックテープをしっかり装着しておく事によって、
不意にヒールに体重が掛かってしまってもブレたりグラつかないし。

>さらなる進化・・・
あとは、私のユキスペだとショートブーツタイプを実現させたいです。
ロングブーツタイプでもいいかなぁ。(汗)
夏場は暑そうだけど、秋から冬、春先にかけての仕様として。
古い足袋をバラバラに分解したのですが、
その先へは、なかなか作業が進みません。(汗)
Posted by ユキ at 2007年08月17日 15:27
ユキさん、
ロングブーツタイプまで考えていらっしゃるんですね。
標準の5枚コハゼ型より長いと、ヒールの高さもあと少しくらいならアップ出来そうですね。
身長が1m54cmなので、6cmヒールとか、体重で床に沈む分、
7cmヒールにアップして1m60cmをクリアーしてみたいです。
いくら踵の高い草履を履いていても、お座敷に上がれば元の身長に戻ってしまうのに、
ヒール足袋ならずっと高いままでサポートしていてくれるところが、
妙に拘っていたい気持ちになるんですよね。
ヒール足袋愛好家の一人として、私もロングブーツ&ハイヒール化にチャレンジしてみたいです。
安定性とパワーも強化していきたいです。
Posted by 奈美恵 at 2007年08月19日 15:19
ストレッチ素材を使ってロングタイプにしたいですね。
スペシャル足袋だと、パワーがあって、ついつい動きすぎちゃうので、
裾も普通の足袋よりまくれやすいと思うのです。
タイツやスタッキングは絶対履いていないと不安になりますね。
だから、いっそのことロングブーツ足袋だと安心できそうです。

>ヒール足袋ならずっと高いままでサポートしていてくれる・・・
同感です。パワー加工してるとお座敷でも安心ですし。
私がパワーの強さを感じたのは、友人と綱引きテストした時でした。
普通の足袋を履いた友人は私のユキスペに歯が立ちませんでした。
突然ビニールシートに移動させられた時も安心してすごせて嬉しかったですね。
もう、普通の足袋には戻れません。
Posted by ユキ at 2007年08月19日 19:26
ユキさんは、さすがに経験豊富なんですね。
以前、裏ゴムの時できなかった、濡れた廊下のテストやっちゃいました。
お掃除してるのか濡らせてるのかわからない状態の廊下です。(汗)
以前よりさらにヒールが高くなっているのに、
裏シート+縁ゴムに強化されたせいか、すごく余裕なんです。
特に縁ゴムのところがエッジのようになって圧力を掛けている感じです。
もちろん早足とか急ブレーキも試しちゃいました。
湿った廊下でもビクともしません。
急ブレーキでパワーを使うのって、爪先が心配でしたが、
そういう時、爪先ポケットの効果がはたらいてるみたいですね。
指全体をしっかりと受け止めていてくれるみたいで、
安心して急ブレーキできました。
私も、パワーヒール足袋じゃないと安心していられません。
管理人さんのヒール足袋も是非、パワーアップして欲しいです。
Posted by 奈美恵 at 2007年08月21日 00:00
ご無沙汰しちゃいましたぁ。(汗)

>パワーヒール足袋じゃないと安心していられません

わかりますよ、その気持ち。私もそうです。
毎日のように装着してる者にとっては、次第にパワーに慣れてきて、
物足りなく感じてしまうので、裏用のシートで、
もっとパワーの上がりそうな物を探してたのですが、
いいの見つかりませんね。
仕方なくバイアステープのゴム層を厚塗りして模様を押し付けました。
廊下で『キュッキュッ』って音が出ますが、少しパワーアップしたみたい。
ワックスの掛かった床上でもパワーが全然落ちないようです。
早足しても平気なくらい余裕のパワー感ですよ。(笑)
Posted by はるみ at 2007年08月21日 21:21
>管理人さんのヒール足袋も是非、パワーアップして欲しいです

そうですよね。
美月さんのこのページがなかったら、
私はヒール足袋の事とかわからなかったかも知れないし、
長芯を買ったりスペシャル化加工も、おそらくやっていなかったかも。
『私にとって、ヒール足袋は拷問ではなく美しい所作と姿の為の道具と考えています。』
って言葉にすごく惹かれてしまったんです。
ヒール足袋エキスパートの美月さんに、ゆとりのパワーと安心感を体験して欲しいと思ってなりません。
ヒール足袋に慣れていらっしゃるから、パワーの強いスペシャルを装着されると動きとかもスムーズに決まるのかしら?なんて勝手に想像しちゃいます。(汗)
Posted by ユキ at 2007年08月22日 00:26
ご無沙汰してしまいました〜。
奈美恵さんが加わり、ますます楽しくなったこのページ。
管理人としても、とても嬉しく思っています。
私も、やっと裏ゴム加工を先日終えました。(私のヒール足袋ちゃんだけ、こんなに遅くなってかわいそう〜。ごめんね、ヒール足袋ちゃん・・・。)
そんなわけで、美月スペデビューは遅れそうですが、みなさんの楽しいヒール足袋談(もちろん着物談、思い出談も)をどうぞ気兼ねなくお続け下さいね。
Posted by 朔(管理人) at 2007年08月22日 09:31
美月さんのスペシャル化加工、しっかり進んでいて安心しました。(笑)
かかとを包んでくれる短芯が良いと仰っていたのに、
曲がりにくい長芯や、スペシャル装着の為の大きい専用足袋を無理に買わせてしまったみたいで、
もし、スペシャル化が進まないと短芯のまま装着されてる事になるし、
実は、すごく気になっていたんです。(汗)
裏ゴムさえ完成すれば、ひと安心。私まで嬉しくなりました。
違和感を感じられた長芯だって安全に装着できますよね。
お気に入りの短芯でも良いかも。
同じヒール芯という条件下で、布底の普通の専用足袋と裏ゴムの強化底タイプを比べると一番わかりやすいですよね?
パワーアップすれば、早足や急ブレーキも試したくなりますよ。(笑)
きっと楽勝です。(笑)
お出かけデビューで他の人に教えてあげて下さいね。
Posted by ユキ at 2007年08月22日 21:19
やりましたね。美月さん!裏ゴム仕様、どうですか?装着されました?
最初のほうで、『ヒール足袋は立食やフロアー用』って言っておられましたよね。
でも、パワーを発揮するのは、やっぱりお座敷に上がった時ですね。(笑)
それも、ご自宅とお出かけ先とでは、優越感が微妙に違いますよ。
人前で特別な物を使ってるって気持ちがあるからでしょうか。
ユキさん、美月さん、
>他の人に教えてあげて下さいね
スペシャルの秘密、すぐに教えちゃうのって面白くない気がしませんか?
裏ゴムの力強さで普段出来ないような事をして、お友達に『キュッキュッ』って音を聞かせてあげたりすると、インパクトも強そうですね。(笑)
美月さんは、そんな風なキャラクターだって勝手に思ってます。(汗)
もし、違っていたらごめんなさい。m(_ _ )m
Posted by はるみ at 2007年08月23日 00:40
スペシャル化の遅れが思った以上に、ご心配おかけしていたようで、ほんとごめんなさい。

いざ取り掛かると燃えますね!! スペシャル化! 裏ゴム、短芯にもGOOD!
今、コメントを全部読み直して、再確認しています。改めてユキさんと、はるみさんのすごさに感服しています。

>美月さんは、そんな風なキャラクターだって勝手に思ってます。(汗)

そんなキャラです(笑)

奈美恵さんのように、一度はくのをあきらめた方が、こんなふうに楽しめるようになるとよいですね〜。
Posted by 朔 美月 at 2007年08月24日 09:54
管理人さん、良かったですね。
ゴムを何度も塗って乾かせるのに手間を掛けた分、
私は感動が大きかったです。
ダメって思ってかたずけていた長芯だったからでしょうか。
やっぱり優越感高いですよね。
お出かけされました?
短芯でも気分が全然違うと思いますよ。
5cm長芯だと別世界みたいです。(汗)
『この前(3cmノーマルの時)より、また(背が)高くなった?』
なんて言われちゃいました。
背の高い人が羨ましく思っていましたが、
ナミスペ(私にも名乗らせて!)装着だったら大丈夫です。(笑)
猛練習で、5cmでも平気で動けますよ。(汗)
Posted by 奈美恵 at 2007年08月24日 22:01
とりあえず短芯でお出かけしました。すべらないって、すばらしいっ。
ナミスペ5cm長芯いきましたか!?
気分のすがすがしさが、文面からも伝わってきます。

猛練習の成果とは、ナミ姫もがんばりやさんですね。
おかあはん、うれしおす。(笑)

私もがんばりますね。
Posted by 朔(管理人) at 2007年08月25日 15:35
美月さん(管理人さんだとよそよそしい感じだから)、

『すべらないって、すばらしいっ。』
初心者の私が言うのも変ですが、裏ゴムのパワーってすごいでしょ?
今まで愛用されてきた短芯が突然パワーアップすれば感動も大きいでしょうね。
短芯も長芯も両方お持ちで、『今日はどっちにしようかしら?』なんて
とっても羨ましく思います。
是非、長芯のほうもお出かけのチャンスを与えてあげて下さいね。
Posted by 奈美恵 at 2007年08月25日 23:07
奈美恵さん、
裏シートと縁ゴムで最強仕様のナミスペを名乗られた以上、
もう初心者じゃないですよ!(笑)

美月さん、
短芯で、前半分が直接足の裏にゴム底をセットしてる感じって、
床の感触が伝わりづらい長芯よりパワーを実感しやすそうですね。

>すべらないって、すばらしいっ
以前から『チャキチャキ』されたイメージを勝手に持っていたんですが、
パワーアップされて、もっと活発になられたのでは?(笑)
『私だけ、秘密のパワーがあるのよ!』なんて気持ちになりませんか?
Posted by ユキ at 2007年08月26日 01:56
お返事遅れてごめんなさいっっ。息子2号の夏休みの宿題に追われてましたっっ。それも「自由研究!」と「読書感想文!」きゃぁぁぁぁぁ〜。

9月になって、やっと私のお休みが来たという感じです。

とりあえず短芯が、かなりパワーアップしました。
特に足裏前方の踏み込み感がいいですね。
あと、ぞうりの鼻緒を浅くはいたままキープ(深く履くとヒール足袋は痛い・・・)するのがかなり楽になりました。

次は、長芯のスペシャル仕様にとりかかります。
皆さんみたいに、5cmアップしちゃおっかなあ〜。
長芯は、作り上げる楽しさがありますね。

みんなのおかげです。ほんとにありがとう。
Posted by 朔 美月 at 2007年09月03日 01:19
美月さん、
私も現役の頃は、サザエさんのかつおちゃんと同様、ラスト1週間が勝負!な、毎夏休みをすごしていましたぁ。(汗 タラタラ)

>ぞうりの鼻緒を浅くはいたままキープするのがかなり楽になりました

たしかに、不意に草履が脱げそうになるのをパワー底で固定してくれているなぁって気がします。

>長芯は、作り上げる楽しさがありますね

工夫した分、しっかり応えてくれる感じが大好きです。(汗)
いつも重たい思いをさせて、かわいそうに感じる分、いつまでも大切にしてあげたいですね。
Posted by ユキ at 2007年09月06日 00:51
美月さん、
>とりあえず短芯が、かなりパワーアップしました。
裏ゴム初装着の時ってやっぱり『かなり』ですよね。(笑)
私の場合はノーマル状態でパワーの低い長芯と組み合わせたので、
かなり度は相当高かったですね。
ノーマル状態でもお手軽装着な短芯に比べて、
長芯は、工夫次第でどんどん機動性アップしちゃいますよね。
室内でも足裏全体がガードされてるっていう安心感なのかしら。
『お庭のビニールシート』なんてシチュエーション、
滅多に無いと思いますが、奈美恵さんのように、
わざとピクニックシートを敷いて上に乗ってみたくなるの、わかります。
美月さんの長芯スペシャル、楽しみにしてますよ。(笑)
Posted by はるみ at 2007年09月08日 18:22
長芯スペ完成が遅くて、皆様の気をもませました。すみませんっっっ!

奈美恵さんも『急ブレーキ』まで試されてることですし、私も早くなんとかしなくちゃね。(汗)

がんばります。
Posted by 朔 美月 at 2007年09月11日 00:25
こんにちは。
美月さん、焦らずじっくり仕上げてくださいね。
パワーアップしている分、いろいろなところに力が掛かってる様子で、
丈夫にしておかないといけないみたいですね。
せっかくの秘密兵器が、お出かけの途中でトラブったりしちゃったら、
つまらないですものね。
急ブレーキが成功した時は感動しました。
動きづらくて第一印象最悪だった長芯が、今では手放せないです。(汗)
装着していない時のほうが物足りない感じで不安になっちゃいます。
Posted by 奈美恵 at 2007年09月11日 13:42
奈美恵さん、美月さん、
>お出かけの途中でトラブったりしちゃったら・・・
私は、仕事中に人前でハルスペがトラブると困るので、
接着剤を必ずバッグの中に入れていますよ。(汗)
『ちょっとパワーの調子が悪い?』なんて感じる時は、
底シートと裏ゴムが離れそうになってブレる状態ですね。
バイアステープの縁ゴムを少しめくって接着剤で応急処置します。
乾いてくっつくまでの間はパワーを使えない状態なので、
普段より『おしとやかなはるみ姫化』しちゃってます。(笑)
奈美恵さんの仰るとおり、パワーで動いていると加工した部分には、
相当負担が掛かっているようですね。
皆さんご愛用のスペシャルより酷使してるハルスペは、
耐久性UPも考えないといけないようです。
あの安心パワーは、もう、絶対無いと困っちゃいますものね。
Posted by はるみ at 2007年09月14日 08:55
シート底が裏ゴムから離れた感じ、ありました。(汗)
すごい強力パワーが気に入って、
つい調子に乗って急ブレーキを何度もテストしていたら、
親指の付け根辺りのシートが浮いた感じになっちゃいました。
自宅でのテスト中だったのでよかったのですが、
お出かけ中だったりしたらと思うと心配になりますよね。
やっぱり人間一人分の動きを支える為には相当強度が要るみたいですね。

>おしとやかなはるみ姫化・・・
パワーが使えないと不安ですよね。
不安にならなくてもいいように、
お出かけ前後にはしっかりチェックしたいと思います。
ナミスペ、今、私のいちばんの宝物かも知れません。(汗)
Posted by 奈美恵 at 2007年09月15日 08:11
4月にお会いしたショートブーツスペ装着された方と再会しましたよ。
ずっと会えなかったので心配してたんですが。
やっぱり足元に目が行っちゃいますね。(汗)
ところが革製じゃないみたいで、普通の専用足袋のよう。
ご本人に聞いてみると、夏場は革だと辛いとのお答えでした。
通気性が無いですものね。
さらに聞くと、その時装着されてた布製足袋もオーダーメイドでした。
ショートブーツよりさらに長い、膝下10cmはあるロングブーツ。
コハゼを隠す部分はダミーになっていて、
踵の少し上からファスナー式になっていました。凄すぎです。
ロングブーツ、羨ましい。
でも、ハルスペのシート底とバイアステープにも感動して下さいました。
Posted by はるみ at 2007年09月15日 19:37
私は、はるみさんがすごく羨ましいです。
スペシャルヒール足袋を装着された方にめぐり合うチャンスがあるから。
>ハルスペのシート底とバイアステープにも感動して下さいました
『とりかえっこ』されたんでしょうか?
オーダーメイドロングの性能、気になっちゃいます。(汗)
私がロングに憧れるのは、フィット感が高そうで、裾の心配が無くて
とても動きやすいのかなって思うからです。
冬場になると、冷え性の私に最適かなとも思います。
足袋の分解型紙をロングに作り直す作業、進みそうです。
はるみさんの報告に刺激されました。(笑)
こうなったら7cmアップのヒール芯が入れられて、
さらに7cmアップでも平気で動いていられるパワーシート底、
究極のロングスペシャルにしたいです。
Posted by ユキ at 2007年09月17日 02:07
ユキさん、
たしかにめぐり合うチャンス多いかもですね。(笑)
しっかり『とりかえっこ』しちゃいましたよ。(汗)
和装スタッキング装着したままだったのですが、
膝下10cmもあるロングブーツ構造なら私の二本の『お大根』でも、
見事きれいにカバーしてくれますね。安心、安心。
底シートの素材は、ハルスペの物と変わらない感じでしたが、
ロングだと足首の安定感がすごく高い感じで、
限られたパワーでも強くて、スムーズに使えるようでした。
ユキさんのハイパーロング、是非完成させて下さいね。
やっぱり動いている時タイツとかスタッキングが見えるのって心配。
ロングスペシャルなら、パワーアップもヒールアップも安心ですよね。
私もロング欲しくなってきました。
Posted by はるみ at 2007年09月20日 21:56
うふふふ。盛り上がってますね。なかなか登場せずごめんなさい。

>足袋の分解型紙をロングに作り直す作業、進みそうです。

ユキさん、足袋を作り始めたんですね!

足袋を分解したのでしょうか?? お裁縫が得意な様子が伝わってきました。

↓↓ちょうどさっき「足袋の型紙」をひょんなことから見つけたので急いでお知らせに来ました。

コハゼが無くても、マジックテープや鉤ホックで代用できるらしいです。
http://item.rakuten.co.jp/kinkado/c-501/
↓うおうっ、こちらはコハゼも売っています。
http://store.yahoo.co.jp/okadaya-ec/c2adc2dea4ceb7bfbbe6.html
Posted by 朔 美月 at 2007年09月23日 00:27
美月さん、すごいですね。
足袋の型紙が売られてるなんて、知りませんでした。
でも、古い足袋を分解しちゃったので、そこから足先部の型を取ります。
そうでないと、古い足袋にも申し訳なくて。(汗)
長さは、やっぱり膝下10cmくらいがベストな感じですね。
地下足袋の長さくらいになりそうですが、
あくまでもお座敷用なので、白くて、爪先や踵に補強布が無ければ、
ロング足袋って『おすまし』なイメージに仕上がるのかしら?
なんて想像しています。(汗)
Posted by ユキ at 2007年09月25日 14:17
ユキさん、
『おすまし』な感じ、なんとなくですが想像できます。
私は歩き方が下手なので、着物の時は裾が気になります。
ナミスペ装着してると、自由に動けるようになった分、特に。
もっと練習しないといけませんね。
タイツとかスタッキング?って使った事ないのですが、
ユキさんやはるみさんの過去コメント見てると、とても良さそう。
その点、ロングブーツタイプだったら、さらに良い事ばかりですね。
私もロング欲しいです。
おすましなのに、実はパワーも強いなんて想像したら、
羨ましくてなりません。
最強のロングパワー足袋、がんばって下さいね。
Posted by 奈美恵 at 2007年09月27日 14:56
昨日、お出かけ中にショックな事があり、少し凹んでいます。
お座敷の廊下で急にユキスペのパワーが効かなくなり、
危うく転ぶところでした。
パワー底を信じきっていたので、すごく怖かったです。
ワックスなのでしょうか。
雑巾がけ直後の廊下での急ブレーキだって全然へっちゃらだったのに、
シート底が食いつけないワックスがあるなんて。ショックでした。
その後は、滑りやすいところ以外でも動くのが怖くなってしまって、
普段より大人しくすごしました。
濡れた廊下とワックスの廊下は違うようですね。
ワックスの上ではテストしてませんでしたから。
今度のロングの底には、今のシートよりもっと強いのを装着したいです。
ワックスの上で急ブレーキ出来るくらいの強化シート欲しいです。(汗)
Posted by ユキ at 2007年10月01日 21:58
ユキさん、たいへんでしたね。
私も、たまにそういう怖い思い、ありますから。
せっかくスペシャル装着してるのに悔しいでしょ?
ロングの強化シート底、成功させてほしいです。
この前ロングブーツタイプ試着させてもらった時、すごい余裕でしたもの。
フィット感が高くてブレないからかしら。
毎日酷使するハルスペも、できれば強化ロングにしてみたいです。
脚のムクミなんかも防止できそうですよね。
それより私に作れるのかしら。(汗)
Posted by はるみ at 2007年10月01日 23:46
はるみさんのスペシャル、
バイアステープのゴムにも模様を付けてるのでしたよね?
今のところ応急強化策は、縁ゴムの『厚塗り模様付け』ですね。
はるみさんがコメントして下さってたのに、
軽く流していたから今回のようなバチが当たったのかなぁ?なんて。
私的には、人前でスペシャルを装着する以上は、
絶対にヘマをやらかせないの!
って、勝手に考えています。(汗)
大そうな工夫をいっぱい付けてるのに失敗するの、恥ずかしいですもの。
とりあえず、縁ゴムを強化してワックスにも負けないパワーにします。
Posted by ユキ at 2007年10月03日 00:44
縁ゴムの『厚塗り模様付け』加工と、
自宅廊下のワックス掛けを同時進行させましたよ。(汗)
縁ゴムもワックスも乾いてからでなければテストできないので、
じれったい気持ちと、好結果を期待するわくわく感でいっぱいでした。
先にワックス掛けを済ませて、縁ゴム加工中に廊下を乾かせる段取りです。
厚塗りしても摩擦で剥がされると大変なので念入りにドライヤーで乾燥、
ゴムスプレー塗りを5回も繰り返しましたよ。
(↑よっぽどワックスに勝てなかった事が悔しかったんでしょうね。)
5回目のスプレー後、丸い筒をたくさん押し付けて模様を付け、
ドライヤーで乾燥させました。
ユキスペを装着して廊下へ行きました。
はるみさんの仰ってたようにパワーがすごい事になってました。(笑)
縁ゴムのところを意識してエッジを効かせるようにすれば、
急ブレーキしても全然へっちゃらみたいです。
Posted by ユキ at 2007年10月03日 22:40
二つも続けて、ごめんなさい。
以前の薄塗りゴム層の時は、
早足とか急ブレーキとかでパワーを使いすぎると後でゴム面が削られて
さらに薄くなっていたのですが、厚塗りだと耐久性も高いみたいですよ。
ロングブーツタイプのパワー底も、厚塗り仕様で完成させてみます。
ストレッチ素材で本体を作ってフィット性を高めて、
ヒールをあと2cmアップさせても安心して動けるパワーだと思います。
想像していた以上にパワーアップできたのでロングスペの作業も、
すごくやる気が沸いてきたみたいです。(汗)
自分でも、どうしてこんなに熱くなれるのか不思議です。
ほんとにヒール足袋って『最強秘密道具』なんですね。
美月さんのブログと、はるみさんの実戦経験のおかげです。
美月さん、ハイパースペシャル、がんばって下さい。応援してます。
はるみさんは、お仕事で最強パワー発揮して下さいね。
Posted by ユキ at 2007年10月03日 23:10
ユキさんの最強のロングパワー足袋、もうすぐなんですね?
私のナミスペだと模様無しでも不満は無いのですが、
たしかに、少し動き回ったかなって思って後でゴム部分をチェックすると、
ダメージ受けて薄く削られてたりするんですよね。
お座敷内でしか歩かないはずなのに、
裏側にはとても大きな負担が掛かってますよね。
今のパワーでも十分ですが、余裕があるのには越した事がないですね。
初めての時、全然思うように動けなくて不安だった長芯でしたが、
今は夢のように安心していられるんですもの。
着物を楽しく着させてくれてる気がします。
エッジを効かせてパワーを出すって、すごいです。
『スペシャル使いのユキ姫』って感じですね。(笑)
私も模様でパワーアップして、さらに練習しますね。
パワーヒール足袋、奥深いですね。
Posted by 奈美恵 at 2007年10月04日 00:40
奈美恵さん、
最強とは言えないけど、模様の有無でパワー感かなり違います。
友人に少し意地悪しちゃいました。(汗)
友人のスペシャルヒール足袋は、縁ゴムに模様が無いのですが、
自宅に呼んで、昨日塗ったワックスの廊下を歩いてもらいました。
やっぱりパワーが弱く感じるみたいでした。
おまけに、紐を使って二人で綱引きテストもやりましたよ。
結果は模様付きパワー底を装着した私の圧勝でした。(汗)
不思議がってた友人に模様付き縁ゴムの事を教えると、
『私のも、お願い!』って。
意地悪のお詫びですね。(汗)
出来上がったらユキスペともう一度パワー対決しちゃいます。
ヒール足袋で対決してるのって、私たちだけなんでしょうね?(笑)
完全に『パワーの乱用』しちゃってますね。(汗)
Posted by ユキ at 2007年10月04日 20:44
出来上がった友人のスペシャルと私のユキスペで再対決しましたよ。
廊下で友人に急ブレーキや早足してもらって、横で観察しちゃいました。
自分では急ブレーキテストしても、じっくり観察なんてできないので、
とてもよい機会でしたね。
見ていると、縁ゴムのはたらきなんかがよくわかります。
床面にピッタリと密着する感じで、圧力がとても高そうです。
不思議なのは友人の動き。
すごくスムーズなんです。
以前から秘かに練習していたそうです。
パワーヒール足袋を所有すると練習とかやりたくなるのかしら?
美月さんもスペシャルになってから練習とか意識されてますか?
それとも、特に意識しなくても普通にお使いになれるのでしたら、
すごくすばらしい事だと思います。(笑)
Posted by ユキ at 2007年10月05日 21:52
ユキさん、
>パワーヒール足袋を所有すると練習とかやりたくなるのかしら?
私の場合、特に練習とか意識しませんが、
催しの主催者側として、人前で目立ってしまうので、
自然と失敗だけは絶対にしたくないって気持ちになってるみたいです。
それと、ゴム面に模様があると全然違いますよね。
そんな失敗したくない気持ちから、パワーアップには拘りますねぇ。
今のハルスペの状態だと、どんな床にもしっかり対応できているので、
パワーアップの工夫も少々停滞気味ですけどねっ。(汗)
美月さんにも模様付き裏ゴムにステップアップして頂きたいですね。
非力に思えた長芯のパフォーマンスを十分引き出してくれますよ。
短芯経験のある私が言うのだから・・・(←偉そうですね、私(汗 笑))
ヒールに体重乗せると危ないので、パワーを使うのは爪先側が中心です。
芯の下にゴムがあると楽にパワーを掛けられる気がしますよね。
Posted by はるみ at 2007年10月06日 01:24
はるみさん、
長芯って、買ったままの状態だと滑りやすい印象でしたが、
私的には買って良かったなぁって思っています。
5cmヒールにする時、短芯だと急角度に上がるから無理な気がして、
それが長芯だと土踏まずの辺りから緩やかに高さを稼げるから、
5cmで長い時間装着していても疲れないですよね。
いちばん良かった点は、やはり、お庭のゴツゴツしたビニールシート。
足の裏全体をガードしていてくれる頼もしさが長芯の魅力ですよね。
他の参加者の人達には申し訳ないくらい楽々でしたもの。
ビニールシート上を歩く事なんて想定して加工したわけでもないのに、
パワーもしっかり発揮してくれて、すごく安心でしたよ。
ロングブーツタイプ、パーツを切り取って、やっと縫える状態です。
パワーをアップさせたいので、丈夫にしたいから二重に縫うつもりです。
Posted by ユキ at 2007年10月06日 19:46
ナミスペ、縁のゴムを厚くしちゃいました。
もちろん、丸い模様をたくさん押し付けてパワーアップです。
ほんと、すごくパワーアップしますよね。
動く時って、グラつかないようにヒールを浮かせてるから、
今回は爪先側の縁ゴムを特に念入りに仕上げました。
ユキさんのエッジを効かせたパワーってどんなのだろ?
って、私なりにいろいろ想像してみたりとか。
エッジが効いてるのかどうかわからないのですが、
内股気味に、親指の縁ゴムを強く押し付けるように意識すると、
『えっ!何なのっ?』って思えるくらいのパワー感が。
畳の上ではエッジパワーは封印していないと、
傷めてしまうんじゃないかしらってくらい強力でした。(汗)
でも、お出かけ本番で披露したい気持ちです。(汗)
ナミスペ、もう絶対手放せない最強秘密道具です。
Posted by 奈美恵 at 2007年10月07日 16:46
奈美恵さん、
>内股気味に、親指の縁ゴムを強く押し付けるように・・・
言葉で表すと、その通りですよね。
練習の時は上手くいくのですが、お出かけなんかで急に滑りやすくなって、
いざパワーで踏ん張ろうとしても上手くいかないケースがほとんどです。
成功したのは1、2度です。
滑りやすくなって『もうダメ!』って思ったんですが、
偶然親指の縁ゴムが強く働いてくれて助かった事がありました。
模様無しの時でしたが、エッジを使うと強力でしたね。
常に意識しているなんてとても疲れちゃうので、
模様付けでパワーアップしました。
エッジを使っていなくても安心していられますよね。
模様付きゴムで、さらにエッジを使えば最強です。
畳の上では大人しくしないと迷惑掛けちゃいますね。
Posted by ユキ at 2007年10月08日 00:11
縁ゴムが完全に乾いたので、また練習です。(汗)
雨降りのせいで廊下が少しジトジトしていますが、
最強パワーなら全然へっちゃらみたいですよ。(笑)
練習は主にエッジで急ブレーキを掛けられるように意識してましたね。
10回やって1回成功するくらいの感じです。ドジですね、私。
さすがに畳の上はダメだけど、カーペットならと思って試しました。
柔らかい床でもヒールを浮かせて爪先のパワーだけに集中するのは、
マスターしているつもりですので、不安なく動いていられます。
でも振り返るとカーペットの毛が押し潰されて爪先の形がいっぱい。
これが最強なんだっ!って、あらためて認識しちゃいました。
足形を手でなでて、せっせと消しましたね。
よそのお座敷のカーペットに足形なんて付けたら大変。
パワー足袋の秘密がバレちゃいますよね。(汗)
でも、パワーにすごい余裕がある事ってすばらしいですね。
Posted by 奈美恵 at 2007年10月08日 11:37
町内の秋祭りでお神輿を担ぐ事になり、ハッピとか半股引(はんだこ)、
そして白い祭足袋を渡されました。
急な出来事だったのですが、お神輿を担げる人が少なくて、
それで私にまでお話が来たのです。(汗)
嬉しいような恥ずかしいような。
半股引を履き、ハッピを着て鏡台をのぞきました。(笑)
脚が丸見えだと恥ずかしいですね。タイツでガードします。(汗)
祭足袋も含めて衣裳は新品だったので部屋の中で履いてみました。
上から見ると普通の白い足袋なのに、裏は全面ゴムのギザギザです。
前から気になっていたんです。地下足袋と違って、底以外は普通の足袋。
さすがにゴム底ですね。ユキスペとは段違いのパワーです。(汗)
廊下のワックスにもビクともしませんね。
でもヒール芯は入れられないみたいです。当然ですね。
土曜日のお神輿の練習までの間は、家の中で履いてテストしたいですね。
Posted by ユキ at 2007年10月08日 17:09
あらまぁ、ユキさん、家の中で祭足袋?装着ですか。
私もヒール足袋を装着しだしてからネット検索でそういうのがあるって、
知りましたが実物を見た事はありません。
裏は完全なゴム底だけど、地下足袋のようなデニムっぽい生地じゃなくて、
爪先や踵の補強用あて布が付いてない足袋なんですよね?

>脚が丸見えだと恥ずかしいですね。タイツでガードします

短いスカート履く時と同じで、
いくら丸見えでもタイツ履けば不思議と落ち着くんですよね。
わかります。(笑)
お祭の衣裳にタイツ合わせるなんて何だか斬新。
Posted by はるみ at 2007年10月08日 23:34
私も短いスカートは苦手ですね。(汗)
太短い脚なものですから。
お祭で人前に出るのに、祭足袋だとヒール芯が使えないのが残念です。
そこで、ダンボールをU形に丸く切って重ね、短芯を作りました。(汗)
普通の足袋でも緩い側のコハゼだと、踵の下に隙間が出来ますよね。
2cmくらいならアップ出来そう。
なにせ、間に合わせのダンボール短芯なので、2cmの厚みを重ねても、
私が上に乗ると体重で潰れちゃいます。
潰れる分を計算に入れて3cmくらいに重ね直しました。
タイツを履くと、ダンボールのままだとブレちゃう感じが嫌なので、
市販の中敷を貼り付けました。
間に合わせだけど良い感じです。
お祭当日、誰も私がダンボールのヒール芯で脚を伸ばしてるなんて考えない
そんなスリルもヒール足袋の魅力ですよね。(笑)
Posted by ユキ at 2007年10月09日 18:24
ナミスペを装着して着物を着た状態で、ヒール足袋の事を知らない人に、
私の着姿について尋ねると良い答えが返ってきて、とても嬉しいです。
『5cmも脚長の私』に変身している感じ、スリリングだと思います。
通販から届いた長芯で初めてお出かけした時もスリリングでしたが、
今はパワー強化してるから余裕で変身していられるって感じです。(汗)
あの長芯で自由自在に動ける事、それを作ることができた達成感、
どちらもすばらしい経験です。
こちらのブログと皆さんに出会えた事、とても感謝しています。
美月さんの長芯スペ、さらなる感動と、ユキさんの最強ロングスペの感動、
はるみさんの実戦経験、とても楽しみにしていますよ。(笑)
とくに、美月さんの長芯スペ、ユキさんのロングスペの進行状況が、
今とても気になっています。(汗)
Posted by 奈美恵 at 2007年10月10日 13:05
お神輿の練習から帰ってきました。
それほど寒くなかったのですが風がきつい感じでタイツ装着大正解。
いつも着物姿の時、裾の中に隠れているタイツなのに、
直接風にあたっていても平気で練習できましたよ。
真っ白な祭足袋と一体感が出せてすっきりした足元だったと思います。
なぜなら、私の他にも一人だけタイツ装着の方がおられまして、
すごくアクティブな感じに見えたからです。(汗)
2cmのダンボール短芯も、中敷のおかげでタイツの踵がブレずに、
とっても動きやすかったようです。
Posted by ユキ at 2007年10月13日 15:36
お祭もなんとか終わって、ほっとしています。
祭足袋や衣裳はいただきましたが、
外で履いてしまったので家では使えません。←当たり前!
そのせいか、この三日間でロングの作業が進んで、とうとう足袋の形に。
まだパワーアップ関係の加工が出来ていないので、
ヒール芯を入れて装着しても怖くて動けないですけど。(汗)
でも鏡台の前に立つと脚のラインがすっきりして良い感じです。
ストレッチ生地なのでフィット感は思ってた以上でした。
暖かさもあります。庭に出て風に当たってみましたよ。
勝手口に行くまでが大変でした。長芯の入った布底って動きづらいですね。
つくづくユキスペのパワーがすごい事を実感しちゃいました。
だからこそ、ロングには、さらに強化加工で完ぺきにしたいです。
7cmヒールなのに平気で動いていられたらなんて思うと、
わくわくしちゃいますぅ。(汗)
Posted by ユキ at 2007年10月18日 00:07
今回のロングは、工程を省略して布底に直接シートを装着しました。
バイアステープをつけて縁ゴムは念入りに塗り重ねました。
丸模様の間隔は小さくして、その分たくさん押し付けています。
7cmヒール芯は、追加の2cm中敷がすぐ外せる構造です。
ロング足袋は、型紙の時に7cmヒールを入れられるように書き直して
裁断していますが、元のユキスペに7cmは無理なので、
気分に合わせて、5cmのユキスペ、7cmのロング、
どちらにでも装着できるようにって。
いざ、7cmのロング装着です。
7cmヒール芯なんて初めてなので、マジックテープを少しキツ目にして、
ロング専用足袋のファスナーを上げました。
やっぱり少しグラついちゃいますね。(汗)
転びそうになって踏ん張ったら、畳が『ザクッ』って。
どうやら、縁ゴムのパワーはユキスペより強いみたいでした。(笑)
Posted by ユキ at 2007年10月21日 10:08
とうとう完成したのですね。
お裁縫に限らず、手先の器用さが伝わってきて、羨ましいです。(汗)
だんだん寒くなってきたのでロングだと安心ですね。

>やっぱり少しグラついちゃいますね

2cmアップの差って微妙なんですね?
ナミスペは5cmだけど、無意識に動いているうち、
知らない間にテープが緩んでいて、人前で『キャァッ!』って。
完ぺきに脚長スタイルに変身しているつもりでいて、急にピンチになるの、
すごく怖いですよね。(汗)
ほとんどが普通の足袋を履いてる人の中で、私だけがパワー足袋だから、
そういう時は、すごく焦って、一人で赤くなっちゃいます。(汗)
気付かれそうなのが心配ですね。
Posted by 奈美恵 at 2007年10月22日 14:11
奈美恵さん、
>知らない間にテープが緩んでいて、人前で『キャァッ!』って

たまにありますね。すごく怖いですよね。
テープのおかげで、しっかり動けているってとこありますもの。

ユキさんや奈美恵さんの縁ゴムのエッジ、私も少し練習しましたよ。
テープがしっかりとまっていないと、うまくコントロールできないですね。

洋服にくらべて動きづらい着物姿の時こそ、動けるように工夫していたい、
パワー足袋ってそれを可能にしてくれるすばらしいものですよね。
↑なんか、『ええかっこ』言ってますよね、私。(笑)
Posted by はるみ at 2007年10月24日 15:36
すみません。ご無沙汰しています。
ユキさんは、とうとう7cmヒール完成させてしまって(それも、手作り足袋でしたよね。)

ナミスペもはるみスペも、絶好調のご様子。
楽しく嬉しい気持ちで、記事を拝見しています。ありがとうございます。

長芯美月スペについては、恐れながら申し上げると、遅々として進んでおらず、ご心配をおかけしているなあと反省しています。実は、来春中高の受験生がふたりおりますゆえ、この先もしばらくはスペシャル仕様化の時間が取れそうにありません。(せめて、入学式には間に合わせたい!!)

ここのコメント欄は、限りなく書き込んでも大丈夫みたいですから、私のことは気にせずに、情報交換の場としてご活用くださいね。

ほんとに、気にしないでよいですからね〜。
Posted by at 2007年10月29日 14:32
美月さん、受験生のお子さんの為にもパワーアップ、良いのでは?
なぜなら、『滑り止め』。
スペシャル足袋のパワーの源とも言える裏ゴムが、
滑り止めのおまじないになりませんか?(汗)

私が高校入試の時は、市内の公立の募集定員が、
同学年生の人数より50人程少ないだけの状態でした。
模擬試験では上から200番目くらいだったので、
滑り止めの私立無しの公立1本で行けました。(汗)
なんか自慢っぽくて、すみません。

入学式、楽しみですよね。
私がお子さんの立場だったら、スラリとした脚長のお母様、羨ましいです。
是非とも、パワーアップ5cm長芯でキメてあげて下さい。
Posted by ユキ at 2007年10月29日 20:00
美月さん、
入学式までにパワーアップ長芯完成するといいですね。
草履を履いたままの時でも長芯は有利ですよね。
草履を履くと親指半分と小指がハミ出してる感じなので、
そこをカバーしていてくれる長芯だと長時間立っている時でも頼もしいですよね。
長芯を一度使うと底全体のガード性が良くて、やみつき状態になります。(汗)
もう、普通の布底だと不安になりますね。
シート底のクッションも無いと困ります。
ユキさんの工夫、とてもすごいですよね。
お裁縫が上手だったらハルスペロング作れるのに。
超強力ロング、私も欲しいです。
Posted by はるみ at 2007年11月01日 22:18
おお〜、なるほど「すべりどめ」使えますね。
入学式まででなく、受験日までに完成させなくちゃね。

長芯底の安定感よくわかります。
足も疲れない!!

なんとかがんばります〜。
Posted by at 2007年11月03日 00:10
そうですよね、美月さん。
受験日までが勝負ですよね。

昨日、7cmロングでお出かけの練習がてら友人と外出しました。
でも、グラつきがひどく歩くのが辛い感じでした。
すごく落ち着かない感じだったので、途中で2cmの中敷を外しました。
次のお出かけ本番までにグラつきを抑える工夫をしないと、
今のロングスペではすごく不安です。
美月さんご愛用の短芯のように踵を包むカバーが欲しいです。(汗)
Posted by ユキ at 2007年11月05日 11:55
7cmロングでお出かけの練習。
なんだか世界が違って見えそうですね。

あとはグラつきを押さえる方法ですね。ふ〜む。
短芯のかかとをくるむ感じは、かなり安定感があります。
以前も提案いただいた、これに長芯を合体させるとかなりのヒールアップ。
ただ、その為には、ユキさんのような特別な足袋が必要なので断念していました。スムーズに合体させるためにも、継ぎ目に何か工夫が要りそうで・・・。

工夫については、ユキさんたちの方が得意なので、ぜひ「くるむかかと短芯」もお試しいただきたい気持ちです。(ただし、重い・・・。)

長芯の工夫を十分していない私が、言えることではないのですが・・・。
(無理して購入するのは、ダメですよ。試したいと自分で思ったらですから。汗)
Posted by at 2007年11月08日 21:13
美月さんのアイデア、良さそうです。
普通の長芯3cm強の上に約2cm分の中敷を重ねて5cmにアップし、
さらにその上に脱着式の2cm分を重ねてるから強度が低いようです。
体重が掛かると潰れてグラついちゃうみたいです。
シンプルに長芯の上に美月さんのタイプの短芯を重ねると良いのかも。
125gのプラコンパウンドって重たいですか?
重たくて動きづらいっていう程ではありませんよね?
気持ちの問題を考えると、
1『重たいのを覚悟した上で装着する気持ち』
2『いつグラつくかわからず不安を抱えて装着する気持ち』
3『グラつきを警戒して、せっかくのパワーが使えない気持ち』です。
↑三つの中から選ぶとしたら1番が安心だと思うのですが。
踵カバーの短芯買います。無理してじゃないので心配しないで下さい。
パワーには自信がありますので、あとは安全性向上の為に買います。
Posted by ユキ at 2007年11月10日 19:12
私も短芯持っていますが、長芯と同じメーカーの物で、フチがありません。
なので使い心地がいまひとつ、長芯にシフトする結果となった感じですね。
もちろん、長芯はパワーアップが前提というか、ほぼ必須ですよね。
短芯を長芯に重ねるには、スペシャル専用足袋がいりますね。
市販の専用足袋は5cmが限界ですもの。
お裁縫の得意なユキさんが羨ましいですね。
↑ユキさんのお気持ち、わかりますよ。
私も1番だと思います。
ヒール芯が重くても、長芯と足の踵で短芯を挟んで、
長芯ごとマジックテープで足首に装着してしまえば、
重さは気にならないのかしらなんて想像できます。
グラつかない7cm、完成するといいですね。
Posted by はるみ at 2007年11月11日 16:22
ご無沙汰してました。(汗)
美月さんの愛用されてるフチ付き短芯って、画像の加減かもしれませんが、
なんとなく硬そうに見えますね。床に当たると音が出ないかしら?なんて、
ずっと気になっていたのですが。長く使っていらっしゃるので、
音をさせない動き方もマスターされてるのでしょうね。
ヒール足袋の世界って、すごく奥深い気がします。
ただ、専用足袋の中にしのばせて、踵を上げるだけではいけないのですね。
ユキさんのグラつき対策ですが、私も硬くて強度がしっかりしてる方が、
グラつきを抑えやすいと思います。
私が買う訳ではないのに無責任かもしれませんが、
フチ付き短芯を重ねるのがベストのように思えますよ。
素敵なロングブーツスタイルで、パワーも強化されていて、
しっかり動けたらって想像すると、すごく羨ましいです。
私も冬用にハイパーロング欲しいです。あったかいのでしょうね?
Posted by 奈美恵 at 2007年11月12日 23:51
みなさんに応援してもらってるの、すごく嬉しいです。
暖かさについてですが、この前のテスト装着で出かけた日は、
風がすごく強くて普通に外を歩いてるだけで裾が煽られていました。
ユキスペ+タイツだったら、タイツまで見えそうな程でしたが、
ロングを装着していますって気分だけで結構安心でした。
冷たい風でも全然平気でしたよ。
室内に上がって7cmのグラつきが心配になり、
化粧室で2cm中敷を外す時もファスナーで素早く脱げて良かったです。
5cmに戻すとロングのフィット感が高いせいでしょうか、
7cmの時とはパワー感が全然違ってました。たった2cmの差なのに。
少し前までは5cmでも怖い時があったのに、今は自然に動けます。
ハイヒール化の時はパワーも強化していないといけないみたいです。
安心して動ける7cm、絶対成功させたいです!
Posted by ユキ at 2007年11月15日 00:00
ロングだと足首から上の部分は着物に隠れて表には出てこないけど、
しっかり影で支えてくれてるところが良いですね。
私だったら、着付けの時に鏡を見るので、
『あっ、ロングブーツタイプ装着してるんだ!』って、
再認識しちゃうかも。(汗)
皆さん、そうじゃないでしょうか?
着付けの時って、ヒール足袋を装着したら、
しばらくの間、畳の上で違和感を感じて、
徐々に変身してゆくんだなぁって、身が引き締まる感じ。
私だけなのかしら。(汗)
着付けの途中でポーズというか、踵を上げてパワー底を確認しちゃいます。
パワー底を鏡で確認するポーズって、
ひとが見たら変に思われるかも知れませんね。(汗)
それくらい、思い入れが強いみたいです。
Posted by 奈美恵 at 2007年11月16日 00:50
ほんとに、ヒール足袋って「奥が深い!」

もう、隠れ家というより「研究室」ですね。
ユキさん、はるみさん、奈美恵さんは、優秀で熱心な研究員さんたち。
いつもありがとうございます。

ちなみに、短芯の音について奈美恵さんからご質問がありましたので、実際に確認してみました。

「確認」しないと思い出せないぐらいのものでしたが、確かに床を歩くと硬いものが布越しにあたるような音がします。畳の上ではあまり気になりませんでした。

試しに、ふつうの足袋底で歩くと、猫の足の裏で歩いているような密やか感に驚きましたので、硬いものを入れて歩いている実感はかなりあると言えます。
Posted by 朔  at 2007年11月16日 21:55
意外と静かに歩けるのですね。(笑)
それとも、美月さんのコントロールの上手さでしょうか?
ここでは美月さんがいちばんヒール足袋経験おありなんですもの。
はるみさんもお仕事で装着されてるし、自然な動きなんでしょうね。

注文中のカバー付き短芯、来週には届きそうなんです。
ショートの方のユキスペで安定感とかテストしてみますね。
そして、長芯に重ねるのも楽しみです。
絶対にグラつきを抑えるの!って固い決意があります。(汗)

奈美恵さん、私もたまに着付け中にシート底見てしまいますよ。
お出かけの前に薄グレーのシート底を見ると落ち着く感じですね。(汗)
シートや縁ゴムのおかげでパワーが使えるのよ!なんて思うと、
すごく安心しちゃいます。変ですね。(笑)
Posted by ユキ at 2007年11月16日 22:59
そうですか! 注文したんですね。

私は、長芯に重ねるのは断念していたのですが、ユキさんならきっと、驚くような方法で合体させられるような気がします。

ご報告お待ちしています。
Posted by at 2007年11月17日 00:08
美月さんは、ヒール足袋を使い慣れていらっしゃるのですね。
しっかり使いこなそうと、練習したくなりませんでしたか?
芯の硬さや重さは、長芯の事しかわかりませんが、私の長芯だって、
常に体重を支えながら3cm強の厚みをキープするためには、相当な硬さがあると思います。
ひょっとしたら、フチ付き短芯と変わらないと思います。
長芯を初めて履いた日は、床に当たる音がすごく気になりました。
今は、シート底の厚みがクッションになって音を消してくれている様子で、
少々乱暴な動きになってしまった時でも、足音が気になりません。
着物を着ているのに乱暴な動きって?と思われそうですが、
パワーが強力だと、ついつい大胆になっちゃうみたいです。(汗)
シート底のすばらしさをあらためて感じちゃいます。
美月さんも、もし5cmヒールになさった時はシート底がおすすめです。
Posted by 奈美恵 at 2007年11月17日 21:37
なるほど!!
床にあたる音には、シート底ですね。
ところで奈美恵さんは、2枚重ねぐらいなんでしょうか?
(もしかして、ちゃんと↑の部分で書き込まれてたらごめんなさい。)
やわらかめのシートを重ねると安定感もぐっと増すと理解しているのですか?? →なんか、初心者ですよね〜(笑) この質問。
Posted by at 2007年11月19日 00:29
こんにちは。
私のナミスペは5mm厚ほどのノンスリップシートを、
裏ゴム加工したヒール専用足袋の底に1枚だけ貼り付けています。
あまりフワフワさせると安定性が悪くなりそうですよね。
シート底を装着した場合は白いバイアステープで周囲を囲んで、
床面に当たる部分だけ、透明ゴムスプレー厚塗りしてあります。
テープの足袋底側が布テープ状態だと、せっかくのシートのパワーが
落ちてしまうので、縁ゴムにしておかないとあぶないですよね。
5cmヒールにしても安心なようにパワーの強いシートを装着しましたが、
過去コメントの中の『お庭のビニールシート』とか『玄関口の水滴』など、
どんな場面にも対応できる感じって素敵ですよね。
普通の長芯で嫌な思いをしたので、スペシャル化に力が入ってしまいます。
5cmヒールでパワーも強いと、きっと素敵にきまりますよ。
Posted by 奈美恵 at 2007年11月20日 17:17
ありがとう〜っ。なんか燃えてきます。

とにかく、受験が終わったら卒業式や入学式用に作りたいなあ。

体育館で草履からスリッパ履き替えても、『ヒール足袋ならOKさ』っってね。

私がしばらく顔を出さなくても、遠慮なくヒール足袋談義に大いに花を咲かせてくださいね。

Posted by at 2007年11月21日 00:27
美月さん、届きましたよ!
こんなの(←良い意味で)ずっと使ってらっしゃったんですね!
ヒール芯単体でも踵にぴったり!って感じで、もう、感動ものです。
完成度の高さを知りたくて、加工する前にショートのユキスペに入れて、
いろいろとテストしちゃいました。
マジックテープも爪先ポケットも使っていないのに安定感すごいですね!
3.5cmなので、コハゼをきつい側に留められる事もあって、
足にジャストフィットさせられるので、パワーロスがほとんどありません。
ブレないってすごい事ですよね。ヒール芯で脚長にしてる感じがなくて、
脚長になった私がユキスペを装着してるっていう自然な感じです。(汗)
早足や急ブレーキ、階段の下りでも余裕で安心です。すごい!
シート底の消音効果で、かなり動き回ってみても床に当たる音が出ません。
一度、短芯でもお出かけしてみます。
美月さん、すばらしいアイデア、ありがとございます。
Posted by ユキ at 2007年11月21日 15:59
やっぱりフチ付きの短芯ってすごいのですね。
ユキさんのスペシャルってどんどん進化していく感じで羨ましいです。
まず、7cm用の専用足袋を作らないと追いつけませんね。(汗)
私よりお裁縫の得意な母に思い切って頼んじゃおうかなぁって。(汗)
それにはまず、ヒール足袋の必要性を母に説かなくてはなりません。
『あなた、こんなの履いてるの?』って、つっこまれそう。(汗)
美月さん、
>体育館で草履からスリッパ履き替えても、『ヒール足袋ならOKさ』
パワーヒール足袋って普通に装着しても、もちろん安心だけど、
周囲にちょっとした変化があっても、しっかり対応してくれる。
そんなところがすごく頼もしくて。(汗)
そのあたり、一度パワーヒール足袋を体験したら、
普通の足袋には戻れない安心感の高さを母に力説したいですね。
母もパワーヒール足袋の『虜』にしちゃうのも良いかもですね。(汗)
Posted by 奈美恵 at 2007年11月21日 17:28
奈美恵さん、私も特にお裁縫が得意ってわけではないのですが、
はるみさんが出会われた方のロングブーツタイプがすごく気になって、
自作するしかない!って決意したんです。(汗)
お母様に頼まれるのも良いですね。
とにかくロングタイプの良さを体験して頂きたい気持ちです。(笑)
せっかく、短芯が届いたので、長芯の上に重ねてロング専用足袋に入れて
装着してみましたよ。
ただ重ねて入れただけなので、ヒールに体重を移した時の不安がありますが
3.3cm(長芯)+2cm(5cm化追加分)+2cm中敷(7cm化追加分)の三層構造7cmヒールよりも、
3.3cm+3.5cm(短芯)の二層構造7cmヒールの方が安定性が高いです。
ちゃんと固定すれば、ロングに施した強化パワーシート底と相まって
すごいことになっちゃいそうな予感してきましたよ。(汗)
Posted by ユキ at 2007年11月22日 15:49
ユキさんのレポート、いつも楽しみにしています。
それで、さっそく母にパワーヒール足袋の事から説明して、
どうしてもロングブーツタイプが欲しい事など打ち明けました。(汗)
母も着物を着ますが、背の高さなど気にせず、普通の足袋なんです。
言葉で説明するよりもヒール足袋を実体験させた方が絶対良いと思って、
母にナミスペを装着してもらいました。(汗)
インパクトを持たせる手段として、
最初は私が嫌な思いをした無加工の予備の専用足袋と長芯の組み合わせで
普段の動作を体験してもらいましたよ。(汗)
普通の足袋より怖いのを承知で『どう?』(←意地悪ですね)って聞き、
次にシート底と縁ゴムでパワーアップしたスペシャル専用足袋を装着。
パワーヒール足袋初体験だと、やっぱり『すごい』って言ってました。
まずは、お座敷でもパワーヒール足袋が必要な事、印象付けられたようです。
Posted by 奈美恵 at 2007年11月22日 17:30
私も毎日こちらを拝見させてもらうの、すごく楽しみです。
お母様も感動された様子で、なによりですね。
型紙は、以前、美月さんからご紹介のあった物を使われた方が
爪先の丸みとか、うまく仕上がりそうな気がします。(汗)
7cmヒールの入るスペースと脹脛を覆うブーツの部分を追加しないと
いけないですけど。
生地はストレッチ素材でファスナー留めの方が、
装着された時のフィット感が違うようです。
鏡で見るとショートタイプの時よりスッキリ細長い脚に見えちゃいます。
少々裾まくれしても気にならない安心感がロングの長所ですから、
ハイパワーを使ってのびのびと行動していられるんじゃないかしら。(汗)
縁ゴムは、なるべく厚塗りしておいた方が床面との密着性が高くなって、
結果的にすごくパワーアップしちゃいましたよ。7cmヒールには必須!
奈美恵さん、急ブレーキ得意ですものね(笑)がんばって!
Posted by ユキ at 2007年11月22日 18:14
奈美恵さんもロングスペですかぁ?
時代はロング。(笑)
私もロング欲しくなってきましたよ。
裾が気にならないっていうのが羨ましいです。
いくらスタッキング着けていても見られたくないですし、かといって
仕事中に気にもしていられないとすればロングブーツ装着したいですね。
私も母に頼んでみます。(汗)
お裁縫の得意なユキさんが羨ましい。
ロング作れたら、私もパワーを強化したいなって思います。
7cmの脚長で仕事も平気でこなせたらすばらしいでしょ?
パワーヒール足袋って、ほんとうにもえてくるアイテムですよね。
どんどん快適にしていきたい気がしてきます。
Posted by はるみ at 2007年11月23日 16:11
はるみさんはスタッキング派でしたよね。
それならなおさらロングブーツおすすめですね。
というか、過去のコメントで紹介下さったのが私のロングのきっかけです。
シート底も革製ショートブーツタイプで体験されたから。
私としては、はるみさんにすごいロングスペシャルを装着してもらって、
革製ショートブーツタイプや夏用ロングを装着されてる方に
再会していただけたらなんて思います。
できれば私自身が、その方にお会いしてスペシャル足袋の事をお話してみたい気持ちです。(汗)
短芯の良さを体験したくて、お出かけしてみました。
いつも感じるのは、自宅でテスト装着してる時とお出かけ本番とでは、
微妙に感覚が変わる事です。緊張してしまうのでしょうか。
それでも短芯の行動力ってすごかったです。自然に動ける感じ。
次は、長芯に重ねて7cmヒールのサポートで威力を発揮してもらいます。
Posted by ユキ at 2007年11月24日 00:58
せっかく買ったカバー付き短芯なのですが、
『夢の7cmヒール』実現のために長芯の上に取り付けました。
まずは、短芯の裏にある軽量化対策の二つの穴にスポンジを詰めて、
外れないように接着剤を流し込んで平らにしましたよ。
メーカーの方が苦心して、愛好家の私達が重たい思いをしないように、
たとえ1gでも軽くしようと工夫された大切な穴なのに、
塞いでしまいました。
スポンジと接着剤の重さが増えただけなので許してくださいね。
そして長芯の後ろ側に合わせて貼り付けました。
強化シート底のパワーから考えると貼り付け面に相当な負担が掛かりそうなので、
装着中に絶対外れないように頑丈に接着しました。
土踏まず部の境い目をスムーズにしたくて、短芯上面より2cmほど長めの薄い中敷を貼り付けました。
Posted by ユキ at 2007年11月24日 14:28
続けて、ごめんなさい。
貼り付けが乾いて、テスト装着です。
失敗作の7cmヒールと違って、やっぱり安定しています。(汗)
ロングの底に付けた強化シート底のおかげで、らくに動けます。
パワーヒール足袋テストの定番(笑)、早足&急ブレーキも難なくこなせます。
少し気になったのが急ブレーキの時。
7cmだと、シート底は止まってもヒールの傾斜を足が前に滑ってしまい、
指股に体重が集中して痛い感じでした。
指股のスポンジを増やして再挑戦しましたが、
タイツを併用してると前滑りしちゃいますね。
パワーヒール足袋の宿命なのでしょうか。
前後の滑り対策で固定方法を見直さないとダメですね。
自己採点で65点くらいに仕上がりました。(汗)
Posted by ユキ at 2007年11月24日 14:43
短芯と長芯の合体、わくわくする展開ですね。
まだまだ進化しそう。

楽しみにしていますっっっ。
Posted by 朔 美月 at 2007年11月25日 10:12
私も成功できるのか心配です。(汗)
65点だと、お出かけするのが心配。
メーカーの方が安全性とか使い勝手を考えて3cm強の高さを設定されて販売されているのに、
私が思いつきで7cmにアップさせるのって、横着してるような気がしませんか?
でも、3cm強の脚長では満足できずに5cmにアップして、
最終目標の7cmヒール用足袋を自作できたので、どうしても成功させたいのです。
今持っているアイデアとしては、
]汰タイツの底を裏ゴムにしちゃう事、
短芯の上面に貼り付けた中敷を滑り止めの物に変更する事、
C賛弔離侫舛ら足首に巻くマジックテープを取り付ける事などです。
完ぺきじゃなくても85点以上の7cmロングブーツにしたいです!(汗)
Posted by ユキ at 2007年11月25日 17:13
ナミスペロング計画、始動しましたよ!
型紙作って、生地に写し取りました。
母もパワー足袋が欲しいと言い出したので、二足分写しました。
長芯1セットとフチ付き短芯2セットも同時に発注かけましたよ。
私の場合は普通の長芯で嫌な思いをして、段階的に5cmヒールを経て、
今回7cmロングにチャレンジするのですが、
母の場合は、ヒール足袋未経験なのに、
いきなり7cmロングなところが、ちょっと許せないっ!
いきなりの7cmヒールが母に使いこなせるのでしょうか。
でも、ロングブーツの本体を縫ってもらう弱みで文句は言えませんよね。(汗)
ロングを装着する時のためにユキさんご愛用の和装タイツも使おうかと思います。
タイツの裏ゴム化ってすごいですよね。
パワー足袋を二重に装着する感じなのでしょうね。(笑)
Posted by 奈美恵 at 2007年11月25日 21:11
奈美恵さんのロング計画、始まったのですね。
私もオチオチしていられない感じでユキロン(ユキスペロング:笑)の心臓部、
7cmヒールを何とか物にしたくて焦っていましたが、
↑↑の3つの工夫で乗り越えられた感じです。

,離織ぅ栂▲乾牴宗今までどうして気付かなかったのかって、悔しい気がしました。
ユキスペを装着する時は当然のように下に履いていたタイツなのですが、
裏ゴム化した事で、ヒール芯のブレ感が全然変わった様子なんです。
素足の時以上にヒールの固定力が高くて、
奈美恵さんの仰る『二重装着』に近い頼もしさです。

△粒蠅蟷澆畸翩澆皀織ぅ弔領▲乾爛僖錙爾鮟けてくれる感じですね。
Posted by ユキ at 2007年11月28日 00:40
続けて、ごめんなさい。
の足首テープは、どちらかといえば´△諒篏的役割になりましたね。
´↓の工夫を施してテスト装着しました。
いつも、爪先ポケットに指を入れてマジックテープを巻く時の感じが、
ほんとうに自分が変身できるようで、わくわくしちゃいます。(汗)
テープが二ヶ所に増えて手間がかかるけど、気になりません。(笑)
ファスナーを上げて立ち上がると、わずか7cm上空でも別世界ですね。
パワーや安定性を確かめながら歩くと、7cm上空のまま移動できます。
歩くのは基本動作でつまらないので、早足&急ブレーキしたくなります。
前回気になった急ブレーキ時の前滑りが全然といってよいほど起こりません。
7cmと思えないくらい動きやすい感じで、最後の方は飛び跳ねたりしてました。
85点は軽くクリアしているので、お出かけだって大丈夫と思います。
Posted by ユキ at 2007年11月28日 01:01
とうとう完成しましたね。おめでとうございます!
7cmヒールの傾斜角度って意外とキツそうですね。
やっぱり、パワー足袋の得意技は、早足と急ブレーキですよね。
お出かけ中とか、不意に早足の場面に出くわしたりした時、
『パワーヒール履いてて良かったわ』なんて思っちゃいますもの。(汗)
私のもハイパワーになるように工夫、がんばります!
でも、母用の方は、どうしたらいいのでしょう?
私もまだベテランなんて、とてもじゃないけど言えませんが、
ヒール足袋のコツみたいなのは、練習して掴んだつもりです。が、
全くの初心者な母には、いきなりハイパワーなのを装着させるのって、
少し危ない気がします。
動けるからって、無理して捻挫とかさせちゃうと大変ですから。
それとも、ガチガチ状態のハイパワーの方が安全なのでしょうか?
どちらにしようか迷っています。
Posted by 奈美恵 at 2007年11月28日 12:58
奈美恵さん、ありがとうございます。
>『パワーヒール履いてて良かったわ』
廊下とか板の間なんかではパワーの恩恵に預かれる感じしますよね。
床の状態が直接伝わりづらい長芯の滑り防止の為にパワーを強化したのが、
結果としてヒールアップにも有効だったんです。
ヒール足袋に慣れていらっしゃらないお母様の場合でも、
7cmという高いヒール足袋を装着される以上、
底のパワーはしっかりしていないとダメだと考えます。
お料理の時でも、切れ味の鋭い包丁の方が余分な力が抜けて手を切りにくいですよね。
↑たとえが変かも知れませんが。(汗)
パワーの強力な足袋を装着されて、その分、使いこなす練習をされた方が
絶対に良いと思いますよ。
お二人の練習風景なんて想像しちゃいます。
お二人でロングスペ装着で一緒にお出かけなんて、すごく羨ましいです。
Posted by ユキ at 2007年11月28日 17:57
パワーの強いヒール足袋が切れ味鋭い包丁にたとえられる感じ、わかりますねぇ。
最初コメント見た時はビックリしましたけど。(笑)
私は、仕事で着物を着ているので、いつもハルスペのパワーに守られて
パワー足袋の恩恵なんて認識も薄れてしまってたような状態でしたが、
みなさんのコメントを見ていてパワーがあることのすばらしさみたいなのを
再認識させられましたね。(汗)
ロング製作、実は、まだ母と交渉すら出来てません。(汗)
裏にパワー加工を施した足袋をお座敷で使ってる事から説明しないといけなくて、
奈美恵さんのお母様のように、私の母も感動してパワーヒール足袋に賛同してくれるのか、
はっきり言って心配しています。
早く言わないと、みんなに置いて行かれちゃうっ(笑)
Posted by はるみ at 2007年11月29日 01:05
はるみさん、ほんとに、置いて行かれますよぉ〜。(笑)
いちばんよく装着されているはるみさんにこそ、パワーのあるロングを使って欲しいです。
お仕事の時間が長時間におよぶのでしたら、絶対ロングブーツタイプおすすめです。
ストレッチ素材で作ったので、ふくらはぎのところをサポートしてくれて足が楽な感じです。
タイツと併用すれば、外を歩く時でもすごく暖かいですよ。
7cmヒールにされるのでしたらタイツを裏ゴムにして併用して下さいね。
経験上、パワー加工している事を話して文句を言われた事は無いですから、
きっとお母様も賛同して下さると思いますよ。
もう一人のおかあさん、(笑)美月さんは、どう思われます?
パワーヒール足袋の事、悪く思う人って、いらっしゃると思いますか?
Posted by ユキ at 2007年11月29日 21:49
本体が縫いあがって筒状の布が4本出来ました。
母によれば、コハゼ代わりのファスナー付けが、
4回同じ物を縫う事になるため、辛いって申してました。(汗)
筒と底生地のの帆布を縫い付ければ形が見えて来るので、わくわくします。
母用の長芯が届いたら足先固定用の爪先ポケットを付けるのですが、
私が自分で作った不細工なポケットより、母の作業の方がキレイに仕上がるのって、
ちょっと許せない感じなので、ナミスペ長芯のポケットも母に新調してもらうつもりです。(汗)
素材も、フェルトの厚みを少し増やして、爪先のガード性をアップさせるつもりです。
外見は普通の爪先なのに、内側でしっかりガードしてくれるって思って装着すれば、
タンスの角だって怖くないですもの。(汗)
Posted by 奈美恵 at 2007年11月30日 22:00
出来上がりが楽しみですね、奈美恵さん。
爪先のガード性アップ、良いですね。
私は、ポケットの内側に薄いスポンジを重ねています。
タンスの角で指を打った事はありませんが、万が一の事を考えて、
わざとテストした事はありますね。(汗)
完全に痛くないとまでは言えませんが、和らいで安心できますよね。(笑)
友人の装着した長芯のヒール部で踏んでもらった事もあります。
以前、ユキスペを初装着した友人に素足を踏まれてしまった時は、すごく痛かったけど、
今回、スポンジ入りポケットに包まれていると全然平気でした。
パワーヒール足袋って特別なものだからでしょうか、行動力アップだけじゃなく、
ガード性の付加価値も付けたくなる感じがしますね。
そんな感覚、私だけ?
Posted by ユキ at 2007年12月01日 19:07
長芯でシート底っていうだけで相当なガード性だと思いますよ。
廊下を歩いていると『カチャカチャ』って音がしたので、おそるおそる底をチェックしたら、
なんと、画鋲が。(涙)
音だけで、足の裏の痛みはありませんでした。
たまたま刺さった所が、土踏まずの長芯が段々厚くなり始める所だったのが幸いでした。(冷汗)
シート底を完全には見せない程度に浮かせて、しゃがんで抜きました。
帰ってから見るとシート底の素材は画鋲を抜くと穴がわからないのですが、
裏ゴム層、内ゴム層を完全に貫通して長芯の裏側にも小さな穴が。(涙)
もし長芯が無かったらって思うと、ゾッ!とします。
それより穴が心配。裏ゴムと内ゴムで布底を両方から挟んでいるので、
広がる事は無いとは思いますが、ダメージを受けた事へのショックは大きいです。
Posted by はるみ at 2007年12月02日 01:54
はるみさん、大変でしたね。
お怪我が無くて良かったです。
シート底と長芯プレートがガードしてくれたって事は、パワー加工の特権だと思います。(ガッツポーズ!)
普通の布底だと足に刺さってますよね。
でも、小さくても穴が明いちゃったのって、心配ですね。
新品時は硬めで曲がりにくい長芯でも、マジックテープで足首に固定して、
ヒール部を持ち上げるようにして使っている内に曲げやすくなってきてると思います。
穴の部分で曲がると、小さな穴が広がるかも知れないですよね。
装着中にヒビ割れトラブルなんて、大変!
接着剤で早めに補修しておいた方が良いと思います。
Posted by ユキ at 2007年12月02日 19:05
アドバイスありがとうございます。
パワーの要となる専用足袋の方は小まめにチェックしていますが、
ヒール芯の方は、ほったらかしだったので、補修する時にチェックしておきました。
やっぱりヒール芯って、おしゃれ用なのでしょうか?
ハルスペって、ほぼ毎日のように長い時間装着してるせいか、
結構ダメージ受けている感じです。
なんか、かわいそうな感じしますね。
でも、ヒール無しの着物姿なんて考えられないし、パワーが無いと心配なので、
寿命が来たら新品にするしかないでしょうね。(汗)
もう少しがんばってもらって、新品を注文する時、母にロングブーツタイプを頼んでみようと思います。
Posted by はるみ at 2007年12月03日 01:42
注文していた長芯1セットとフチ付き短芯2セット、ユキさんご紹介の和装タイツ届きました。
早速、短芯の方をナミスペの専用足袋に入れて装着しましたよ。
スカートのままで白いタイツとナミスペ姿、他人には見せられません。(汗)
廊下で早足、急ブレーキのテストしました。思い通りですよね。(笑)
安定性を調べる為、横への動きも試しましたよ。
『反復横跳び』のような動きですね。(汗)
↑普通、着物姿で反復横跳びしないだろ!って突っ込んで下さい。(笑)
でも、テストとしては有効みたいですよ。(エヘンッ!)
横に動いて、ヒールの真下のシート底と縁ゴムを使って急ブレーキを掛けるのです。
フチが私の踵を包み込んでくれているので、ブレーキが掛かった時でも足首が安定しています。
『短芯エキスパート』の美月さんにも試して欲しいです。(笑)
Posted by 奈美恵 at 2007年12月03日 12:25
はるみさん、
お仕事装着だと傷みが早いのですね?全然気付きませんでした。(汗)
がんばって下さいね。
奈美恵さん、
>スカートのままで白いタイツとナミスペ姿、他人には見せられません
私もテスト装着時は、同じですね。(汗)
本番と同条件にしたくて、タイツは必ず装着しますよ。
さらに今回、タイツまで裏ゴム化なので、そのまま廊下に行っても平気でした。
7cmロングで奈美恵さんの反復横跳びテストしてみましたよ。
↑結構、負けず嫌いな私。(笑)
5cmでも試した経験がないので、少し不安でしたが、案外安定して踏ん張れる感じでした。
パワー足袋って、やっぱりすごいです。おしゃれ用でもパワーは必要です。
Posted by ユキ at 2007年12月03日 17:19
ユキさん、
>結構、負けず嫌いな私
きっと、その気持ちをお持ちだったから『究極の7cmロング』が完成したんでしょうね。(笑)
ユキさんやはるみさんの真似ばかりしてきた私が言うのも変ですね。(汗)

4本の筒に底布が付いてロングブーツ型の足袋が完成しました。
縫い目のところは、強度アップの目的で二重に縫ってもらったので時間が掛かりました。
パワー加工する前なのに、鏡の前で装着してみました。(汗)
膝から下の白いロングブーツが強調できるよう、タイツはベージュ色の方にしました。
短芯と長芯を重ねて入れているので脚がすごく長くて、良い感じでした。
今は立って見ているだけですが、パワー加工を仕上げてしっかり動けるロングにしたいです。
Posted by 奈美恵 at 2007年12月04日 17:23
奈美恵さん、
>真似ばかりしてきた私が言うのも変ですね
そんな事、気にしないで。どんどん真似してパワーアップしてね。(笑)
美月さんのブログを借りて自慢ばかりしてる私の方が厚かましいですね。(汗)
7cmヒールだと本当の踵は草履や床面から7cmも上に持ち上がるので、
完全に着物の裾に隠す事ができるので、外から見られるのはダミーの踵だけですよね。
スポンジで丸みを補正してしまえば、本物っぽく見えて他人に気付かれないのでは?
っていうのが7cm化の理由の一つです。
ヒール芯を入れるスペースが7cm分もあると足首丈の5枚コハゼでは短すぎる感じなので、
自作するならバランスの良さそうなロングブーツにしようと思いました。
Posted by ユキ at 2007年12月05日 07:46
ユキさん、7cmヒールの理由、すごい意味があったのですね。
>完全に着物の裾に隠す事ができるので・・・
5cmナミスペの高さに合わせて着付けする際、ヒール芯のところを隠そうとして、
着物の裾をなるべく床ギリギリのところに合わせていたのですが、
長すぎるとパワー足袋を装着してるのに動きを縛られている感じでした。
ベストな長さは、床から3cmくらい上げた着付けだったでしょうか。
本物の踵とヒール芯の境い目に専用足袋のシワが出来てしまうので、そこを隠すのに苦労していました。(汗)
その点7cmの高さだとシワの位置が高くて、裾を短めに着付けてもヒール芯の秘密がバレにくいですよね。
それって、ヒール足袋愛好家の心理的な不安軽減に効果高いと思います。
↑大袈裟かなぁ?(笑)
動きやすくて、かつ、バレにくいって良いですね。(笑)
Posted by 奈美恵 at 2007年12月05日 14:56
奈美恵さん、
>ヒール足袋愛好家の心理的な不安・・
ヒール足袋が普及していないせいで、愛好家は特別視されるのでしょうね。
数ヶ月前は、パワー足袋をお座敷で使う際のマナー問題とか気にしていましたが、
回数を重ねるうちに当たり前のように装着出来るようになってしまいました。(汗)
度胸が据わってきたというか、自然な踵の形も追求してるので、
見られても以前ほど不安にならなくなりましたよ。
出来れば、ヒール足袋とか、発展型のパワーヒール足袋がもっと普及して、
普通にお座敷で使えるようになって欲しいですね。(汗)
そうすれば着物だって便利に着こなせるようになるのでは?
Posted by ユキ at 2007年12月08日 07:00
ロングブーツにシート底を貼り付けました。なんだか嬉しいです。
今回、バイアステープは母に付けてもらいました。(汗)
7cmヒールで装着する足袋なので、しっかりと二重縫いしてもらいましたよ。
ヒールが高い分、ナミスペよりパワーの強化は必須なので、各部はかなり補強しています。
自作品という事で、人前で縫い目が開いたりするのが心配ですからね。(汗)
縁ゴムは、スプレーゴムではなく、液体ゴムにしましたよ。
スプレーより粘度があって丈夫そうです。
厚みを増やせば床面との密着性が高くなって、絶対パワー上がりますよね。
表面が乾き始めたプニュプニュの状態で直径5mm程のパイプを押し付けました。
ドーナツ模様にしちゃいました。パワーアップが楽しみです。
Posted by 奈美恵 at 2007年12月08日 16:40
液体ゴムのフチゴムってパワーありそう!
スプレーの厚塗りでは限度があるみたいですし、模様を深く刻める感じですね。
ドーナツ模様も気になります。(汗)
ユキロン(笑)も液体ゴムでドーナツ模様試しても良いですか?
来週のユキロンお出かけ本番デビューまでにパワーアップしておきたいです。(汗)
シート底装着に躊躇されてる方にも裏ゴムの強化案として使えそうですね!
Posted by ユキ at 2007年12月09日 19:46
パワーアップ加工やりだすと、時間を忘れちゃいませんか?
ロングブーツの方は完成したので、7cmヒール芯の仕上げをしました。
短芯で試した横方向の動きが安全に出来るように短芯と長芯の接着を丈夫にしました。
もう3cmヒールには戻れないけど、7cmヒールを絶対にグラつかせないためには、
強力な接着が必要ですものね。十分に乾かせてから両手で短芯と長芯をつかんで、
引っ張ったり、捻ったりと、パワー足袋として装着した時の事を想定して、
ヒールの強度テストをいろいろやりました。
中敷を敷いて、長めのマジックテープを足の甲用と足首用の二本取り付けました。
5cmナミスペの時より幅広テープを使ったので前滑り防止になっています。
明日(今日の朝)テスト装着しまぁ〜す!
Posted by 奈美恵 at 2007年12月11日 01:02
7cmナミスペロング、テスト装着しました。
完成して、ヒール芯とロング足袋とを全部装着したのは今日が初めてで、
すごくワクワク、ドキドキでした。(汗)
椅子に座って、タイツの上に7cmヒール芯を固定して、ロング足袋を被せてファスナーアップ!
椅子から立ち上がる時、グラつかないか心配でしたが、マジックテープのワイド化、
かなり良いみたいで、高いヒールなのに足にしっかり固定できていました。
歩くのも、最初はゆっくりヨチヨチ歩きでした。(汗)
でもグラついたり、足が前後に踊ったりしなくて歩きやすく、いつもの早足&急ブレーキ、
全然平気でしたよ。(笑)
母にも早足を勧めましたが、パワー足袋自体に不慣れなせいか、歩くのがやっとでした。(笑)
せっかくのハイパワーなのにちゃんとコントロールできるようになるには、相当練習がいるみたいです。(汗)
Posted by 奈美恵 at 2007年12月11日 21:38
お母様といっしょにテスト装着だなんて、羨ましいですね。(笑)
>ちゃんとコントロールできるようになるには、相当練習がいるみたいです。
私だってヒール芯を使い出して1年未満の初心者で、偉そうに語れないと思いますが、
脚が長くなった感覚って、とっても素晴らしくて、それがパンプスなんかとは違って、
お部屋の中でだって体験していられるってところがヒール足袋の強みなんですよね。
パワー加工を施すと脚長のままでも安心して過ごしていられるところが、
これまたパワーヒール足袋だけの優位性だと思って嬉しくなっちゃいます。
お母様と二人三脚のロングスペ、しっかりと使いこなして頂いて、
お二人揃って楽しいお出かけなんかも良いですよね。
最初の方の美月さんのアドバイスどおり、早足と階段がクリア出来れば結構安心だと思います。
Posted by ユキ at 2007年12月13日 00:22
ちょっぴり恥ずかしいですねぇ。(汗)
着物の着付けとか作法とか、普通の足袋の時だと、母には敵いませんが、
パワーヒール足袋さえ装着すれば、私の勝ちみたいなところがあります。(汗)
7cmヒール芯、結構頑丈に作り上げて、私的には安定感が高いと感じていますが、
母は、微妙な体重の配分がわからないらしく、つい踵側に体重が乗ってしまって、
グラついた感じが、少し怖いと言います。(汗)
わたし用のナミロン1号と母用のナミロン2号を取り替えても安定感は同じなのに。
やっぱり普通の3cmヒール→スペシャル化5cm→超スペシャル7cmっていう
段階を踏まずに、いきなり初心者が7cmはキツいのでしょうか?
仰るように、早足&階段くらいはマスターしておかないと、
せっかくのパワー足袋でお出かけする意味が半減しちゃいますものねぇ。(笑)
Posted by 奈美恵 at 2007年12月14日 00:01
ロングのお話で盛り上がっていて、羨ましいです。
私も刺激されて、新しい長芯、フチ付き短芯、ストレッチ生地など注文し、
母に自作を頼んでみました。
断られたらたいへんだけど、『材料を注文してしまったから』と言って、
半ば強引に頼みましたよ。(汗)
これで私にもユキさんや奈美恵さんと同様のハイパーロングスペが装着できるんだって思うと、
なんだか気持ちが楽になりました。(汗)
内心を打ち明けると、『なんで、お出かけ用なのにパワーが要るの?』とか、
『私は毎日、仕事で装着してるのにぃ!』とか思っちゃってました。
ユキさんや奈美恵さんのロングが成功した事に嫉妬心を抱いていたようで。
ほんとに、ごめんなさい。 m(_ _)m 恥ずかしいかぎりです。
でも、私もハイパーロングユーザーに仲間入りできるのが嬉しいです。
Posted by はるみ at 2007年12月14日 20:34
はるみさん、ごめんなさい。
少し調子に乗っていました。
こちらでは私がいちばん初心者なのにロングスペが完成して浮かれちゃってました。
でも、本当に素晴らしい出来ばえなので、はるみさんもロング体験してほしいです。
言われてみれば、お出かけ用なのに、あのパワー感は行き過ぎかなって。
しかし7cmのハイヒールだと、お出かけ用でもパワーの余裕は欲しいです。(汗)
パワーがあれば、いざっ!って時にリカバリーしやすい安心感がありますもの。
おかげさまで、母にも練習の成果が見えて来ました。
スムーズにパワーを使えるみたいよ!って本人も言ってました。
自由にコントロールできるようになると、パワーの有り難味がわかってきたそうです。
Posted by 奈美恵 at 2007年12月15日 18:41
ロングの完成が嬉しくて、はしゃいでいたようで、すみませんでした。
知らず知らずのうちに、はるみさんを嫌な気持ちにさせていたなんて、
全然気付きませんでした。
お母様は了解なさったのでしょうか?
パワーを自在に使った動きでも、ロングなら安心です。
ロングだと、お仕事で長時間装着されても、きっと安心できる物になると思いますよ。
お出かけ用よりも実戦でつうようするハイパワーにしてほしいです。
これからの季節、足元が暖かいのは良い事だと思います。
早く完成するといいですね。
Posted by ユキ at 2007年12月15日 22:27
私の方こそ、ごめんなさい。
ユキさんや奈美恵さんのヒール足袋がどんどん進化していくのが羨ましくて
私のは進化もせず、ただ毎日のように装着してたものですから、焦っていたのかも。(汗)
ほんと、恥ずかしいです。
美月さんのスペシャルは、どうなんでしょう。
私のロングが出来たら、美月さんだけになってしまいますね。
ごめんなさい。
卒業式で活躍するパワーヒール足袋って魅力的ですよね。
式場でスリッパに履き替えると、鼻緒が使えない分、
底のパワーでスリッパが脱げないように固定されるのが想像されます。
なによりも、お草履のヒール分低くなってしまってもスラッっとした着姿で安心ですよね。
Posted by はるみ at 2007年12月16日 09:39
本日(日曜日)母と着物で出かけてきました。
感動してなかなか寝付かれないので今のうちに書き込んじゃおうと思って。
とくにどこかに出席するとかじゃなく、着物姿で外に出たかっただけなのですが。(汗)
もちろん二人ともナミロン1、2号装着して出かけました。
今回から7cmなので草履と合わせると10cmにもなって、
草履のまま長時間外出は無理なのかなぁって心配もありましたが、
母も私も大丈夫みたいでした。
5cmの時と2cmしか変わらないのに街の景色が別世界のようで気持ち良かったです。
母の場合は0cmからいきなりプラス7cmの世界なので、気持ち良さを通り越していたのでしょうか。(笑)
冷たい風の中でだって、ロング+タイツの重装備は完ぺきでしたよ。
本当は、お座敷に上がってパワー足袋の本領を発揮したかったのですが、今回は残念でした。(汗)
Posted by 奈美恵 at 2007年12月17日 02:10
奈美恵さん、ロングでのお出かけ、成功してよかったですね。
私もお出かけしましたが、仰るように草履の高さを計算していなかったので、
少々つらかったです。
これからの7cmロングの時は、低い方の草履にします。(汗)
でも、お座敷に上がると、これまた仰るとおりパワー足袋の本領発揮って感じですよね。(笑)
以前のユキスペよりパワーアップしているのでワックスの効いた廊下でもグイグイって感じでした。
7cmの不安定さをパワーがサポートしてくれているから、少々活発に動きたい時でもへっちゃらです。
パワー足袋ってほんとにすごいと思います。
はるみさんも、美月さんも、がんばって!応援してますよ。
Posted by ユキ at 2007年12月18日 13:19
ユキさん、ありがとうございます。
昨日、仕事中に、何でもないような廊下の途中で滑ってしまって、怖い思いをしました。
ハルスペを装着していればワックスにも平気なはずなのに、すごくショックでした。
ここんところ忙しくて、ろくに縁ゴムの手入れをしてなかったからのようです。
縁ゴムの模様が擦り切れて消えてたり、バイアステープまでゴムが剥がれていました。
昨日は、適当な理由をつけて早退、今日は午後からにしてもらいました。
ぎりぎりだけど、午後の会が開かれるまでにスプレーで補修します。
厚塗り出来ないのでパワーが出せないのが心配です。
奈美恵さんのロングのように丈夫な液体ゴムに替えたいです。
ハルスペロングは、丈夫に強力に仕上げたいです。
Posted by はるみ at 2007年12月20日 08:38
はるみさん、たいへんだったようですね。
お仕事で装着されていると、ゴムが擦り減ってしまうのですね?
装着している私たちを滑らせないように守ってくれている代わりに、
相当なダメージを受けてるみたい。
たかが趣味のお出かけ用ナミロンが、丈夫な液体ゴムっていうのも、
お仕事用のはるみさんのスペシャルに申し訳ない気がしちゃいます。(汗)
液体ゴムだと一度に厚塗りできて、乾いてからの弾力性も良い感じです。
パイプを押し付けて窪ませたドーナツ模様も強力だと思っています。
はるみさんもユキさんも液体ゴムの縁ゴム使ってほしいです。
テストで早足とか急ブレーキを繰り返しても擦り減りとかしてないみたいですよ。
Posted by 奈美恵 at 2007年12月20日 15:59
はるみさん、スペシャル装着中に滑るなんて、思ってもみない事で怖かったでしょうね。
捻挫した時は裏ゴムに加工する前だったけど、シートを装着してからもワックスで怖い思いをしましたね。
完ぺきとも思えるくらい工夫しているのに不意に滑るとショックが大きいです。
7cmヒールだと強力なパワーが無いと動いてられないみたいなので、模様の擦り減り、私も気になっています。
現時点では、奈美恵さんのナミロンが完成度高そうですね。
液体ゴムでドーナツ模様にして、中心の円を盛り上げちゃおうかって思っています。
イボイボのような模様だとパワー強そう。
Posted by ユキ at 2007年12月22日 09:07
>ナミロンが完成度高そうですね
ユキさんに言ってもらえると嬉しいです。
ヒール足袋が、まるっきり初体験の母でも、少しの練習でそこそこ動けるようになったので、
使い勝手は結構良いように思えます。(笑)
ただ、母の場合は畳の上で装着することの違和感が大きいみたいで、
ちょっぴり動作も遠慮気味でした。
『誰だって装着しはじめの頃はパワーに戸惑ってマナーとか気にしちゃうけど、
慣れてくれば、安心感や優越感を楽しめるわよ!』
なんて、言っておきました。(汗)
私自身そうでしたもの。
一度は挫折した長芯が甦って、さらにロングに進化したのも、
こちらのブログや、皆さんのおかげだと思っています。
Posted by 奈美恵 at 2007年12月22日 16:35
今日、ユキロンでお出かけしてきました。
友人はショートタイプのままで寒かったと思います。(汗)
帰りに私の家で、友人にテストのお手伝いを頼みました。
紐を使った綱引きテストでユキロンのグリップ力を確かめました。(汗)
私も友人も体重はほとんど変わらないくらいなので、足袋の底が決め手ですよね。
廊下でテストしたところ、予想通りショートタイプはズルズル滑り出して踏ん張りが効きませんでした。
ユキロンのパワーは強力でしたが、友人には嫌な思いをさせたでしょうね。
友人に私のユキスペ(以前のショート)を履いてもらって、専用足袋を預かることにしました。
友人のスペシャルも私が作り上げた物だし、アフターサービスもしないと。
シート底の再接着、縁ゴムの補修でなんとかパワーが出せそうです。
友人もパワー足袋でないと不安な人になってしまったようなので、
底を最良のコンディションにしておいてあげたいです。
Posted by ユキ at 2007年12月23日 19:01
ロング用の素材が揃って、母に作り始めてもらいました。
私の足に合わせたオーダーメイドだなんて、想像しただけで嬉しくなっちゃいます。
贅沢なような気もしますが、大切な商売道具なんだし、許されますよね?
7cmヒールで人前に出る事を考えると、今からわくわくします。
まだ出来てもいないのに。(汗)
奈美恵さんが仰っていた、『ヒール芯と踵の境い目が、着物の裾に隠せる』という安心感、
早く実感してみたい。
いくらヒール足袋に慣れてきたとはいっても秘密がバレるのだけはイヤですもの。
仕事用ロングスペって事で、パワーもすごい強力な物に仕上げたいです。
サポート性だって、1日中装着し続けても足が疲れず平気で動ける物に出来たらなぁなんて。
Posted by はるみ at 2007年12月25日 00:26
はるみさん、
>1日中装着し続けても足が疲れず平気で動ける物に・・・
私はお出かけの時、長芯ベースのスペシャルしか装着経験が無いのでわかりませんが、
足裏全体が芯でサポートされている長芯だと長時間連続で装着していても、
足が疲れにくいのでは?って思っています。
美月さんもブログの冒頭で、
私はこのヒール足袋を装着したまま、ずっと立っていても大丈夫です
って仰ってますし、気分的な要素も作用してるように思います。
でも、買ったままの長芯&専用足袋だとツルツル滑りやすくて疲れやすそう。
きっと、パワー加工している事も足の疲れにくさに関係しているのでは?
はるみさんは、お仕事中失敗とか許されない立場上、パワー強化必須なんでしょうね?
きっと、はるみさんのハルスペの方が私のユキスペよりハイパワーなんだろうなって、思っていますよ。
Posted by ユキ at 2007年12月25日 21:31
今まで、いろいろな足袋を使って来ましたけど、
長芯ヒール足袋がいちばん長時間楽に装着していられます。
もちろん専用足袋をシート底にしてからは、言う事なしですね。
たしかに買ったままでは使えませんでしたが、パワー加工した専用足袋だと、
長芯の使い勝手は最高ですよね。
最近だと、冷たい床に立っていても足が冷えなくて安心です。
なんとか冬の間にロングを完成させて耐寒性の高さを体験したいです。
もうすぐ筒の部分が出来上がりそうなのですが、底やファスナーまではまだまだみたい。(汗)
母も、『お裁縫は苦手じゃないけれど、足袋を縫ったのは初めてよ!』
なんて申してます。
パワーの要、底の素材となるシートも、今回いろんな種類を買ってみました。
誰にも負けない最強パワーのロングにしちゃいますよぉ!(笑)
Posted by はるみ at 2007年12月27日 20:53
長時間装着っていうと、来年のお正月がすごく楽しみなんです。
今年のお正月には、まだヒール足袋を持っていませんでしたから。
お正月は特別に着物を着てすごす時間が長いものですから、
たとえお出かけしなくても脚長の着姿で着物を着ていたい気がするのです。
でも、毎日同じロングのまますごして汚れてきたりするとマナー違反ですよね?
洗い替え用のロングも作らないと、使っていられませんね。
初詣とか、人ごみに出かけるのが心配になってきました。
冷たい外気にさらされても安心なロングでお出かけしたいですもの。
私にとっては着物と同じくらい大切に扱いたいユキロンに、撥水スプレーでもかけて、
汚れにくい工夫したいと思います。
足袋にはパールトーン加工とか出来ないのでしょうか。(汗)
Posted by ユキ at 2007年12月28日 01:38
この前、母とお出かけした時、結構長い時間、外を歩いていましたが、
今回のナミロンは足の疲れなんて感じない快適な物に仕上がってました。
ストレッチ素材だと、足袋というより靴下に近いフィット感なのでしょうか。
ヒール足袋自体が、まるで私の足のように、しっかりついてきてくれる感じでした。
さらに草履を履いていたので、ヒール足袋が足に一体化してくれる感じは、
すごく大事なんでしょうか。
お出かけ先で、お座敷に上がらせてもらったときの事を想像すれば、
ストレッチ素材のフィット感は、すごく有利なんじゃないかと思います。
たしかに装着してすぐは、7cm程高く感じるのですが、動いているうちに
自分の脚が伸びたかのように自然に感じちゃいます。(汗)
高いフィット性と強いパワーがあるからこそですよね。
母も早足&急ブレーキ出来るようになりました。(汗)
横への動きを中心に練習中です。
Posted by 奈美恵 at 2007年12月29日 01:16
奈美恵さん、
>ヒール足袋が足に一体化してくれる感じ・・・
ストレッチ素材ならでは、って感じしちゃいますよね。
私も長時間装着に耐えられるよう、練習中です。
7cmヒールで軟らかい床に行くと、横方向の動きって、結構コツがいるみたいですね。
ヒール芯自体は爪先ポケット、足首テープ、踵のフチカバーでしっかりと固定されていても、
体重の乗せ加減が微妙に意識してやらないと、たまに『ハッ!』っとしちゃいます。(汗)
爪先の底7:踵の底3くらいの割合かしら。
それさえ意識していれば、7cmヒールで、どんな床でも平気です。
少々活発な動作でも、裾が安心っていうところもロングの安心感ですし。
究極のヒール足袋じゃないでしょうか。(汗)
Posted by ユキ at 2007年12月29日 12:21
あけましておめでとうございます。
旧年中は、こちらでいろいろとお世話になりました。
今年も、どうかよろしくお願い致します。

さっそくですが、私のロング、一昨日やっと完成しましたよ。
やっぱり新しいので新年迎えたいですもの。
7cmヒールって意外と怖くなかったです。安定性結構高いですね。
ハルスペの時と違うタイプのシート底も○でした。
おろしたてのシートだと、弾力性が残っていてフワフワ感が気持ち良いです。
パワーだってアップしていると思います。
奈美恵さんの新テスト、反復横跳びもやってみました。(笑)
パワーが強いと何だって出来ちゃう感じが嬉しいです。
今年はハルロン装着でよい年にしていきたいです!
Posted by はるみ at 2008年01月01日 12:17
あけまして おめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

はるみさん、ロングタイプ完成、間に合ったみたいで良かったですね。
文章からも喜びが伝わりますよね。(笑)
お仕事でも強力パワーで楽々こなせそう。

私は初詣に行きましたよ。低い方の草履で。(汗)
神社の階段で人ごみの中を歩く事を考えた危険予知です。(笑)
ユキロンだとユキスペの時よりパワーが上がっている分、草履のキープ性も強くて、
結構安心して歩いていられましたよ。
途中から雪が降ってきたのですが、タイツ+ロングだと全然平気でした。
スタッキング派のはるみさんも、ロング装着の時はタイツの方が良いと思います。(笑)
Posted by ユキ at 2008年01月01日 17:53
ハルロン装着で初仕事しましたよ。(笑)
本番にそなえて自宅で練習したはずなのに、人前で初装着すると緊張してしまいました。
ハルスペの時よりパワーアップしたハルロンなのに、午前中は緊張していて動けませんでした。(汗)
お昼すぎてようやく足になじんできた感じで、パワーアップも実感できました。
コツがつかめた感じで、7cmヒールでも気にならなくなったのが嬉しかったです。
ヒール芯のラインが着物の裾に完全に隠せるのが強みだっていうのも実感できましたよ。
朝から夕方まで装着し続けても足の疲れが想像以上に軽くて良かったです。
新シートも、畳の上なのに結構活発に動いても大丈夫みたいでした。
Posted by はるみ at 2008年01月03日 00:48
あけまして おめでとうございます。
遅くなってしまって。(汗)

私のナミロンもお正月で、フル活躍してます。(汗)
親戚の家に出かけた時、親戚の子に『ナミ(ちゃん)、足袋変わってるのね』って、
言われちゃいましたよ。(汗)
そして、母も装着していたので、母といっしょに説明するハメに。
やっぱり『すごい!』ってみんな言いますね。(笑)
そこの家の人には特に、『床には優しい素材だから・・・』って念をおしておきました。
その後、お手伝いなんかで動き回っていましたが、パワーが強いから安心していられましたよ。
年明け早々からナミロンのおかげで、気持ちよくすごせました。(笑)
今年もよろしくお願いします。
Posted by 奈美恵 at 2008年01月03日 14:52
はるみさんのお仕事装着にしても、
奈美恵さんのお手伝いにしても、
パワー足袋だと、しっかり活躍できちゃいますよね。(笑)
室内でも背が高いままで活躍出来るのがパワー足袋の強みですよね。(笑)
でも、
>ナミ(ちゃん)、足袋変わってるのね
って言われた時、大丈夫でした?
シート底や縁ゴムでパワー強化している足袋だと、バレちゃうのは仕方ないですよね。
お相手が親戚の方々だったから、はっきり言われたのかも知れませんね。
お出かけの時なんか、何も言われないんだけれど、ジロジロ見られている、
そんな時は、ちょっとイヤな気分になっちゃいますね。(汗)
パワー足袋デビュー当初にくらべると、大分慣れてきたようなとこ、ありますけれど。
でもイヤッ。(笑)
Posted by ユキ at 2008年01月04日 00:37
ナミロンの底は薄グレー色のシートのフチに白いバイアステープを付けていますが、
ロングのパワー強化の為の液体ゴムが濃い目のグレー色なので、
装着中の本人より、周りで底を見た人の方がビックリしちゃいそうなんです。(汗)
でも、私本人もグレーの二色使いが結構気に入っていたりします。
着付けの時は、いつも鏡に映してポーズしちゃいます。(汗)
『最強秘密道具を装着してるのよ!』って気持ちになると、
洋服より動きづらい着物姿に変身するのが楽しくなっちゃうのです。(汗)
もし、パワー加工しないで、7cmヒールを装着したら、どうなっちゃうんだろう?
って考えちゃいます。
パワーヒール足袋って、ほんとに不思議な存在です。
長芯を選んで良かったなって思います。
Posted by 奈美恵 at 2008年01月06日 15:47
奈美恵さん、
>長芯を選んで良かったなって思います。

私の場合は、ヒール芯の事とか知らなくて、こちらにお世話になってから長芯を選びました。
やっぱり、買ったままの状態では使いづらいのが、長芯の第一印象でしたよ。(汗)
初めてのお出かけの時は、やっぱり何度も滑りそうになって怖かったですね。
だからこそパワー加工が成功したみたいです。
元々、足の裏全体を芯がガードしてくれる構造だし、工夫もやりやすくて、
工夫すればするほど使い勝手が良くなる頼もしさみたいなのが好きです。
長芯選んで良かったと思えるのは、何と言っても、お庭のビニールシートに立たされた時です。
地面の凹凸で足が痛くなる事もなかったですし。
シート底にしてからは、ガード性が二倍になった感じで、怖い物知らずですよね。
Posted by ユキ at 2008年01月10日 00:57
長芯と同じメーカーさんの、短芯を見た時、前側が分厚い感じに見えて、
装着して立った時、土踏まずあたりが痛そうに思ったのが長芯を選んでしまった理由のひとつですね。
底のガード性も高いと思って長芯にしたのに、滑りやすくて、お座敷で怖い思いをしちゃったのが残念でした。
でも今はパワー加工しているので完ぺきですね。(汗)
畳の上では、畳の目を傷めないように真ん中のシート、廊下やフローリングでは、
縁ゴムって風にパワーの使い分けを心がけて装着しています。
たまに、咄嗟の場合には、畳の上でも縁ゴムのパワーに助けてもらっちゃう事もありますが。(汗)
パワーヒール足袋装着中に畳の間で早足とかされちゃうと、おそらく畳にダメージ与えちゃうんだろなぁなんて。(汗)
でも、ロングだと裾まくれの心配が少なくて、ついつい動きたくなります。
パワーヒール足袋って、マナーすれすれだけど手放せませんね。(汗)
Posted by 奈美恵 at 2008年01月11日 22:42
奈美恵さん、
>咄嗟の場合には、畳の上でも縁ゴムのパワーに・・・
ありますねぇ。
ちょっと意識しないで動くと、ザクザク、ガリガリって音が出ます。
ルームブーツは、和室に上がる時、脱いでいたのに、パワーヒール足袋は装着したままですよね。
パワーヒール足袋って、和装ルームブーツみたな物だから、畳の上で装着出来ないとダメですけれど。
Posted by ユキ at 2008年01月12日 21:44
ニュースで京都の三十三間堂の弓引き初めの事を視ました。
きれいな振袖とか凛々しい袴姿ですが、足袋にも注目しちゃいます。
屋外の板の間だと足の裏や爪先が冷たいんだろうなぁって。
シート底に長芯の二重ガード構造、さらに爪先ポケットが内蔵されたスペシャルだったら
寒い屋外でも平気なんでしょうね。
お出かけで外を歩いている時、足元が暖かいと安心ですよね。
Posted by 奈美恵 at 2008年01月13日 15:13
本日は、お休みをもらっちゃいました。(汗)
二日からほとんど休みらしい休みがなかったもので、
今日はハルロンを装着しない日になりそうです。(笑)
でも、普段より背が低いと落ち着かない変な気持ちがします。(汗)
お座敷内で7cmヒールを装着して普通に動いていられるようになったせいでしょうか?
洋服の時もパンプスとかブーツとか、私はヒールの高いのを履いていますが、
玄関で脱いで室内に入ると元の身長に戻ってしまうんですよね。(当然!)
でもヒール足袋って、スグレモノですよね。
室内でも背が高くなれるし、外に出る時は草履のヒールがプラスされて、さらに高くなれますから。
新しいシート底、すごく強力で、草履を固定するのも楽だし、
7cmヒールで室内を動き回ってもビクともしません。
仕事中は、畳の上でだって早足とか平気でやっちゃいます。ダメですね。
Posted by はるみ at 2008年01月15日 14:29
はるみさん、
>仕事中は、畳の上でだって早足とか平気でやっちゃいます

着物でお仕事されていると仕方ない感じがしますねぇ〜。(笑)
私もシート交換しちゃおっかなぁなんて思っています。
パワーって慣れちゃうと物足りなくなって、どんどん強化したくなりません?
はるみさんの新シートと奈美恵さんの液体ゴムで強化加工したいなぁ。(汗)
とにかく、ワックスの効いた廊下がパワーヒール足袋の最大のライバルかなぁなんて思うので、
畳の上でパワームキ出しに出来ない分、傷める心配の無い廊下や板の間くらいは、
7cmヒールで完ぺきに動いていたいから。(汗)
Posted by ユキ at 2008年01月16日 14:38
ユキさん、
>ワックスの効いた廊下がパワーヒール足袋の最大のライバル・・・

ワックスに負けない強力パワー、絶対に装着していたいですよね(笑)
液体ゴムの縁ゴムがあれば結構安心していられます。
7cmヒールなのにワックスの効いた廊下で早足しても全然平気です。
そのための練習はしましたけど。(汗)
欲張って、小走りまでしちゃったけど余裕がありました。
こつこつと工夫した事もあって、ナミスペやナミロンが愛おしい存在に思えます。
お正月、お手伝いで忙しくしていた時だって、私の動きにしっかりと応えてくれた感じで、さらに愛着が湧きました。
いつもベストの状態で装着していられるよう、可愛がっていきたいなって思います。(汗)
Posted by 奈美恵 at 2008年01月17日 15:32
ユキロンの縁ゴムを液体ゴムで重ね塗りしましたよ。
スプレーゴムが上手く剥がせないので、上から塗りました。
スプレーゴム、結構しっかりとくっついていたんだなって思いましたね。
パワーを使う時、剥がれちゃうと困りますけどね。
液体ゴムは、結構厚く塗ってドーナツ模様を深く刻みました。
乾いてからテスト装着しましたが、立ち上がった瞬間から違ってる感じでしたね。
畳の上では強力すぎる感じで、慌てて廊下に移動した程でした。(汗)
ワックスのかかった廊下でもすごい安定感ですよね。
早足、急ブレーキ、横への動き、どれも完ぺきにこなせますよね。
7cmヒールでも安心して動ける余裕を感じました。
奈美恵さんのナミロンのほうが強力だったんですね。(苦笑)
Posted by ユキ at 2008年01月20日 11:37
雨とか、雪の日でもナミロンでお出かけ出来るよう、
母にナミロン用の足袋カバーを作ってもらいましたよ。
わたし用と母用の二足分作ってもらいました。
カバーの性格上、玄関先で素早く外せるようにしたかったので、
コハゼもファスナーも使わず、マジックテープ式にしました。
丈はロングブーツの丈に合わせたかったのですが、
そうすれば外す時、かなり着物の裾をまくり上げないと外せないので、
ショートブーツ丈にとどめています。生地も二足分のショートブーツでギリギリでしたから。(汗)
底は薄くしたかったので、『パワー加工無し』って思ってたのですが、
7cmヒールのパワー足袋に被せて履くので布底だと不安。
草履のキープ性も確保したくて液体ゴムの裏ゴムにしちゃいました。
全面ドーナツ模様にしたのでカバー装着したままでも早足&急ブレーキ出来ちゃいます。玄関で外しちゃうの、もったいないくらい強力パワーですよ。(汗)
Posted by 奈美恵 at 2008年01月25日 22:35
奈美恵さん、
私は、お出かけの途中や帰り道で雨や雪にあった事があります。
たしかに、自宅から相手方のお宅までの間に足袋が汚れちゃう事を考えると
足袋カバーはマナー上かかせない物ですよね。
私も作らないといけません。(汗)
『液体ゴムの全面模様裏ゴム』
すごそうですね!
屋外を草履で歩く時限定のカバーだから、畳を傷める心配もなくパワーアップ出来ますね。(笑)
でも、早足と急ブレーキしちゃうところが奈美恵さんらしいと思います。(笑)
『ショートブーツ丈』も良いですね。
私だったら、何も考えずにロング丈にしていたかも。(汗)
Posted by ユキ at 2008年01月26日 14:29
ユキさん
>『ショートブーツ丈』も良いですね。
 私だったら、何も考えずにロング丈にしていたかも。(汗)

外した後、バッグに収納する事も考えると小さい方が良いのでしょうけど、
ロングの上に装着するので、足首丈では役不足で、ショートブーツが最適でしたね。(汗)
全面ドーナツ模様の裏ゴム、すごくお気に入りだったりします。
廊下にワックス掛けをやり直して、かなりツルツルの床にしちゃいました。(汗)
こんな床、ありえない!っていうくらい滑りやすくなっているのに、
ナミカバー装着状態だと早足&急ブレーキ出来ちゃいましたよ。
いつも感じるのは、早足よりも急ブレーキの時の不安ですが、
思い通りに止まれると感動しちゃいます。(汗)
パワー足袋だけの優越感って、気分がとても良いですね。
Posted by 奈美恵 at 2008年01月27日 13:16
奈美恵さん、
私もカバーを作り始めました。
底の素材選びがポイントですね。
薄くて丈夫な物でないと、草履が履けなくなっちゃうので。
裏ゴムは、絶対全面液体ゴムのドーナツ模様ですね。(笑)

>早足よりも急ブレーキの時の不安ですが・・・

ヒールが高い分、マジックテープをしっかりセットしないとパワーがコントロール出来ないですよね。
急ブレーキの時は、爪先にギュッ!って体重が集中しちゃうので、
爪先ポケットの内側に薄いスポンジを入れてガードしています。

普通の足袋には無理な事でも平気で出来ちゃうところがパワー足袋だけの特権ですよね。
Posted by ユキ at 2008年01月28日 16:53
この前、お出かけ本番でナミロンの上にカバーを装着してみましたよ。
相手先の玄関でサッっと外せるか心配だったけど、なんとか。(汗)
帰る時間になって外を見ると雪がちらちらしていました。
ナミロンの下にタイツを装着してるので寒さには強いけど、帰りもカバーを着けました。
玄関先でカバーを着けるの恥ずかしいので、化粧室に入って着けました。
上の方のマジックテープも裾をまくってセットできますもの。(汗)
化粧室から玄関まではカバーのまま歩いていった事になります。(笑)
行きの道中で汚れたという前提で外したカバーを再度装着するなんて、
厳密に言えばマナー違反だけど、雪降りの中を歩くには、どうしてもカバー装着していたかったので。(汗)
撥水スプレー塗ってあるので、ちらつく雪程度ではビクともしません。
冬のお出かけにはカバー便利ですね。(笑)
Posted by 奈美恵 at 2008年02月01日 17:33
お出かけ用カバー、なんとか完成しましたよ。
底には、帆布を使って液体ゴムで全面加工し、ボールペンの胴体を押し付けたドーナツ模様です。
全面が模様付きのゴムだと、見ているだけで威圧感がありますね。(笑)
本番同様、タイツ、ユキロンと装着し、上にカバーを装着してみました。
畳の上だとパワーありすぎて、大人しく歩かないといけない感じですね。
廊下に出ると、やっぱりすごいパワーです。
嬉しくなって、早足&急ブレーキもテストしましたよ。
フチだけが模様ゴムのユキロンと比べると、全面模様ゴムって強烈にブレーキが使える感じですね。
Posted by ユキ at 2008年02月03日 12:36
カバー完成したのですね。
全面ドーナツ模様付きの裏ゴム、パワーに余裕があるから7センチヒールとは思えない安定感ですね。
母も早足をマスターした様子で、普通の足袋は履かなくなりました。
ヒール足袋を愛用されてる方々には、是非パワー加工をおすすめしたいですね。
長芯とパワー加工だったら最強コンビだと思います。
玄関のスノコに乗った時、釘の頭が出ていた事がありましたが、シートにガードされたパワー底だと平気でしたよ。強度も高く破れたりしませんでした。
Posted by 奈美恵 at 2008年02月03日 21:47
やっぱりパワー底って、普通の布底より頼もしいですよね。
私の場合は画鋲を踏んでしまっていた時、感じました。
ほかにも、いろいろ踏んじゃってますが、しっかりガードしてくれていて、
仕事中も安心して動き回れますね。
ハルロン装着しないで仕事できないです。
マナー違反覚悟で、畳の上でも気にせずパワー使ってます。
お客様の中にも、たまにパワー底を装着された方がおられますが、動きやすそうで、安心して見ていられますね。
室内では完璧ですもの。
Posted by はるみ at 2008年02月06日 21:45
はるみさん、

>ハルロン装着しないで仕事できないです

私の場合は、お出かけ用ユキロンだけど、気持ちは同じですね。(汗)
お出かけ前に着付けの時、真っ先にタイツを装着してユキロンを装着します。
7cm脚長になっただけで、すごく変身できたような気持ちになっちゃいます。
パンプスやブーツの7cmヒールに比べて、ヒール足袋の7cmはラクなんですよね。
外でも、室内でも常時7cmアップしているのに、長い時間装着していても、
足が疲れにくいので安心です。
底のパワーが強力な方が疲れないのでしょうか。
もっともっと快適になるよう、パワーアップの研究していきたいですね。
Posted by ユキ at 2008年02月08日 22:37
ヒール足袋はウェッジヒールの靴と同じ形なんですよね。
まさか、ピンヒールを専用足袋の中に忍ばせる事も、
ピンヒールで室内を歩く事も不可能だし、当然なんですが。(汗)
ユキさんの過去のコメントにあるように、
ファインゴムの時代からヒール足袋はウェッジタイプだったのって、すごい事ですよね。
長時間装着にも強いところが良いですね。
慣れてきたらヒールを装着してる感じがしなくて、自然に動ける感じです。
ウェッジスタイルとパワー加工の恩恵だと思います。
Posted by 奈美恵 at 2008年02月09日 13:40
私は長芯を使った時、滑りやすいのを何とかしたくてパワー加工しちゃいましたが、
逆に考えると、長芯の方が、いろいろ工夫のやりがいがある感じですよね。
底全体が芯になっている事が短所でも長所でもあるところが不思議です。
長芯を、買ったままの姿で装着されてる方って、いらっしゃるのでしょうか?
3.3cmヒールだし、大人しくしているだけならノーマルのままでも使えるのかしら?
私は、パワー底でないとダメですね。(汗)
パワー底だと、大人しくする事も、活発に振る舞う事も出来ちゃいますからね。
お出かけ先では、めったに早足なんてする機会はありませんが、廊下や階段では、
パワー足袋の威力を発揮させて優越感に浸ってしまいます。
Posted by ユキ at 2008年02月09日 19:06
私が長芯を初めて装着した時は、
大人しくしているのも大変な気がしましたね。(汗)
常に足先に神経を尖らせていた感じで、脚がすごく疲れました。
歩いて止まる、そんな基本動作すらもやりづらい感じでした。
お部屋を移動する時も、普通の足袋の方々より遅かったですね。
あまり遅いとヒールの事がバレちゃうかも?とか、不安になりました。
こちらでユキさんのパワー加工の記事を発見した時、感動しましたもの。
実際、加工してみて、使い勝手の変化にビックリしました。
今では7cmヒールなのに素早くキビキビ動いても平気ですもの。
パワー足袋を装着するだけで強くなれる気がします。
Posted by 奈美恵 at 2008年02月15日 16:40
この間、少しピンチな事がありました。
廊下を歩いていると、何ヶ所か滑りそうになった所がありまして。
仕事中で、もちろんハルロンも装着していたのにショックでしたね。
調べてもらったら、やはりワックスでした。
ムラになってる感じで、厚塗りされた所はパワー底でも歯が立ちません。
パワー底というより、廊下ではシートの部分が喰い付きにくい感じで、
フチのバイアステープに加工した模様ゴムだけが頼りでしたね。
絶対滑らない!って思っていたのに、その日は一日中凹んじゃいました。
室内では、和室8割、廊下2割くらいの割合で過すので、全面ゴムにしちゃうと、
和室で畳を傷付けちゃうかも知れず、シートは外せませんよね。
どうしたらいいの。
畳に優しくて、ワックスに勝てるパワー底ほしいです。
全面模様ゴムのカバーだったらワックスに強いですか?
Posted by はるみ at 2008年02月20日 23:22
はるみさん、
たいへんだったみたいですね。
せっかくパワー足袋装着してるのに滑るなんてつまらない。
今まで、ワックスの上でも平気で歩いていられましたが、
もし、そんな厚塗りになった所を踏んだりすると滑るのですね。
フチゴムのユキロンと、全面模様の裏ゴムカバーを比べてみたら、
廊下では、圧倒的に全面模様裏ゴムが◎、畳の上だとフチゴムのシート底が◎、
全面模様裏ゴムは△って感じですね。
カーペットの上なんかだと、パワーの強い全面模様裏ゴムでも◎で動けます。
お仕事で装着されているのだから、畳の上も廊下でもパワーを使っていたい気持ち、
なんとなくわかります。
バイアステープの幅を広くして、ゴムの当たる面積を大きくする事くらいしか思いつきません。
答えになってなくてごめんなさい。
Posted by ユキ at 2008年02月22日 01:07
ユキさん、アドバイス、参考にさせていただきます。
畳の上と廊下のワックスの上でのパワーを両立させるのって、難しいみたいですね。
仰るように、フチの幅を増やして模様ゴムの面積が大きくなればパワーが上がりそうです。
初めて仕事で裏ゴムのハルスペデビューした時のパワーの強さには、すごく感動したのに、
どんどんエスカレートして物足りなくなるなんて、思ってもみませんでした。
ヒールが5cm、7cmと上がって来てるせいかも知れませんが、もはや7cmヒールは手放せませんし。(汗)
7cmで長い時間装着していられるのも、パワーがあるおかげだとしたら、
あと少しパワーアップして、快適にしておきたいです。(汗)
Posted by はるみ at 2008年02月23日 00:12
日曜日のお休みは久しぶりです。
朝からハルロンのパワーアップに取り掛かり、完成待ちの状況です。
すでにバイアステープに塗ってある液体ゴムの幅は約1cmなので、
その内側、シート底の上に幅5ミリのフチゴムを追加しました。
バイアステープの厚みがある分、元のフチゴムと段差ができちゃうので、
追加のゴムは二度塗りとしました。
一度で元のフチゴムの厚みまで盛り上げちゃうと、ゴムの中が乾きにくい感じがしたのと、
実際に装着した時、力が加わるとシート底から剥がれそうな気がしたので。

加工する時に、底の状態を見てると、結構ダメージ受けてました。
室内で装着してるだけなのに、ビックリしちゃいます。
いつも私の身体を支えてくれて、床との摩擦に耐えてくれているのですね。
大切にしていきたいですね。
Posted by はるみ at 2008年02月24日 14:00
はるみさんのハルロン、パワー強化加工なさったんですね?
1cm幅が1.5cm幅になると単純に1.5倍面積が大きくなるし、
パワーも1.5倍になっちゃうんですね。
ワックスの廊下でも平気なパワー足袋って、とっても魅力的です。
1.5倍のパワー感、是非レポートして欲しいです。(笑)
7cmヒールの心配になるポイント、横方向の動きに1.5倍のパワーアップ効果が、
すごく気になります。
マジックテープで固定していても、ふとした拍子にグラつきそうになり、
慌てて踏ん張りますよね?でもパワーがないと踏ん張った時さらにドキッっとしますもの。
長く装着していると、グラついた時の対処も無意識にできる自信はありますが、
パワー底を信用していないと不安になりますものね。
Posted by ユキ at 2008年02月24日 16:33
はるみさん、ユキさん、

>グラついた時の対処も無意識にできる・・・

私も、5cmとか7cmを愛用しているうちに、グラついても自然に対処できるようになりました。
でも、対処の動作ではパワー底を使って踏ん張らないといけないですよね。
はるみさんのハルロンの1.5倍のパワーなら、きっとどんな床にも対応できますよ。
一応、今のナミロンでもワックスの上で早足&急ブレーキできますが、
さらに1.5倍なら完ぺきかも!って思います。
模様の大きさや形を変化させれば1.5倍+αが可能ですよね。
畳の上では、真ん中のシート底を意識して動けばキズつけちゃう心配もないし。
ナミロンもパワー強化の工夫してみますね。(汗)
Posted by 奈美恵 at 2008年02月25日 15:41
ユキさん、奈美恵さん、
いつも心配してアドバイスして下さって、心強い気持ちです。
昨日の会場(お座敷)は、10日前に嫌な思いをしたところでした。(汗)
正直、パワー強化が間に合って、ほっとしていました。
真っ先に廊下の状態をチェックしに行きましたよ。(汗)
真ん中のシート底を押し付けてグリグリしてみると、10日前とほとんど同じ状態で滑ります。
フチゴムをワイドにした事によって親指の裏は全面ゴムになっているので、
今度は爪先で引っ掻くように歩いてみましたよ。
そうこうするうち、ミーティングに遅れそうになって、とっさに早足で控え室に移動していました。
1.5倍のパワーって、すごいです。
もう、ワックスなんかには負けない!って感じでした。
ありがとうございました。
Posted by はるみ at 2008年02月26日 15:00
はるみさん、嫌な思い出の床にリベンジ出来て良かったですね。(笑)
滑りやすい床で、とっさに早足出来る程って、まだまだ余裕がある感じですね。
いつ滑るかわからないギリギリのパワーだと、警戒しちゃうでしょうから。
1.5倍のパワーって、すごいですね。
ナミロンもハルロンに負けないパワーにしちゃいますよ。(笑)
パワーが強いと、7センチとは思えないほど自然に動いていられますよね。
Posted by 奈美恵 at 2008年02月27日 00:48
奈美恵さん、

>ギリギリのパワーだと、警戒しちゃうでしょう・・。

私も同感です。警戒してると、ぎこちない動きになっちゃいますもの。
ヒール足袋装着で一番怖いのは、グラついてしまう事。
いくら固定方法を工夫しても完ぺきとは言えないですよね。
せっかくスマートな着姿なのにヒール足袋が原因で失敗しちゃうのって、
とてもつまらない事だと思います。
パワーヒール足袋は、普通の足袋と比べて、滑りにくさの点では圧倒的に有利ですが、
グラつきの点では、活発な動きの時、普通の足袋にかないませんよね。
もっともっと改良を加えて不安なく動けるヒール足袋にしていきたいです。
Posted by ユキ at 2008年02月27日 17:08
きょうは仕事が早く終わりました。
パワー強化前のハルロンでも一日の仕事を終えた時の足の疲れは無かったのですが、
今回フチゴムワイド化によってパワーアップしたら、さらに楽になったようなんです。
よく、普通のヒール足袋は疲れやすいって言われてるようですが、パワーヒール足袋なら平気みたいですね。
廊下から和室、和室からカーペットの控え室と、床の状況が目まぐるしく変わるような使い方をしても、
不安なく対応してくれる感じなんです。
私のは仕事用だけど、逆に、お出かけ専用のヒール足袋だって、
どんなお座敷が待っているかわからない状況下でパワーに余裕を持たせておく事は大切なのでは?
どんどんパワー強化していきたいですね。(笑)
Posted by はるみ at 2008年02月28日 17:11
はるみさん、

>どんなお座敷が待っているかわからない状況下・・・。

私にとって忘れられないのが、お花見の時に乗ったビニールシートのお座敷(笑)でした。
あの時は5cmヒールで裏ゴム仕様でしたね。
いまのユキロンに比べてシンプルなユキスペでしたけど、それでも対応力に感動しましたもの。
あの時より重装備になったユキロンだと、もっと感動しちゃうかも。
凸凹のビニールシートの上で早足&急ブレーキ出来そうな感じしますもの。
試してみたい気がしますね。(汗)
パワーの余裕、あればあるほど安心感が高く、なんでも出来ちゃいそうで気分が良くなりますよね。
Posted by ユキ at 2008年03月01日 14:53
ユキさん、
私も7cmヒールになってからはビニールシートのテストしてませんね。
ピクニックマットでは小さくて早足とか急ブレーキのテストは無理ですけど。(汗)
地面の凸凹に対するガード性ならわかるかも。
シート底と長芯でガードされているから安心ですよね。
大きいビニールシートの上でナミロンの対応力、試してみたいです。
Posted by 奈美恵 at 2008年03月02日 13:57
土曜日、お出かけ中に大失敗してしまいました。
廊下で、後ろに人がいるのに気付かずに後ずさりしたら、
私のヒールで後ろのかたの爪先を踏んでしまいました。
一瞬、『キャッ!』って言われたくらいだから、相当痛かったのでしょうね。
普通の足袋の爪先を、模様のついたフチゴムに、しかも私の体重を支えられる硬さのヒール芯が入った部分で踏まれたら、
痛くないはずはありませんよね?
フチゴムに付着していたホコリが相手の白い爪先を汚してしまって、
もう、平謝りで、ハンカチで汚れを落とそうと必死でした。
でも優しい方だったので、何の文句も無く許して下さいました。
私のユキロンには爪先ポケットの内側に薄いスポンジまで詰めてガード性を高めてるのに、
無防備な普通の足袋の人に危害を加えてしまって、すごく凹んでしまいました。
Posted by ユキ at 2008年03月10日 01:48
続きで、すみません。
日曜日、自宅で新しいテストをやってみました。
畳の上にティッシュを一枚ずつに分けた物を敷きつめて、ユキロンを装着して歩いてみたのです。
相当ゆっくり歩かないと、フチゴムの模様がティッシュを破ってしまうのです。
普通の動作だとティッシュは無茶苦茶になってしまいます。
今まで、畳を傷つけていたんですね。
やっぱりパワー底って、お座敷内で使うと危険なんでしょうか?
今までパワー、パワー、っていい気になっていた自分が少し恥ずかしいです。
かといって、7cmヒールは装着していたいし、7cmヒールはパワー底でないと怖くて歩けないし。
ますます凹んじゃう一方です。
Posted by ユキ at 2008年03月10日 02:06
ユキさん、あまり凹まないで!
ヒール足袋自体、お座敷内での装着も想定されて売られている物だし、
いずれは他人の足を踏んでしまう事だってありうるのですから。
ただの事故のようなものですよ。

>フチゴムに付着していたホコリ

ナミロンのゴム部分もチェックしてみたら、パッと見た感じ気付かないけど、触ると結構汚れていました。(汗)

それと、ティッシュの上のテスト、すごい!
モデルウォークの練習で、本を頭に載せて歩くやつ、あれを連想しましたね。
私も、早足とか急ブレーキってパワーを出すことばかりの練習でしたけど、
逆にパワーをセーブする練習も大切なんだって気付かされたようです。
凹まずにがんばって!!!
Posted by 奈美恵 at 2008年03月10日 14:21
奈美恵さん、ありがとうございます。

テストでティッシュの無残な破れ方を見て、パワー足袋をお座敷上で装着する危険性を考えてみました。
普通の足袋の方々と混ざって装着するのって、危険ですよね。
当の本人は爪先にポケットを内蔵してガードしてるのに、硬いヒールで他人の足を踏んでしまったのですから、
ギャップが大きくて、すごく恥ずかしい気持ちです。
自分さえ良かったら、それで良いって感じします。
そうかといって、フチゴムを外してしまう勇気もないのです。
シート底だけになっちゃうと7cmヒールは不安です。
しばらくは装着したくない気分です。
Posted by ユキ at 2008年03月12日 08:11
ユキさん、しばらくは装着したくない気分だなんて、そんなに落ち込む事ないですよ!
いくら硬いヒールにフチゴムが付いていたって、わざと足を踏んだわけではないでしょ?
たまたま後ずさりして、間違って踏んでしまっただけなんですから。
今まで、前向きにパワー足袋の工夫されてきたんだから、これからの季節、
もっと前向きに、どんどんお出かけしたいですよね。
パワーヒール足袋って、一度体験したら手放せない最強秘密道具ですよ。
簡単に諦められるハズがないと思います。
パワー足袋の事を紹介して下さったの、ユキさんなんだもん。
諦めたりしないで!
Posted by 奈美恵 at 2008年03月14日 16:00
奈美恵さんの励ましをもらって少し元気になれました。
久しぶりにヒール足袋なしで着付けしてみようと思いました。
タイツを着けて4枚コハゼのごく普通の白い足袋を履いても、やはり変身する感じはしません。
着物は短くしないといけなくて、『おはしょり』が多くなって着心地が悪いですね。
着終わっても、どこかしっくりきません。
布底の足袋なんて一年以上ご無沙汰していたので、すごく心細く感じました。
あらためて、パワー足袋ってすごいんだなぁ!って思いました。
自分が安心していられる事ばかり考えていましたど、周りの人にも配慮してこそ、
着物で行動する楽しみを味わえるのかしら?なんて気付きました。
7cmヒールは止められないみたいです。きれいに見られたいですもの。
周りの人に迷惑をかけないよう気をつけて、これからもパワー足袋装着していきたいです。
Posted by ユキ at 2008年03月15日 13:54
やっぱりパワーヒール足袋じゃないと変身気分になれないですよね。(笑)
長襦袢を着る前のタイツとナミロンを装着した姿がお気に入りだったりしますよ。(汗)
他人には絶対見せられないですけど・・・。(笑)
着物をきれいに着こなそうとしたら、下からきちんと着付けないとダメですものね。

だんだんと暖かくなってきたので、ロングに代わる7cmヒール専用足袋が欲しいですね。
ナミカバーと同じ長さのショートブーツタイプにしたいですね。
肌寒い外でも、暖かい室内でも使えるようにしたいですもの。
丈が長いと、パワーを使って動き回っていても裾の中身を見られずにすみますから。
底は、はるみさんの幅広フチゴムで強化したいです。
Posted by 奈美恵 at 2008年03月16日 23:37
ショートブーツ丈、これから先、すごく良さそうですね。
私も作ってみようかしらなんて、ふと思いました。(笑)
たしかに5枚コハゼ丈だと踵からの上下のバランスが悪くなりそうですね。
7cmヒールをカバーしなきゃいけないので、足首はスッポリと包み込まれている、
ブーツタイプがよいのかなぁって思います。
奈美恵さんのアイデアのおかげで、すごく元気になった気がします。
人ごみでは無茶しない事を誓って(汗)すごいパワーの強いショートブーツ、作ってみたいです。
あの時、フラついたりしなければ後ずさりなんてしなかったと思うと、
ヒールの安定性も、もっともっとアップさせてみたいです。
凹んでいても進歩がないので、パワーと安定性をアップした自然に振る舞えるパワー足袋にしていきたいです。
7cmなのに活発に動けた時って、すごく気持ち良いですものね。
Posted by ユキ at 2008年03月18日 21:11
ユキさん、

>7cmなのに活発に動けた時って、すごく気持ち良いです・・・。

私もそう思いますよ。
着付けの前に、タイツの上からヒール芯を装着する時、練習の時と同じように、
マジックテープの締め具合を調節しておかないと大変な事になっちゃいます。
きつく締めすぎると足首が曲がりづらくなるし、緩いとヒールがブレてしまいます。
お出かけ先では絶対に失敗したくないので、何度も屈伸したり早足してから、
長襦袢、着物を着ます。
パワー足袋装着してるのにブレて動けないのっておもしろくないですもの。
セットが決まって、調子が良い時は、自分の脚が長くなったように思えるくらいですもの。(汗)
Posted by 奈美恵 at 2008年03月19日 00:59
ほんの暫くの間に、たいへんな事があったんですね。
私もハルロン装着する時には万全を期す感じですねぇ。(←大袈裟)
これから仕事で人前に立つんだ!って感じなんで、普段の小さい『はるみ』から、
7cm脚長スタイルの『ハルミ』に変身しちゃうんですよね。(笑)
ヒール芯ユニットをセットする時は、私はテープきつい目ですよ。
長い時間7cmヒールで動き回るので、ブレだけは絶対に困りますから。
意外と止まっている時もブレない事って、重要みたいですよ。
高いヒールだと、踵に体重掛けないように爪先で動く感じになると思いますが、
少しの時間でも休憩とか出来そうな時があれば、爪先体重を解放してあげて、
踵に重心を移すと、すごく楽な姿勢で休める感じです。
ヒールは結構頑丈だし、ブレさえしなければ全体重を安心して預けられるんです。
ハルロン、長時間でも疲れず装着していられる頼もしい相棒ですよ。(笑)
Posted by はるみ at 2008年03月20日 00:35
はるみさん
>ハルロン装着する時には万全を期す感じです・・・。
お仕事仕様なのが伝わってきますね。
素足装着だと踵とフチがピッタリ合って、テープしなくても落ちない程ですが、
お出かけ本番ではタイツを装着するので滑って落ちちゃいます。(汗)
畳は硬い方だと思いますが、軟らかいカーペットの上でヒールがグネグネしてる間に、
テープが緩んできちゃう事があるんです。
テープは専用足袋の上からでは付け直しが出来ないのでピンチになりますよね。
さっきまでパワーを使って活発に動いていられたのに急に怖くて動けなくなるし。
テープの定期交換は必須ですね。
でも、また活発に動けるようになると思えば、交換の手間も苦になりません。
どこにも売っていないパワーヒール足袋なので、手間がかかるほど可愛く感じちゃいます。
Posted by 奈美恵 at 2008年03月20日 21:24
パワーヒール足袋装着中にマジックテープが緩んじゃうと怖いですよね。
早く控え室とか化粧室に逃げ込んで直そうと思ってもヒール芯ユニットが
足にフィットしてくれず、ゆっくり歩かないと危なくて。(汗)
専用足袋を剥がしてテープを締め直しても、テープの固定力が弱いと
完全に締まってくれなくて、また緩んできちゃいますよね。
完ぺきな状態で動けている時と、トラブルで動けなくなった時のギャップが大きいと、
ヒール装着の秘密がバレちゃうんじゃないか?って不安も出てきます。
でも、そんなデリケートな部分も、日ごろ仕事でラクさせてくれてるパワー足袋だから許せてしまうし、
完ぺきな状態にメンテナンスするのが逆に楽しい感じです。(汗)
これほど拘った和装小物なんてなかったですもの。(笑)
Posted by はるみ at 2008年03月22日 07:23
春先用のショートブーツ作っています。
カバーの型紙がそのまま使えるので作るのがラクですね。
ユキロン、カバー、今回ショートで3作目なので手際も良くなってきました。
ストレッチ生地って少々裁断がおかしくなっても、縫う時に調整すれば、
形がそこそこ足袋になってくれるので良いですね。(汗)
カバーの方はマジックテープ留めですが、ショートブーツには、
ロングと同じファスナー留めにしました。
マジックテープよりしっかりしていて、コハゼより簡単ですからね。
縫いつけの手間さえ辛抱すればいいので。(汗)
私も、パワー底はワイドフチゴムにしようと思ってます。
人が多いところでは無茶しませんので、許してくださいね。(笑)
Posted by ユキ at 2008年03月23日 16:52
私は、れいによって母に頼んでショート作ってもらってます。(汗)
底は帆布で、内側にスポンジを敷いてガード性アップ狙ってますよ。
シート+帆布+スポンジ、そして長芯プレートだから完ぺき。
庭のビニールシートだってどこだって踏み込めると思います。(汗)
厚底のパワー足袋でも余裕で履けるように、草履の鼻緒を長めに調整してもらったので、
外を歩く時でも平気だと思います。
これかもパワー足袋以外、装着するつもりないので長めの鼻緒でもOKです。
ヒール足袋って、前坪がキツいとか敬遠されがちですが、ラクに装着できる環境を作ってあげれば、
すごく良い物ですよね。
Posted by 奈美恵 at 2008年03月24日 11:36
ヒール足袋に取り掛かったら時間を忘れちゃいます。(汗)
あとは、フチゴムが半乾きになるのを待って◎模様を押し付けるだけです。
パワーヒール足袋に命を吹き込む感じがする重要な作業ですね。(笑)
ショートブーツタイプが完成したらロングはしばらくお休みになるので、
その間にバイアステープを付け替えてワイドフチゴムにしちゃおうと思ってます。
お出かけ用だけどパワー底って知らない間にダメージ受けてるんですね。
爪先側のゴムは模様が薄くなっています。
パワー足袋を装着すると気持ちが大きくなって、ついつい活発に動き回るみたいで、
お座敷の中で使っていても擦り減ってしまうみたいですね。
いざって時は、いつでもパワーが使えるのだから、普段は大人しくしているのも、
パワー足袋を装着する魅力じゃないかしらなんて思います。
Posted by ユキ at 2008年03月24日 17:15
コメント数、400越えちゃいましたね。(笑)
ところで美月さんのスペシャルヒール足袋は、お子さん達の卒業式に間に合ったのでしょうか?
式場で、ひときわスラリとしたお母さんが立ってたらって想像すると、
感動しますよね。
前にも書き込まれてたように、高い草履から低いスリッパに履き替えても、
脚長感はそのままだし、良いですよね。
室内でも脚長スタイルでいられるところがヒール足袋の強みですから。
パワー加工すれば長時間だって装着していられる安心感がありますから。
超最強秘密道具の出番、楽しみですね。
Posted by 奈美恵 at 2008年03月25日 07:53
美月さんのスペシャル、私も気になります。
広い講堂だと、足の裏から冷えてくるから長芯が良いですよね。
布底の普通の足袋に比べると、足裏全体をカバーしてくれる長芯って、頼もしいですよね。
冷え性の私でもシート底と長芯のユキロンなら冬場のお出かけでも平気でしたもの。
以前、普通の足袋を使っていた頃は、爪先もたいへんでした。
ハイヒール化の為のブレ防止用爪先ポケットが冷えにも強いし、今シーズンの冬場は、
全然安心でしたよ。
白い専用足袋の内側に爪先ポケットとか足首テープが仕込まれているなんて、
他の人は夢にも思わないでしょうね。(笑)
秘密がバレないように、鏡でチェックしてますもの。
パワー底を見られるとバレちゃうのでしょうけど。(汗)
Posted by ユキ at 2008年03月26日 08:17
ショート専用足袋の内底に貼ったスポンジ、なかなか良いみたいです。
テストで活発な動きを試してみたところ、すごく静かに動いていられましたよ。
シート底も新品で厚みが残っているせいか、クッションが良くて
ヒール芯が床に床に当たる音が小さくなった様子です。
お出かけ先で周囲が静かだったりすると、自分にしか聞こえないかすかな音でも
結構気になってたりしますものね。
長い時間連続で装着する場合でも足が楽そうです。
旅行とかで使えるかも知れないですね。(汗)
Posted by 奈美恵 at 2008年03月29日 19:21
スポンジを敷くだけで違うみたいですね。
私もヒールが床を叩く音が気になっていましたが、シートとスポンジで
消音化していきたいです。
パワーを強化する工夫だけじゃなくて、マナーやエチケット面でも強化していかないと。
もうすぐ、お花見ですよね。
また、今年も庭の工事用ブルーシートに乗らないといけないかも。
その時までにユキショートにもスポンジ内底を装着しておきます。

ワイドタイプのフチゴムだと相当パワーアップした感じですよね。
以前はワックスの廊下で早足&急ブレーキ程度でしたが、
今度のは急ダッシュや小走り程度まで余裕があります。
中でもブレーキがすごいです。活発な動きをしていても止まれなかったら大変だし、
強い急ブレーキで素早く止まれるのは、すごく安心ですね。
Posted by ユキ at 2008年03月30日 00:32
せっかくのナミショートデビューの日だったのに雨降りでしたよ。(泣)
上からカバーを装着して草履にもビニールのカバーを被せました。
以前の雪降りの日に使った経験を活かして、カバーには撥水スプレーをかけてあって、
強烈に雨水を跳ね返してくれていましたね。
でも、カバーの表面から底に流れる水玉が草履を濡らせていたようで、
もしもカバーの底が全面ゴムじゃなかったら大変な事になっていたかも。
全面模様の裏ゴムだと、草履が濡れてきても高いキープ性を発揮しましたよ。
玄関先で素早くカバーを外してバッグにしまい、ナミショートにバトンタッチしましたね。(笑)
カバーのおかげで中のナミショートは水難を免れて無傷の状態でデビューできました。
ワイドフチゴムのナミショート、パワーに余裕があってすごく気持ち良く過ごせましたよ。(汗)
Posted by 奈美恵 at 2008年03月31日 00:05
ユキさんも奈美恵さんもワイドフチゴムのハイパー底にされたんですね。
↑なんか、私のが初というだけで、ほんとはユキさんのアイデアをハルロンに
さきに装着させてもらっただけで、偉そうですね、私。(汗)
でも、ワイド化ってすごくパワーアップ感じますよね。
ワイド化前のハルロンだとなんとかスリップを免れていたような廊下でも
今は余裕で動き回れて気持ち良く仕事できますよ。(笑)
床にあたるゴムの面積が大きいせいか、ダメージも受けていないみたいで、
メンテナンスといえば、家に帰ってからホコリを掃ってあげる程度でOK。

スポンジの内底、足の疲れが軽くなりそうですね?
私もお休みの日に装着しちゃおうって思います。
どこかに手を加えたあくる日って、すごくわくわくしますよ。
あっ、パワーが上がってる!とか感じた瞬間が気持ち良いですものね。
Posted by はるみ at 2008年04月01日 00:56
スポンジ内底の効果って、消音だけじゃないみたいですね。
装着してシート底を手で押してみると、スポンジの厚み分だけ柔らかくなっていて、
床に対して、すごく密着してくれる感じなんですよね。
フチゴム構造の優れたところは、畳の上ではシート底がパワーを出してくれて、
硬い廊下では、フチゴムがスリップを防いでくれるところだと思っていましたが、
廊下ではパワーを発揮しづらかったシート底もスポンジの弾力で床に押し付けられていて、
フチゴム+シート底のダブルパワー状態になるみたいです。
だからツルツルのワックスの上でも余裕で早足できるようです。
工夫すればするほど進化していくパワー足袋。絶対手放せません。
パワーアップの事を考えていると、つい熱くなっちゃいます。(汗)
Posted by 奈美恵 at 2008年04月01日 20:56
奈美恵さん、
>すごく密着してくれる感じ・・・

その感じ、わかります。
今までのシート底+フチゴム仕様とは、まるで別物なの?って思えるくらい、
パワーが強くなったように感じましたよ。
シート底の真ん中あたりに膨らみが出来ていて、畳との相性が良くなってるみたいです。
その上、柔らかさもあるので畳へのダメージも防止できているみたいで、
畳の上でも安心してパワーが使えるようですね。
一方、廊下に出てもフチゴムのパワーをシート底のパワーがサポートしてくれていて、
すごい余裕がある感じも実感しちゃいました。
嬉しくなって、小走りや階段の駆け上がりなど、パワー足袋にしか出来ない事を、
いろいろテストしましたよ。(汗)
7cmヒールで階段には不安がありましたが、今のパワーなら平気です。
Posted by ユキ at 2008年04月02日 22:08
今週末あたり、桜が満開になりそうなので催しに参加しちゃいます。
内容をみると、『晴れれば屋外で開催』となっていましたよ。
緋毛氈か、茣蓙か、それともブルーシートなんでしょうか、わくわくしちゃいます。
ナミショート装着だと、どの敷物で開催されてもへっちゃらかしらなんて、
結構、自信満々な私です。(笑)
屋外開催だと、会場までの汚れ防止用ナミカバー装着のままでもOKかしら?とか、
今からとても気になっています。
茣蓙は畳と同じような物だし全面模様裏ゴムのナミカバーは無理ですよね。
その場の状況によって最適に対応できそうなところもパワー足袋だけの特権じゃないでしょうか?(笑)
厚底のガード性なら、ゴツゴツのブルーシートでもいいですね。
普通の布底のかた、ごめんなさいね。
(↑パワー足袋装着で性格変わってる私。(汗))
Posted by 奈美恵 at 2008年04月03日 21:11
奈美恵さん、
>パワー足袋装着で性格変わってる私

最強秘密道具を装着すれば誰だって多少は性格変わっちゃうでしょうね。(笑)
私自身、ヒール足袋と出会ってから、パワー足袋に加工してから確実に、
出かける回数が増えましたもの。
着物を着るのが楽しくて、着付け方もいろいろ試してみたりとか。
ヒール足袋を使い始めた頃は、とりあえず『つんつるてん』を警戒して、
裾を長めにとっていましたが、活発な動きも楽々のパワー足袋に進化してからは、
裾を少し上げてみたりとか、冒険しちゃってます。(汗)
パワー足袋の魅力は活発な動きに有利な点ですし、裾が邪魔になると物足りないですよね。
7cmだと短く着付けてもヒール芯と踵の境界線が見えないから安心です。
Posted by ユキ at 2008年04月04日 21:36
お花見、満開ではありませんでしたが楽しめましたよ。(笑)
会場はブルーじゃなかったけど、ビニール製の大きいシートでした。
風があってシート上はホコリっぽい状態だったのでナミカバーは装着したまま上がりました。
デビュー2回目のナミショートを汚したくないのと、カバーの全面模様ゴム底の方が、
フチゴムのナミショートよりパワーが強力なので・・・。(汗)
練習やテスト以外で長時間カバーを装着する機会って殆どなかったのですが、
全面模様ゴム底のパワーは圧倒的で、気持ち良かったですよ。(汗)
地面の凹凸があってもヒール芯、スポンジ内底、シート底、ゴム底の4重ガードなら全然平気ですね。
着物着てるのに結構はしゃいでしまいました。(汗)
パワーヒール足袋装着なら、はしゃいでも平気ですね。(笑)
Posted by 奈美恵 at 2008年04月05日 15:49
奈美恵さん、ビニールシート体験されたんですね。(笑)
普通の足袋だと上に乗っただけで、普段のお座敷とは違った感覚で不安に陥ってしまいそうですが、
パワーヒール足袋なら底に秘密があって頼もしいんですよね。
私の所有するパワーヒール足袋の中でもカバーのパワーは圧倒的です。
全面模様の裏ゴムパワーってすごく余裕があって活発な動きに強いんですよね。
外を移動する時に使うカバーなので草履をキープしていてくれる感じも安心できますしね。
屋外シートの上ではカバー装着のままでもOKですよね。
私も、スポンジで強化したユキショートにカバーを装着してお出かけしたいですね。
7cmヒールなのに、ここまでさり気なく動いていられるようになったのって、
やっぱりパワーアップおかげなんでしょうね。
奈美恵さんやはるみさんのパワーへのこだわりが、良い刺激になってます。
Posted by ユキ at 2008年04月06日 09:06
私のスペシャル達の中でもナミカバーの全面模様裏ゴムは最強ですね。
『圧倒的なパワー』って言葉にピッタリです。(笑)
ドーナツ模様 ◎ の内側の丸突起を周囲のゴム層より盛り上げて、
イボイボ状にしようかと企んでいますよ。(汗)
カバーの底と、にらめっこしてドーナツ模様◎の数を数えたら片方207個ありました。
内側の突起は直径2ミリ程なんで、僅か6.5平方センチで体重の半分を支えていて、
20キロ(恥ずかしい)÷6.5平方センチ=3キログラム/平方センチ
1センチ角に3キログラムの高い圧力なんですね。
圧力が高いとパワーアップしちゃいそうなイメージですよね。(汗)
高圧裏ゴムが完成したら、テストしてレポートしますね。(笑)
Posted by 奈美恵 at 2008年04月07日 12:14
大阪ゑびす足袋本舗というお店のHPで、フチ付き足裏全体タイプのヒール芯を見つけました。
少しショックです。
ヒール芯(長)の上にフチ付き短芯をセットした7cmヒールですが、
苦労して繋ぎ目の段差をスポンジと中敷で埋めたのに・・・って感じです。
フチ付き長芯とフチなし長芯を重ねて7cmにアップすれば完ぺきな感じですよね。
接着する面積が大きいと安心ですもの。
長芯どうし重ねるのなら前後のズレが無い分、特に貼り付ける必要も無さそうですね。
今愛用中の7cmを分解すると長芯の表面が破れちゃいそうで心配なので、
二種類の長芯、両方買って重ねて新7cmヒールを作りたくなっちゃいました。
私、良さそうな物を見ると気になってしょうがないタチなんです。(汗)
Posted by ユキ at 2008年04月08日 16:42
フチの付いた長芯もあったのですね。
仰るように、フチ付き短芯と長芯の貼り付け部分の強度って結構気になるんですよね。
私はハルロン装着時、激しい動きしちゃうせいか、貼り付けが剥がれそうになって、
何度か怖い思いした事あります。
マジックテープでしっかり固定してるのに、急にグラついちゃいます。
フチ付き長芯を重ねれば、最強7センチヒールに なりそうですね。
Posted by はるみ at 2008年04月09日 00:39
自称パワーヒール足袋愛好家(笑)としては、放っておけない素材を見つけた感があって、(汗)
今回見つけたフチ付き長芯と、下に重ねるための2セット目の長芯を注文しちゃいましたよ。
上側にフチ付き長芯がくれば、爪先から踵のフチまで継ぎ目無しのワンピースだから、
足裏の乗せ心地も良くなるんじゃないでしょうか。
足の裏全体が2枚のヒール芯でガードされる感じが楽しみでなりません。
スポンジ内底で強化されたパワーをグラつかない7cmヒールで使えたら、
夢のような履き心地なんでしょうね。
Posted by ユキ at 2008年04月09日 13:37
HP見ましたよ。すごいのを発見されましたね。
お洋服の時も高いヒールやブーツを履いていますけど、ヒール部分はしっかり作られてるし、
コツをつかめば上手く歩いていられます。
だから、ヒール足袋のヒールも強度があれば平気ですよね。
背の低い私としては、人前で誰にも気付かれないでスラリと見られたい気持ちがあって、
ヒール足袋を装着しているから活発に動けないというマイナス要素をなるべくなら、
少なくしていきたい気持ちが大きいんですよね。(汗)
フチと一体化されたた長芯の安定性すごく、くすぐられちゃいました。(笑)
私もニュー7cmヒールにトライしますね。(汗)
ロング&ショート専用足袋のヒールスペースには余裕があるので8cmとか9cmまでアップできるかも。(汗)
Posted by 奈美恵 at 2008年04月10日 14:11
ストレッチ素材の専用足袋だとヒール芯を入れるスペースの余裕はありますね。
マジックテープを巻きつけずに装着して、ヒール芯を下に引っ張れば
踵とヒール芯の隙間が2〜3cm空く感じですものね。
どうやって3cmアップさせるか?ですよね。
現物も届いていないうちから想像しちゃってます。(汗)
でも、いろいろと考えるのって楽しいですよね。
やっぱり快適に装着していたいからかしら。
背の低さを補う為のヒール足袋をそのまま使うと、滑ったりグラついたりして、
さらにハンデになっちゃうからこそ、工夫を重ねて人並みの動きやすさを確保したい気持ち、
それが開発に意欲を燃やす結果になるみたいです。
Posted by ユキ at 2008年04月11日 17:45
背が低い私にとってヒール足袋は強い味方ですね。(汗)
普通のヒール足袋だとハンデが大きいのも同感です。
ユキさんがこちらで紹介して下さったパワーヒール足袋って、ほんとにすごいです。
たとえば、7cmヒールのナミショートを装着した私と、普通の足袋を履いた7cm長身の人が
早足とか急ブレーキしたらどうでしょう?
布底では絶対にパワー底には勝てないと思います。
背の低さなんて気にならなくしてくれる素晴らしさが魅力なんですよね。
Posted by 奈美恵 at 2008年04月12日 17:28
お出かけの帰り際、外を見ると小雨でした。
玄関で草履を履く時、ナミショートの上にナミカバーを再装着しました。(汗)
折りたたみ傘や草履用の透明カバーも持っていて助かりました。
ナミカバーには撥水スプレーが塗ってあるので水を弾いてくれますし、
裏の模様ゴムも、ドーナツの中心を盛り上げてイボ型にしたばかりなので、
パワーがとても強くて草履のキープ性が抜群でしたよ。(笑)
撥水加工してもらってある着物から水滴が落ちたりして草履の上面が濡れてきても、
全然スリップしないで草履をキープしてくれていました。
家に着く頃には草履の上面は、ずぶ濡れでしたけどナミカバーの底はビクともしない感じでした。
撥水も効いていて、ナミショートもタイツも濡れず、冷たい思いをしなくてすみました。
Posted by 奈美恵 at 2008年04月13日 20:15
本日、フチ付き長芯とフチ無し長芯が届きました。
重ねて新7cmヒールにするのが楽しみで待ち遠しかったです。
段ボール箱の大きさはほぼ同じくらいなんですが、ゴムで作られたフチ付きの方は少し重たい感じでした。
まずフチ無しを入れて上にフチ付きを重ねて入れ、装着してみました。
立っているだけだと、長芯どうしを固定していなくても安定感がすごく良い感じでした。
このままテストしたい気持ちを抑えて、長芯二枚を貼り合せて、
入荷待ちの間に作っておいた爪先ポケットやマジックテープをセットしました。
やっぱり完ぺきな状態で動作テストしたので、接着剤が完全に乾くまで待ちます。
ユキショートにはスポンジ内底を敷き込んであり、パワーは万全。
明日、新7cmヒールでテストしますね。
Posted by ユキ at 2008年04月15日 21:26
新7cmヒールが完成したので、まずユキショートで装着してみました。
短芯+長芯の旧7cmヒールより長芯+長芯の方がヒール芯どうしの接着が確実で、
踵に体重を乗せて爪先を持ち上げるような立ち方でもほとんどグラつきの不安を感じません。
スポンジ内底の強化パワーが有効に使える感じで、すごく動きやすい感じです。
横方向の素早い動きで、急ブレーキをかけても全然グラつく感じがなくてしっかり止まれますよ。
試しにユキカバーにも装着してみました。
スポンジ内底とは微妙に違った全面模様ゴムのパワーも良い感じでした。
カバーでテストしてるのに、急に電話が鳴って畳の和室を早足で横切っちゃいました。(汗)
そそっかしいですね。(笑)
自宅だし良いのですが、お出かけ先では慎まないと畳を傷めちゃいますものね。(汗)
Posted by ユキ at 2008年04月16日 21:20
新型完成おめでとうございます。
フチ付き長芯の素材って、重たそうだけど安定性は相当高い様子ですね。
いつも動く時、ヒールを浮かせる感じを意識してたんですけど、
体重をかけてもしっかりと受け止めてくれるのって、安心ですよね。
私も注文して、新型作ります。
人前でパワー足袋をスムーズに使う為に相当練習を重ねたつもりですが、
横方向の急ブレーキって、難易度高めですものね。
ヒールのパワーを効かせるとグラついてしまって怖い思いをしますよね。
ナミショートのスポンジ内底もパワーには自信があるので、あとは新型で安定性アップするだけです。
スポンジ内底を装着すると畳の上でも安心してパワー使える感じしませんか?
パワー足袋でお出かけする事が楽しみで仕方のないオチビさんです。(笑)
Posted by 奈美恵 at 2008年04月17日 00:26
奈美恵さんも相当な愛好家だとお見受けしましたよ。(笑)
たしかに、お出かけするの楽しいですよね。
奈美恵さんも新型ヒールだと、きっと満足できると思います。(笑)
旧ヒールは、爪先の底は長芯1枚分のガード性だけど、新型なら2枚分のガード性なんですよね。
指先の力が床に伝わらないという長芯特有の弱点をパワー加工で補強しているのだから、
パワー加工していれば厚底でも平気って事になっちゃうんですよね。
足元がしっかりしていると着物も美しく着こなせる気がして、結果、楽しいって事なんでしょうね。
いざ!って時は、ワックスの廊下でも、凹凸のビニールシートの上でも
難なくクリアできる強さに魅力がありますもの。
もっともっとパワーやガード性に余裕を持たせて行きたいですね。(汗)
Posted by ユキ at 2008年04月17日 21:16
いつも盛り上がっていますよね。(笑)
スポンジの内底、すごく良いですね。
仕事中、廊下で早足するシーンが多い私にとっては、
硬い床と相性の良くなかったシート底がグイグイ喰いついてくれる力強さで、
とても動きやすくなりましたよ。
フチゴムの模様も、奈美恵さんのカバーのイボ模様にヒントを得て、中心を盛り上げました。
畳の上では強すぎるくらいのパワー底になりましたよ。(汗)
ちょっぴり危険なハルロンなんです。(笑)
これくらいパワーがあれば一日中7cmヒールを装着したまま仕事していても
足の疲れはほとんど感じませんよ。
ユキさんの新型だと、もっと良いのかも知れないですね。
私も作ろうかしら。
Posted by はるみ at 2008年04月18日 21:17
フチゴムの模様の盛り上げ加工、意外と気付きませんでした。(汗)
私も新型ヒールの素材(長芯二種類)が届いた時のために、ナミロン、ナミショート共、
フチゴムの模様をイボ状にしておきたいなって思います。
それにしても、7cmヒール足袋を一日中装着したままお仕事されているはるみさん、
パワー加工が物を言うって感じですよね。(笑)
私のはお出かけ用なので、せいぜい数時間しか装着しませんから。
お正月の装着時間が長かったくらいですね。
結構お手伝いが忙しくて、『こういう時こそパワー足袋の威力を!』って感じで、
敢えてスリッパは履かずにパワー足袋の動きやすさを体感してましたね。
そうこうしてると秘密のパワー底に気付かれてしまったんですが、
気付かれたくない気持ちと、どこか気付いて欲しい気持ちが入り混じって、
複雑でしたけれど。(汗)
Posted by 奈美恵 at 2008年04月19日 11:58
昨日、お出かけ先でパワー足袋らしき物をお召しになった方を見ましたよ。
私の友人以外のパワー足袋ユーザーを今まで見た事がなかったので、ちょっぴり感動しちゃいました。
足が上がる瞬間にグレーっぽい色の底が見えたんです。
足袋底の曲がり方が滑らかな曲線だったので長芯を入れておられるんでしょね。
短芯だと土踏まずのところで折れ曲がる感じになりますよね。
やっぱり長芯で行動しようとすればパワー底は必要なんですね。
グレーの底の質感は、シートのような繊維じゃなく光沢のある感じだったので、
もしかしたら全面裏ゴムなのでしょうか、廊下でキュッキュッって音が聞こえました。
裏ゴム底の擦れる音って、けっこう大きかったみたいですね。(汗)
できればシート底+フチゴムの静かでパワフルな事、教えてあげたい気持ちでした。
Posted by ユキ at 2008年04月20日 10:13
長芯とパワー底はセットで使うべきですよね。(笑)
私以外にも長芯を買って苦い経験された方がいらっしゃるって事ですね。

音の問題も大事ですよね。ナミカバーの全面裏ゴムって意外と静かで良いですよ。
盛り上げたドーナツの中心円が点で接地しているせいか、底を引きずるような動作をしてしまっても
キュッキュッっていう音が出ないようです。
フチゴムのドーナツ模様にも応用すれば室内でも強いパワーを静かに使っていられますよね。
新型ヒールいつ届くのか楽しみです。
私みたいなオチビさんの僻みというか、7cmヒールでも他の人と対等に動いていたいという気持ちで
パワーは常に最強の物を装着していたいんです。(汗)
Posted by 奈美恵 at 2008年04月21日 13:09
着物姿限定なのですが、背が低いというコンプレックスを解消してくれる、
それがヒール足袋なんですよね。
他人より引け目を感じてる部分を補ってくれる素敵な存在だから常に気を付けて扱いたいものですね。
ヒール足袋を装着して、やっと人並みの目線になれるのだから、その目線で普通に行動したです。
7cmヒールで行動するためにはパワー底がないと絶対無理ですもの。
お座敷でゴム底の足袋なんてマナー違反かも知れませんが、大目に見て欲しいですよね。(汗)
7cmヒール以外でもパワー底の安心感を体感してもらうのも良いと思います。
普通の足袋でもワックスの廊下では滑っちゃいますからね。
パワー足袋だったら、平気で早足できちゃいますもの。
Posted by ユキ at 2008年04月22日 17:33
新型ヒール用の素材、やっと届きました。
とりあえず、ナミカバーの中に長芯、フチ付き長芯と重ねて入れて装着しちゃいました。
爪先ポケットも足首のマジックテープも未装着、おまけに長芯どうしは重ねてるだけの未接着、
なのに想像以上の安定感ですよね。
恐る恐る動いてみても、ゆっくり〜普通の速さの動きくらいまでなら大丈夫みたいです。
欲深いオチビさん奈美恵(笑)は、いつもの素早い動きのテストまでしちゃいました。(汗)
早足については真っ直ぐ前に動くだけなら問題無し、急ブレーキや後退りだと爪先や指股に体重が掛かってしまいます。
横方向への動きだと、上側のフチ付き長芯が踵をキープする為、下側の長芯がブレちゃう感じで怖いです。
↑この不具合さえクリアすれば大成功しそうです。(笑)
Posted by 奈美恵 at 2008年04月24日 14:04
やはり、体重を受け止めてくれる爪先ポケットは重要部品なんですね。
7cmヒールの傾斜角度だと爪先への負担は相当なものになりそうですが、
ポケットの内側に入れたスポンジのはたらきで長時間装着していてもラクラクです。
急ブレーキの時も痛くならないし安心ですよね。
室内での不安はほとんど無いくらいに工夫してるのですが、ヒール芯の安定性が良くなって
踵とのブレ感が少なくなったせいか、屋外で草履を履いている時のブレ感が目立つようになりました。
踵に体重が掛かるとグラつくので、常にヒールを草履から浮かせていないといけなくて
室内に上がっている時より動きづらいですね。
室内では完ぺきなパワーヒール足袋なので、今度は草履着用時の快適性アップを目指しますね。(汗)
Posted by ユキ at 2008年04月24日 17:03
私の場合は室内での仕事が中心なので、外で草履を履く時の事は
あまり気にしていません。やっぱり室内最強のパワーヒール足袋として快適に装着していたいですね。
でもこの前、庭のシートに乗りましたよ。ビニールシートの上でもパワーヒール足袋なら安心ですね。
優越感、感じちゃいました。(汗)
Posted by はるみ at 2008年04月24日 22:50
新型ヒールのスペシャル化加工が終わりました。
フチ付き長芯側に爪先ポケットを被せるようにして裏側を接着。
足首固定用のマジックテープは土踏まずとヒール後端の裏側に接着しました。
そして下側の長芯で挟む形にしました。
せっかくの安定性アップのための新型ヒールなので活発な動きにも対応できるように
長芯どうしの接着はかなり念入りに行ないましたよ。(汗)
接着が乾くと手で長芯どうしを捻ったり引っ張ったりしてもビクともしませんでしたね。
実際ナミカバーに装着して横の動きからの急ブレーキでギュッっと踏ん張っても
ヒールがよじれたりグラつくような不安がありませんでした。
しっかり止まれるから、活発な動きでも平気なんだと思います。
活発なイメージのはるみさん(笑)にも是非おすすめしたです。(汗)
Posted by 奈美恵 at 2008年04月26日 16:17
奈美恵さんの新型、パワーと安定性がすごく高そう。
草履を履いてる時でもグラつかないと良いですね。
私はグラつきを完全に抑えたくて、爪先ポケットを足の甲までカバーする大型に改良中です。
足袋の型紙で、爪先から甲までの部分を使ってフェルト生地で作りました。
マジックテープの位置は、踵の下と爪先甲ポケットに付け替えました。
ポケットに足をスッポリ入れてしまうので、テープは緩くしめても気になりません。
7cmヒールで、高い方の5cmの草履を履いてみました。
今までは3cmの草履でもグラついていたのに、今回の改良だと合計12cmのハイヒールなのに
しっかり安定していますよ。
次のお出かけからは5cmの草履履いちゃいますね。(汗)
屋外でも脚長になれそうです。
Posted by ユキ at 2008年04月28日 00:43
>爪先甲ポケット
気付きませんでした。
しっかりと接着してしまった後なのでポケット外せないんです。
でも土踏まず部に付けたマジックテープの微妙な位置が、わりと上手くいってる感じなんです。(汗)
爪先にギュッっと力を入れた時、テープがしっかりとヒールを持ち上げてくれる感じで
私の足裏とヒールユニットが一体化している様子です。(笑)
横方向の急ブレーキ時だって足裏から離れないため、踏ん張っても平気ですね。
テスト時、初めは素足に装着していましたが動いているうちにテープが擦れて痛くなってきました。
パワーヒール足袋を装着する時はタイツ必要みたいですね。(汗)
タイツと一緒に装着していれば活発な動きも不安なくできるようです。
Posted by 奈美恵 at 2008年04月28日 11:28
私の場合、去年は夏物の着物の時でもヒール足袋の時はタイツ併用していました。(汗)
やっぱりテープの擦れとかにも安心でしたし、浴衣で足袋を装着しない時以外はタイツという習慣でしたから。
着物の時は裾から直接素足を見せるのは絶対嫌なので、どんなに暑くても耐えていました。(汗)
変な話ですが、タイツを重ねているとショーツだけの時より安心できるんです。(笑)
裾の纏わり感もなくて動きやすいですよね。
パワーヒール足袋だと平気で動けるし、少々の裾マクレなら気にならないし
パワーヒール足袋とタイツは切り離せない関係なんです。
パワーヒール足袋装着中は、意識しないと爪先が外股になってしまって(汗)
はっと、我に帰って内股を心がけるというありさま。
はしたないですね。
グラつきに強い新型なら足を閉じて立つのもラクそうです。
Posted by ユキ at 2008年04月28日 16:09
大型連休って、着物でお出かけされる方が少なくて今日はお休みなんです。
ハルロンも休ませてあげないといけませんから。(笑)
私は以前は和装スタッキング使用派だったのですが、長時間パワーヒール足袋を装着して
仕事するようになってからはユキさんの紹介下さった爪先足袋型タイツですね。
やっぱりマジックテープを締めて長時間動き回る為には足首が素足だと心配ですからね。
立ち姿は気が付くと股が開いてたり、やや外股だったり和装失格かも。(汗)
肩幅くらいの自然体で立っていると、同僚が合図で注意してくれます。
同僚のひとりには7cmヒールの事を打ち明けてるので気にして見てくれてるみたいです。
やっぱりグラつきがあるので、足を開いちゃうみたいですね。(汗)
何とかせねば。(笑)
Posted by はるみ at 2008年04月29日 14:08
親戚の人が家に来ました。
小学生の女の子がいて、傍らに出しっぱなしだったヒール芯の話題になりました。(汗)
その子、5年生なのに私と身長が変わりません。(汗)
ナミショートを装着してあげると見上げないといけなくなりましたね。
私の着物を着付けしてあげると、すごく大人っぽくなりましたよ。
ヒール足袋で7cm高くなっても平気みたいですね。
若い子は飲み込みが速いというか、運動神経の差なんでしょうか。(汗)
実験台になってもらって、廊下で早足とか横の動きとかテストしてもらいましたよ。(笑)
ヒール足袋初装着なのに、どのテストも難なくクリアしていきます。
若いって、羨ましいですね。
その子も、すごく動きやすいって言ってくれました。
成人式はずっと先ですが、その時には振袖にヒール足袋装着させてあげたいです。
背が高いと必要ないかもしれませんが、さらにスラリとなれるかも。
Posted by 奈美恵 at 2008年04月30日 21:57
私の場合は、友人にユキスペを装着した程度で、それ以外は門外不出ですね。
↑お出かけするから不出は変でしょうか。(笑)
自分の工夫したヒール足袋を他人が装着すると、綺麗に見える反面、
お株を奪われたような複雑な心境でした。(汗)
奈美恵さんのパワー足袋初装着で見事に使いこなされた親戚のお子さん、
見ておられてそんな気持ちになりませんでしたか?
でも、小学生の時から着物に興味を持たれてるから、とっても素敵なお子さんなんでしょうね?
将来有望ですね。絶対に成人式の時はヒール足袋を装着して欲しいです。
着物をお召しになる方が減る中で、私はヒール足袋のおかげで
『もっと着物を着たい!』って気持ちになっている気がします。(汗)
Posted by ユキ at 2008年05月01日 14:53
>お株を奪われたような複雑な心境

わかります。さっきまで同じ目線だったのに7cmヒールを装着しただけで
見上げる目線になったんですもの。
普段は自分で装着して急ブレーキとかドタバタやってますが、
他人に装着してもらってやってもらうのを見ると、少し複雑ですね。
でも、装着してみた感想なんかを聞くと、今後の改良の参考になりますよ。
やっぱり素足に直接装着すると足首が辛くなってくるようです。
マジックテープを外すと足首に擦れた痕が痛々しかったです。
あと、廊下で急ブレーキすると、ほんの少し止まりきれないで滑っちゃう事も指摘されました。(汗)
私も、ほんの少し滑る事は気になっていましたが、初装着の子にもバレてしまう程だとは・・・。
パワー強化の余地がまだまだ残されていますよね。がんばりますよぉ!
Posted by 奈美恵 at 2008年05月02日 14:40
奈美恵さんの模様付きフチゴムでも滑っちゃうんですか?
スポンジ内底とか、あらゆる加工をしているのに滑っちゃうなんてショックですね。
全面模様裏ゴムのカバーだと平気なんでしょうか?
私のユキロンとかユキショートも他の人に装着テストしてもらったら自分では気付かないような
弱点が見つかるのかしらなんて思います。
自分ではすごいハイパワーだって感じていても奈美恵さんやはるみさんのパワーヒール足袋のほうが
もっとパワーがあるのかも知れませんよね。
全面裏イボ底で、畳の上を歩ければ安心かも。
ついパワー使っちゃって畳を傷める危険性が心配ですが。
Posted by ユキ at 2008年05月02日 21:02
できればナミカバーのパワー底をショートやロングにも応用したいのですが、
畳の上がネックなんですよね。(汗)
自宅の畳の上では何度かナミカバーのテストをやりましたけど、パワーを使いきれていない感じでした。
畳の傷つきを心配するあまり、普通以下のゆっくりした動作になっちゃいますね。
バランス的には、ワイドフチゴム+シート底のほうが使いやすいと思います。
廊下のワックスに喰い付いてくれる強力なシートを探すしかありませんね。
いつの間にか人前には7cmヒール装着でないと出られなくなってしまったオチビサン奈美恵ですから、
常に安心できるパワーを装着していたいですもの。
Posted by 奈美恵 at 2008年05月03日 14:31
奈美恵さん、
>いつの間にか人前には7cmヒール装着でないと出られなくなってしまった
私も同じようなものです。
最初の頃の3cmヒールとか次の5cmヒールの時は、
そんなに急激な変化を感じずにお出かけとかしていましたが、
7cmヒールが装着できるユキロンを自作してからは、
7cmだと動けないと思っていたのに、そこそこ纏まったので
『これなら使えるわっ!』って気持ちで手放せませんね。(汗)
人前で背が高いと、気分爽快ですよね。
パワーヒール足袋の不思議な魅力ですね。
人前で絶対に失敗しない安心なものに仕上げて行きたいです。
パワーアップと安定性アップをもっともっと追求したいです。
手を加えれば加えるほど燃える素材ですね。
Posted by ユキ at 2008年05月03日 19:07
これだけ長くヒール足袋を装着せずにすごしたのって久しぶりです。(汗)
明日は仕事なんで、少し心配です。
装着して仕事に入ってしまえば、すぐに勘が戻っちゃうのでしょうけれど。
仕事にそなえてフチゴムのところを点検しました。
やっぱり爪先側の底がダメージ大きいですね。
廊下での早足や急ブレーキで私の思うとおりにパワーを出してくれる要の部分ですものね。
液体ゴムで補修しておかないと、仕事中に廊下で急にパワーが出なくなったら大変ですもの。
過去数回そんな事がありましたよ。
踏ん張りが思うようにできなくて豪快に転んだ事もありました。
パワー足袋装着してるのに、すごく恥ずかしかったですね。
Posted by はるみ at 2008年05月04日 17:31
一概に液体ゴムといってもいろんな種類が出回っているみたで、私は3種類持っています。
色合いが違っていたり、乾くと硬さが微妙に違っていたりしますよ。
最初の裏ゴム加工の時に使った物は一番柔らかい仕上がりのゴムでしたが、
2、3回急ブレーキかけただけなのに剥がれたりして、すぐにパワーが出せなくなっちゃいました。
そして、あとの2種類を買って、テスト乾燥させた後、硬さを調べてから加工しました。
↑オチビサン奈美恵が安心して動けるか否かが掛かってるので、すごい念の入れようでした。(汗)
パワーヒール足袋ユーザーである以上、装着中の不安要素があると楽しくないですものねぇ。
ちなみにナミカバーの全面ゴムは一番硬いゴムをベースに柔らかいゴムを重ねてから模様を付けています。
ゴムどうし重ねていれば柔らかいゴムでも急ブレーキに耐えて、剥がされる心配が無いみたいです。
Posted by 奈美恵 at 2008年05月05日 00:34
奈美恵さんの裏ゴムって、ゴム質まで選ばれて加工されてるなんて、すごい!
私の買った液体ゴムは一種類きりなんです。(汗)
パワー強化のためには、数種類必要なんですね?
ユキロン装着していて、『ん?パワーが落ちてきた?』って感じると家に帰るまでは我慢して、
ゴム面のホコリを取り除いてからゴムスプレーを吹いて補修してました。
最初は、シート面にスプレーがかからないように隠してたのですが、面倒くさくなって、
パワー底全面に軽くスプレーするようになっちゃいました。(汗)
スプレーだと完全なゴム膜ではないので、シート底も適度に粘り気ができて
パワーが強くなったような感じがします。
日ごろからのお手入れは大切ですよね。
お出かけ先で急にパワーが落ちちゃうのって、すごく不安な気持ちになりますもの。
Posted by ユキ at 2008年05月05日 14:44
すごいだなんて、ありがとうございます。←すごい事を認めてる風な言い方(汗)
パワーヒール足袋ユーザーのオチビサン奈美恵としましては、
他人は装着していない7cmもの高いヒール芯を着けて行動しなければならないハンデを感じていて、
人に負けない動きやすさの為にパワー強化を追及しちゃうんですよね。(笑)
実際、人と混ざって行動している時、ヒール芯の不安定感を忘れて行動できていたらやっぱり気分が良いものですから。
でも、何かの拍子で盛り上がって、他の人が飛び跳ねだした時は少し複雑でしたね。
スポンジ内底未装着の頃だったでしょうか、足裏全体が硬いヒール芯で覆われた私だけは、
床と芯が当たる音を警戒してひとりだけ飛び跳ねられずに嫌な思いをしました。(涙)
スポンジ内底をセットしてからは、室内で飛び跳ねても気にならなくなりましたけど。(笑)
Posted by 奈美恵 at 2008年05月05日 19:03
がんばり屋さんで研究熱心な感じが伝わってきますもの。
奈美恵さんのスペシャルシリーズは、とっても強力そうに思えてなりません。
はるみさんのスペシャルだって、実戦で鍛え上げられたツワモノ感がありますよね。
ここにオジャマしていると、私のヒール足袋も、もっともっとパワー強化しなくちゃ!
なんて、すごくやる気が出てきます。
パワーに余裕があると、お出かけ先での気分がすごく良いですものね。
今日のお座敷はどんな所なのかしら?なんて楽しみになっちゃったりとか。
気分が良いと、ヒール芯を装着しているのに忘れて、はしゃいじゃう事ありますね。
はしゃいでる時なんて、7cmとか、グラつきとか、スリップなんて気にしてないのが不思議です。
Posted by ユキ at 2008年05月06日 21:43
>がんばり屋さんで研究熱心
↑恥ずかしいです。(汗)
私、オチビサン奈美恵は、普段は何をやってもあまりうまくいかない感じなのですが、
ヒール足袋を装着して脚長スタイルに変身している時だけは誰にも負けたくない!
そんな人だと思って下さい。(笑)
飽きっぽくて長続きしない性格なんですが、ヒール足袋をスペシャル化する事に関しては
不思議とヤル気が高まってくるのです。
負けたくない(人前では絶対に失敗したくない)一心で何とかしてパワー強化を狙ってる感じです。
脚長スタイルで気持ち良くすごすためにはパワーが要るんです。
7cmもあるハイヒールでも、さり気なく行動していたいですもの。
パワーがあれば7cmを何時間装着していても全然大丈夫です。
Posted by 奈美恵 at 2008年05月07日 00:49
何かひとつ打ち込める物があると良いですよね。
こちらで美月さんのヒール足袋紹介を読んでから、欲しいけど使い勝手の問題とか心配で、
コメントさせてもらってるうちに長芯と出会いました。
5cmヒールに改良したいと思っていたので、長芯は最適な素材でしたね。
長芯の宿命的な、爪先に力が入らずに滑ってしまう弱点さえ改良できればと思って
パワー底の強化に打ち込んだようなものです。
5cmにしても7cmにしてもヒールが高いと不安定になるリスクがあるので
そこをカバーしたくてパワー加工がどんどんエスカレートしてきましたよね。
高くなったヒールのための強力なパワーでしたけれど、滑りやすい廊下でも威力を発揮してくれるのが嬉しいですよね。
背が低い劣等感を払拭してくれる強力パワーの優越感に快感を覚えます。
ヒール芯を装着していても普通の足袋には絶対負けない動きやすさですもの。
Posted by ユキ at 2008年05月07日 21:08
土曜日は少し肌寒くて、しかも雨でしたね。
ここんところナミショートばかり装着していたので、こんな日はロングが良いかなって。
新型の7cmヒール芯でロングを装着したのは、お出かけ本番では初めてでした。
しばらく装着しなかったのですが、裏ゴムの補修とか、内底の追加加工をしていて良かったです。
7cmものハイヒールでスムーズに行動させてくれる裏ゴムは常にベストの状態にキープしていたいですもの。
新型とのコンビネーション、とってもパワフルでしたよ。
以前よりパワーが強くなっていて、ヒールもグラつかないし、キビキビした動作も全然余裕でした。
ふくらはぎまでしっかり包み込んでくれるロングだと長時間装着も楽ですね。
Posted by 奈美恵 at 2008年05月11日 01:24
肌寒い日のお出かけなら絶対ロングですよね。
私の感覚としても、ヒール足袋で変身する時、鏡に映った姿を見るとロングの方が
すっきりした脚長スタイルに見えて気分が良いのです。(汗)
鏡の前でポーズしたりして着付けの時間が長くかかっちゃいます。(汗)
一方、ショートも中に入れる芯自体の高さは同じ7cmなので、これからの夏物や浴衣の時に活躍しそうです。
生地の軽い夏物とか浴衣だとすぐに裾がヒラヒラする感じなので、ロングで冒険してみるのも良いかも。
去年は5枚コハゼのユキスペだけだったのに、今年はロングとショートの二本立てです。
硬い下駄を履く時も、スポンジ内底を追加したロングやショートなら安心できそうです。
裏ゴムが下駄や草履をキープしてくれるので脱げる心配がなくて動きやすいですよね。
Posted by ユキ at 2008年05月12日 13:34
きょう、イヤな事がありました。
ナミショートでお出かけしたのですが、お出かけ先の長い廊下を友人と話しながら歩いていると
人とぶつかりそうになって、咄嗟に急ブレーキをかけました。
けっこう裏ゴムの音が大きかった事から、練習の時よりも慌てた感じの急ブレーキになっちゃいました。
バリッ!っていう音がして足首固定用マジックテープがはがれたみたいで、
爪先ポケットの中のスポンジに体重が集中しちゃう感じになりました。
さいわい人とはぶつからずに止まれたのですが、急ブレーキのせいでテープがはがれちゃうなんて事、初めてでした。
最近チェックした時にはテープはしっかり固定力があったのに急にはがれてしまって、とてもショックでした。
その場でナミショートのファスナーを下ろせないので化粧室に行くまでの距離が大変でした。
内側のトラブルだし、人にはバレていないのですが、自分自身が恥ずかしくて凹みました。
Posted by 奈美恵 at 2008年05月17日 19:31
パワーヒール足袋だけの特権である急ブレーキでテープまで外れちゃうなんて、
相当ショックだったでしょうね。
私も、今日のお出かけは長引きそうって思うとテープをキツめに締めたり、
ゆったりできそうだなって時は緩く留めたり調整して装着しますけれど、
一旦専用足袋を被せてしまうとなかなか付け直しできないですものね。
キツく締めすぎると、逆に弾けやすくなる感じだし、テープの固定力を維持管理しておかないと心配。
テープが外れるとヒール芯が上手く持ち上げられなくなって動けなくなる感じが恐ろしいです。
動きに強いはずのパワーヒール足袋なのにテープが外れただけでただのオモリになるのは辛いです。
でも、人にぶつかる前にしっかり止まれたのは普段の奈美恵さんの練習とナミショートの強力なパワー底の成果なんですよね。
Posted by ユキ at 2008年05月18日 00:09
練習と言える程のものじゃありませんが、7cmヒールを常に装着しておけば、
人前でもぎこちない動きにならなくて、バレちゃう不安も少ないかなって思いまして。
昨日の失敗が悔しくて、自宅で再現してみました。
裏ゴムが大きくギュッ!って鳴る程の急ブレーキかけちゃうとマジックテープは見事に外れてしまいました。
5回試して3回も外れちゃうと、テープの寿命と諦めるしかなさそうですね。
もしや、タイツの足裏がヒールの斜面を前に滑るせいかと思って、ミュールやサンダル用の、
足裏に滑り止めプリントが付いたパンストで装着してみました。
5回やって1回外れそうになっただけでした。
タイツが前滑りを起こしてテープが支えきれずに外れてしまったみたいです。
タイツの裏にも裏ゴム加工しようか迷っています。
Posted by 奈美恵 at 2008年05月18日 17:46
私もタイツにユキショートを装着して緊急ブレーキのテストしてみました。
いくらパワー底を床に押し付けても大きな音が出せませんでした。
パワーが弱いのか上手く止まれず、少し滑る感じでマジックテープに衝撃が来ないのです。
すごく不安になってきました。
早足とか出来ても、しっかり止まれなかったら危険ですよね。
やっぱりゴム質までこだわった奈美恵さんの裏ゴムは強力なんですね。
模様の形や大きさ、数なんかもパワーを上下させるのでしょうか?
ユキショートも、動けて止まれるようにしておかないと、お出かけが心配です。
シートの質感とか液体ゴムの質感をいろいろ変えてみたいです。
ワックスの上でもどこでもピタッっと止まれたら素敵でしょうね。
ここまで工夫してきたパワー足袋ですから、中途半端には絶対したくないですし。
Posted by ユキ at 2008年05月19日 21:25
先週の失敗があるので、ひたすらヒール芯ユニットの固定方法を工夫していました。
タイツの足裏にゴムスプレーをしたり、ヒール芯の足を乗せる面に滑りにくい中敷を敷きました。
この仕様で、早足からの急ブレーキテスト。
失敗した時のマジックテープがはがれる感じがなくなりました。
けど、テープのところに強い力が加わる感じなんです。
あと少しってところまで来たのですが、まだ納得できてないですね。
オチビサンだから、7cmヒールを装着していても他の人と同じように動きたい!
そんな気持ちが強くてパワーヒール足袋に求めるものが大きいのです。
パワーと扱いやすさのバランスを考えた工夫を進めていきたいです。
Posted by 奈美恵 at 2008年05月25日 16:09
私が持っていたのと別の銘柄の液体ゴムを買いました。
奈美恵さんと同じように、まず紙の上に厚塗りして乾燥させたものを比べてみました。
やっぱり硬さって、微妙に違ってますよね。
床に擦りつけてパワーテストすると、硬めのゴムは抵抗が少なくて滑りますが、
表面のダメージは無くて丈夫ですね。
一番軟らかいゴムは逆に抵抗が大きくて滑らないけれど、表面は傷だらけでした。
素直に真ん中の硬さをパワー底に使いたいところですが、硬いのと軟らかいのと真ん中の3種類を混ぜてみました。
温めて軟らかくした液体ゴムを色ムラがなくなるまで混ぜてオリジナルゴムでテストしました。
手を火傷しそうになったけど、ユキショート強化の情熱があれば平気です。(笑)
Posted by ユキ at 2008年05月29日 16:27
続けてごめんなさい。
混ぜる比率を工夫して仕上がりの硬さを変えてテストして、やっとイメージしていた物に近づきました。(汗)
ユキショートのフチゴムの上からオリジナルゴムを薄く塗って乾かし、二度目に厚塗りしました。
模様の型はペンの筒ですが、ゴム層が厚めなので深く刻んで模様をつけました。
ショートを装着して廊下でのブレーキテストです。
まず、早足がやりやすくなったことを感じましたね。ワックスの廊下でも全然平気です。
早足からの急ブレーキも思い通りにピタッっと止まれます。
小走りの早さでも滑らない強さには驚きました。
そして、足首テープが衝撃を受けるくらいのブレーキ力を体験できました。
今度はテープの強化で固定力、フィット性を上げて完ぺきな物にしたいです。
Posted by ユキ at 2008年05月29日 16:46
ユキさん、
液体ゴムを混ぜ合わせる事まで思いつきもしませんでした。
パワー底の為の最適な硬さが作れるって事ですよね?
なんか、とっても羨ましいです。私も『ブレンド液ゴム』作りたいです。
だって、7cmヒールを装着して普通の人並みに行動しようとするなら、
絶対にパワーに余裕がないと心配なんですもの。(汗)
オチビサン奈美恵の僻みがパワー足袋強化への熱意につながっているのです。(笑)
固定力も問題ですよね。
ユキさんのは、爪先ポケットが足の甲までカバーできるものに大型化されてましたよね?
足首テープに衝撃が加わらず急ブレーキできるのは効果が出てるのでは?
私のも甲カバータイプにグレードアップさせようと思っています。
7cm脚長の私が人並みにキビキビと動いてる姿を想像するとますます熱意が沸いてきます。
Posted by 奈美恵 at 2008年05月30日 17:43
オリジナルゴムのユキショートを装着して初お出かけしちゃいました。
道中、草履を履いて歩いてる間は、草履のキープ性とか特に変化はなかったのですが、
お座敷に上がると、パワーアップした底の威力を感じちゃいますね。(汗)
奥のお部屋に行くまでの廊下では全然問題なく安定性も良くなっていましたよ。(笑)
和室に入らせてもらう時、ちょっぴりパワーアップの事が気になりましたが、
普通に歩くだけなら畳を傷つける心配もなくて楽しくすごせましたね。
自宅に戻って、ゴム部分の点検をしましたが、半日装着しただけでは、磨耗とか傷はみつかりませんでした。
ほとんどパワーを使っていなかったからかも知れません。
次のお出かけでは、もう少し活発に動いちゃおうかしらなんて。(汗)
パワーに余裕があると大胆な気持ちになっちゃいますね。(笑)
Posted by ユキ at 2008年06月01日 11:50
ユキさん、
>パワーに余裕があると大胆な気持ちになっちゃいますね

私も同じです。弱気で引っ込み思案な私が、着物姿の時だけ強く活発になれる、
そんな変身用アイテムなんです。
パワーヒール足袋を装着すると性格が変わっちゃう気すらします。(笑)
でも、本当は装着にも手間がかかるし、誰にでも簡単に扱える物でもなくて、
人前では見破られたくないという一心で、影で必死で練習してるんですよね。
着物と一緒に装着する本番以外の方が結構長い時間装着しているような感じ。
私を脚長スタイルで支えてくれて、しかも活発にだって行動させてくれる大切なパートナーなんです。
いつもベストの状態に保っていて上げたいし、パワーや扱いやすさだってどんどん強化して行きたいですね。
Posted by 奈美恵 at 2008年06月02日 01:12
たしかに、裏ゴムの点検とか、もしダメージ受けていれば補修とか、マジックテープの定期交換など、
すごく手間がかかるパワーヒール足袋ではありますが、仰るように大切なパートナーなんですよね。
しっかり整備しておかないとどこで失敗が待っているかわからないですよね。
足を上げるとパワー底を見られて秘密がバレちゃうのは仕方ないですが、
そこまでしてるのに失敗しちゃうのだけは避けたいですもの。
周りの人にもパワーヒール足袋の優れたところをアピールしたいですよね。
7cmもある高いヒール芯でだって動いていられるんですから。
洋服に比べて動きづらい着物だからこそ、足元をしっかりサポートしていてくれるのは頼もしい存在です。
絶対に手放したくないですね。
Posted by ユキ at 2008年06月02日 21:16
3cmの短芯ヒール足袋なら通販のままの状態でも十分安心して使っていられる手軽さが魅力ですよね。
でも、重ねて3cmよりもアップする場合は長芯を加工していくしかないみたいですし、
元々は長芯の弱点、『滑り』防止の為のパワー加工だったのが、背の低い私にも活発に動けるチャンスをくれた感じなんです。
加工や工夫が未熟だった最初の頃には、どうしても上手く動けなくて辛い思いもしましたが、
背丈のある人たちに負けたくない一心で工夫を重ねて練習もしてきたつもりです。
マジックテープで固定したパワー底仕様でも練習しないと、立っているのがやっとですもの。(汗)
そんな不安定な物でも練習して活発に動けるようになるとすごい嬉しくなります。
Posted by 奈美恵 at 2008年06月05日 00:58
昨日、オリジナルゴムのユキショートで二回目のお出かけでした。
一回目の時より意識して活発に動いてみましたよ。(汗)
この前より時間も長めでしたが、予想以上のパワーアップでらくらくでした。
最初は畳の上だと強力すぎるんじゃないかって心配してましたが、
楽しくすごしているうちに忘れてしまってました。ダメですね。(汗)
でも、今までのお出かけ中でヒール芯装着の事を忘れてしまうくらいの楽しかった経験って少なかったですね。
人前ではいつもヒール芯を装着した仮の姿に変身していて、お座敷の上をゴム底で歩いているのですもの。
それでもパワー足袋の安心感を一度体験しちゃうと手放せないのも事実です。
Posted by ユキ at 2008年06月09日 14:58
ヒール芯を装着して変身してる時って、やっぱり気になりますよね。
滑ったり、グラつかないように工夫しているのに万が一の事を考えちゃうみたいです。
以前は畳の上でパワーを気にしてたのが、スポンジ内底を追加した頃からは、それほど気にならなくなりました。
底の面をさわってみると柔らかくて、畳に優しくなったのでしょうか。
でも相当な圧力をかけちゃってる事には変わりないでしょうね。(汗)
マナー違反とは知りながらも、7cmヒールできれいに変身していたいからパワー底を装着しないわけにはいきませんよね。
Posted by 奈美恵 at 2008年06月13日 08:12
足袋の中に硬い芯を入れて、裏にゴムを装着しているとなると、床面には高い圧力がかかってそうですね。
高い圧力のおかげで滑ったりしない安心感があるのでしょうね。
長芯ヒールだと裏ゴムが無いと滑りますからね。
スポンジ内底を装着してからの床に密着する感じは、すごく気に入ってますよ。
オリジナルゴムに変えてからは、ワックスの廊下でも自由自在に動き回れる感じです。
他人に迷惑をかけないように配慮していればマナー違反じゃないと思いますよ。
私はヒールで他人の足を踏んじゃったので、えらそうな事は言えないですけど。
Posted by ユキ at 2008年06月13日 14:28
圧力と模様の摩擦力がパワーの秘密なんでしょうか。
模様を型押ししていなかった時のナミスペと型押ししてからのナミスペでは、
パワーの頼もしさが段違いでしたもの。
オチビサンだから7cmヒールの力を借りて脚長に変身しているので、
動くためには絶対に欠かせないパワー底を、好奇な目で見ないで欲しいです。
パワー底を装着していると普通の人以上に得する点もあるのですが。(汗)
長芯じゃなくて普通の足袋でも廊下は滑りますよね。
でもパワー底を装着したオチビサン奈美恵は平気でスイスイ行けるところが気持ちいいんです。(汗)
もう、布底足袋には戻れないですね。パワー足袋の魅力に取り付かれてますもの。
Posted by 奈美恵 at 2008年06月14日 08:34
ご無沙汰していました。(笑)
ちょっと前に、母にショートブーツタイプを製作依頼してたのが、やっと完成しました。
でも縫製が終わって足袋の形になっただけで、ヒール芯を入れて仕事で装着するためには加工が必要です。
ハルロン以来の新作なので、加工する時はユキさんや奈美恵さんのテクニックを参考にして、
完ぺきなハルショートに仕上げてみたいです。
しかし、気温が上がってきてロングとタイツを併用するのって辛いですから、
作業は急ピッチで進めて涼しく仕事したいです。
特に暑くなってきていた最近はロングの上を折り返してショートタイプで装着していました。
でも、激しく動くとズリ落ちそうになって、控え室に逃げ込んで直す事が多かったです。(汗)
Posted by はるみ at 2008年06月14日 14:26
珍しく日曜日がお休みだったのでハルショートのパワー加工、存分にできましたよ。(笑)
ハルロンは仕事で酷使していると裏ゴムの補修頻度が多かったという弱点がありまして、
ハルショートの裏ゴムは中央のシート底部分よりもかなり厚底化しておきました。
厚底だと模様も深く刻めて磨耗しにくいのではないでしょうか。
ハルロンの模様付けの時より細いパイプを使って、およそ2倍くらいの模様の数に仕上げましたよ。
模様の中心は周囲よりも盛り上げてイボ状にしました。
数が多くて、模様をひとつひとつ盛り上げるの大変でした。(汗)
もちろんスポンジ内底も装着してパワーアップを狙っています。
仕事中、急にパワーが出せなくなって滑りそうになるの、すごく怖いですからね。
Posted by はるみ at 2008年06月15日 19:10
続けてごめんなさい。
模様や内底の接着が乾くの、すごい待ち遠しかったです。
加工した後のテスト装着ってワクワクしちゃいますよね。(笑)
いつもはタイツとパワー足袋のみで洋服のままテストしますが、今回はショートブーツの涼しさとかも知っておきたくて、
普段仕事中と同様に着物を着付けてテストしました。
第一印象は、やっぱり膝下に涼しさを感じましたね。
ほんの数グラムかも知れませんがロングより軽くて脚さばきが良い感じです。
底のパワー感もなかなかのものですね。すごい床に密着する感じで厚底効果でクッション性も高くなってます。
廊下にはワックスを塗っていなかったのでモップで濡らせてテストしました。
裏ゴム補修したばかりのハルロンと比べても段違いのパワーアップです。
Posted by はるみ at 2008年06月15日 19:39
もひとつ続けさせて下さいね。
ハルショートなら濡れた廊下でも平気で早足や急ブレーキ出来る感じなんです。
普段使っていて、早足の時にブレる感じより、急ブレーキでブレる感じの方が怖いのですが、
少し速めのスピードで急ブレーキしてもブレずにしっかり止まれます。
ハルスペの裏ゴムより強化したはずのハルロンがすごく非力に感じるくらいハルショートは強力な裏ゴムに仕上がってるようです。
あとは仕事で使ってみてどれくらいでパワーが弱くなるのか見極めたいです。
テスト装着してみた感じではハルロンの裏ゴムより長持ちしてくれそうです。
余裕のパワーだし、明日の仕事デビューすごい楽しみになってきました。
Posted by はるみ at 2008年06月15日 19:57
はるみさんもショートブーツタイプが完成したのですね。おめでとうございます。
大切なお仕事用のパワーヒール足袋だから、しっかりと加工されてる感じが伝わってきましたよ。
私の加工テクニックなんて奈美恵さんやはるみさんのスペシャル加工に比べれば負けてる感じですもの。(汗)
お仕事中ずっと7cmヒール芯を装着したまま動いていらっしゃる為には相当なパワー強化が要るようですね。
私のお出かけ用スペにパワー強化なんて、すごく贅沢言ってるみたいで恥ずかしくなっちゃいます。
でも足裏全体を覆ってしまう長芯プレートを装着して自由に動く為にはパワーの余裕を持っていたいのです。
パワー強化と耐久性を考えられた深溝厚底ゴム、私も挑戦しますね。
濡れた廊下で急ブレーキしても平気だったら最強パワーじゃないかしら?
Posted by ユキ at 2008年06月15日 23:58
はるみさん、厚底の深い模様だとパワー強そうですね。
濡れた廊下で早足や急ブレーキなんて、ナミショートでは滑ってしまうかも知れません。
ワックスの上では平気みたいなのですが、水に濡れた所ではテストしていません。
模様が細かくて数が多いと密着力がアップするのでしょうか?
私のはお出かけの為の変身用ですがパワーの余裕だけはどれだけあっても良いと思っています。(汗)
パワー底がしっかりしてくれていると7cmヒールを装着していても活発に動いていられますもの。
ヒールが高い分、滑って怖い思いをするのって絶対に避けたいです。
ナミショートもゴムを厚塗りして細かい模様を深く刻んでみたいと思ってます。
裏ゴムの補修直前ともなると、いつ滑りそうになるかわからない不安があって動けなくなりますからね。
強力パワーが長持ちするなんて安心だし、すごい魅力的ですよね。
Posted by 奈美恵 at 2008年06月16日 20:19
自宅の廊下を水拭きして少し湿った所で急ブレーキテストしようと思ったのですが、
助走の時点でユキショートの裏ゴムではブレてしまって急ブレーキどころか早足すら怖い感じでした。
オリジナルブレンドで作り上げた裏ゴムなのに喰い付いてくれず、ショックでした。
模様はボールペンの筒の大きさですが、溝は深めに刻んだので濡れた廊下も平気だと思ったのに。
裏ゴムを塗り直さないとパワーアップできませんよね。
オリジナルゴムは多いめに作ってあって、冷蔵庫に保管してあります。
今度は、もっと厚塗りして密着力を強化したいです。
模様もはるみさんの仰るように細かい物でたくさん刻みたいですね。
Posted by ユキ at 2008年06月17日 20:59
パワーヒール足袋って、なぜか打ち込みたくなる素材なんですよね。
ナミショートも湿った廊下上では滑る手前のブレが目立って、ドキドキの連続でしたね。
こんなに信頼性が低かったの?って疑いたくなるくらい喰い付きが悪くて。
こうなれば、中間の硬さに仕上がる液ゴムを厚塗りするしかないですね。
たとえ耐久性が低くて磨耗しやすくてもお出かけの間だけは強力なパワーでガードされていたいのが、
オチビサン奈美恵的な考え方なんです。
厚塗りゴムに細かいめの模様を密集させて深く刻めば、はるみさんのパワーが出せるかも。
不安対策は、どんな事でも試してみたいのです。(汗)
どんなに悪条件な床でも自由に動けるのがパワー足袋に許された特権だと思っているので、
濡れた廊下上での早足&急ブレーキ、絶対に成功させたいです。
Posted by 奈美恵 at 2008年06月18日 01:06
今朝から裏ゴムを厚く塗り直して細いパイプの模様をたくさん押し付けましたよ。
おまけに、模様の中心円の部分を周囲のゴム層より盛り上げてイボ状にしました。
早くテスト装着したくてドライヤーで乾かしちゃいました。(汗)
出来上がった裏ゴムって、イボの手触りが良いですね。
スパイク底って感じです。(汗)
最初の頃は裏ゴムでお座敷を歩く事すら、うしろめたい気持ちだったのに今ではスパイク底です。(汗)
でもパワー強化の為におおめにみて下さいね。
廊下を水拭きした上でテスト装着しました。
昨日までのユキショートやユキロンのパワーとは全然違います。
さらに水拭きして、ありえないくらいの濡れた廊下で試しましたよ。
早足はおろか、小走りしても平気。急ブレーキだってピタッと止まれるハイパワーでしたよ。
完ぺきです。
Posted by ユキ at 2008年06月18日 20:38
ユキさんもはるみさんの強力お仕事仕様に改良されたのですね。
私も『善は急げ』的に裏ゴムの厚塗りをしていましたよ。
せっかく塗り直すのだし、少しでもパワーアップさせたくてフチの幅を広げてシート底が当たる面積を小さくしました。
ナミカバーの全面模様ゴムだと圧倒的なパワーがあって絶対ブレたりしなかったのに、
シート併用のフチゴムだと濡れた床に歯が立たないなんて、おかしいと感じたものですから。
一番良いのはナミショートも全面模様ゴム化しちゃう事なのですが、畳の上で使いづらくなりますよね。
パワー足袋ユーザーの最低限のエチケットとしてシート面を残したパワー底で装着していたいですもの。
明日、模様の中心をイボ状に加工してテストしたいと思います。
シート付きのパワー底でナミカバーにせまるハイパワーが出せたら良いのですが。(汗)
Posted by 奈美恵 at 2008年06月19日 00:48
はじめまして、祥子と申します。
みなさんの工夫された足袋、素晴らしいですね。
私も以前から足袋には工夫をしていまして、私のは裏に薄いラバーシートを貼っただけの簡単な物です。
ホームセンターで、卓球のラケット用ラバーが売られてたのを見つけたのが切欠でした。
私もどちらかというと背が低い方なので以前からヒール芯の存在はチェックしていたのですが、
いま一歩踏み出せずに購入を見送ってきた経緯があるので、底に工夫をされたみなさんのヒール足袋のコメントを拝見して、
一度購入してみようかなって気持ちになりつつあります。
私のように滑り止めを貼った普通の足袋を愛用してきた者には、いきなり長いヒール芯の方を購入すべきなのでしょうか?
コメントを拝見したかぎりでは、工夫を加えやすい長いヒール芯の方が優れているように感じました。
Posted by 祥子 at 2008年06月20日 14:17
新しいお客様ですね。はるみと申します。
仕事が終わって今さっき家に辿り着きました。
どんなに遅くてもパソコンを開いてこちらに目を通しますから、新しいコメントがあると嬉しくなります。(汗)
足袋底に卓球ラバーの滑り止めというアイデアは思いつきませんでしたね。
スポーツ用品だと強力で丈夫そうな印象を受けちゃいました。
>いま一歩踏み出せずに購入を見送ってきた・・・
 ヒール足袋のイメージって、最初はどこかそういうイメージしちゃいますが、一度装着しちゃうとヤミツキになりますよ。
>工夫を加えやすい長いヒール芯の方が優れている・・・
 絶対、長芯がおすすめですよ!私は短芯も長芯も装着経験があるので、
 爪先までプレートで覆われている方が長時間装着する時なんかすごく有利ですね。
 すでにパワー底をお座敷で使う経験をお持ちなんだし、長芯にパワー加工した専用足袋の方が絶対に使いやすいと思います。
Posted by はるみ at 2008年06月21日 03:05
祥子さん、はじめまして、ユキと申します。
私も最初ヒール足袋を買うまでは草履を履いた時のグラつきや、室内でのグラつきに不安があって、
こちらのブログを運営されてる美月さんにアドバイスをいただいたんです。
私からも断然、長芯の方をおすすめしますよ。
そのまま装着できる短芯に比べて、多少加工しないといけないのが長芯なのですが、
過去のコメントの中に数回出ていますように、手を加えるほど効果の見える素晴らしい素材だと思っています。
卓球ラバー底の足袋って、すごくパワー強そうで良いですね。(笑)
お出かけ用のカバーの底に応用しちゃおうかしらなんて思っていますよ。
卓球ラバーで早足とか急ブレーキしてみたいです。
ところで、美月さんは?
新しいお客さま、おみえですよ〜。(笑)
Posted by ユキ at 2008年06月21日 09:14
的確なアドバイス、ありがとうございます。
フチの付いた長いタイプと普通の長いタイプを重ねると7cmくらいになるのですよね?
背が1m50cmしかないので3cm高くなっても変わらない気がしていて、7cmにしてみたいと考えています。
ヒール足袋を履いたことのない私でも、最初から7cmのヒールでも怖くないものなのでしょうか?
コメントを拝見していると練習しないと上手く動けないって受け止めていて、少々不安です。
しっかり工夫すれば平気な様子ですが、私にも簡単に加工できますか?
質問ばかりですみません。
Posted by 祥子 at 2008年06月21日 13:44
はじめまして、私がこの中で一番初心者の奈美恵です。(笑)
何も考えずに長芯を買って動きづらい思いをして第一印象最悪だったオバカサンなんです。(汗)
はるみ先輩やユキ先輩の仰るとおり、長芯+パワー底で間違いなく成功すると思いますよ。
いきなりの7cmヒールだと、うちの母の例もあって最初のうちは怖くて動きづらく感じますが、
普通に装着して時間を重ねていくうちに怖さはなくなると思います。
ポイントは固定具をしっかりセットする事ですね。
爪先ポケットと足首マジックテープは7cmヒールの必需品と考えて下さいね。
固定具を工夫してもグラつく事はありますが、怖い思いをしそうになっても上手くコントロールできちゃうと思います。
最強秘密道具と言われるだけあって、工夫や加工、歩行練習をすればするほど応えてくれる素晴らしいアイテムですよ。
Posted by 奈美恵 at 2008年06月21日 14:10
すみません〜っっ、ご無沙汰の管理人の美月です。
祥子さん、いらっしゃいませ〜っっ!! ようこそおいでくださいました!!
長いこと、こちらの書き込みもゆっくり拝見する時間がなく、日々の生活に追われていましたが、ふ・・・と、ユキさんの呼ぶ声。

「新しいお客さま、おみえですよ〜。」

ほんとに、久しぶりにこちらをのぞいたら新しいお客様。とても嬉しかったです。ユキさん、はるみさん、奈美恵さんにお座敷をすっかりお任せしてすみません。いつもありがとうございます。また、ご無沙汰してしまうことになりそうですが、皆さんで気兼ねなくおしゃべりを楽しんでくださいね。
ではでは〜。
Posted by 美月 at 2008年06月21日 22:56
管理人さん、祥子と申します。
みなさん、早くお答えを下さるので、すごく心強いです。
みなさんが大切に育てられたヒール足袋、私もまねさせてもらう事にしました。
早速、ヒール芯の長いのを二種類とも発注いたしました。
被せる足袋の方は、だいぶん前に一度自作した覚えがあり、今度も作れそうです。
7cm専用は発売されてないのですよね?
まずは、夏用の20cmくらいの深さのショートタイプ作りますね。
ヒール芯を発注した事で、重たい腰が上がった気分なんです。
専用足袋の型紙を書いてみたり、材料を揃えたりする計画が立ってきました。
まだ先の話ですが、冬用のロングも履いてみたいです。
冷え性なので、夏場もロングタイプを作っておいた方が良いのかも知れません。
Posted by 祥子 at 2008年06月22日 09:31
祥子さん、私は今頃の季節でもパワーヒール足袋装着時は必ず下にタイツを併用します。
ユキさんが紹介された足袋型タイツ、良いですよ。
足袋って元々靴下のような位置づけなのですが、工夫したパワーヒール足袋ともなると、ルームブーツ感覚なんですよね。
だから靴下代わりにタイツの上にヒール芯を装着するようにしています。
足首のマジックテープが擦れるのをガードしてくれるので長時間動いていたい時でも足が痛くなりません。
蒸し暑い時もありますが、人前でパワーヒール足袋の装着を助けてくれるアイテムだし、それだけで我慢できちゃいます。(笑)
祥子さんの7cmヒール、楽しみですね。
初装着の時は、周りの風景が別世界に感じちゃうことでしょう。(笑)
それでいて、しっかり動けた時には感動しちゃいますよ。きっと。
それくらい素晴らしいアイテムです。
Posted by 奈美恵 at 2008年06月22日 13:53
美月さん、お久しぶりですね。
やっぱり、私たちはここにお邪魔してる身ですから、新しいお客様がおみえになったらおかあさんに出ていただかないと。(笑)
お忙しそうなんで、あえて美月スペシャルの事はお聞きしない方がいいですよね?
祥子さんのように、新しくパワーヒール足袋に挑戦される方、もっと増えて欲しいですね。
最初は上手く仕上がらないかも知れませんし、怖い思いもするかもしれませんが、
諦めないでがんばって欲しいです。
パワーがあると何かと安心なものです。
草履のキープ性が上がるし、何といってもお座敷に上がってからの行動力が高いのが良いですから。
私も卓球ラバーを入手して、パワー感を試してみようと思ってます。
Posted by ユキ at 2008年06月22日 21:30
お仲間が増えると、またどんどん新しいアイデア(卓球ラバーとか)が入手できて、「ワクワク」が膨らんできますね。

美月スペシャルは、お預け状態(汗)なので、とりあえず脇に置いておいて。
それぞれのスペシャル談義に大いに花を咲かせてくださいね。(私に気は遣わないでね。)

ほな、おかあさんはちょっと草履屋に用事があるさかいに、よろしゅうに。
Posted by 美月 at 2008年06月23日 00:46
美月おかあさんのスペシャル、お預け状態だなんて残念ですね。
これからもいっぱい新しいアイデアが出ると思いますからマイペースで焦らず仕上げていって下さいね。(笑)
私の場合、ヒール足袋を使うようになる前と今とでは、確実に着物を着る回数が増えちゃいましたもの。
以前は着付けとかの時間がかかってたけど、回数が増えると素早く着付け出来るようになったみたいです。
着物の時だけ背高ノッポさんに変身出来ちゃうからなのでしょうか。(汗)
洋服の時は、外だと高いパンプスなんかでノッポさんになれますが、室内に入るとガックリですものね。
7cm和装パンプス(笑)ならどんな時だって私の強い味方です。
祥子さんのアイデア、私も試してみたいですね。
ラケットは見た事ありますが、あのラバーってツルッっとした面とイボイボの面がありますよね?
イボイボ面を床に当てればパワー強力でしょうね。
Posted by 奈美恵 at 2008年06月23日 16:27
こんにちは。
卓球ラバーの足袋底の件ですが、私は、ピンポン玉を打つ側の面と、ラケットに貼り付ける側の面、
それぞれ床に当たる物を試していました。
イボイボの貼り付け側を下に向けて貼った足袋の方が断然スリップに強かったですよ。
皆さんがテストされてる、ワックスの廊下なんかも全然へっちゃらでした。
ラバーを貼っていた足袋は5枚コハゼでした。
5枚コハゼの足袋って、なかなか探すのが難しくて自分で型紙を買って縫い上げたんです。
失敗作も含めて10足以上は縫ってると思います。
今度のショートタイプは、私もストレッチ素材を使ったファスナー固定にしようと思っています。
早くヒール芯が届かないかしらなんて、ワクワクしています。
Posted by 祥子 at 2008年06月24日 17:07
自作された足袋を10足以上もお持ちだなんて、すごいです。
型紙に合わせて生地を裁断しても、爪先の丸い部分を縫い合わせるのが難しいと思いませんか?
私は失敗をごまかす為に小さめに縫いました。ヒール芯の爪先には厚手のフェルトでポケットを装着しているので、
外側に専用足袋を被せて装着するとストレッチ素材にピンッ!と張りが出てシワにならないのです。
ヒールのラインも気を付けないと、ヒール芯の踵と私の踵の二つのふくらみが目立ってしまうのです。
7cmヒールだと私の踵は着物の裾よりも完全に上に来るので他人からはヒール芯だけしか見えないとは信じていますけど。(汗)
ヒール芯を自然な踵のように見せる為の補整スポンジの厚さには相当拘りましたよ。バレるのイヤだし。
他人の視線でデジカメ写真を撮ってみて、納得いくまで補整しちゃいました。
Posted by ユキ at 2008年06月25日 13:42
おかげさまでヒール芯の通販、二種類とも届きました。
思っていたよりも軽くて、片足に二枚ずつ入れても、みなさんが活発に動けるのが理解できました。
でも足袋の方が型紙のままなので、すぐに履くことができませんから、芯の上に立ってみました。
ひとつで3cmだとあまり景色が変わりませんでしたが、ふたつで7cmだと素晴らしいですね!
足袋を完成させたら、みなさんと同様、この背の高さのまま自由に動き回れるって思うとわくわくしてきました。
素材はすべて揃いましたので工夫をはじめていきたいと思います。
先にヒール芯に爪先のポケットと足首のベルトを付けて背の高いまま移動できる感じを体験したいですね。
Posted by 祥子 at 2008年06月27日 13:56
こんにちは。
ヒール芯二枚の貼り合わせとポケットやベルトの取り付けが終わりました。
すごく嬉しくて早速、履いてみました。
お部屋の中で7cmも背が伸びているのに歩けるって未経験なものですから、少々微妙に感じました。
安定性の高さも想像以上に良くて、小一時間ほど履きっぱなしですごしていましたが怖さはありませんでした。
ユキさん、奈美恵さん、はるみさんが熱中される感じ、すごくわかりました。
足袋の方を早く仕上げて、被せて履いてみたくなりましたよ。
生地を足の上に重ねて透けを調べました。薄手の素材なのに意外と透けないものですよね?
他人に見られても外側は普通の白足袋なのに、下にはこんなにすごい仕組みの芯を履いてるなんて誰も想像できないでしょうね。
足袋の縫製、念入りに仕上げていきたいです。
Posted by 祥子 at 2008年06月28日 14:41
足袋、やっと出来上がりました。
とは言っても布製の部分が形になっただけでして、裏の滑り止めや内側のスポンジ類はまだ付いていません。
布底のまま芯に被せて履いてみると、やっぱり床の感覚が芯に遮られて滑りますよね。
みなさんが苦心されたのがよくわかりました。
裏の加工は卓球ラバーを貼ろうと思いますが、みなさんがお気になさってる畳の問題がありますよね。
今まで何も考えずに卓球ラバーでズカズカと歩いていたのが恥ずかしいです。
硬いヒール芯の裏に卓球ラバーの足袋底があれば、畳には良くないでしょうね?
畳対策には柔らかいシート底を使った方が良いのですよね?
Posted by 祥子 at 2008年06月30日 21:21
祥子さん、
シート底を装着すると硬い芯が床に当たる時の音を静かに出来ると思います。
スポンジの内底も、かなり静かにする効果があると思います。
ヒール足袋を装着しはじめの頃は人前で芯が床に当たる音がすごく気になっていました。
せっかくパワー加工していても活発に動けない感じでした。
いくらヒール芯を装着してるからといっても、大人しくしてないといけないなんてつまらないですもの。
背が低いというハンデを感じたくないですからね。
7cmヒールなのに、0cmヒールの人たちに負けない動きをさせてくれるのがパワー足袋の強みです。
廊下で早足や急ブレーキが出来た時の感動は素晴らしいですよ。
Posted by ユキ at 2008年07月02日 22:57
やっと、滑り止めやスポンジ底を付け終わって完成しましたよ。
爪先のポケットに指を入れて足首のテープを固定する時って、感動しますよね?
ショートブーツ丈の足袋を被せてファスナーを上げると、ほんとに変身出来た感じですねぇ。
裏は、フチから1cm5mmほどの卓球ラバーを貼り、真ん中は滑り止めシートが床に当たるように加工しました。
思っていた以上に安定していて、ラバーのイボイボがギュッ!っと喰い付いてくれる感じがしました。
以前のペッタンコの底に貼っていたラバーの時と違って、すごく圧力が掛かっている感じがして全然滑りません。
足裏全体に芯がある安心感を試すのに、ふすまの敷居を踏んでみました。
少し凹凸を感じる程度で、痛みを感じないのが良いですよね。
お庭のビニールシートにものってみたい気持ちですね。
お出かけデビューが楽しみです。これなら何時間でも履いていられそうです。
Posted by 祥子 at 2008年07月04日 22:29
私は長芯しか持っていないので短芯の感覚はわからないのですが、
爪先の裏まで芯で覆われてる長芯だけの安心感って、あると思いますよ。
室内の床だって直接足裏が足袋底を通して床に当たらないので、
時間が長くなった場合でも楽に立っていられるんじゃないかと思います。
その分、指に力が入りづらいのが長芯特有の弱点ですが、
パワー底加工で対処すれば大丈夫ですね。
私が初めて加工したヒール足袋でお出かけした時は、少し後ろめたい気持ちで落ち着かない感じでしたが、
祥子さんは、以前から底加工していらっしゃるようですし、
お出かけデビューだって、きっと成功しますよ。
動きづらい着物の時でもスイスイ動いていられるのって、すごく気持ちいいですよね。
卓球ラバーのパワー底って、すごいんでしょうね。(笑)
パワーに余裕があれば7cmヒールでも平気で動けちゃいますよ。
Posted by ユキ at 2008年07月06日 14:21
特にあらたまったお出かけという訳じゃなかったのですが、友人と二人で外出してきましたよ。
ふたりとも着物を着て行きましたが、私のヒール足袋の事は内緒にしていました。
でも、しばらくして背が高くなってる事に気付かれたので、『草履を変えたのよ』ってごまかしちゃいました。
しかし屋外ではごまかせても、お座敷に上がってからもしつこく言われてしまったので、
人目の少ないところで新型のラバー底を見せました。
前のラバー底との違いには気付いた様子でしたが、ストレッチ素材の下にポケットやテープで武装してるとは気付かない様子でした。
7cmヒールの高い目線で、『足袋の中に秘密のヒールを入れてるのよ』って打ち明けました。
滑りやすい廊下で、スイスイ歩いて見せましたよ。
家で練習しておいたので、スムーズに動けました。
すると、友人も作って欲しいって言ってきました。
Posted by 祥子 at 2008年07月06日 16:27
デビューの時って、いくら練習を重ねて挑んでも緊張しちゃう感じじゃなかったですか?
私はハラハラしていたと思います。
早足&急ブレーキなんて極端なシーンは、本番だと滅多に遭遇しませんが、
無意識のうちにパワーのお世話になっているって事がよくあります。
そんなシーンに何時遭遇してもいいように練習しておけば安心感UPですよね。(笑)
安心感キープのためには、つねに点検することを心がけています。
お出かけから帰れば大切なパワー底が傷んでないかチェックしています。
早めに補修しておかないと、次のお出かけ直前にダメージが見つかったりすると不安ですもの。
なぜか装着前にも再チェックしています。(汗)
心配性なのでしょうか、私。
パワーヒール足袋って、すごく手間がかかるようですが、逆に手間を惜しまず可愛がってあげたい気がしちゃいます。
Posted by ユキ at 2008年07月07日 13:32
お出かけ中に急ブレーキとかしてると流石に怪しまれちゃいますよね。(笑)
でも、歩こうとして滑る事って、あんまりないですよね。
むしろ、ぶつかりそうになって咄嗟に止まろうとして滑ると怖い思いをします。(経験者は語る!(笑))
なので、私の場合も裏ゴムのコンディションは常にチェックしとかないと不安です。
着物を着終わって変身完了したら、ブレーキは必ずテストしてみますよ。
もしパワーが落ち込んで調子が悪そうな時は、その事を把握しておくだけでも安心できるので。
調子悪い日のお出かけ時には活発な動きを避けていれば平気ですもの。
『お座敷でゴムの足袋なんて・・』って言われても私は続けていきたいですね。
すごく安全で快適なんですもの。絶対やめられませんね。(笑)
Posted by 奈美恵 at 2008年07月08日 14:04
私のヒール足袋、一度お出かけしただけなのに貼り付けたラバーの端っこが少しめくれかけていました。
仰るように、点検って重要なんですね。
私の足袋底は、帆布+シート+卓球ラバーを重ねただけの構造ですからめくれたのでしょうか?
みなさんの足袋底はバイアステープで横から底に回り込んで包まれた構造なのでしたよね?
卓球ラバーは強力に喰い付いてくれるのですが、貼り付けの耐久性が問題ですね。
ずっと卓球ラバー底が強力だと信じて使ってきたのですが、バイアステープでくるんだ液体ゴムも試したくなりました。
液体ゴムの上に卓球ラバーを接着すると、今よりめくれづらくなりそうです。
普通の足袋の時はめくれた事は無かっただけに、今回の7cmヒールを支える底の重要さを知らされた感じです。
Posted by 祥子 at 2008年07月09日 13:46
卓球ラバーを剥がしてバイアステープ型にしました。
足袋を横から見られた時、白色一色だとすっきりしていて良い感じですね。
テープの上に液体ゴムを塗って生乾きの頃を見計らって模様を押し付けました。
履いてみると、とっても強力に密着してくれる感じですね。
卓球ラバーだとどうしても接着部分にブレが出て無理すると剥がれそうな感じになるのに、
液体ゴムだと、しっかり定着していてブレません。
ユキさんやはるみさん、奈美恵さんの研究された証しですね。
この底なら、草履を履いていても、お座敷に上がっても安心して動ける感じがわかります。
今度のお出かけまでに、強力な底が使いこなせるように練習したいと思います。
Posted by 祥子 at 2008年07月16日 17:34
サイドが白いバイアステープで囲まれているだけで、ずいぶん雰囲気が変わりますよね。
経験上、お出かけ中に気をつけなければならない事は、底のトラブルと固定テープの緩みですね。
お出かけ前にはシート底が剥がれやすくなっていないかチェックしておくと安心です。
足首固定テープは7cmヒール芯の要だと思います。
テープが緩みやすくなってると、いつ外れるかわからないし、外れた時の再セットにも手間がかかります。
何よりもグラつきが酷くなるので動けなくなるのが心配ですね。
以上の点さえチェックしておけば、お出かけは成功します。
Posted by ユキ at 2008年07月17日 16:48
マジックテープのトラブルって結構深刻ですよね。
早足に加速する時って、爪先の裏ゴムだけを喰いつかせてヒールには殆ど体重を掛けませんが、
急ブレーキの時って場合にもよりますが、足裏全体の裏ゴムで止まろうとするとヒールに体重が掛かってしまって、
7cmものハイヒールだとどうしてもグラつきが出ちゃいますよね。
フチつき長芯だとグラつきも改善されたようにも思えますが、テープの緩みがあると不安になっちゃいますね。
パワー加工していて、他人(ひと)より活発に動けるぶん、しっかり止まる事も考えておかないと危険ですからね。
私は、着物でお出かけしない時でも自宅では暇さえあればナミショートやロングを装着して歩いています。(汗)
以前に比べて『ヒールを装着しています!』っていう構えた感じが薄れて、
ほんとに7cm背が伸びたような自然な感覚で動いていられるようになりつつあります。
Posted by 奈美恵 at 2008年07月18日 14:34
奈美恵さんは、いつも自宅でヒール足袋を履かれてらっしゃるのですね?
私も練習がてら、履いていたのですが、ふとした瞬間、マジックテープが緩んでいてヒヤッっとさせられました。
テープが緩んでいる事に気付かないと、すごく怖いですね?
足袋の足首のあたり内側にゴムひもを付けてファスナーをあげた時、足首のテープを押さえ込む工夫をしようと思います。
テープが剥がれなくなりますし、足袋とヒール芯のブレもなくなると思います。
せっかく高いヒールで素敵になれるのに、怖い思いをするのはつまらないですもの。
足袋底のゴムの力をしっかり使おうとしたら、固定力が大切な事、よくわかりました。
私の感じでは、卓球ラバーの底より皆さんの液体ゴムの方が強力にかんじましたよ。
密着性が良くて安心できますよね?
Posted by 祥子 at 2008年07月23日 21:20
祥子さん、
>卓球ラバーの底より皆さんの液体ゴムの方が強力にかんじましたよ。
そう言ってもらえると嬉しいです。
普通に売られているヒール芯の2倍の7cmヒールで行動するためには、絶対に強力パワーがないと安心できないんですよね。
私はオチビさんなのでヒール足袋は強い味方なんです。
ヒール足袋がハンデにならないようにパワー底は必須なんですよね。
長芯ヒールと出逢えてなかったら晴れやかな気持ちで着物は着れてないと思いますよ。
最初は長芯の弱点でイヤな思いをしたけれど、ユキさんやはるみさんのアドバイスでスペシャル化できたし、
人前でもヒール足袋の使いこなしが上手くできるようになれて嬉しいです。
専用足袋の足首にゴムひもを入れるアイデア、良いかも。
足首を安定させれば高いヒールだって正確にコントロールできるでしょうから。
Posted by 奈美恵 at 2008年07月24日 01:57
私のユキショート、暑さでトラブルになっちゃったんです。
夏物にショートを合わせてお出かけしたところ、道中でフチゴムが蕩けた感じになりました。
草履の上面にゴムの破片が貼り付いてしまって、目的地に着く頃には模様の殆どが潰れて丸坊主になってしまって。
お座敷の玄関に入る頃には温度が下がったみたいで、ゴムは再び硬くなってましたが、
室内に上がらせてもらうと、ついさっき自宅の廊下で使ってたパワーが出せなくて、すごく不安でした。
去年の今頃は平気だったのに、まさかフチゴムが蕩けるなんて信じられません。
ゴムが完全に取れてバイアステープむき出しのところで踏むと、滑る感じがしてとても怖い思いをしました。
畳の部屋だとシート底が支えてくれるので良かったのですが、いつ滑るかと不安で、最悪のお出かけでしたよ。
Posted by ユキ at 2008年07月25日 21:40
ずっとユキショートのパワー底の補修に没頭してました。(汗)
補修というより塗り直しでしたね。
蕩けずに残ったフチゴムがバイアステープから上手く剥がせなくて苦労しました。
液体ゴムを塗り直して模様を押し付けても、以前のような強力なパワーが出せなくて、
何度も模様を埋め直しては押し付けの繰り返しでしたよ。
人前で7cmヒールを装着するからには、パワーだけは妥協したくなくて。
背の小さい私でも7cmヒールのおかげで人並みになっていられると思うと滑ったりグラついたりするのは嫌ですもの。
なんとかパワーが復活したのですが、急ブレーキしちゃうと以前より少しブレてしまいます。
いっそのこと、全面をゴムで塗ってパワーを強化したい気持ちです。
奈美恵さんは、全面ゴムのカバー装着したまま畳の上ですごされた事はありましたか?
Posted by ユキ at 2008年08月01日 17:51
遅くなってすみません。
ナミカバーは、いつも装着してお出かけするわけではないので自宅以外では畳で装着した事はありません。
天候が良くない時に装着して行って、お座敷に上がらせてもらう時に外していますので。
全面模様ゴムだとパワーが強力だし7cmヒールの快適性UPには効果的なのでしょうね。
自宅でのテストでは、フチゴムではブレてしまう廊下のワックス上でも全然平気でした。
畳の上では装着するの、気が引ける感じですが、あのパワーがあれば安心なんでしょうね。
カバーじゃない全面ゴム仕様、作っちゃおうかしらなんて思いました。
全面ゴムにして、少しパワーを抑えるように作れば畳の上でも平気になりませんか?
Posted by 奈美恵 at 2008年08月03日 16:08
思い切ってユキショートのパワー底、全面ゴムにしちゃいました。
以前のフチゴムの時と同様の模様を押し付けちゃうとパワーが強力すぎてもいけないので、
粗い感じの模様を配置して控えめのパワー仕様を目指しました。
テスト装着してみると、全面ゴム底の効果なのか、粗い模様でもパワーがアップしているように思えました。
まずは成功なのですが、畳の上で全面ゴム底足袋を装着する後めたい気持ちがあって複雑です。
パワー加工したヒール足袋に慣れてきて、長芯を初めて装着した時の後めたい気持ちを忘れてたのが甦りました。
後めたい気持ちを抱えながらでも、背の小さい私が7cmヒールを装着する為には仕方がないのです。
マナー違反かも知れませんが許して下さいね。
Posted by ユキ at 2008年08月09日 14:19
ユキさんのは、全面ゴムになったのですね?
卓球ラバー底の時は、高いヒール芯も入れていないのに今のフチゴム底よりも非力でした。
ただ足袋の布底に直接貼り付けていただけだったので工夫が足りなかったのでしょうか。
今のヒ−ル足袋は、みなさんの過去コメントを参考にさせてもらったので、かなり強力ですね。
スポンジ内底とシート底の厚みがゴムの密着力をサポートしているんですよね?
それに足が芯の上に乗っているので床の感覚は伝わらないのですが、爪先側の芯が薄くなっている所も
スポンジとシートがクッションになってくれているので快適にお出かけしていられます。
ヒール足袋にしてから足の疲れがほとんどなくなりましたよ。
Posted by 祥子 at 2008年08月10日 23:44
祥子さんも立派なパワーヒール足袋ユーザーですね。(笑)
ヒール足袋って、買ったままの姿だと足が疲れちゃいそうなイメージなのですが、
パワー底、爪先ポケット、足首テープなんかで武装したスペシャル仕様だと平気ですよね?
背が高くなれて普通以上に行動していられる点が、疲れを感じさせないのかも知れないですが。
室内でも背が高くなっていられる道具なんて、ヒール足袋くらいのものでしょう。
私的には、そこがいちばん魅力を感じている部分なのかも。
売られているヒール足袋に工夫しているだけって思えば、ユキさんもマナー違反の事なんて気にしないでよいと思います。
むしろ人前でパワーが効かなくて滑ったり転びそうになるほうが恥ずかしいのかも知れませんし。
Posted by 奈美恵 at 2008年08月11日 15:10
奈美恵さんの仰るとおりかも知れませんね。
全面裏ゴム仕様になったユキショートを装着して初のお出かけをしてみました。
いくぶん和らいだけど日差しは強いのでゴムのトラブルが心配でしたが、
照り返しの加減なのでしょうか、ゴムが溶ける事はありませんでした。
全面ゴムの効果は草履のキープ性で体感できましたよ。
3cmの低い方の草履でしたが、足に一体感が出て歩きやすかったです。
これなら5cmの高い方の草履でも歩けそうです。
ヒール足袋と合わせると7cm+5cmだったら12cmも背が高くなれますもの。(汗)
お座敷では、やはりパワーの強さも体感できました。
すごく喰い付き感が高く動きがラクラクでしたね。
マジックテープも新品に交換しておいたので強力なパワー底を上手くコントロールできる感じでした。
やっぱり最強秘密道具ですよね。気分良くお出かけできました。
Posted by ユキ at 2008年08月15日 22:35
二日続けてお出かけしたのは初めてかも知れません。
それくらいニューユキショートを装着するのが楽しみなのでしょうか。(汗)
ずっと使っていなかった5cmヒールの草履を履いていきました。
高い草履だと鼻緒に体重が集中している感じがするのですが、
ユキショートには爪先ポケット内にスポンジを入れているので痛くなりません。
少し長い距離歩いても裏ゴムが草履の上面をしっかりキープしていてくれるので安心できました。
お座敷では高い草履を脱いだせいもあって、7cmヒールがすごく安定している感じでした。
気分がすごく良くてマナー違反のうしろめたさなんて忘れていましたね。
Posted by ユキ at 2008年08月17日 00:48
しばらくご無沙汰していたら、お気に入りからアクセス出来なくてやっと辿り着きました。(汗)
私もナミショートに全面ゴム底加工しちゃいましたよ。
ナミショート+全面ゴム底カバーの時よりナミショート単体で全面ゴム底の強力パワーが使えるので、
すごくダイレクトな感覚でコントロールが楽ですね。
カバーよりパワーを抑えた模様付けに苦労しましたが、畳の上でもワックスの廊下でも平気です。
パワーが強化されると7cmヒールとは思えない安定感UPを感じます。
お出かけが楽しみでなりません。(汗)
Posted by 奈美恵 at 2008年08月24日 20:00
> しばらくご無沙汰していたら、お気に入りからアクセス出来なくてやっと辿り着きました。(汗)

朔です。ブログアドレスが違うものに突然変わってしまい、私も大慌てで調整と問い合わせ中です。ライブドアシステム上でいろいろあったのかもしれませんが、近日中になんとか致しますね。ごめんなさいっっっ(汗)

奈美恵さんは、いったいどのようにして見つけてくださったのでしょう?
私は、自分で記事が探せないので管理画面から返信しています。

みなさまのスペシャルがますますパワーアップして、着物ライフを大いにエンジョイされているのを、書き込みを時々読んでは嬉しく思っています。

前のお気に入りのアドレスに、できるだけ早く戻しますのでしばらくお待ちくださいませ。
Posted by omiyagejapan at 2008年08月25日 00:02
お久しぶりです。
ちょっと前まではパソコンの電気を入れる度にこちらのコメントをチェックしていたのですが、
最近サボってしまってて、アクセスしようとしたら『404何とか』って出て、
左下に、いつもの『ヒール足袋セット』の写真が出なかったんです。
心の支えが無くなった気がして、すごいショックでした。(←オーバー)
『受ける!喜ばれる!』や『ヒール 足袋』、『最強秘密道具』、あらゆるキーワードでググりました。(汗)
見つかって、一安心。閉鎖とかじゃなくて良かったです。(笑)
パワーアップの件は、こちらが貴重な情報元となっている事に感謝しないといけないと思っております。
使い勝手がすごくアップした秘訣は、やはりパワー底の強化でしょうね。
美月さんも、ムリせずコツコツ仕上げて欲しいです。
パワーが強力だと絶対安心だし、着物を着るのも楽しいですよね。
Posted by 奈美恵 at 2008年08月25日 00:37
奈美恵さん、そしてパワーヒール足袋の皆々様

なんとか元のアドレスに戻しました。ご心配掛けてごめんなさい。
ちょっびっと「ライブドアったらぁ〜っっっ!!」と怒りの夜を過ごしてしまいました。

それにしても、奈美恵さんの「ググり力」はすごい。私は、あわてちゃって何も出来ませんでした。

私は、あまり顔を出しませんが、そんなことには遠慮せずおおいにヒール足袋談義に花を咲かせてね。こちらからもお願いします。
Posted by at 2008年08月25日 16:57
↑そんな経緯があったんですね。(汗)
しばらくご無沙汰していた間にユキさん、奈美恵さんのパワー底が全面ゴムにパワーアップされてたなんて。
私のフチゴムだと敵わないパワーなんでしょうか。
全面ゴムだと耐久性もアップしそうなんで、私のもトライしますね。
仕事で酷使しちゃうと真ん中のシート底の繊維が削られてしまってパワーが出せなくなります。
全面ゴム底だと強力パワーが長持ちしそう。
私の場合は畳の上でも平気で早足とか急ブレーキでパワー使っちゃうそそっかしいところがあるので、
模様の付け方を控えめにしないと。(汗)
でも7cmハイヒールを安全に装着する為にはパワーが強力な方が気持ちいいですものね。
どんどんパワー強化にトライしていきたいです。
Posted by はるみ at 2008年08月28日 10:58
私もご無沙汰してました。(汗)
こちらがもしも閉鎖なんてなったら辛いですね。
はるみさんのスペシャルにも是非、全面裏ゴム化をおすすめしちゃいます。
やっぱり長芯の場合はパワー底が無いと不安になりますし、
7cmまでハイヒール化加工したスペシャルならなおさらグラつきの不安まで解消していたくて、
強力なパワー底で安心していたいと思うのは当然ですから。
シート底の厚みの上から全面ゴム加工しているので、床への喰い付き性がとっても強くて、
ヒールがグラつくようなピンチになっても踏ん張れる安心感がありますね。
パワー底が強力になったので足首テープも二重にしたり、爪先ポケット内のスポンジを増やして工夫していますよ。
二重テープだと早足しやすいし、スポンジで体重が受け止められると急ブレーキの時にすごく安心です。
Posted by ユキ at 2008年08月29日 15:34
いつも参考にさせてもらってまぁ〜す。(笑)
パワーを強化するだけではダメなんですね?
よく急ブレーキしちゃうので爪先ポケットのスポンジは助かっています。
足首のマジックテープが新品に近い時限定の高い安定性も気持ちいいし。
工夫し出すと止まらないのが良いみたいですね。
『ここが今ひとつだから、こうすれば良くなる・・・』とか考えている時が楽しいし、
実際に仕事で装着してみて効果がちゃんと現れてくれると、
『やっぱりスペシャル化していて良かった!』なんて、
ニンマリしちゃいませんか?
あっ、ヒール足袋で仕事って、私だけですよね?
でもパワー足袋だからこそ仕事で酷使しても耐えてくれるし、安心なんです。
Posted by はるみ at 2008年08月30日 10:07
私もお出かけの種類によって、たまにお客様のお世話とかをしないといけない事があって、
その状況とはるみさんの状況を重ねてみました。
仕事ではないけれど、忙しく動き回る事もあったりして、
そんな時はナミショートのパワーがすごく頼もしく感じますね。
お出かけ専用だけど、7cmハイヒールを装着するからには、パワーをベストの状態に保っておかないと。(汗)
着付けの前にヒールを装着した時は、必ず裏ゴムのパワーチェックしちゃいますよ。
その時点で異常が見つかっても遅いので、お出かけの前日にもチェックしますけど。(笑)
オチビさんな私にとっては、それくらい大切な宝物になっていますね。
ヒール足袋を装着していても活発に動いていられるのって、
オチビさんならではの特技だと思って、逆に自慢したいです。
ノッポさんたちの普通の足袋には絶対負けませんよ!(汗)
Posted by 奈美恵 at 2008年08月30日 17:36
私も背が低いので、『高い人に負けるもんか!』って気持ちがスペシャルヒール成功のカギだと思っています。
成功といっても、挫折しそうになった事もあっての今現在のユキショートなのですが。(汗)
市販の3cm短芯ヒール足袋だと誰でもすぐに履きこなせるのでしょうけれど、
7cmにアップしたスペシャルは、『慣れ』が必要ですよね。
いくら足首テープでギュッっと固定してもグラつきが怖いので常にヒールを床から浮かせてる感じとか、
不意にグラついてしまった時のスムーズな対処法も身につきましたもの。
本番では絶対に失敗したくないので、暇さえあれば装着して練習しています。
前後の動きは平気ですが、横方向のブレーキが完全にマスターできてなくて、集中的に練習を重ねています。
もうすぐユキショートからロングの季節なので、ロングも手直ししないと。
涼しくなると裏ゴムが硬くなってパワーが出せなくなるので、全面ゴムでもショートよりパワーを少し強化しておきたいですね。
Posted by ユキ at 2008年08月31日 15:10
そういえば、皆さんはショートタイプとロングタイプをお持ちでしたね?
秋〜冬の事を考えると、私もロングタイプを作ってみようかなって気持ちです。
ヒール足袋経験の浅い私としては、冬場の状況が想像できていません。
冬、布底の足袋だと足の裏が冷たくて大変でしたけど、卓球ラバー底でも変わりませんでしたから。
その点、爪先にポケットがあって、足の裏と床の間に何枚も重ねてるヒール足袋なら、
冷たさには相当強そうなイメージを持っています。
そう考えるとパワーヒール足袋って、あらゆる面で優れていますよね?
皆さんの過去コメントを参考にパワーヒール足袋と出会えた事を嬉しく思っています。
ヒール足袋が履きたくて着物を着る機会が増えました。(汗)
↑(汗)って、こういう時に使うのですね?(笑)
インターネットとかメールって、慣れていなくてすみません。
Posted by 祥子 at 2008年09月01日 13:32
祥子さん、
足袋の上の部分って、着物の裾に隠れてしまいますが、冬場とか寒い屋外では、
ロングの方が安心感がありますよね。
お裁縫が得意そうだし是非ロング作ってください。
パワーヒール足袋って、やっぱり普通の足袋より優れてると思いますよ。
私もお庭のビニールシートで催しとか体験してみたいです。(汗)
ユキさんの体験を元に、自宅の庭にピクニックシートを敷いて乗った事はありましたが、
ひとりだと感じが出ませんね。
凹凸のあるビニールシート上で開催して欲しいです。(笑)
パワーヒール足袋を装着していれば、足裏は長芯ヒールの硬いプレートやシート底の厚みで完全ガードされていますもの。
Posted by 奈美恵 at 2008年09月03日 20:06
こんにちは。
奈美恵さんのコメントを見て、ロングブーツタイプを作り始め、やっと完成しました。
冬用ロングなので暖かくしたくて裏地を選んでみたり、何足か作った自作足袋の中では一番拘りました。
生地を多く使ったせいでしょうか、手に乗せるとズッシリ重くて、ほんとにロングブーツみたいです。
ストレッチ生地でファスナー留めなので、今回は型紙を小さめにして裁断、縫製しました。
ショートタイプは少し大きくてシワが目立つので、その反省からロングタイプはピッタリさせたくて。
ロングを履いて鏡に映して見ると、シワの有り無しでガラッっと印象が変わる事に驚いています。
Posted by 祥子 at 2008年09月10日 13:04
コメントが長くなりそうなので分けさせてくださいね。
着物も着ずにスカートのまま試着しているのって、他人が見ると滑稽でしょうね。
でも膝から下がほっそりしていてほんとにロングブーツ履いてるイメージです。
着物の裾に隠れてしまうのにロングだと自己満足度は十分ですね。
ショートタイプを使ううち、ヒール足袋の動きにも慣れてきたので、底は強力な全面ゴム仕様に加工しました。
まだまだ初心者なのに全面ゴム底なんて生意気で、すみません。
でも、高いヒールでお座敷の中をスイスイ動けるようになると、パワーに余裕が欲しくなる気持ちもわかってきましたよ。
やっぱりパワーに余裕があると、すごく気持ちいいですね。
早足しても平気ですし、急ブレーキだってしっかり止まれますもの。
早くロングタイプでお出かけしたい気持ちです。
Posted by 祥子 at 2008年09月10日 13:27
お部屋の中で7cmも背が高くなれて、しかも不自由なくスイスイ動けているのって、
やっぱり気持ちいいですよね。(笑)
背の低さが、どこかしらコンプレックスな私が唯一、積極的に強く変身できる瞬間なんですよね。
美月さんの書かれた『最強秘密道具』っていうタイトルの響きがすごくお気に入りなんです。
改良に改良を重ねた結果、『無敵秘密道具』って言ってもいいんじゃないでしょうか。(汗)
私は冷え性なので、どちらかというとロングに安心感を感じます。
足首のマジックテープを締め付けても痛くならないように、夏場でもタイツを下に装着していましたが、気温が高いところでも平気でした。
夏場のタイツ着用の不快感を差し引いてもパワーヒール足袋装着は気持ち良く感じています。
Posted by ユキ at 2008年09月13日 19:57
ロングタイプでお出かけしましたよ。
自宅で練習で履いている感じと本番で履く感じは、緊張感が違っていて気持ち良いですね。
ショートタイプのゴム底より数段強力にセットしたので玄関からの廊下を歩いていても安定感がありました。
畳のお部屋に通された時、入るのを躊躇うくらい強力なパワーでした。
ピッタリサイズの足袋本体もヒールの安定性向上に役に立ってる気がしましたよ。
足首テープの緩みを防いでいてくれる感じで、家に帰り着くまでテープの緩む感じは全然しませんでした。
爪先のラインもスッキリ尖がったスタイルで、きまっているように思います。
パワー足袋でお出かけしてると、つい気になって足先の方を見てしまってるように思いますね。
ベテランの皆さんは、そんな事ありませんか?
Posted by 祥子 at 2008年09月14日 20:29
ベテランってわけじゃありませんが、私もチェックは、してるようですね。
最初、ヒールの高さに違和感があってグラつくのが心配で、つい股を開いて立っていた感じだったので。
足首テープを改良したり練習を重ねて、股を閉じても立てるようになりました。
やっぱり足首テープが重要に感じますね。
いくらパワー底を強化していてもグラつく不安があれば動けないですよね。
足首のマジックテープをしっかり締めようとしたら痛み対策のタイツも装着していないと心配ですから。
タイツ、テープ、パワー底、全てが絡み合って成功や安心に繋がるようです。
どれが欠けても上手く動けないデリケートさもパワー足袋の魅力かしら。(笑)
すごいパワーの持ち主なのにデリケートだなんて、おかしいかも知れませんね。(汗)
Posted by ユキ at 2008年09月16日 20:17
たしかにデリケートな面も持っているのかも知れませんね。
お出かけ先で動いている最中に足首テープが緩くなってきてグラつきが酷くなり怖い思いをしてからは、
テープの状態はベストコンディションをキープしていないと心配です。
せっかくパワー足袋で素敵に変身してお出かけしてるのに、絶対失敗したくないですもの。
テープが緩んだ時の事を思い出すのも辛いです。(汗)
普通の足袋の人たちはスイスイ動いてるのに自分だけがグラついて自由に動けず嫌な思いをしましたもの。
パワー底自体は喰い付いてくれるのに固定がしっかりしていないと逆効果になっちゃうみたいでした。
歩くスピードも遅くなり、早足や急ブレーキなんてもってのほかって感じ。
今は、マジックテープをたくさん買って持っていて、少しでも気になる時には迷わず交換していますよ。
Posted by 奈美恵 at 2008年09月18日 21:39
近くのホームセンターで工事用のブルーシートを衝動買いしちゃいました。(汗)
ピクニックシートより大きいのが欲しかったんです。
春先から装着していなかったナミロンのパワー底も、全面ゴムに加工し直していたので、テストがてらブルーシートに乗りましたよ。
本当はお出かけ本番で体験したいのですが、ピクニックシートより広いのでテストしやすい感じでした。
秋から冬場に活躍するナミロンには特別強力に仕上げていたくて模様を工夫した結果、ナミカバーにもひけをとらないパワーになりました。
ナミロンだとブルーシートの上でも楽々でしたね。
足裏は長芯の硬いプレートがガードしてくれるのでシートのゴツゴツが気になりません。
広いシートだから早足とか急ブレーキもテストできましたよ。
ナミロンの強化パワー底なら、ブルーシートにもしっかり喰い付いてくれて急ブレーキしても平気でしたよ。
Posted by 奈美恵 at 2008年09月24日 15:04
奈美恵さん、すごいですね。
テストのためにブルーシートを買っちゃうなんて・・・。
お庭のお花見の時、ユキスペはスプレーゴムを吹いただけの簡素なつくりだったけど、
まだ初心者でヒールも低かったあの時期は満足していたんですね。(汗)
室内なら畳も廊下も真ったいらなので長芯が足裏をガードしてくれる感じは少ないのですが、
ゴツゴツしたブルーシートの上だと硬いプレートは絶対に有利ですよね。
凸凹を踏んでもグラつきは平気でしたか?
奈美恵さんのコメントから想像すると、ユキロンやユキショートなんかより圧倒的パワーでテープの固定力や安定性も、
すべて優れている気がしてなりませんよ。(汗)
私のユキロンもブルーシートの上で早足や急ブレーキ出来るのかしら?なんて思います。
もっと強力なパワー底に加工したいなって思います。(汗)
Posted by ユキ at 2008年09月30日 01:40
しばらく覗いてませんでした。ごめんなさい。
私のスペシャルだけが圧倒的パワーって事はないと思いますよ。(笑)
元々3cmのヒール芯を倍の7cmにして装着するためのパワー底なら、
ユキさんのスペシャルだって相当ハイパワーでなきゃ使いづらいと思います。
涼しくなってきて、ナミショートを来春までお休みとして、専らナミロンでのお出かけ中心になりました。
今春からお休みさせていたナミロンにもショートと同じ加工を施してるはずだったのに慣れるまで戸惑いもありました。(汗)
メインのヒール芯はショートもロングも共通で使ってますが、パワー底の感覚やフィット感の違いがあるみたいです。
久しぶりに急ブレーキテストしたところ、ナミショートだと余裕で止まれるポイントに止まれなくてドキッっとしました。
『やだぁ!止まれない!』なんて言いそうなくらい怖い思いでした。(汗)
お出かけにそなえて強化しておかないと心配です。
Posted by 奈美恵 at 2008年10月12日 11:29
久しぶりにロングでお出かけしました。
奈美恵さんの仰るとおり、ショートのパワー底でサポートされていて急にロングを使うとパワー感が違います。
そこそこパワーがあるので大丈夫だと思って出かけました。
でも玄関に上がらせてもらったとき少し喰い付きが弱くて滑りそうになってヒヤッ!っとする始末。
ヒールのグラつきまで出て、ショートのときのように動けませんでした。
足元が不安定だと楽しくないですね。
お話しとかしていても急にヒールの事が気になって我に返らされたりして。
グラつきを繰り返すと固定テープがすぐに緩くなるし悪循環ですね。
化粧室でテープを付け直すとき、『いっそ、ヒール芯を外しちゃおうかしら』なんて考えました。
でも、着付けの時7cmヒールに合わせて裾を長めにしてるので外すのは諦めました。
とても辛いお出かけでした。
Posted by ユキ at 2008年10月19日 18:28
ナミロンを強化したくて、裏ゴムを塗り重ねて少し厚くしてみました。
爪先から踵まで10回くらい塗っては乾かしてを繰り返して、仕上げに模様を深めに押し付けちゃいましたよ。
ドーナツ模様の中心の突起がすごく柔らかくて床に密着するのがよくわかります。
今までのナミロンでは、いちばん強力なパワー底に仕上がっていると思います。
テスト装着でいつものように早足とか急ブレーキをしてもビクともしない感じです。
でも逆にパワー底が喰い付く分、足とヒール芯の固定がブレる感じが酷くてマジックテープを幅広の物と交換しました。
幅広だときつく締めても足首に全然食い込まなくて、タイツさえ装着していれば痛くはなりませんでした。
足とヒール芯が一体化したみたいで、激しく動いてみてもグラつきにくくなりましたよ。
早足では物足りず、廊下を走っても平気でしたよ。
ワックスで滑りやすいはずなのに走れましたよ。
Posted by 奈美恵 at 2008年10月22日 20:06
続けてごめんなさい。
自宅は広くないので廊下を走っても、ほんの数歩だけなので、すぐに急ブレーキしないと壁に当たります。(汗)
早足より速いスピードを出していても壁の手前でピタッ!っと止まれたのには感動しちゃいました。
どこかの大広間みたいなところで全速力を試してみたいです。(汗)
テスト中、敷居を踏んでしまったのですが、厚底なので凹凸を感じない程のガード性ですね。
これだけ活発に動けてガード性も高いと、すごく御機嫌になっちゃいます。
厚底ならゴム面がすごく柔らかいので、畳の上でも早足くらいのパワーなら使っても平気みたいです。
パワー足袋への思い入れ、ますます強くなりました。
もう、どこへお出かけしても大丈夫かなって思うほどです。
Posted by 奈美恵 at 2008年10月22日 20:22
畳の上で早足が出来て、しかも余裕のパワーだなんて羨ましいです。
厚ゴムって良い事づくしですね。
敷居の凹凸を感じないガード性なら無敵ですよね。(笑)
かなりゴツゴツしたお庭のブルーシート上だって乗れる安心感でしょうか。
私も厚ゴム加工に挑戦しちゃいますね。
草履の鼻緒を余裕があるように細工し直してもらっているので、爪先から厚ゴムにしても草履が履けますから。
ヒール足袋で草履を履いた時の鼻緒への体重集中が緩和されます。
鼻緒を緩くしてもらうと草履が脱げやすくなりそうですが、裏ゴムがキープしてくれるので平気ですよ。
何かと不安の多い和装の時でもパワー足袋ならしっかりサポートしていてくれる感じが頼もしいですよね。
Posted by ユキ at 2008年10月25日 14:28
私の場合も草履の鼻緒問題は大丈夫です。
パワー足袋を快適に使いたいので、足袋に合わせて草履を作ってもらいました。
厚底ゴムにする前の話ですが、鼻緒に余裕があるのでキツくはありません。
草履の採寸の時はナミロンを装着した上にナミカバーまで重ねて行きました。
草履を作ってもらうためだし、秘密の裏ゴムの事もあらいざらい職人さんに話す覚悟でのぞみましたよ。(汗)
短芯ヒール足袋に合わせた草履のオーダーは何件かあったそうですが7cm長芯+裏ゴムなのは私が初めて。
草履の柄が裏ゴムに擦られても負けないようにコーティングまでして下さいましたよ。
Posted by 奈美恵 at 2008年10月27日 14:31
言われてみると私の草履の足が乗る部分、なんとなく柄の色が薄くなってしまっている感じです。(汗)
着物でお出かけする時はパワーヒール足袋装着で、草履も専用にしていますから、
いつもパワー底のゴムが柄に当たっているわけなのでしょうね。
草履を履いた状態でもグラついたりしない練習もしてるので、柄にも負担が掛かってるのでしょうか。
お座敷でパワーヒール足袋だけで動く時は、割と自由に動ける自信が出来てきたのですが、
7cmヒールに草履の5cmヒールがプラスされてるとお座敷の上と同様には動けません。
駅の階段とか、バス停の手前でバスが来てしまった時なんかは、無理出来なくて諦めちゃいます。
背の低い私を変身させてくれる素敵なパワーヒール足袋だし、動きでは誰にも負けたくないし、もっと改良したいです。
Posted by ユキ at 2008年10月30日 17:29
ユキさん、

>動きでは誰にも負けたくないし・・・。

工夫と練習の積み重ねなんですよね。
いくら裏ゴムにパワーがあっても、足首テープがしっかりしていても、
急に渡されて装着したって、慣れていない人だと立っているのがやっとだと思いますよ。
でも、従姉妹に初装着でスムースな動きをされてしまった時は少しショックでしたけどね。(汗)
『親指の付け根あたりを意識してるとグラつかないわよ』ってアドバイスしてあげただけで、
ヒール部の裏ゴムを上手に浮かしながら早足していました。
急ブレーキの時は土踏まずの外側だけを使う感じだと、つんのめりにくくて爪先にも体重が集中せず安心して止まれますよね。
以上、二つの技を使うだけで誰にも負けない気持ちになれます。(笑)
Posted by 奈美恵 at 2008年10月31日 16:47
奈美恵さんが開発された厚ゴムパワー底ってとても強力ですね。
厚みのある分、ゴム質がとっても柔らかく仕上がる感じで、押し付ける模様も深く刻めるので、いままでのユキロンには出せなかったパワーです。
柔らかい裏ゴムだと、畳を傷つける心配もなくなりました。
実際、畳の部屋で早足しても『ザクッザクッ』って耳障りな音が出なくなりましたもの。
今までは、グラつきそうになった体勢を立て直そうと踏ん張っただけで、フチゴムが畳を傷めつけて音を出していたみたいです。
急に和室から廊下に飛び出したりしてもパワー感が落ちない感じも良いです。
畳の上で早足してワックスのきいた廊下で急ブレーキなんて離れ業も出来ますよ。
試しに布底の普通の足袋で歩くとツルツル滑ってしまう廊下なのに、ユキロンだとビクともしませんでした。
これからの寒い季節、ユキロンでお出かけするのが楽しみです。
Posted by ユキ at 2008年11月04日 00:49
お久しぶりです。
私は卓球ラバー底の足袋を過信しすぎてワックスの廊下で転んだ経験があります。(汗)
『ギュィッ!』って変な音が出て一瞬で転びました。
その時に比べると先輩方の工夫を参考にさせていただいたパワー足袋なら全然平気なのがすごいです。
ヒール芯を入れているのにパワー底の喰い付きが強いから不安なく歩けます。
でもワックスの廊下で早足や急ブレーキが出来るレベルには達していなくて、もっと練習と工夫が必要です。
初心者なのに私も厚ゴム加工させてもらってもいいですか?
上手く使いこなせてないうちから強力な裏ゴムで人前に出るのも危ない気がします。
パワー足袋で人前に立っていると、裏ゴムで他人に迷惑かけないかと、いつも気にしてしまいます。
Posted by 祥子 at 2008年11月06日 23:08
私は過去にパワー足袋で他人の足を踏んでしまいました。(汗)
私の体重を常に7cm持ち上げていられる硬さのヒール芯で後にいた人の爪先を踏んでしまって。
普通の布底で踏まれるのとパワーの強い裏ゴムで踏まれるのとでは、痛みだって違うでしょうね。
でも、私はパワーヒール足袋で素敵に変身したいです。
お出かけ時間の何倍も練習してきたので上手に使いこなす自信もありますし。
祥子さんも練習を重ねて、人前でも堂々と振る舞えるようになると良いですよ。
どちらかと言えば早足よりも、他人とぶつからないための急ブレーキの方が大切。
パワー足袋なら、上手にコントロールすればあれほど安全な物は無いと思います。
Posted by ユキ at 2008年11月07日 17:11
私のも、厚ゴム仕様に加工しましたよ。
足袋を履いて、真っ先に敷居を踏んでみました。
やっぱり凹凸を感じないですね。
クッション性があって足の裏が以前より楽になった感じです。
ゴムを塗り重ねると少し濃いグレー色になってしまったのですが、白い足袋本体と底ゴムのグレーの対比に力強さを感じました。
本格的に練習し始めて二日目なのですが、短い廊下の壁の手前に目印を置いて、早足→急ブレーキを繰り返しています。
目印のところでギュッと止まれるのが嬉しくて。
奈美恵さんのアドバイスどおり、親指の付け根にある底ゴムを意識して早足、土踏まず外側で急ブレーキを心がけると、
自分なりにコントロールが上達したみたいで、お出かけが楽しみです。
次は、廊下のワックスを塗りなおして、滑りやすくしてみたいと思います。
どんなお座敷の床にでも対応できるなら、パワー足袋って優越感がすごいですよね?
Posted by 祥子 at 2008年11月10日 19:43
私の裏ゴムも薄いグレー色なので、着付けの途中で鏡の前でポーズして底チェックしちゃいます。(汗)
変身するんだ!って意気込みみたいなのが感じられます。
お出かけして、周囲の人にグレーの底を見られちゃいますが、最近は堂々としたものですね。(汗)
7cmヒール芯のおかげで周囲の人と同じくらいか、少し背が高いくらいになっていられて、
それでいて普通の足袋以上の強力な機動力みたいなのを秘めているのだし、
つい、気持ちも大きくなりがちな私なんですよね。(汗)
自分で言うのも何ですが他人が見ていない自宅では、日々、ヒール足袋の練習を重ねてるという自信があるので、
背の小さい私でも優越感を満喫していられるのでしょうか。
Posted by 奈美恵 at 2008年11月11日 13:55
私なりに練習を重ねて数回お出かけしました。
7cmも脚が長いのにスムースに動けるなんて、とっても気持ちいいですね。
ちょっと無理かな?って思ってグラつきが出ても、自然に次の動作が繰り出せる感じで、
高いヒールの恐怖感を感じなくなりました。
なよりも嬉しいのは、卓球ラバー底の時代と比べて数段強力な事ですね。
廊下のワックスの上でも全然平気でしたよ。
自宅でも、ちゃんと練習していたので、本番も安心でした。
自宅の短い廊下なんて滅多にワックスなんか掛けた事も無いのに、パワー足袋の練習目的で掛けました。
布底はもちろん、卓球ラバー底でも怖い廊下なのに厚ゴムのパワー底で早足と急ブレーキが出来ましたよ。
ヒール芯と厚ゴムのパワー足袋を合わせて手に乗せると、結構ズッシリ重みがあるので、逆に高級感も感じますし、今、私の一番の宝物です。
Posted by 祥子 at 2008年11月27日 00:28
『一番の宝物』って感じ、よぉ〜くわかりますよ!
私のナミロンとかもいろいろ工夫してきた結果、相当な重量級ですし。(汗)
ロングにいたっては、もはや足袋じゃなくロングブーツみたいですもの。
でも、装着時に気になる程の重さじゃなくて大丈夫ですよね。
いっそのこと、ヒール芯を装着して上に専用足袋のカバーを重ねて装着している今のやり方から、
本当のブーツを履くように一回で脱着できる物に進化させたいと思います。
7cmヒールをしっかりと固定する為にはマジックテープが必須ですが、
ファスナーの上げ下げだけで簡単に装着できたら、もっと素敵になりそう。
工夫の余地ありますよね?
それとワックス上での急ブレーキ、怖くなかったですか?
初めてやった時は半信半疑でしたが強力パワーのおかげで成功すると怖さなんてどっか行っちゃいますよね。
誰にも負けないわよ!って気持ちになりますもの。(汗)
Posted by 奈美恵 at 2008年11月27日 22:38
早足や急ブレーキがしっかりと出来るようになるとマジックテープの大切さがよくわかるようになりました。
練習の時、着物は着なくてもテープがキツく締められるようにタイツだけは穿くようにしています。
タイツ無しで練習していて横方向の動きでブレーキを使おうと踏ん張ったらヒール芯がブレてドキッとしたからです。
素足でテープを巻くと痛くて、それ以後はパワー足袋を履く時は絶対タイツも穿いて足を保護しています。
ロングタイプのパワー足袋だと、白やベージュ以外の色のタイツを穿いても着物の裾から他人に絶対見られることがないので、
おしゃれの冒険が楽しめますよね。
和装なのに黒いタイツを穿いているなんて、以前は考えられなかった事ですもの。
Posted by 祥子 at 2008年11月29日 18:17
いろいろと工夫してますが、ファスナーの上げ下げだけでヒール芯ごと装着するのは難しいですね。
7cmのハイヒール芯だと、しっかり足に固定できていないとグラつきが酷くて動けないですよね。
爪先ポケットと足首テープで固定する方法がベストみたい。
着付けの時、タイツを装着してポケットに足を入れてテープを留める感じって、
『これから変身するのよ!』って気がして、それを楽しんでいますから、固定方法は今のままが良いのかなぁ。(汗)
テープの調整が決まればグラつきチェックの為に専用足袋を装着せず動くようにしています。
グラつきチェックで滑ってしまう事も想定してヒール芯の裏も模様無しの裏ゴムにしています。
専用足袋の裏ゴムほどもパワーが出せないけれど、チェックの動き程度なら安心ですよ。
Posted by 奈美恵 at 2008年12月18日 17:09
ひと月以上も御無沙汰しちゃいましたね。
祥子さんも『立派なパワーヒール足袋使い』になられましたね。(笑)
奈美恵さんのは、ヒール芯にも裏ゴムがあったなんて、いちばん高性能みたい。
私も装着の時、いちばん気を遣うのが足首テープの締め具合です。
専用足袋を被せちゃうと調整しづらいので、ヒール芯だけの状態でベストにもっていきたいですもの。
その日のお出かけ中の様子まで想像して、草履の高さ、外ですごす時間の割合とかを考えて調整しますよ。
ヒールの高い草履で長時間歩いたりするとキツめにセットしていても緩んでくるようですね。
お座敷に上がってパワー足袋単体ですごす時は、あまり気になりませんが、
急に早足しないといけない時とか、咄嗟の急ブレーキを使う際の注意は必要ですね。
けっこう手間のかかるパワーヒール足袋だけど、背の小さい私にとっては最強秘密道具ですね。(笑)
Posted by ユキ at 2008年12月19日 14:54
外ですごしていると草履のグラつきとヒール芯のグラつきでテープの緩みが出ちゃいますよね。
長い時間のお出かけになりそうな時は足首テープの上に、さらに別のテープを巻いて専用足袋を装着したりしますよ。
練習で意識的に早足とか急ブレーキする時は何度でもテープを締め直したりできますが、
お出かけ中には何が起こっても良いようにしておきたいですものね。
今の厚ゴム仕様なら、どんな滑りやすいワックスの廊下だって滑らない自信がありますが、
テープが緩いとパワーが発揮できない感じです。
お出かけ中に急ブレーキを使うシーンがあり、その時テープが直せてなくてすごく怖い思いをしましたから。(汗)
専用足袋の中でヒール芯がブカブカと動く気がして、おとなしくすごすより他なかったですね。
パワー足袋のすごい力を見せようと思ったのにできなくて凹みました。
Posted by 奈美恵 at 2008年12月21日 00:48
最近、お出かけの場面がなくて、練習もサボっていました。
久しぶりにパワー足袋を引っ張り出して練習してみました。
間が開くと初心者に戻ってしまった感じでヒール芯のグラつきが酷く感じました。
タイツも穿いてテープをキツめに締めていても、早足できるようになるまで2時間もかかってしまって。
私ってドジですね。(笑)
早足ができても急ブレーキが怖くてかけられませんでしたよ。
裏ゴムは傷んでいないのに廊下で滑りやすく感じました。
ユキさんや奈美恵さんは相当練習されてるみたいに思えます。
やっぱりサボってちゃいけませんよね?
室内で7cmの高いヒールを履くのって特別な事ですし、人前で失敗しない為には普段の練習ですよね?
人目で、さり気なく優越感に浸っていたいですもの。
Posted by 祥子 at 2008年12月22日 19:20
↑誤:人目→正:人前でした。
恥ずかしいです。
人前でミスしないように、今日から練習再開していきます。
あと、気になるのがカーペットの上を歩く時なんですが、フローリングや畳は平気なんですが、
毛足の長いカーペットの上では裏ゴムの様子がおかしく感じます。
ユキさんや奈美恵さんの裏ゴムは強力な印象なので平気かも知れませんが、私のだと変に感じます。
床によって歩き方を変えたりされていますか?
今のままで、お出かけ時にカーペットのお部屋に通されたりすると、いくらパワー足袋履いていても不安です。
カーペットの上でパワーを出す練習しないとダメなんでしょうか?
Posted by 祥子 at 2008年12月23日 08:52
私もカーペットの上って、他の床と比べると滑りやすそうな気はしますね。
以前のフチゴム仕様の時は特に滑りやすい感じで、今の厚ゴム仕様でも幾分マシな程度です。
なので、畳や廊下の上とは違ってカーペット上では、かなり慎重になっちゃいますね。
毛足の長めのところだと裏ゴムが食い付かなくて早足や急ブレーキは控えています。
でも、『パワーヒール足袋使いのオチビサン奈美恵』としては何とかしたい気持ちです。
ゴム質を変えたり、模様の形、大きさ、深さを工夫してみたいですね。
少しでも不安や不便な部分を感じると、そこを重点的に工夫して乗り切ってきたので、
今回も工夫に取り組んでカーペット上での早足&急ブレーキを成功させたいですね。
祥子さんのおかげで、見落としていた弱点を克服できそうです。(笑)
Posted by 奈美恵 at 2008年12月23日 12:04
毛足の長いカーペット対策にはスポンジの内底が効くのでは?
畳や廊下に強い裏ゴムでも柔らかいカーペットには歯が立たないようですね。
硬いヒール芯のプレートが床の凹凸を掴み込むためには、芯と床の間で挟まっている裏ゴムが柔らかくないと上手くいかないのではないでしょうか?
スポンジの内底は厚ゴムの前から工夫していたのでカーペットに対しても苦手意識はありませんでしたよ。
厚ゴムに追加加工してからは、さらに裏ゴムが柔らかくなって、カーペットの上でも不安なく動き回れます。
奈美恵さんも祥子さんもスポンジを内底に敷いてみて下さい。
カーペットが怖くなくなりますよ。早足や急ブレーキだって自由自在!
それに、裏ゴムが柔らかいと、お出かけで普通の足袋の人と同席していてもお互い安心ですし。
パワー足袋で他人の足を踏んでしまった私のトラウマなのでしょうか。(汗)
Posted by ユキ at 2008年12月25日 19:31
スポンジの内底、忘れていました。(汗)
というのも、ヒール芯の下敷きになって弾力性が無くなってたものですから。
さっそく新品のスポンジと貼り替えました。
洋間のカーペットの上で早足と急ブレーキしちゃいました。
毛足の短い硬めのカーペット上だと全然滑りませんね。
毛足の長いほうの部屋に移動してテストしました。
まだ、ほんの少しブレる感じが残っていましたが、怖いって感じるレベルではありませんでしたね。
やっぱりユキさんのアイデアはすごいと思います。
練習の後は、裏ゴムの汚れを落としてあげるのですが、触った時のプニュプニュ感が気持ち良かったですね。
もう少し工夫して、毛足の長いカーペットでもブレさせないようにパワーアップしておきたいです。
Posted by 奈美恵 at 2008年12月27日 00:03
いつも参考にさせてもらってばかりですみません。
私のも、爪先ポケットのクッションに使ったスポンジの余りで内底に貼り付けました。
約5mmくらいの厚みなので同じ型を4枚切り抜いて2枚ずつ貼り合わせて1cmの厚みにしました。
奈美恵さんの仰るとおり裏ゴムに触ると、とっても柔らかくなりました。
早速、カーペットの部屋でテストしましたよ。
内底を敷く前と後では裏ゴムの食い付き力が違いますね。
全然ブレに強くなった感じで、初心者なのに動きが上達した気持ちです。
廊下に出て早足をしても、ヒール芯が床に当たる音が気にならなくなりました。
逆に『キュッキュッ』っていう、裏ゴムと床が擦れる音が目立ちました。
やっぱり『キュッキュッ』って音がすると、すごくパワーアップした気持ちになりますね。
今度のお正月は初めてパワーヒール足袋ですごすので、今から楽しみです。
Posted by 祥子 at 2008年12月27日 21:30
いつの間にか、お正月って感じですよね。
親戚の家で手伝いさせられるのをわかっていたら動きやすい洋服で出かけるのが普通なんですが、
パワーヒール足袋の魅力を知ってしまったからには、今度のお正月も着物とナミロンでお出かけします。(笑)
厚ゴムとスポンジ内底で今年のお正月の時より数段パワーは強化されてるはずですから、
張り切ってお手伝いしちゃおうかなぁなんて考えています。
『和装=大人しい』ってイメージがありますが、私は和装で活発に動くのも味があるのかなぁなんて思います。(汗)
裏ゴムや足首テープで完全武装のパワーヒール足袋だからこそ動けるのですものね。
失敗したくないので、カーペット対策を煮詰めておかないと。
目標を持って工夫すると張り合いがあって熱が入りますよね。
Posted by 奈美恵 at 2008年12月28日 17:26
新年、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

昨日は親戚の家に行っていて夜遅くなったのでご挨拶が今日になりました。
雪降りでしたがナミロン+ナミカバーで武装してたので寒くなかったです。
タイツも二枚装着していたからでしょうね。
でも、それが仇になってしまい、家の中でお手伝いで動き回っていると暖かすぎて汗だくになっちゃいました。
夏場もパワーヒール足袋を装着する時はタイツを重ねていても平気だったのに、ちょっと辛かったです。
パワーヒール足袋装着していると、やっぱり話題になっちゃいます。(汗)
なるべく裏ゴムを見られないように気を遣って座ってるのに、着物を着たおばさんたちは気になるみたいです。
履かせて欲しいって言われたのですが、脱ぐと着物の裾が7cm長くなるので、さすがに断りましたね。(汗)
でも、わいわいと楽しかったです。
Posted by 奈美恵 at 2009年01月02日 20:00
あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
奈美恵さんのパワー足袋、今年も大活躍されたようで、なによりですね。(笑)
私も初詣に行きましたが、やはり外は寒かったですね。
タイツの二枚装着っていうのには気が付きませんでした。
寒がりの私には良いアイデアかも。
親戚の方にパワー足袋の事を聞かれるの、仕方ないですよね。
奈美恵さんの動きが良かったせいなんでしょうか?(笑)
脚長のプロポーションで動きやすく工夫されたパワー足袋を装着していたら気になるのも仕方ないと思います。
そこが優越感を感じる部分なんですよね。
今年もどんどん工夫して完ぺきなパワーヒール足袋に仕上げて行きたいですね!


Posted by ユキ at 2009年01月02日 22:32
あけましておめでとうございます。ご挨拶が遅くなってしまって。
私にとってはパワーヒール足袋ですごす初めての記念すべきお正月となりました。
去年までは卓球ラバー足袋でしたから背が低かったのですが、パワーヒール足袋はすごいですよね。
さり気なくお部屋の中でも脚の長いスタイルですごせるので気分良かったですよ。
夜中に初詣に出かけましたが、寒いはずの屋外でも平気でした。
爪先ポケット内装だから指先の冷たさをガードしてくれますもの。
いつも工夫やアイデアを参考にさせてもらうばっかりなので、今年こそは私もすごいアイデアを考えてみたいです。
私の加工方法が良くないだけかもしれませんが、
草履の時のグラつきを抑える工夫に取り組みたいですね。
草履を履いて練習しないといけませんよね。
Posted by 祥子 at 2009年01月03日 21:26
やっぱりユキさんのアイデアは豊富なんですね。
草履の時のグラつきを抑える工夫をするためにヒール芯を足にフィットさせる事に目を着けたのですが、
過去のコメントを読み返すと『足の甲を包み込むポケット』のアイデアがありましたよね。
再度、じっくりと目通しさせていただきました。
ユキさんの工夫はフィット性の改善、奈美恵さんの工夫はパワーアップ、という印象を受けましたよ。
お互いに良い所を参考にして(良い意味で)すごいパワーヒール足袋に仕上げて来られた感じが、とっても気持ち良くて。
なので、私もすごい工夫でベテランユーザーに仲間入りしたいです。
Posted by 祥子 at 2009年01月10日 14:12
祥子さん、ありがとうございます。(笑)
言われてみると奈美恵さんの工夫はパワーアップに効果がありますよね。
たしかヒール足袋初装着で長芯が滑ってしまって辛い思いをされたとか?
無理にアイデアを見つけようとしなくても十分仲間入りされてますよね。
ラケットのゴムで滑り止めを装着されてたんですもの。
滑りたくないって気持ちがあれば大丈夫ですよ。
パワーヒール足袋って、裏ゴムはあまり傷んだりしないけど、足首テープのメンテナンスをしっかりしておきたいですよね。
着付けの前に、ヒール芯に足を置いて足首テープを締めると、心も引き締まる気がします。
私はキレイ(かどうかわかりませんが)に変身するの!って意気込みの湧く瞬間じゃないでしょうか?
専用足袋のファスナーを上げて裏ゴムのパワーを『グイグイ』って確かめると、着付け前なのに変身してしまった気になっちゃいます。(汗)
Posted by ユキ at 2009年01月10日 19:36
ユキさん

>たしかヒール足袋初装着で長芯が滑ってしまって辛い思いをされた・・

今から思うと、あの初装着の辛さは忘れられないですね。(汗)
普通に売ってるヒール芯って、たった3cmくらいの高さなのに、
信じられないくらい怖くて怖くて。
裏が滑ると踏ん張りが効かなくて、少々のグラつきでもすごく怖く感じるのでしょうね。
その時からすれば、今の7cmヒールで余裕の動きをさせてくれるのは裏ゴムのパワーがなせる業なのでしょうね。
裏ゴムなくして7cmヒール芯は語れないくらい絶対に重要な工夫だと思います。
でも滑らない裏ゴムを装着してるからと言って油断はダメ。
日々練習に励んでいきたいですね。
Posted by 奈美恵 at 2009年01月13日 23:10
お出かけの時、ちょっと嫌な事がありました。
まず、玄関からお部屋に向かう廊下では裏ゴムの力で歩きやすかったのですが、
お部屋の中はふわふわした感じのカーペットだったのです。
すぐにヒール芯がグラつきだして足首のマジックテープが緩んでしまいました。
足を上げるとヒール芯が重みで落ちそうに感じるほど緩んでいたようで、
テープを締め直すために化粧室に行くのも歩きづらくて大変でした。
そんな事があって、前から考えていた爪先ポケットの大型化を始める事にしました。
足の甲を包み込むポケットと足首を保持するテープも二本にしようと思って加工しています。
柔らかい床でもグラつかないようにしたいです。
Posted by 祥子 at 2009年02月05日 18:17
大型の爪先ポケットだとヒール足袋の弱点をかなりカバーしてくれると思います。
常に爪先に掛かってしまう体重を受け止めてくれますよね。
足の甲の型紙を作って自分の足型ピッタリに縫い合わせれば7cmヒールのグラつきも抑えられますよね。
ポケットの内側にスポンジを貼り付けておくと長時間装着する時、ずっと体重が掛かっていても安心です。
草履や下駄を履く時の鼻緒の痛みが無いのもポケットのおかげですよね。
パワーヒール足袋って、手を加えれば加えるほど快適に装着できるからやめられないですね。
Posted by ユキ at 2009年02月06日 21:18
私の場合も卓球ラバー足袋の時よりも手を加えている分、愛着がすごくあります。
爪先に体重が掛かりにくくするため、ヒール芯の上の面に滑り止め効果の高そうな中敷を貼り付けましたよ。
大型ポケットは、まだ付けられていませんがタイツを履いた足の裏とヒール芯が滑らず、
以前よりずっと快適にまりました。
専用足袋の裏ゴムですが、液体ゴムの上にシリコン系のゴムで模様を付けましたよ。
廊下のワックスを塗り直して、わざとツルツルにしてからパワーのテストをやりました。
布底の足袋ではヨチヨチ歩き程度しかままならない滑りやすい廊下でもシリコン模様だとスイスイ歩けました。
早足や急ブレーキも、おかげさまで思い通りにできるようになりました。
Posted by 祥子 at 2009年02月07日 18:18
祥子さん、シリコンのゴムでパワー強化、おめでとうございます。(笑)

>布底の足袋ではヨチヨチ歩き程度しかままならない・・・

ヒール芯を入れてない普通の布底でも怖く感じる事ありますよね。
そんな時、パワー底で武装してると、ほんとに頼もしいかぎりですよね。
今の厚ゴム仕様ユキロンでも完ぺきとは言えないまでも、ワックスの効いた危険な廊下でも安心ですが、
シリコンのゴム、試してみたくなりました。
畳のお部屋での装着でも大丈夫だと良いですね。
私の感覚では、廊下の上ではヒ−ル芯や裏ゴムの事は気にならないのですが、
畳のお部屋に入ってしまうと、ほんの少し『うしろめたさ』のようなものを感じてしまいます。
いまだに、初装着でお出かけした時のほろ苦い思いがよみがえります。
Posted by ユキ at 2009年02月08日 23:53
さっそくホームセンターに行ってシリコンゴムを買いました。
お風呂の水漏れなんかの補修用でしょうか?
裏ゴムの平らな部分に塗りつけても乾いて床と擦れてると剥がれてしまいそうな気がしたので、
たくさんあるドーナツ模様の溝に擦り込むように塗りました。
薄グレーだった裏ゴムに白いドーナツ模様がいっぱい出来て、デザイン的にもグーな感じです。(笑)
今までドーナツ模様の溝だった所にシリコンの出っ張りが出来たわけなんです。
パワーのテストを早くやりたいのですが、パワー足袋にとっていちばん大切な裏ゴムの部分なので、
念入りに乾くのを待って、明日テストしたいと思います。
テストのための廊下にワックス掛けもしておきました。
ワックス掛けたての廊下って、本当に怖いですね。
こんな怖い所をスイスイ動けるパワー足袋なら完ぺきでしょうね。
Posted by ユキ at 2009年02月09日 19:27
私のシリコンゴムも補修用の物です。
大型甲ポケットをヒール芯の前半に被せて、足首固定用マジックテープを2本に増やしました。
なにかワクワクしながら履いてみました。
ユキさんや奈美恵さんがよくお使いになる『装着する』って言葉そのものの感じですね!
こちらのブログの見出し『最強秘密道具』の意味が伝わってきましたよ。
足の甲と足首がしっかりとヒール芯に固定される感じで、裏ゴムは一昨日のシリコン模様と変わらないのに、
さらに力が強くなったように感じました。
ブレたりグラついたりしなくなった分、ワックスの廊下でも急ブレーキがよくききますね。
テストがエスカレートして、水拭きで濡らせた上での早足でも平気です。
無茶をして裏ゴムが大丈夫かと思いましたが、傷んではいませんでした。
強いパワーと安定感で、早くお出かけしてみたい気持ちです。
Posted by 祥子 at 2009年02月09日 23:34
祥子さん、パワーアップすると早くお出かけしたくなる気持ち、わかりますよ。
前にも言ってましたが、私は初めて長芯ヒール足袋を使ってお出かけした時すごくイヤな思いをしたので、
こちらでユキさんのスペシャル工夫を教わってパワーがアップしたら、リベンジのような形でお出かけしましたもの。(汗)
裏ゴムを付けたり、足首テープを巻くだけで、初めての時のヒール足袋とは全然違った気持ち良さがありましたよ。
長芯を使われる方は少ないと思いますが、パワーアップ加工は必須だと思います。
綺麗な着物姿なのに、滑って転んだりしたらつまらないですもの。
滑らないように警戒していると、所作が綺麗に見えないなんて事もあると思います。
足元でしっかり支えてくれるパワー足袋って、『最強秘密道具』にまちがいないと思います。
ですよね、美月さん、ユキさん。
Posted by 奈美恵 at 2009年02月10日 20:33
まちがいないですね。(笑)
私の場合は、畳のお部屋で感じる『うしろめたさ』が綺麗に見せてくれてるのでは?なんて思います。
強力な裏ゴムのパワーで畳を擦り付けるといけないという気持ちを大切にしたいです。
畳の上でおとなしくしている分、滑りやすい廊下では裏ゴムのパワーに助けてもらってる感じです。
ワックスで滑りやすければ滑りやすいほど優越感を感じますね。
『パワーが強いから平気よ!』って気持ちが、さらに工夫を加えたくなる原動力だと思ってます。
今のユキロンなら7cmヒールでも初期の頃とくらべてグラつかなくなったので、あと1〜2cm高いヒールに加工出来ないかと考えています。
9cmのヒール芯で颯爽と動けたら、どんなに素敵かしらって想像するとワクワクしちゃいます。
Posted by ユキ at 2009年02月11日 21:49
昨日、お出かけしてきました。
家を出る時に感じたのは、草履が履きづらい事でした。
足袋の裏ゴムが引っ掛かって鼻緒に入りづらかったのです。
でも、草履を履いてしまって歩き出すと以前とは安定感が高まっていてスイスイと歩けました。
いつもテストは自宅の中が中心なので、この時とばかり、すぐにバスに乗らないでバス停を1つ分だけ余分に歩いてみました。
広い道路を横断中、青信号が点滅し始めたので咄嗟に小走りになりましたが、
今までテストした事もなかった草履での小走りでも楽々でした。
草履の上で足袋が前にも後にも動かず密着する感じで鼻緒に体重が集中しませんでした。
お座敷に上がらせてもらう際、少し草履が脱ぎづらかったのですが、パワーアップしてるので仕方ないですよね。
廊下やカーペットの上でもパワーアップ体感できて良かったです。
Posted by 祥子 at 2009年02月15日 14:27
昨日、お出かけしてきました。
家を出る時に感じたのは、草履が履きづらい事でした。
足袋の裏ゴムが引っ掛かって鼻緒に入りづらかったのです。
でも、草履を履いてしまって歩き出すと以前とは安定感が高まっていてスイスイと歩けました。
いつもテストは自宅の中が中心なので、この時とばかり、すぐにバスに乗らないでバス停を1つ分だけ余分に歩いてみました。
広い道路を横断中、青信号が点滅し始めたので咄嗟に小走りになりましたが、
今までテストした事もなかった草履での小走りでも楽々でした。
草履の上で足袋が前にも後にも動かず密着する感じで鼻緒に体重が集中しませんでした。
お座敷に上がらせてもらう際、少し草履が脱ぎづらかったのですが、パワーアップしてるので仕方ないですよね。
廊下やカーペットの上でもパワーアップ体感できて良かったです。
Posted by 祥子 at 2009年02月15日 14:28
ヒール芯の後半、踵部分だけ接着をはがして上側フチ付き長芯と下側フチ無し長芯の間にクサビ状のウレタン?を挟みました。
スポンジのような素材ですが適度な硬さもあって、
私がヒール芯に乗った時に体重の圧力で潰れてしまう厚み分を計算に入れて、後ろ側で約4cmの厚みに切ったクサビにしました。
そうすると私がヒール芯に乗った時3cm位に潰れて3cm強あるヒール芯二枚と合計9cmのスーパーハイヒール芯になりました。(汗)
足を乗せる上の面が急角度になったのでタイツで装着しても前に滑らないように中敷も滑り止めタイプにしました。
さらに、ヒール足袋専用で装着しているタイツの足底に液体ゴムの裏ゴム加工をして二重に滑らない工夫をしちゃいました。
タイツも裏ゴムにしていると、パワーヒール足袋で歩いてるような力強さですよ。(笑)
新しい9cmヒールユキロンを装着した感じは、予想以上にグラつかなくて安定感が高かったようです。
各部の微調整が終わったら念入りに動きのテストしますね。
Posted by ユキ at 2009年02月16日 01:14
この前、書き込もうと『書込』ボタンをクリックしたのですが、
送信後、トップのヒール足袋の画像のところが表示されたのに、
スクロールで下げて最新投稿を確認したら反映されてませんでした。
字数が多すぎたのでしょうか?
テストがてら、書き込みました。
Posted by 奈美恵 at 2009年02月18日 19:50
テストOKでしたが、この前の私のコメントが出ない代わりに祥子さんの同じコメントが2つ出ていますね。(笑)
サーバーが混雑して書き込めない状況でもあったみたいですね。

祥子さんのシリコン裏ゴム、かなり強力そうな印象で良かったですね。
草履を履くと、足とヒール芯と草履の間で二重のグラつきが出やすいのに小走りしても平気だなんて、すごいキープ力だと思います。

ユキさんの9cmヒールもすごいですね。
じゃぁ私は3cmアップしてキリの良い10cmにしたいです。(笑)
ヒールが高くなる分、安定性確保と動きやすさ向上の為にナミロンにもシリコン裏ゴム加工しますね。

皆さんの良いアイデアで、どんどんパワーアップしてゆく感じが嬉しいですね。
Posted by 奈美恵 at 2009年02月18日 20:06
同じのを二回も書き込んでしまってますね。すみませんでした。
今までパワーヒール足袋を仕上げるのにユキさんや奈美恵さんのアイデアを参考にするばっかりだったのですが、
シリコンゴムのアイデア、お役に立ててすごく嬉しい気持ちです。
7cmも背が伸びるだけですごいヒール足袋なのに9cmや10cmヒールが作れるのは素晴らしいですね。
シリコン裏ゴムのパワーだと9cmや10cmのヒールでも大丈夫ですか?
私も背の低さがコンプレックスで、ヒール足袋のおかげで元気をもらってるところがありますので、
ヒールは高いほど嬉しく思います。
ヒール足袋を履きはじめるまでは踵の高い草履を履いていましたが、お座敷に上がると背が元に戻ってしまいますから。
お座敷に上がっても背が高いままですごせるヒール足袋って、気持ちいいです。
そして、高いヒールなのに動きやすいパワーヒール足袋は強い味方ですね。
Posted by 祥子 at 2009年02月19日 00:12
奈美恵さんは10cmにアップされるのですね?
9cmヒールのユキロン、調整が終わってテストしました。
恐れていた『急角度による前滑り』が少し出ちゃいますね。
10cmだと、さらに前滑りするので、奈美恵さんの加工技術の見せ所じゃないかと・・・。(笑)
爪先に体重が集中しちゃうのだけは避けたいので甲ポケットで受け止めるようにスポンジの厚み調整に苦労しました。
スポンジが厚すぎると専用足袋の外側にクッキリとポケットのラインが浮き出してしまって、
パワーヒール足袋の仕組みが見えてしまいます。
動きのテスト結果ですが、7cmの時とあまり変わらず不安なく動けます。
急ブレーキしてもポケットのスポンジが足の甲を受け止めてくれていて前滑りを心配せず止まれました。
2cmアップって僅かな高さですが、7cmの時は届かなかった部屋の柱の上部に指先が届いたのでアップ感を実感できましたよ。
Posted by ユキ at 2009年02月19日 11:51
ユキさん、10cmで対抗してるみたいになっちゃってごめんなさい。
どうせアップさせるならキリの良い数字、『10』にしようと思って。
フチ付き上側長芯と下側長芯の踵を剥がして3cmのクサビ型ウレタンを挟み込みました。
ウレタンは硬くて潰れない分、クサビ型の加工が難しく、父に削ってもらいました。(汗)
パワーヒール足袋の加工で初めて男性の手が加わったのです。(笑)
『こんなの、何に使うんだい?』って聞かれて『踵に敷くの』って答えるのが少し恥ずかしかったです。
なるべく急角度にしたくなかったので、クサビの長さを多くとって土踏まずの少し前辺りからだんだんと厚くなる設計です。
でも念のため滑りにくい中敷と、タイツの裏ゴム加工は、やっておきました。
ヒール足袋加工に取り掛かると時間を忘れちゃいますね。
細部の調整は、また明日にしておきますね。(笑)
Posted by 奈美恵 at 2009年02月20日 20:09
10cmヒール芯の調整おわりました。
ポケットの中のスポンジ調整、ユキさんと同じく手間取りました。(汗)
10cmヒールの装着テストですが、動きづらい感じでした。
グラつきが酷くて、ヒールに体重が掛けられない怖さがあり、テストを中断しました。
応急策として足首テープを交換しました。
細いテープを二本付けていましたが、幅広テープ二本にしようとも考えましたけれど、スペース的に無理だったので、
やむなく細いテープと幅広テープ一本ずつにしました。
再テストでナミロンを装着して床に立つ時は、『これでもグラついたらどうしよう』なんて不安でいっぱいでした。
初回テスト時よりグラつきは治まりましたが、動いていてテープが外れそうになりました。
今まで装着中にテープが外れた経験は何度かありましたが、ハイヒール化したヒール足袋にとっては致命的トラブルですよね。
安心してお出かけに使える10cmヒールにしていきたいです。
Posted by 奈美恵 at 2009年02月21日 18:55
パワーヒール足袋って、すごく動きに強い物なんですが足首テープが少しでも緩むと途端に動けなくなってしまうんですよね。
自宅でテスト装着中に緩んでもすぐに処置できて平気なんですが、それがお出かけ中だったりしたらたいへんです。
私もお出かけ中に緩んでしまって動きづらくなった経験、何度かありましたよ。
完全に弾けてしまってヒール芯に踵が乗せられなくなって、テープを着け直すまで爪先立ちを強いられたりとか。(汗)
安全性を見越して3cm程度の高さで売られているヒール芯を倍以上高くして装着する為、相当無理してるのでしょうね。
でも、5cm、7cmを経て9cmまで登りつめた別世界のような目線を経験すれば後戻りするのって絶対イヤですもの。
ユキロンだって、今は大丈夫でも、装着中にいつトラブルが出るかわかりません。
安心して動いていられるハイヒール足袋にしていきたいですね。
Posted by ユキ at 2009年02月21日 23:44
10cmナミロン、無理するとテープが外れるトラブルが毎回発生しちゃいます。(泣)
幅広テープに強化してるのに、急ブレーキで止まろうとしたら外れます。
今まで、足首テープをタイツの上に巻いていて痛みを感じた事はなかったのですが、グラつきを抑える為の巻き方をするとすごく痛いです。
すごい行動力を秘めたパワーヒール足袋なのに、思い通りに動けないなんてショックです。
10cmハイヒール化がいけないのでしょうか?
テープを外れなくする為に、別のテープを上から巻きつけてみると良いみたいですが、
まだまだお出かけに装着して行ける良案とは思えません。
完全に行き詰ってしまってる状態です。
『オチビサン・コンプレックス』で、普通の人に負けないパワーヒール足袋に仕上げてきたのに、悔しい気持ちです。
10cmヒールで跳んだり跳ねたりしたいです。
Posted by 奈美恵 at 2009年02月22日 15:14
せっかく10cmハイヒールになさったのに上手く動けないのって辛いですよね。
私なりに調べてみると、専用足袋の大きさも関係していないでしょうか?
ユキロンの型紙は、装着した時、表面にシワがよらないようにピッタリ気味に採寸しました。
素材はストレッチ布なので少々小さくても伸びて、装着時の適度なフィット感があります。
元々は7cm用ヒール芯のユキロンなので、9cmのヒール芯を着けてユキロンに足を入れ、ファスナーを上げると、
重たくてぶら下がり気味のヒール芯をキュッと持ち上げてくれる感じです。
専用足袋無しのヒール芯だけで歩こうとすると、いくら足首テープをきつく締めて装着してもグラついてしまいます。
ナミロンのサイズはピッタリしてますでしょうか?
大きめなら、ピッタリ気味にされてはいかがかしら?
ストレッチ素材使ってらっしゃいましたよね?
Posted by ユキ at 2009年02月24日 18:33
ユキさん、ありがとうございます。
言われてみれば、内側に入るヒール芯の付属物、ポケットとかテープの事を考えて大きめの専用足袋にしちゃってます。
ストレッチ布を使ってますが、型紙が大きめだったので、ファスナーを閉めて装着してもダブついてますね。
流石はユキさん、いやユキ様。
専用足袋のフィット性とポケット、テープの全てが調和してグラつかない装着感なんですね?
ストレッチ布裏側の縫い代を横にずらせて縫ってみます。
母にやってもらうダメットさん奈美恵の事、大目に見て下さい(汗)
祥子さんの強力シリコン裏ゴムと、ユキさんの仰るヒール芯を持ち上げるフィット足袋があれば、
10cmヒールでお出かけできそうな気持ちです。
パワーの乱用はダメですが、人前で10cmハイヒールパワー足袋の行動力を披露したいです。(汗)
Posted by 奈美恵 at 2009年02月24日 23:55
たまたま小さかったからフィット性が良くてグラつきに強かったのでしょうね。(汗)
9cmハイヒールユキロン、テストもそこそこなのにお出かけしちゃいましたよ。
やはり、シリコン裏ゴムの強力パワーにすごく助けられましたよ。
祥子さんと同じように横断歩道で小走りテストしちゃいました。
普通の歩道で着物着て小走りしてると変な人って思われますが、横断歩道ならOKですよね?(笑)
ヒール芯の厚みが窮屈にならないように鼻緒を緩くしてもらった『ヒール足袋専用草履』なのですが、
いくら鼻緒が緩くてもシリコン裏ゴムが強く草履をキープしていてくれるので、走っても脱げそうな不安はありませんでした。
キープ力が強いせいか、長い時間草履で歩いていても足が疲れないみたいですね。
もちろん、お座敷に上がってからも強力パワーを遺憾なく発揮してくれて、すごく気持ちよかったです。
Posted by ユキ at 2009年02月25日 19:07
ユキさんにもらったアイデアで、母に頼んでナミロンの筒の太さを細くなるように縫い直してもらいました。
一度に寸法を決めて筒が細くなりすぎると困るので、
本番と同じスタイルのタイツと10cmヒール芯を装着した足に何度も被せてフィット感が最適になるよう縫い直してもらいましたよ。
最初の方の縫い目を見ると、左右の足袋でほぼ同じ所にほつれそうな糸が数箇所ずつ見つかりました。
ナミロンが完成してから、パワーが強いのを良い事に派手に動いてたんだなぁなんて反省。
お出かけ中、人前で糸が弾けてたらなんて思うとゾッとします。(汗)
数箇所ほつれかけの部分にはミシンを何度もかけて強化してもらいました。
テスト装着の結果は上々でしたね。
ストレッチ布のフィット感がとても気持ち良く、ヒール芯が持ち上がる感じを初体験しました。
10cmなのにグラつきがほとんどなく安心して動けます。
ユキさん、祥子さんありがとうございました。
Posted by 奈美恵 at 2009年02月26日 01:09
奈美恵さん、動きやすくなって良かったですね。
私もシリコン裏ゴム、力に余裕があって気に入ってます。
けっして普通の液体ゴムの裏ゴムが弱かったなんて思ってませんので、お気を悪くなさらないで下さいね。
卓球ラバーの時は、廊下のワックスや毛足の長めのカーペットには歯が立たない不便さだったのに、
液体ゴムはヒール芯を入れていても早足とかブレーキが安心してできましたもの。
お部屋の中なのに背が高いまますごせるヒール足袋って、やっぱり魅力的ですね。
お部屋を裏ゴムで歩くのに気が引ける方もいらっしゃるかもしれませんが、私からも裏ゴム加工をおすすめしたいです。
大型甲ポケットにしてからとても動きやすくなって、今では横方向の動きとかも練習しています。
最初は横のブレーキを使うの、すごく怖かったのですが、自然に出来るようになってきましたよ。
Posted by 祥子 at 2009年02月26日 18:53
横方向の動きはヒール足袋装着時には、かなり意識しちゃいますよね。
前後に動く時も左右に動く時も、速く動こうとするとヒールを少し持ち上げて爪先だけで動いてる感じですね。
立っているだけの時はヒール芯に乗っても平気ですが、動く時ヒールに乗ったままだと、グラつく不安がどこかにありますよね。
横方向の動きでブレーキを使おうとすると、爪先側の裏ゴムだけで止まるのはとても高難度な技だと思っています。
私も、かなりの時間を練習に費やしてやっと『横ブレーキ』マスターした覚えがあります。(汗)
背が低いのでヒール足袋を装着していてもその事がハンデに感じるのは絶対イヤですもの。
いくらパワー足袋でも、普通の人が初めて装着したってすぐには上手く動けないと思いませんか?
ヒール足袋を履きこなす為、日々練習してる私たちの努力って、誇れる事だと思いませんか?
Posted by ユキ at 2009年02月26日 22:34
たいへんご無沙汰しておりました。
毎晩、帰りが遅くて、くたくたでついついパソコンを開かずに寝てしまうありさまでしたので・・・。
しばらく来ないうちに皆さんのパワーヒール足袋がスーパースペシャルな物に進化してるじゃないですか!
とうとう9cmとか10cmまでアップしたのですね?
それでいて動けるだけのパワーを出せるシリコン裏ゴム、グラつかないフィット足袋に大型ポケット。
最近のコメントをザッっと拝見しただけですが、すごく羨ましいですよ。
もう少し経ったらお休みもらえそうなので、シリコンゴム試したいですね。
仕事中、急に裏ゴムの調子が悪くなって怖い思いをするのって、パワー足袋ユーザーにとってすごく惨めな気持ちがしますもの。
長芯で7cmヒールなのに滑りやすくなると普通に歩く事すらままなりませんからねぇ。
長時間、仕事で動き回っても平気なハイパー10cmスペシャルにでもトライしたです。
お座敷の中で10cmハイヒール装着して活発に動けたら夢のようですね。
Posted by はるみ at 2009年02月27日 02:09
はるみさん、お久しぶりです。
お仕事でたいへんだったみたいですね。
祥子さんのシリコン裏ゴム、絶対に強力だと思いますよ。
お仕事で使われてるはるみさんのスペシャルにとって絶好の工夫じゃないかと思います。
7cm以上高くしたヒールだとシリコン裏ゴムじゃないと動けないでしょうね。(汗)
ヒールが高くなると、その分パワーも強化しておかないと滑る不安が付きまといますから。
10cmヒールの動きやすい工夫、使い勝手などレポートしてほしいです。
元々足袋底に裏ゴムを使って、動ける仕様を初体験されたの、はるみさんなんですもの。
すごいノウハウで、私たちのお出かけ用にも反映させて下さいね。
Posted by ユキ at 2009年02月27日 18:15
はるみさんの仕事仕様で10cmハイヒール足袋の行動力が証明されたら、すごく心強い気がしますね。(笑)
ナミロンのサイズを小さめに直して初めてのお出かけしましたよ。
昨日、一昨日と、とにかく10cmの動きに慣れるため一日中ナミロンを装着したまますごしてたような気がします。(汗)
オチビサンなのでヒール芯で上がった踵が自分の体の一部に思えるようにならないと不安でお出かけ出来ないですもの。
ヒール足袋が活躍する場はお座敷内がメインだと考えて、草履はヒールの低い方で無難に行きました。
それでも以前の足袋7cm+草履5cmの12cmより今回の足袋10cm+草履3cmの方が背が高いのです。
草履を履いて外を歩いても全く問題なしでしたよ。
お座敷の玄関には人影が無くて、廊下の滑りやすさを早足&急ブレーキで試しました。
グラつかないし、思い通りに止まれてご機嫌でした。
お出かけ先で早足&急ブレーキするなんて、着物着てるのに、はしたないですね。(汗)
でも、試した事によってお出かけ中は、ヒールの不安を気にしなくなっていたみたいです。
Posted by 奈美恵 at 2009年02月28日 15:49
私もお出かけ先の廊下で裏ゴムがどの程度パワーを出してくれるのかは、いつも気にしていますよ。
早い段階でパワーの度合いを知っておく事って、その日のお出かけを楽しめるか否かに大きく影響しちゃいます。
パワーがすごく効いている日のお出かけは、動きも軽やかで気持ちいいものです。
そんな日って、重装備のヒール足袋を装着している事すら忘れて催しに専念できてると思っています。
他人より背が低いのをヒール足袋で上げ底してる事のうしろめたさすら忘れられた時、パワーヒール足袋の威力が発揮されてるのではないでしょうか?
奈美恵さんが、お出かけ本番で失敗しないよう二日間猛練習された気持ち、私にはすごく伝わってきますよ。
そんな努力が報われる時、パワーヒール足袋の優越感を満喫できますよね。
Posted by ユキ at 2009年02月28日 18:02
きょうは久々のお休みをもらって、皆さんの過去コメントを元にホームセンターへ材料の買い出しに行きました。
絶対に仕事で装着しても大丈夫な10cmハイパーヒールに仕上げるつもりです。
いろいろと構想を練っている時がすごくワクワクしちゃいます。
仕事で長時間装着しないといけないので、まずはグラつかない安定性を確保したいですね。
シリコンゴムのパワー底も楽しみです。
仕事中は廊下であろうが、和室であろうが早足とかブレーキ使っちゃいますから畳にも優しい仕上がりだといいな。
今回はパワー底のデザインにもこだわりたいですね。
薄グレーの液体ゴムにシリコン模様っておしゃれな感じを想像しています。
パワー足袋装着中、底を見られるのって結構気になりますよね?
キレイなデザインだったら見られても平気かなって思います。
Posted by はるみ at 2009年03月01日 20:57
先輩方はハイヒールの工夫に進まれているのに、私は、やっと7cmヒールが使いこなせるようになったところです。
裏ゴムを加工している足袋だと10cmのヒールでも平気なんですね?
私は150cmの背丈なので、7cmを履いても157cmにしかなれません。
皆さんの工夫コメントを呼んで、10cmヒールに加工できたら丁度160cmになれるんですよね。
最近の着物の柄は、背の高い人用に描かれているそうで、私も160cmあれば人並みに柄の位置が見えるのでしょうか。
10cmのヒール芯って怖くないですか?
でも、人前で失敗しないように自宅で練習して、本番のお出かけに備える感じがすごく好きです。
苦労が報われて、スラリとした着姿で他人に見てもらえる。
私もパワーヒール足袋ユーザーの一員になれたので、10cmヒール加工に挑戦してみますね。
Posted by 祥子 at 2009年03月02日 00:58
ずっと忙しかったので日〜水の4連休にしてもらいました。(汗)
ハルロンも、ろくにメンテナンスも出来ずに裏ゴムや足首テープもガタガタ状態で、早足とかすると思わぬ所で滑りそうになる有り様でしたよ。
日曜日の買い出し素材を使って4日間の突貫強化工事でした。
パワー足袋にとって一番大切な裏ゴムが磨り減ってしまっていたので液体ゴムを厚く塗ってシリコンで模様をつけました。
7cmを10cmにアップさせるクサビがなかなか上手く作れなくて、最初に使ってたヒール芯(短)を長芯の踵部の中間に挟んじゃいました。(汗)
でも、下側のフチ無し長芯と同じメーカー製が幸いして踵の丸み形状もピッタリなので誂えたくらいすっきりした10cmになりましたよ。
足を乗せずに計ると10〜11cmあって、私が乗ると10cm弱ってとこです。
母に頼んでおいた大型ポケットと、幅広マジックテープを付けて完成です。
Posted by はるみ at 2009年03月04日 21:51
続けてごめんなさい。
明日から仕事で装着しないといけないので仕上げるの結構大変でした。(汗)
いきなり本番で装着というのも不安なので、テストは必須ですよね。
大型ポケットに爪先を入れると、すごく良い感じです。
甲の上にゴムひもを縫い付けてもらったので、入れた爪先をキュッと包み込んでくれるフィット性です。
マジックテープ二本をセットし、専用足袋を被せて立つとグラつき感は7cmの時と変化なく安定しています。
パワーのテストは、やはり早足と急ブレーキですね。
ちょっと速いめの早足でも全然OK。その速さからきつめのブレーキしても
ブレたりグラついたりしませんでしたよ!
意外と畳の上で『強化パワー』使っても大丈夫みたいでした。(汗)
これなら仕事でも十分活躍できると思いましたね。
4日間休んで3cm脚が伸びた私を同僚はどう思うのでしょう?
『強化パワー』で動き回って驚かしてみたいと思ってまぁす。(笑)
Posted by はるみ at 2009年03月04日 22:12
やっぱりお仕事で装着されているだけあって、強い意気込みが感じられますね。(笑)
春以降の事を考えて久しぶりにユキショートを引っ張り出してきました。
昨秋からずっとロングの方ばかり装着していた関係で、ショートは置き去りでした。
まず、9cmヒール芯と合わせる前に厚ゴム加工までで止まっていた裏ゴムにシリコンゴムで模様をつけましたよ。
7cmの時は厚ゴムでも平気だったんですが、9cmだと少し不安なのでシリコンゴムのパワーは必須ですよね。
早く装着テストがやりたくて、ドライヤーで無理矢理乾かせました。(汗)
テストしてみると裏ゴムのパワーは強力なのですが横方向の動きで踏ん張ろうとしたら酷くグラつきます。
ショートだとファスナーを上げていてもヒール芯を持ち上げてくれてないみたです。
春先はロングでも平気ですが、夏場のお出かけまでにはショートの弱点を克服したいですね。
Posted by ユキ at 2009年03月07日 16:47
ここ数日、寒い日が続いてますね。
以前から予定していたお出かけだと、少し寒くても、その程度の事ではキャンセルできません。
ロングのパワー足袋って、そんな時でも足元が暖かくて助かりました。
実は、寒さ対策としてパワー足袋の下にタイツを三枚重ねて穿いて行きましたよ。
真冬のお出かけ時も、一度寒い思いをした失敗から、ずっとタイツは三枚重ねにするように心がけてました。
タイツを重ねていると、足首テープをキツく締め上げても痛くないみたいですね。
足首テープがしっかりしていると、パワー足袋での動きは怖い物知らずですよね。
日ごろの練習の成果がすこしずつ表れてきている様子が自分でもわかりました。
強力パワーで動けると、とても気持ちいいですよね?
室内でも脚が長いまま動けるのって、本当に素晴らしいです。
Posted by 祥子 at 2009年03月27日 19:59
すみません、すごくご無沙汰してしまって・・・。
いつもパワー足袋の事で書き込みが同じような内容になってしまって、ついサボってしまいました。
やっとユキショートの改良が終わりましたよ。
ストレッチ布の足袋外側だけではフィット性が弱かったので内側の布をさらに伸縮性の高いパワーネットに付け替えました。
ファスナーを全開にしていても装着しづらいくらいに縮んでいて、
いざ装着してファスナーを上げるとユキロンにも負けないフィット感に仕上がりました。
横方向に素早く動いて急ブレーキで強く踏ん張ってもグラつかなくなったようです。
強力なシリコンゴムのパワーを上手に使える感じで、とても軽快に動けます。
これから暑くなるので、ユキショート、すごく活躍してくれそうで嬉しいです。
Posted by ユキ at 2009年05月26日 16:33
ユキショートの改良加工が終わって、初めてのお出かけしてきましたよ。
パワーネット内装のフィット感で重たいヒール芯が足にピッタリと密着してブレないせいか、とても軽くなった気がします。
ズッシリと重たいヒール芯を装着しないと背が高くなれない私にとっては、ヒール芯が軽く感じられるのって、すごく嬉しい事なんです。(汗)
つい、はしゃいでしまって、飛び跳ねたりしてました。
そんな事が平気でできるようになったのも、グラつきが解消された結果なのでしょうか。(笑)
動いている時も、裏ゴムと床の擦れる『キュッキュツ』って音が目立つ感じです。
以前はヒールがグラつかないように警戒して動きを抑えてたので音が出なかったのです。
安心してヒール芯に体重を預けていられるようになったので脚がとてもラクになりましたよ。
私にとってパワーヒール足袋は、とても強い味方ですね。(笑)
Posted by ユキ at 2009年06月09日 21:31
今日のお出かけでは、ユキショート、かなり活躍してくれました。
いつもはお客様側の立場なのに、今日は急にお世話とかをする側になったからなんです。(汗)
今まで、はるみさんのコメントを伺っていて、高いヒールを装着しながらのお仕事って、どんなだろうって想像はしていたんですが、
おそらく、はるみさんのお仕事ほどではないにしても、お世話する側の動きは相当なものでした。
改良前の仕様だとヒール芯の固定は、おおかた足首テープに頼っていましたが長時間連続して装着していると緩んだりズレたりする不安がありました。
でもパワーネットのフィット感なら専用足袋がガッチリとヒール芯を足に固定してくれて完ぺきでしたね。(笑)
強力なシリコン裏ゴムだし、畳の上では静かにしようって思っていても、ついつい急ブレーキとかしちゃってました。
Posted by ユキ at 2009年06月14日 16:47
コメントありがとうございます。
ご無沙汰の朔です。

ますますのパワーアップ! 嬉しく拝見しています。
改良されたユキショートの威力が伝わってきますね。

薄物の季節も、もうすぐですね。
夏こそ、着物のおしゃれを楽しみたい季節!

ユキさんは、バッチリ!ですね。
Posted by at 2009年06月15日 11:21
お久しぶりです。
私もだんだん書き込む内容に困るようになってしまって、間隔が長くなってきました。
パワーヒール足袋の三度目の夏なのですが、ユキショートの完成度が予想を上回る結果だったのが嬉しいです。
今年は去年よりも着物のおしゃれが楽しめそうですよ。
最近は着物をお召しになる方が少なくなってますが、私の場合は着物姿の時だけ屋外、室内問わず背が高くなれるヒール足袋が装着できるので、
積極的に着物を着るようになったと思っています。
ヒール足袋を初めて買った頃と比べると、私もずいぶんづうづうしくなったのかしら?なんて思います。
人前でも平気で裏ゴムの足袋が装着できるのですから。(汗)
ヒール芯や裏ゴムの秘密が人にばれないか心配でドキドキしていた最初の頃の事を、ふと思い出しちゃいました。
Posted by ユキ at 2009年06月30日 21:47
お久しぶりで、すみません。
私も、足袋底の秘密が他人にばれやしないかと気にしていたのは、卓球ラバーを貼り付けていた頃でしたね。
パワーはそこそこありましたが、卓球のラケットだと、見られたらばれてしまいますよね。
こちらの皆さんのコメントを拝見して作った液体ゴムの裏ゴムなら色あいも自然に仕上げられて、ばれづらいかなって思います。
真っ黒の卓球ラバーと薄グレーの液体ゴムですから。
高いヒール芯の不安定な足元を強力なパワーで支えてくれている感じが素敵ですよね。
ユキさんのコメントにあった、横方向の急ブレーキが、やっと出来るようになりました。
柔らかいカーペットの上でも早足できるように練習している途中です。
パワーが強い底でも、なかなか難しい感じなので、つい熱が入っちゃってます。
Posted by 祥子 at 2009年07月06日 00:49
祥子さん、たしかに柔らかいカーペットの上だと、パワーが使いづらくて滑りそうになった経験が私にもありました。(汗)
硬い廊下だと比較的パワーが使いやすくて安心していられます。
カーペット上でも滑らないように研究してるうち、圧力に気が付きました。
足袋底全体で歩いたり早足していると、体重の半分ずつが床に掛かっていて、圧力は低いですよね。
毛足の長いカーペットの上で失敗しない為には、ヒールを床に着けないように意識して持ち上げ気味にしてみましたよ。
ただ、ヒール芯を持ち上げる為には足首テープをキツく締めておかないといけなくて、
タイツの上に締めていても、足首がとても痛い思いをしましたよ。(汗)
キツく締めた反動で不意にマジックテープが弾けてしまって怖い思いもしました。
でも爪先の裏ゴムが出す圧力はとても強力なのでカーペット上でも早足できると思います。
テープの調整は慎重に行なって下さいね。くれぐれも弾けてグラつかないように注意して下さいね。
Posted by ユキ at 2009年07月07日 21:16
ユキさん、貴重なアドバイスありがとうございます。
仰るとおり、足の裏全体を使っていたのでカーペットの上では思うようにパワーが出せなかったようです。
洋服のままでしたが、足にはタイツとヒール足袋を本番同様に着けて練習してみました。
テープをキツめに締め込むと、しっかりヒール芯が持ち上がりますね。
持ち上げる事を意識して、最初はゆっくり早足してみました。
仰るように裏ゴムの圧力が強く伝わっている感じがして、全然滑る気配がありませんでした。
でも、ほんの10分ほど練習しただけなのに急ブレーキを使ったらテープが緩んでしまいました。
10分間しか動けないと、お出かけ中にパワーが使えないですよね。
ユキさんのパワーネット仕様が羨ましいですね。
長時間のお出かけにも心配なく耐えられるんですよね?
Posted by 祥子 at 2009年07月08日 22:22
少し遅くなってごめんなさい。
パワーネット内装の『キュッ』っとしたフィット感、すごくお気に入りなんです。(汗)
今までは私の身長+9cmヒール芯だったのが、本当に脚が9cm伸びたかのように一体化してくれてる感じです。
足首テープをかなり締め付けていても、時間が経つと化粧室に逃げ込んで再調整というパターンがハイヒール足袋の弱点。
先月半ばのお出かけでは、ほぼ一日中ヒールのグラつく不安なく動けていて気持ち良かったですよ。
実は、お開きの直前に、帰り道の草履装着時のために化粧室で再調整してみたのですが、
ほとんどお出かけ前に締め付けたままの状態をキープできていた様子でした。
シリコンの強力な裏ゴムパワーが正確にコントロールできるのでしょうか、さらにパワーが強くなった気がしました。
もちろんカーペットの上でも早足したり横の動きを素早く行なっても全然へっちゃらです。
Posted by ユキ at 2009年07月13日 23:56
いつもアドバイス頂いて、とても心強いです。
パワーネット素材が手元になくて、ユキさんの『ファスナーを全開にしていても装着しづらいくらい・・・』というお言葉をヒントに、
小さくて窮屈だし、捨てようかしらと思っていたソックスをパワー足袋の内装に仕込んでみましたよ。
その時いっしょに開口部をコハゼ式からファスナー式に付け替えました。
ファスナー式だと、足袋というよりブーツを履く感じで、気分が良いですね。
本当に変身する気分ですね。
おそらくユキさんのショートタイプのようなパワーネットのフィット感には及ばないでしょうけれど、
足首テープのみでヒール芯を固定していた時より数段固定力が上がりました。
なるほど、固定力が上がると裏ゴムのパワーも強くなった感じですね。
カーペットの上で30分近く早足や横方向の動きを繰り返し練習してもテープが緩くならないのは、すごいです。
あらためてユキさんの工夫されたパワー足袋のすごさに感動しました。
Posted by 祥子 at 2009年07月14日 22:48
祥子さんの『スペシャル』、フィット性がアップして良かったですね。
私のユキショートなんて、そんなにすごくないですよ。(笑)
今までのグラつき感がウソのように消えて、どんな動きにも対応できるようにはなったのですが、
工夫に工夫を重ねてきた手作りパワーヒール足袋という性格上、満足しちゃうと進化が止まってしまう気がして・・・。
初期の頃と比べると、裏ゴムの滑りはほとんど無いし、高いヒールなのにグラつきの不安定さも減ったのですが、
完全に滑らないわけでも、グラつかないわけでもなくて、装着中は、どこかしらヒールの事が気になっているようです。
なので、進化させる事をやめちゃうのがすごく恐ろしいのです。(汗)
祥子さんのシリコン裏ゴムのパワーも模様の大きさ、形、配置などを工夫すれば、まだまだパワー強化できそうですよね。
硬いヒール芯が床に当たる音も、もっと軽減していきたいですね。
ほとんどの人が普通の足袋なのに、私だけがヒール芯を入れて裏ゴムのパワーで動き回っていると思えば、絶対に失敗は許されない気がしちゃいます。
Posted by ユキ at 2009年07月15日 21:42
ご無沙汰しておりました。
ずっと読ませてもらっては、いましたよ。(汗)
ヒールが高くなると、いかに専用足袋でヒール芯と足を一体化させるフィット感が大切かという事ですね。←なんか、偉そう(笑)
私、『オチビサン奈美恵』の場合も、ヒール芯を装着している事さえ忘れていられるような自然さを目指しています。
お出かけで楽しくすごしていたいのに足首が『グリッ』なんてグラつくと、ヒール芯の事が気になって仕方なくなりますものね。
長芯って、安定性も高くて、なにより足裏が硬い芯でガードされてるという安心感がありますが、
硬い分、床の状態がつかみ辛くて滑るのが弱点です。
長芯の長所を引き出す為のユキさんの裏ゴムのアイデアには感謝しています。
これからも、フィット性、パワーアップをバランスよく工夫していきたいですね。
ヒール芯装着での動きなら誰にも負けないようになりたいです。
Posted by 奈美恵 at 2009年07月21日 15:38
今日お出かけした先で、すごくイヤな事がありました。
玄関を上がらせてもらって廊下を進む時、玄関マットから一歩踏み出すと『ギュイッ』って一瞬変な音が聞こえて滑りそうになりました。
自宅で練習の時にも聞いた事ないイヤな音でした。
自慢のシリコンゴムでも歯が立たないくらい滑りやすい廊下でしたよ。
ワックスなどの種類が違ったらダメなのでしょうか?
せっかくパワー足袋履いて来たのにすごくゆっくり歩くのが精一杯でした。
普段、早足とか急ブレーキの練習しているのに成果が出せないのって悲しいですよね?
爪先の裏ゴムに体重を集中させて圧力を強くしているつもりでも、ちょっとの油断で何度か滑りそうになってました。
そんなに長くない廊下なのに、すごく時間が経ったようで、畳のお部屋に入らせてもらった時は、『ホッ』っとしました。
畳の上だと平気なので、お話とか楽しくすごせそうでしたが、滑った事が気になって、どこか上の空で会話に集中できてなかったようでした。
強い力の出せるパワーヒール足袋履いてるのに、滑るとすごいショックですね。それに、すごく怖かったです。
Posted by 祥子 at 2009年07月22日 16:21
祥子さん、大変な思いをされたのですね。
何度もお伺いしているところだったら廊下の様子とかも自然と掴めているのでしょうけど、
初めて上がらせてもらうところだったりすると、ユキロンやユキショートだって滑りそうになった事、何度かありましたよ。
周りの人は普通の布底の足袋で上手に歩かれてるのに、絶対に滑らないと思い込んでいるパワー足袋の私だけが滑って歩きづらかった事もありました。
祥子さんの提案されたシリコンの裏ゴムにしてからは、ワックスのかかった廊下でもすごく強力なパワーが出せるようになりましたが、
中には相性の悪いワックスもあるみたいですね。
でも、滑りやすいところでヒールを浮かせ気味にして爪先の圧力でパワーを稼ぐ対処法は正解でしたね。
トラブルに対処する時も、正確にヒール足袋が操作できてこそだと思いますよ。
祥子さんの普段の猛練習が見えてくる感じで、私まで感動してきました。
ヒールの高い足袋で立ったり歩いたり出来るだけでもすごい事なのよ!なんて思っちゃいましょうよ。
パワー足袋を装着すれば、イヤな事より良い事の方が圧倒的に多いと信じてがんばりましょうよ!
Posted by ユキ at 2009年07月24日 01:11
パワー足袋装着してるのに滑りそうになるのって、ほんとに怖いし、イヤな事ですよね。
『裏ゴム』っていう言葉がキーワードのような気がします。
絶対に滑らなくするのだったらギザギザのいっぱい付いた『ゴム底』にすれば完ぺきなのですが、
最初の頃にユキさんが工夫されて、美月さんが『裏ゴム』って呼ばれるようになったのは、やはり『ゴム底』と一線を画する物って事だと思っています。
私的には、『裏ゴム』ってすごく『けなげ』なイメージなんですよ。
鋭いギザギザがあるわけでもなく、さり気ない模様の配置だけで強力なパワーを出させてくれるし、
長芯ヒール足袋にとって欠かす事の出来ない存在なんですよね。
だいいちギザギザのゴム底だったら、お部屋の畳の上を歩くなんて出来ないし。
模様の配置に拘ってみると、もっとパワーアップできると思いますよ。
祥子さん、パワーヒール足袋の魅力は、自分で作り上げる楽しみも含まれてますので、挫けずにがんばってください。
Posted by 奈美恵 at 2009年07月24日 22:57
奈美恵さん、裏ゴムとゴム底の違い、私も気になっています。
私たちのパワー足袋に付いているのは、裏ゴムであって、けっしてゴム底じゃないというこだわりみたいなものですね。
以前、お祭りの衣裳として町内から配布された『祭足袋』が新品のうちに家の中でテスト装着したのですが、
本格的なゴム底のパワーは私の裏ゴムとは比べ物になりませんでしたね。
でも、それで畳の上を歩く勇気はありませんでした。
なのでパワーヒール足袋の底をギザギザのゴム底に加工しちゃうのは絶対にタブーですよね。
私も奈美恵さんの『けなげ』という表現、共感できますよ。
常に体重を支えて、私のする早足や急ブレーキに耐えてくれている『がんばり屋さん』なんですね。
そこまで裏ゴムに愛着を示すのって異常かも知れませんが、私がパワーヒール足袋で変身する為の大切な物なんですよね。
だから、裏ゴムのパワー強化、もっともっと工夫していきたい気持ちになれるんでしょうか。
Posted by ユキ at 2009年07月25日 14:51
この間のように滑りそうにならないように、裏ゴムのグリップ力を強化しましたよ。
裏の模様の大きさや数、配置などをいろいろとテストして、これくらいなら大丈夫と思える食い付き感が出せました。
滑りそうになったワックスと自宅の廊下のワックスとは違う物だと思いますが、普通の布底足袋だと滑って歩けない感じです。
パワー足袋に履き替えると、嘘のように食い付いて滑りませんでしたよ。
裏ゴム全体で体重を掛けていてもかなり強力に食い付いてくれる感じで、早足や小走りしても全然平気でした。
小走りのスピードから強く急ブレーキしても大丈夫です。
内装ソックスがヒール芯をしっかり固定している感じがあって、ブレやグラつきを気にしないで急ブレーキできました。
滑りやすいワックスの上で、自由自在に動き回れて、あらためてパワー足袋の優越感、安心感を実感しました。
この前滑りそうになったところで、もう一度この強力パワーを試したいです。
Posted by 祥子 at 2009年09月07日 17:17
続けて失礼します。
裏ゴムのパワーが強くなったのがとても嬉しくて、自宅の廊下にワックスを重ね塗りしました。
スリッパでも滑りやすいので家族には注意して、パワー足袋のテストに協力してもらっています。
裏の模様を試行錯誤しているうちにシリコンゴムの層が厚くなってしまったのが幸いし、クッション効果がとても良くなっています。
クッション効果のおかげで床面と裏ゴム面が密着しやすい感じで、パワーアップできたのでしょうか。
廊下ではとても強力パワーなのに、そのまま畳の上に移動しても傷付けそうな違和感もありませんでした。
ただ、シリコンゴムの重さが増えて、足袋を手で持ち上げると重量感がズッシリ。
でも、足に履いてしまえば気になる重さではありませんでした。
重さを感じるより先にパワーが強力になった気持ち良さを感じます。
この前お出かけした先の廊下でも、小走りだって出来そうなパワーだと思います。
Posted by syouko at 2009年09月08日 14:34
祥子さん、ワックスのきいた廊下で小走りなんて、相当パワーアップされた様子ですね。(笑)
たしかに裏ゴムを強化すると廊下での滑りには強くなっても、畳への影響が気になっちゃうものです。
でもクッション性も高いのなら傷つけずに動いていられそうですね。
私のパワー足袋も畳への影響と廊下での安心パワーを両立させるために工夫しましたもの。(汗)
せっかくの裏ゴムが高いヒール芯を安定させていてくれるのに畳の上では動けないなんて、楽しくないですもの。
お友達と楽しく盛り上がった時なんかは、知らず知らずのうちに畳の上でも動き回ってたりします。(汗)
Posted by ユキ at 2009年09月08日 18:49
7月のお出かけで滑りそうになったところに、再びお出かけしましたよ。
今回は、裏ゴムのパワーを強化していたので、廊下の上でもスイスイ歩けました。
今回はカーペットのお部屋に通されたのがちょっと心配でした。
テストでは、廊下と畳の上を歩いただけだったのです。
でも、ぶっつけ本番のカーペットの上でも裏ゴムのパワーがすごく安定しているのが感じられましたよ。
本来は動きづらいはずの着物姿でもスイスイ動けるなんて、とても気持ちいいですよね。
楽しくて、前回より長時間のお出かけになったのですが、内装ソックスだと家に帰るまでヒール芯のグラつきがなくて安心でした。
なんだか、私のパワー足袋も、ようやくユキさんや奈美恵さんたちのスペシャルっぽくなって、『履く』感じから『装着する』感じになりました。
ずっと、『装着する』って言葉が使いたかったのです。(笑)
Posted by 祥子 at 2009年09月21日 18:06
祥子さん、滑りやすい床にリベンジされたようですね。(笑)
私も挫折とリベンジの繰り返しでユキロンを工夫してきました。
一度でクリアできるなんて素晴らしい事だと思います。
以前、今回の祥子さんのようなケースがあって、一回目の時は裏ゴムが食い付いてくれない不安感で嫌な思いをして、
二回目、『きょうは大丈夫!』と思っていろいろ対策して挑んだのに、それほどパワーが上がってなかったんです。
さらに二回目の時には、ひとのお世話をする係にされてしまって困惑しました。
まさか、自分から『裏のゴムが・・・、滑るとヒールが安定しなくて・・・』なんて説明して係の仕事を断れないし、
パワーの弱い裏ゴムの不安を抱えたまま忙しく動き回るのが嫌でした。
それ以後、裏ゴムのパワーアップ中心に工夫しましたね。
大切な『最強秘密道具』なので、どんな場面に出くわしても乗り切れる余裕のパワーにしたかったんです。
パワー足袋の工夫って、終わりが無い気がします。
つい時間を忘れて打ち込んでしまう不思議なものですね。
Posted by ユキ at 2009年09月24日 17:34
すみません。ずっと拝見させて頂いてたのですが、返事を書き込もうとするといつも同じようなコメントになりそうでしたので・・・。
だんだんと寒くなってきましたが、パワーヒール足袋を装着するのには良い季節かも知れませんね。
夏場もタイツを装着していないと足首テープがきつく締めれないのが難点でしたから。
外からは見えない着物の裾の中で、脚が汗だくになってでも、背が高くなっていたい一心で我慢していましたもの。
これからは、重装備していても苦になりませんものねぇ。(笑)
でも、気温が低くて床が冷たくなると裏ゴムが硬くなる感じ、しませんでしたか?
裏ゴムの柔軟性が低下すると滑りやすく感じて、急ブレーキの効き方が悪くてドキッっとさせられた事もありました。
パワー足袋装着してるのに思うようにパワーが出せない不安感って、すごく辛いですものね。
冬場に向けて裏ゴムのさらなる強化加工をしておきたいと思っています。
Posted by 奈美恵 at 2009年10月29日 07:48
私も同じような感じですね。(汗)

夏の暑い日の装着は、冷え性の私でも辛く感じる事もありましたよ。
でも、背が高く脚長スタイルですごしていたいので我慢しなきゃ!って意志を強く持って装着し続けられました。
デジカメで、パワー足袋装着時と、普通の足袋装着時の着物姿を撮影して比べると、
やっぱり脚長のパワー足袋の方がきれいに見えますね。(自分で言うのも・・・)
いろんなポーズも撮影していたら、踵を持ち上げていて裏ゴムがバッチリ写っている写真が出てきました。
『裏ゴムって、他人からは、こんな風に見えるのね』なんて再認識。
機能的に、少し威圧的に見えました。
でも、これがないと高いヒールでは自由に動けないし、愛着も感じました。
Posted by ユキ at 2009年10月29日 15:30
私も着付けの途中、姿見の前でよくポーズしちゃいますよ。(汗)
後姿で踵を上げて振り返ったポーズ、大好きです。(汗)
薄グレーの裏ゴムが背の低い私をハイヒールで支えてくれると思うと、変身の時、自信が湧いてきます。
初めてのお座敷の廊下だと、しっかり食い付いてくれるのか心配な時もあるけど、たいていの場合はパワーを発揮してくれて、
『今日は裏ゴム、調子いいわ』なんて小さく独り言を言ってしまったりとか。(汗)
たまに、人が集中しやすい場所なんかでは、床の表面がツルツルになっていたりして、その部分を偶然踏むと怖い思いをする事もあります。
布底足袋の人だったらもっと怖い思いしてるのかしら?なんて思うと、裏ゴムに守られてる安心感を再認識しちゃったり。
冬場こそパワーヒール足袋ですよね!
余裕のパワーに仕上げておきたいですね。
Posted by 奈美恵 at 2009年11月01日 16:07
以前作ったナミカバーを工夫して使いやすくしましたよ。
雨の日って、あまりお出かけしたくない気分ですが、予約とかしてると出かけないわけにはいかない時もありますよね。
パワーヒール足袋で素敵に変身できても、道中の雨で濡れたり汚れたりするのは絶対に避けたいですから。
なので、ナミカバー本体には念入りに撥水スプレーを吹き付けました。
何度も乾かして吹き付けたので、防水と言えるほど水濡れに強くなっちゃいました。
水滴がかかるだけじゃなくて、一瞬なら水にザブッって浸してみても内装は濡れないほどです。
当然、裏ゴムも強化しました。
草履の上面が濡れて滑ると、ヒール足袋装着時は捻挫の危険もあるので、かなりパワー強化しちゃいました。
カバーでは室内を歩かない前提で、ギザギザの模様にしています。
でもテストでは、廊下を歩いたんですが、濡らせたところで早足とか急ブレーキしても全然平気でしたよ。
カバーのおかげで、パワーヒール足袋の行動力がさらにアップしそうです。
Posted by 奈美恵 at 2009年11月22日 18:21
奈美恵さんのナミカバーが羨ましくなって、ユキカバーを作りました。(汗)
週末になると雨が降るようなので、カバーがあると安心してお出かけできますよね。
専用足袋を自作した際の型紙から少し大きめに布地を切り取って、ヒール足袋を装着した上から被せてピッタリサイズになるように縫い上げました。
カバーなんだし、外でしか装着しないので底は帆布と薄いゴムシートを接着して縫い付けました。
ヒール足袋の裏ゴムが当たる内側底が帆布、草履の上面に乗る外側底がゴムシートです。
私も、外でしか装着しないと言いながらも廊下でパワーテストしましたよ。
模様無しのゴムシートだとパワーが足りない感じでした。
でも一枚物のゴムシートだと防水性が完ぺきなので底からの水濡れには強いようです。
私も、ゴムシートにギザギザのパワーアップ模様を塗りたいと思います。
Posted by ユキ at 2009年12月03日 14:39
新年、おめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

1日、2日と続けて親戚とか知人が家に集まりました。
別に決まってるわけではないのですが、今年はうちに集まってもらう年に当たってた感じでして。
そうなるとお客様のお世話が忙しくて大変でした。(汗)
お正月なので着物を着ますし、当然パワーヒール足袋も装着してスラリとした姿を見られたいのがオチビサン奈美恵の女心です。
でも1日目は忙しくて、手馴れた我が家なのに裏ゴムのパワーが落ちてくる感じがして大変でした。
思えば、お出かけの時って、草履を履いてる時間も結構長くて、お座敷に上がらせてもらっても大人しくしているので、
あまりパワーダウンが気にならなかったような感じなんですよね。
2日目は裏ゴムのパワーダウン対策として、家の中でナミカバーを装着しましたよ。
忙しくてもパワーの強力なカバーなら1日目とは違って不安なく動いていられましたよ。
今年はナミロンの裏ゴムをカバーなみのパワーが持続できるよう研究したいですね。
長芯ヒール足袋はパワーの出せる裏ゴムが必須ですもの。
Posted by 奈美恵 at 2010年01月03日 01:28
たいへん遅くなって、すみません。(汗)
今年もよろしくお願いします。

私も、お正月の三が日くらいは、と決意して和服ですごしてみましたよ。
三日も連続で和装できるチャンスなんて、そうあるもんじゃないですもの。
もちろんパワーヒール足袋ユキロンで快適に変身していられました。
去年よりも一昨年よりも完成度が上がっていて、室内での動きは、さらに完ぺきに近づいた感じでした。
でも完ぺきじゃないところも少しある様子でした。
奈美恵さんのおっしゃる、『パワーが落ちてくる感じ』も理解できます。
ずっと連続して装着していると、裏ゴムのパワーに慣れてしまうのではないでしょうか?
普段のお出かけって、着付けの時に装着して裏ゴムパワーの強さになれる前に帰宅しちゃう感じなのかしら?って思います。
裏ゴムのハイパワーが無いと10cmや9cmのハイヒール長芯なんて怖くて装着できませんよね。
私もさらにパワーアップさせる工夫を考えたいと思っています。
最近では、秘密の裏ゴムを他人に見られても平気になっちゃいました。
Posted by ユキ at 2010年01月26日 22:53
ユキさんの仰る『裏ゴムのパワーに慣れてしまう』感じについて考えてみました。
お出かけの時って、『緊張の連続』みたいなところがあるんですよね。
ヒール足袋で変身してる事を意識していて、絶対に失敗したくないって思ってるから大丈夫なのでしょうね。きっと。
それが自宅だと、リラックスモードなので意識しなくなるのかしら。
自宅でも練習で装着してる時は、また違います。
『本番に備えてヒール足袋を上手に操作していたいから』という目標があるので、ずっと意識が集中していますよね。
失敗防止の練習とか、裏ゴムの傷みを点検、補修したりだとか、結構手間隙かかるヒール足袋ですが、
私にとっては欠かせない存在なので苦になりません。
私も最初の頃は裏ゴムを見られるのは絶対イヤだと思っていましたが、今では大丈夫。
畳を傷めない裏ゴムの操作法なんかも練習していますし、早足や急ブレーキも平気です。
布底足袋では得られない安心感と優越感を大切に守っていってあげたいと思っています。
Posted by 奈美恵 at 2010年02月02日 17:34
奈美恵さん、
『畳を傷めない裏ゴムの操作法』ってやっぱり大切ですよね。
室内で強力パワーの裏ゴムが付いた足袋を装着して行動するのですから、
ほとんど、靴を履いて歩き回るようなもの。
私をスラリとした脚長体型に変身させてくれる強い味方のパワーヒール足袋なので、
あんまり、そうは思いたくないのですが・・・。
わたし流の『畳に優しい裏ゴム操作法』としましては、
新聞紙を一枚ずつ敷いた上で早足とか急ブレーキを練習しました。
最初はティッシュ敷いてましたが、パワーの強い裏ゴムで引っ掻くと、すぐに破れてしまってましたから。
比較的丈夫な新聞紙も、最初は無残に破れていましたが、力の入れ加減を工夫してみると新聞紙の上を自由に動けるようになりました。
パワーヒール足袋で人前に出て行く以上は、自由自在に操作出来るようになっていないと不安ですもの。
ユキロンの操作なら誰にも負けない!って、そんな気持ちで変身しています。(笑)
Posted by ユキ at 2010年02月09日 00:58
『ユキロンの操作なら誰にも負けない!』という気持ち、私にはわかります。
自宅に居る時間は、ほぼ毎日のようにパワーヒール足袋を装着して練習に明け暮れている私ですから、
たまに練習サボってしまって装着しない日があった後は、少し怖く感じますもの。
全く初めて装着する人だと10cmもあるハイヒールを自由に操る事は無理でしょうね。
でも、裏ゴムのパワーや、足首テープのコンディションをいつもベストの状態にしておかないと自由に操れないと思っています。
お出かけ当日なんかは、ヒール足袋だけ数時間前に装着しておいてから着物を着るようにしています。
見た目はスラリとしていても、高いヒールのせいでギクシャクした動作になるのは絶対に避けたいですものね。
帯の結び方を特徴的にして、他人の目線が足元の足袋に集中しないように工夫するのも快適に変身する手段だと思っています。
簡単には裏ゴムを見られない動作だって、かなり練習しましたよ。
最初の頃にくらべて、見られても平気になったといっても、なるべくなら秘密の裏ゴムは見られたくないですよね。
Posted by 奈美恵 at 2010年02月15日 09:26
ご無沙汰してました。
私の場合はヒール芯の無い普通の足袋の時から卓球ラバーで滑り止め加工をして履いていたので、
『特別な底』に関しては、さほど抵抗感はありませんが、
どちらかというと見られたくないものですよね。
卓球ラバーも操作にコツが要るみたいで、慣れないうちは『キュッキュッ』って廊下を擦る音が出てしまって恥ずかしい思いもしました。
その点、ユキさんや奈美恵さんと同じ液体ゴムの裏ゴム方式でしたら、模様の付け方を工夫すれば、音とパワーアップのバランスが自由に設定できる気がします。
初めてヒール芯を入れて歩いた時は感動しましたもの。
高いヒールなのにパワーが強いと安定しているし、それでいて音も静かだったものですから。
私も、すっかりパワーヒール足袋の虜になってしまっています。
お出かけの時にベストな状態にしておきたい!っていう気持ちにさせてくれるのが良いですね。
練習して不備な点が見つかれば工夫して改良する感じがとっても楽しくて。
一度履いたら、もう手放せないですね。
Posted by 祥子 at 2010年02月16日 17:09
お久しぶりです。
桜はまだツボミでしたが、プチお花見に行ってきました。
毎年行ってるところなので、おおかたの予想はしていましたが、会場はお庭に敷かれたブルーシートでした。(苦笑)
今年で3回か4回目ともなると、ブルーシートの上でも全然大丈夫です。
ほかのお客さんが少ない時間に到着してしまったので、ブルーシートの上で少々遊んじゃいましたよ。(汗)
友人と二人で早足したり、ブルーシートの上なのに思いっきり急ブレーキしたり。
普段、狭い自宅で練習してるので、広いシートが嬉しくてはしゃいでしまいました。
友人のパワー足袋も私が作った物なので、アフターサービス(笑)で私のユキロンと同様に最新仕様になっていて、
ブルーシートの上でも問題なくハイパワーを出せてるようでした。
シートの下の砂利がゴツゴツしていても足裏全体がヒール芯に完全ガードされているとすごく安心です。
あらためてパワーヒール足袋の行動力の高さに感動しちゃいました。
Posted by ユキ at 2010年03月31日 19:49
こんにちは。
ご友人とお揃いでパワーヒール足袋装着だと、心強い気がします。
秘密の裏ゴムが他人に見られても、二人揃っていたら安心でしょ?
私の周りでは、普通の無工夫ヒール足袋の人すらいらっしゃらなくて、いくらパワーが出せるヒール足袋でもあまり派手な事ができません。
でも、着物を着て普通に振る舞うだけでもパワーヒール足袋の行動力って頼もしいですよね。
廊下を歩いてる時も、ふと、『裏ゴムの強力パワーのおかげだわ!』なんて感じちゃいますもの。
私も広いブルーシートの上でナミロンパワーの強いところをアピールしてみたいです。
自宅の庭のピクニックシートでは早足も急ブレーキもできないですもの。(汗)
それにしても、普段ブルーシートの上を歩く事は想定しない裏ゴムなのに、しっかりパワーを出してくれるのがいいですよね。
砂利の凹凸でもグラつかない工夫も完ぺきだろうし、凹凸の上でヒール足袋を操作できるユキさんもすごいと思います。
Posted by 奈美恵 at 2010年04月01日 13:36
奈美恵さん、ありがとうございます。
言われてみれば、裏ゴムって、廊下や畳の上で使う事を前提に強化してきたのに、
想定外なビニールシートの上でもしっかり私達をガードしてくれました。
一昨年だったでしょうか、その前でしたか、初めてビニールシートに乗せられた時は、やっぱりちょっと戸惑いがありましたよ。
年々、裏ゴムの材質や模様付けなどに工夫した結果、今回はすごくパワーにも安定性にも余裕がありましたね。(笑)
普段、広いビニールシートでヒール操作の練習ができないのは私も同じですが、
奈美恵さんの腕前とナミロンのパワーなら大丈夫だと思いますよ。
素早い早足や、ギュッって急ブレーキが決まると、『パワー足袋装着していて良かったなぁ!』って思っちゃいませんか?
『背が小さくて、ヒール足袋のお世話になっているけど、これだけ活発に動けるのよ!』ってアピールしてるみたいで気持ち良いですね。
Posted by ユキ at 2010年04月01日 17:30
こちらこそ、ありがとうございます。
腕前だなんて、たいした事ありませんが、どんな操作だってできるように練習は欠かさないようにしています。(汗)
いろいろな動作を組み合わせてみると、ヒールの操作がとても奥深く感じちゃいますね。
裏ゴムを常に強力に工夫していたいのですが、強化すればするほど和室の畳の上で動くのが心配になるので、
慎重に操作できるように練習しています。
中でも、急ブレーキが特に難しいですね。
強力パワーの裏ゴムが畳の目を引っ掻いてしまうような急ブレーキはパワー足袋ユーザーとしては絶対に避けたいですよね。
素早く止まれて、しかも畳にも優しい急ブレーキ、もう少しでコツがつかめそうです。
自由自在にヒール足袋が操作できるようにがんばります!
Posted by 奈美恵 at 2010年04月02日 15:34
奈美恵さんの研究熱心さが伝わってくるようです。
廊下なんかの床が硬いところだと爪先辺りの裏ゴムに高圧を掛けるように操作すると比較的簡単にパワーが引き出せる感じですが、
畳の部屋では足裏全体の裏ゴムを使っていないと、すぐに畳の目を引っ掻いちゃいますものね。
でも、足裏全体、踵側にも体重を預けながら動こうとすると、足首テープやパワーネット内装でしっかり装着されてるはずのヒール芯が、
不意にグラついてしまって『ドキッ』っとさせられちゃいます。
畳に限らず柔らかい床の上での操作は、すごく気を遣いますよね。
足裏全体で圧力を分散していても、今より強いパワーが出せる裏ゴムに工夫して、踵側に体重を掛けながらでもビクともグラつかない装着具に改良したいですね。
裏ゴムの材質を柔らかくするとパワーアップ出来るのですが、模様が擦り減るのが早くて長持ちしません。難しいですよね。
装着具の改良点としては、パワーネット素材の靴下でヒール芯を履く感じにしてみたいですね。
工夫し始めると止まりませんよね。(汗)
Posted by ユキ at 2010年04月12日 13:47
ユキさん、いつもありがとうございます。(笑)
研究熱心という程でもないのですが、背が小さくて引っ込み思案だった私を素敵に変身させてくれる『最強秘密道具』、
それがパワーヒール足袋だから、時間を忘れて打ち込んでしまってるようなんです。
『すごい!これ(ヒール芯)で背が高くなれるんだぁ』って思って長芯を通販した日の事、
初めてのお出かけで、滑りやすい長芯が怖くて嫌になってしまった事なんかが、とても懐かしく感じますよ。
ユキさんや、はるみさん考案の裏ゴムの記事を見つけていなかったら、いまだにヒール芯を装着する気には、なっていなかったかも。
今なら10cmもあるハイヒール芯を装着していても普通に動けるのに、どうして3cmの長芯が怖かったのかって思うと、
裏ゴムのパワーや、ヒールを操作する為のベルトの有り難味に感謝しないと
いけませんよね。
Posted by 奈美恵 at 2010年04月13日 12:50
ご無沙汰してました。
ちょっと前の事なのですが、私も着物姿でお花見に行きましたよ。
お庭に敷かれたビニールシートを初体験しました。
普段、ヒール足袋の練習は行なっているつもりなんですが、ビニールシートの上に乗るのって初めてでしたので、最初は少し戸惑いました。
もし、パワーが効かなかったらどうしよう、グラグラしちゃうかしら?って不安でした。
でも、ユキさんや奈美恵さんのコメントを読ませてもらってたので大丈夫って気持ちもありました。
裏ゴムのパワーは、しっかり効かせられたのですが、畳や廊下の上とは違って操作しづらい感じでした。
内装ソックスで装着するようになってからは長い時間のお出かけでもヒールのグラつきを感じなくなっていたのですが、
シートの下の地面が凸凹なせいか、歩く時に足首テープが少し緩んだ感じで、さらに操作しづらくなりました。
ヒール足袋だけでもグラついてしまってるのに、草履を履くと怖くて歩きづらかったです。
内装ソックスや足首テープを完ぺきに仕上げないとダメですね。
Posted by 祥子 at 2010年04月19日 01:40
祥子さんもビニールシート体験されたのですね。
なんか、とても羨ましいです。
狭いピクニックシートの上で地面の凹凸は体験したのですが、ユキさんたちのように動き回ったことなくて・・・。
凹凸の上でも足の裏に痛みをを感じなくていい長芯ヒール、すごく安心ですよね。
ただ、凸凹したところではヒールが安定しなくて不安が残るのもわかります。
私のナミロンも、裏ゴムの強力パワーばかりを追求して、固定具の工夫が後回しになってしまってます。
いくらパワーがあっても、テープが緩んでグラつきが酷くなると動けなくなっちゃいますものね。
短い練習時間ではパワー操作できていても、長い時間のお出かけ本番に耐えられない固定具だと不安になりますよね。
Posted by 奈美恵 at 2010年04月20日 01:51
奈美恵さんの仰るように、『装着時間の長さ』って重要な要素ですよね。
お出かけ時間が長引くと足首テープが緩み始めて、ヒールのグラつきが出やすくなっちゃいますよね。
帰り道とかだと、草履で歩いてる途中にグラつきが出てすごく不安になった事もしばしば。
帰り道ならまだ良い方ですが、お出かけ先でテープの緩みに気付かずに早足してしまって、
大失敗しそうになった苦い経験もありました。
それからというもの、お出かけ中は常にテープの事が気になってパワーネット内装を工夫しました。
パワーネットで装着していても完全にグラつきが抑えられてるわけではなくて、不安は付きまといます。
今度は、ハイソックス丈のパワーネット内装を考えています。
Posted by ユキ at 2010年04月21日 20:04
昨夜、ハイソックス丈のパワーネット内装をヒール芯に取り付ける事ができましたよ。
今朝、早速装着してみました。
フィット性、安定性重視のため、専用足袋の型紙よりふたまわりほど小さいサイズで裁断、縫い合わせています。
ヒール芯装着というより、ヒールの付いた靴下を履く感じです。
フィット感は上々なのですが、万が一のために外せなかった足首マジックテープも巻きつけて装着完了。
爪先ポケットもそのままで、靴下はポケットと重なっているため、爪先周りのガード性も少しアップしています。(笑)
専用足袋を被せなくても安定しているので、まずは、ヒール芯だけで歩いてみましたが、やはり裏ゴムなしだとシックリしません。(汗)
専用足袋を装着して、いつものスタイルにすると、やっぱり操作しやすいですね。
早足&急ブレーキは全然平気。グラつきが出やすかった横方向の動きでも平気です。
横向きに早足してブレーキを使っても余裕の安定性には驚いちゃいました。
早くお出かけ本番で試してみたい気持ちです。
Posted by ユキ at 2010年04月28日 07:58
ユキさん、パワーネット製ハイソックス、すごく安定感がありそうで羨ましいです。
昨日のお出かけ、やっぱり最後には足首テープが緩々になってしまってました。
緩んだ事がわかってるとまだ良い方なのですが、知らない間に緩んでいて、それを知らずに早足とかやってしまうと『えっ?うそっ!』って。
普通にグラついた時の何倍も怖い思いをさせられます。
高いヒールで、横方向のグラつきが抑えられるのって、すごい事ですよね。
ナミロンにもパワーネットハイソックス付けてみたいです。
これからの季節、ショート丈を装着される事を想像しちゃうと、専用足袋と膝の間にハイソックスが見えるスタイルなんですよね?
最強秘密道具一式は、基本は着物の裾の中で秘密キープなので、こっそりオシャレを楽しめる様子でしょうか?
着付けの時、鏡を見るのも楽しくなりそう。
Posted by 奈美恵 at 2010年04月30日 16:40
奈美恵さん、ご無沙汰していてすみませんでした。
暑い日が続くので、お出かけにはショートタイプが活躍中です。
とは言ってもパワーヒール足袋の下にはタイツを履いて重装備なのは、冬場と変わらないのですが。(汗)
パワーネットハイソックスで固定するようになって、足首テープの締め方も緩くて済むので、
タイツ無しでも脚の痛みを感じないのですが、やっぱりどこか心配なので。
ハイソックスでの固定方法でも十分動いていられるけど、テープを調節すると、さらにヒールの操作が楽になる事がありますから。
パワーヒール足袋は、仰るとおり着物の裾の中に隠れて脇役で頑張ってくれてるのですが、
着付けで丸見えの時って、不思議な気持ちなんですよね。
また、滑りやすい廊下では、脇役から主役になってパワーを出してくれる。
そんなところが魅力的なんでしょうね。
Posted by ユキ at 2010年07月01日 15:44
ご無沙汰していました。
この前、浴衣に挑戦してみましたよ。
今まで、着物は着るのに、夏の浴衣だけは、あまり着て出かけた事がなかったんです。
浴衣も着物に代わりないので、やはりパワー足袋も装着しました。
素足だとオチビサンな私なので、ヒール足袋は必須です。
ナミショートにするか、ナミロンにするかで、すごく迷いました。
裾をみじかめに着るイメージのある浴衣なのでショートだと裾がまくれたら不安だし、夏場なのにナミロンで挑みました。
高めの下駄の上でヒール芯がグラつくと怖いのでマジックテープをキツめにセットするためタイツも併用しました。
周りの人たち、涼しいはずの浴衣姿なのに、まさかタイツまで穿き込んで汗だくになってる私を想像できなかったでしょうね。
でも、人前でスラリとしていたいオチビサン奈美恵は、我慢できますよ。
ヒール足袋を装着していたので、鼻緒ズレからもガードしてくれて一日中快適でした。
Posted by 奈美恵 at 2010年08月27日 08:41
新年、あけましておめでとうございます。

美月さん、奈美恵さん、祥子さん、大変ご無沙汰していました。
お正月は、やはり日本の女性として着物で過ごさなきゃ!なんて義務感でワクワクしております。(笑)
年末から、わざわざ着物を着て大掃除したりして、昔の女性になったつもりで過ごしてみましたよ。
着物を着て掃除なんて、変に思われるかも知れませんね。
汚れても平気な着物に割烹着、日本手拭いを被ってやりましたよ。
もちろんパワーヒール足袋も装着してました。
ユキロンを装着して、さらに、汚れないようにカバーも装着。
カバーは屋外で装着する為に作ったものなので、草履をしっかりキープしておく為の裏ゴムはとても強力なんです。
廊下の雑巾掛けで、濡れた上を踏んでも全然ビクともしません。
カバーのままお座敷に上がった事が無かったので、畳の上ではパワーが強すぎて戸惑いました。
自宅だし、まぁ、いいっか!って感じです。
長時間装着の練習としては効果ありましたよ。
今年もパワーヒール足袋、活躍してくれそうです。
Posted by ユキ at 2011年01月02日 21:35
おめでとうございます。

私の場合は昨日までの三日間だけ着物を着てすごしました。
パワー足袋を三日も連続で装着したのも、今回のお正月が初めてでした。
ちょっと裏ゴムの工夫に自信があったので、三日間に挑戦してみた感じなんです。
裏ゴムをパワーアップさせても、最初は強力にかんじますが、だんだん慣れてくると心配になってくる気がしてたのですが、
今回は、すごく強力な裏ゴムに仕上がったみたいで、親戚の人のお世話等、忙しく動き回っていても平気でした。
ヒール芯と専用足袋の内底の間に厚めのスポンジを敷いてみたのです。
裏ゴムの面から指で押すと、ヒール芯の硬さが全然感じられず、立ってみると、裏ゴム全体が床にぴったり押し付けられてる感じです。
今まで畳のお部屋では、裏ゴムのパワーが仇になって動きづらかったのに、柔らかい裏ゴムならのびのび動けましたよ。
親戚の人に、早足や急ブレーキを披露しちゃいました。(笑)
2011モデルナミロンのパワーに皆さん、圧倒されてた様子が気持ち良かったです。
Posted by 奈美恵 at 2011年01月04日 02:30
奈美恵さん、文章のイメージからだと『2011モデル ナミロン』、かなりのパワーアップとお見受けしました。
美月さんのブログに勝手にお邪魔してる私たちですが、ヒール足袋の工夫の話だと、ついついのってしまいます。(汗)
カバーを装着しなくても強いパワーが出せるのって、すごく安心して動けますよね。
ユキロンにも、床と硬いヒール芯が当たる時のイヤな音を消そうと、内底全体にスポンジを挟んであるのですが、パワーアップしていない様子でした。
スポンジの厚みが足りないのでしょうか?
厚みを変えてパワーアップさせてみたいと思います。
掃除中、カバーの強力な裏ゴムで動き回っていて、掃除が終わった時、カバーを外したとたん、ユキロン単体の裏ゴムのパワーがすごく弱く感じて・・・。
しばらくヨチヨチ歩きになっちゃう程、頼りない感じでしたよ。
屋外の汚れ防止目的で装着するカバーは、本来、室内で使うとマナー違反ですよね。
ユキロン単体になった時でも、カバーの裏ゴムと変わらないパワーが出せるようにがんばってみます!
Posted by ユキ at 2011年01月05日 01:41
私も、カバーを装着して自宅の居間で練習していて、その後カバーを外した時、パワーの差をすごく感じた事がありました。
カバーを作った当初、雨の日に装着テストしてみたら、草履の上面とカバーの裏ゴムの間が濡れてきて、滑りやすくて怖い思いをしました。
カバーは外を移動する時の限定装着と割り切って、大胆に裏ゴムのパワーアップを工夫しましたよ。
逆転の発想を試した事もありました。
お出かけ先までナミロンと草履で移動し、上がらせてもらう時にバッグからキレイなカバーを出してナミロンの上に装着しましたよ。
玄関先でカバーを装着するのがスムーズじゃなかったのですが、室内でカバーの強力な裏ゴムパワーを堪能しちゃいました。(汗)
ナミロンの裏ゴムをカバーなみにパワーアップしてしまえば手っ取り早い事なのですが、畳の上で装着する事を考えると・・・。
スポンジ入りの2011ナミロンだと、そこそこのパワー出せるので、当面は使えそうです。
Posted by 奈美恵 at 2011年01月05日 11:53
昨日は、半日仕事でスポンジの調達とユキロンの加工に没頭しちゃいました。
DIYのお店で、いろんな種類と厚みのスポンジ板に目移りしちゃって、なかなか決められませんでしたね。(汗)
結局、硬さの違う薄いタイプを数種類購入しました。
加工を始めると、妙に安心してしまって作業が進まなくて。
爪先部と土踏まず部、踵部の三分割で硬さと厚みを変えてみました。
爪先にはスペースの余裕が無いので薄いタイプ、踵にはヒール高が少しでもアップすればと思って厚めのタイプを敷きました。
でも、これは大失敗!踵のスポンジが柔らかくてヒールのグラつきが酷くなってしまいました。
踵部のみ、いろいろと敷き変えてみてはテストの連続でした。
4回目くらいで、やっとグラつかない板が見つかりましたよ。
パワーの感じもなかなかのものですねっ!奈美恵さん、ありがとう!!
ヒ−ル芯の下が5mm上がりました。でも装着すると潰れて3mmアップって感じでしょうか。
裏ゴム面が柔らかくて、畳の上でもパワフルに動けますよね。
早足、急ブレーキ、ターンとか、嬉しくて動き回っちゃいました。
Posted by ユキ at 2011年01月06日 15:03
ユキさん、裏ゴムのパワーアップおめでとうございます!
スポンジを数種類使い分けるなんて、私には思いつきませんでした。
でも、私のナミロンに関しては、スポンジを入れる前と後とではパワーの強さが全然アップしましたよ!
廊下なんかの硬い床では、裏ゴムの密着する感じが良くなって、早足や急ブレーキの時も余裕のパワーでサポートしてくれているようです。
ユキさんのマネをして、雑巾掛けをして濡れた廊下もテストしました。
早足より速く小走りより遅いくらいのスピードからでも平気で急ブレーキ出来ちゃいます。
そんなハイパワーを畳の上で操れるのもいいですよね。
今までは、裏がゴムだからというだけで遠慮がちだったのに、全然大丈夫。
改良前は畳がザクザク言ってた(←傷めてた音なんでしょうね)けど、早足や急ブレーキしても全然静かです。
着物と一緒に装着するのだから、和室に居る時にベストな状態じゃないと使いづらいですものね。
スポンジ効果で柔らかくなった裏ゴムなら、模様の形や大きさ、彫りの深さを変えてみたら和室最強パワーだって実現出来そうですよ。きっと。
Posted by 奈美恵 at 2011年01月07日 11:08
スポンジの効き目って絶大だったみたいですね!
日々の練習が終わる度に、『もう少しパワーが欲しいなぁ・・・』なんて感じていて、
小まめに裏ゴムに改良を加えていたのですがパワーアップが実感できる改良って、なかなかうまくいかなくて。
長芯ヒールで、ハイヒール化までしていると、裏ゴムのパワーに頼らなければ何もできない状況ですから、少しでも強化したいですもの。
エスカレートしすぎて、畳の上でザクザク、ガリガリと音を立ててたのも仕方ないと思っていました。(汗)
でも、スポンジを厚くした効果でザクザク、ガリガリ言わなくなったのはとっても嬉しいですね。
畳の上で、小走り→急ブレーキで、思いっきり踏ん張ってみても音が出なかったのには感動しました。
お部屋の中で『ゴム底の足袋』を装着しているという後ろめたさから解放された気がしますよ。
Posted by ユキ at 2011年01月08日 18:35
スポンジ入りのパワーアップヒール足袋なら、もう一つ良い事がありますよね。
過去コメントを見ていると、ユキさん、祥子さんが体験済みの『ブルーシートお花見』です。
私だけ、庭のピクニックシートで疑似体験なんですが。
まだまだ春まで遠いですが、私もブルーシート本番体験してみたいです。
広いシートでナミロンの強力パワーを試してみたいのです。
硬めの長芯で足裏全体がガードされて、さらにスポンジがシートの下の凹凸を吸収してくれそう。
廊下、畳、カーペット、そしてブルーシートの上までも対応できるパワー足袋に仕上げるのが今年の目標ですね。
Posted by 奈美恵 at 2011年01月10日 17:20
『ブルーシートお花見』、奈美恵さんが体験してみたい気持ち、わかるような気がしますよ。
私の場合は、一回目の時、裏ゴムの仕上げ方やパワーを有効に使える操作の仕方が未熟だったので、
けっこう不安もありましたが、シートの下の地面の石の上でも足の裏が痛くなく過ごせた点は、長芯ヒール足袋ならではの特権ですよね。
床の調子がつかみづらいという特長が長所でもあり、スリップしやすいという短所でもあるから裏ゴムのパワーが絶対必要。
ヒール足袋なしでもスラリとした人と同じように動きたいからパワーアップの工夫も熱心に取り組めたと思っています。
家にブルーシートも広いお庭もなくて、裏ゴムがどれだけパワーを出せるかのテストも練習もできないのですが、
ぶっつけ本番でもちゃんと滑ったりせずに過ごさせてくれる対応力みたいなものに感動しちゃいます。
是非、強力ナミロンパワーを使ってブルーシート上を動き回って欲しいです。
Posted by ユキ at 2011年01月27日 01:55
この前、お出かけした先のお座敷でヒール足袋を装着された方を見かけましたよ。
これまでにも何人かは見かけていたのですが、足裏の段が無い長芯タイプを見かけたのは今回初めてでした。
他人の足元を見るなんて変かも知れませんが、普通の足袋と違うので気になります。
足袋底は布のようで、やはり滑りやすい様子が伝わって来るようでした。
布底のまま長芯を装着してお出かけして来られた勇気のようなものを感じました。
裏ゴムパワーにサポートされた足袋じゃないと動けない私が、すごく小さい人間のようにも感じられて辛かったです。
お座敷でゴム底の足袋を装着するのって、やっぱりマナー違反なのでしょうか?
Posted by ユキ at 2011年02月06日 20:25
布底のままの長芯ヒールお使いの方、いらっしゃるのですね。
初装着の日の私みたいですね。(苦笑)
今思えば、たった3cm足らずのヒールで、どうしてうまく操作できなかったのか、初装着の日の事を不思議に思います。
ユキさんのパワー足袋のアイデアで、今だと10cmヒールでも楽々操作できて、嬉しいかぎりですね。
アイデアの中でも、メインは裏ゴムですよね。
プレート状の長芯で床の調子がつかみ辛いのに、滑らずに動けるのは裏ゴムのパワーのおかげなんですもの。
私は、ゴム底≠裏ゴムという考え方でマナー違反の事は考えないようになりましたよ。
高いヒールと、それを安全に支えてくれる裏ゴムは、『オチビサン奈美恵』にとって欠かせない必須アイテムですから。
スラリとした人に負けたくないので、ますますパワーもアップさせたいと思ってるくらいです。
Posted by 奈美恵 at 2011年02月13日 16:49
奈美恵さんはいつも前向きで、私が落ち込んでもコメントを見るだけで勇気づけられます。
ヒール足袋への思い入れも、実は私よりもずっと前向きなのでしょう。
私は、小さな事に拘るのがいけないところのような気がします。
でも、美月さんの、このブログでヒール足袋の事を知る前と今とでは、ずいぶん強くなれたのも事実です。
背の低い私が、着物姿の時だけ、大きくなれて人前でも堂々としていられるのも最強秘密道具『パワー足袋』のおかげなんですよね。
マナーを守るって、他人に迷惑がかからない事ですよね。
裏ゴムのパワーで他人に迷惑をかけない操作術も考えて練習していきたいと思います。
Posted by ユキ at 2011年02月14日 08:03
ユキさん、ありがとうございます。
元々はユキさんのアイデアを真似してるだけなのですが、何気なく買って失敗した長芯ヒールの弱点を克服したいという気持ちは強いのでしょうか。
数センチ背が伸びるだけで、ずいぶん気持ち良いものですからヒール足袋は強い味方ですよね。
洋服の時、高いヒールのパンプスやブーツを履いていても、お座敷に上がると元のオチビサン奈美恵に戻ってしまいますが、
和装の時だけはヒール足袋の力でスラリとしたまま過ごさせてくれるのですもの。
逆に考えると、高いヒール芯を入れていてもギクシャクしたりグラついたりしないように自然に振る舞う方がマナーを守る事になりませんか?
私も、もっともっと練習していきたいですね。
Posted by 奈美恵 at 2011年02月19日 20:00
テレビの2時間サスペンスもので祇園の芸妓さんの『おかあはん』役の女優さんがヒール足袋を装着されてるのを発見しました。
正座のシーンで踵の形が変わってるのに気付きました。
その後のシーンがすごく気になって、テレビに釘付けになりましたよ。
当然、裏ゴムなんて装着されてないはずなのに、動きがすごいんです。
ヒール足袋をすごく履き慣れていらっしゃる感じでした。
なんだか、すごく勇気づけられた気がしましたよ。
すでにお亡くなりになった女流推理作家原作の2時間サスペンスなのですが、作家の長女の方が毎回出演されてます。
以前は、なんとなくその女優さん、好きになれなかったのですが、今回ヒール足袋愛好家とわかって、見方が少し変わりました。
私も愛好家の一員として応援したいですね。
Posted by ユキ at 2011年02月22日 10:22
やっぱり正座状態になるとヒール足袋装着がバレてしまうのですね。(苦笑)
ヒール足袋で上げ底してる事は、なるべくなら他人には知られたくないし、私は専用足袋の外側にヒール芯の形が響かないように、中に綿を挟んでいます。
私の踵とヒール芯の間の段つきを綿で埋めると、かなりバレにくい気がします。
正座している時のナミロンを、横からデジカメで撮影して、踵とヒール芯がスムーズにつながって見えるまで、何度も綿を入れ直しました。(汗)
でも、裏ゴムが上を向いてしまうのは、どうしようもないですね。
ある程度、開き直らないと。
今のところ、裏ゴムを他人に見られて、どうこう言われた事はないので安心しています。
Posted by 奈美恵 at 2011年02月23日 16:41
私のヒール芯にも綿というか、薄いスポンジをサイドに巻きつけてあり、
ヒール芯の形が自然な人のかかと風に見えるよう補整しています。
しかし、装着中の動きで芯がグラついてしまうと、いくらスポンジで補整していてもかかとと芯が折れ曲がったように見えてしまいます。
足首テープを強化して防ぐ事も試しましたが、あまりガチガチに固定してしまうのも、どうかと思います。
パワーネット布の内装ソックスを装着してからは、スポンジにソックスの厚みも加わり、足袋の外からヒール芯の段が見える心配が減ったようです。
思えば、最初の頃は買ったままの専用足袋にヒール芯を履き込んでいただけなのに、現在のユキロンはとても重装備になりました。
言葉が示すとおり、重さも相当重くなっています。(汗)
重たいユキロンですが、これを装着した時だけ変身できる感覚は、やはり魅力ですよね。
パワーヒール足袋って、やっぱり最強秘密道具なんですね。(笑)
Posted by ユキ at 2011年02月24日 08:56
私のナミロンだって、重さという点では負けてないと思います。(苦笑)
完ぺきに変身していたいので、普段の練習で装着中に少しでも不安に感じた部分を補修したり改良を積み重ねてきた結果、重くなってしまったのも仕方ないですよね。
着付けの前に、ヒール芯に足を乗せてテープを締め、足袋を被せた瞬間、不思議と自分が変わる気がします。
裏ゴムのパワーだけじゃなしに、何か別のパワーももらってる感じなんですよね。
だから、少々重たいヒール足袋でも我慢できるのじゃないでしょうか。
お正月なんて、朝から夜遅くまでずっと装着したままお手伝いに動き回ったりしてましたが、平気でしたね。
自宅だったら畳の上でも早足とか急ブレーキで気兼ねなくパワー全開でしたもの。
しまいには、親戚の人に『裏ゴムを見せてよ!』ってせがまれて、ちょっぴり恥ずかしかったです。
年末掃除した部屋なのに、動き回ってる内に裏ゴムにホコリがついてしまってて、汚れた裏ゴムを見たり触られてしまいました。
Posted by 奈美恵 at 2011年02月24日 16:22
パワーヒール足袋から貰うパワーって相当大きいと、私も思います。
お出かけした先で、すごくヒールの高い草履を履いて来られる方が結構おられますが、いざ、お座敷に上がると途端に背が小さくなるのです。
私と友人だけは、草履を脱いで上がらせてもらっても背がスラリとしたままなのは、パワーヒール足袋で変身させてもらってるから。
ユキロン同等品のヒール足袋を装着した友人を見てると、あらためてパワーヒール足袋の偉大さが再認識できちゃいます。
友人も、日々練習にはげんでくれてる様子で、動きを見るだけでは、とてもヒール足袋を装着しているとは思えないスムーズな操作をします。
お座敷の中を背が高いまま自由に動けてる瞬間、ヒール足袋の魅力に酔いしれてしまいますね。
Posted by ユキ at 2011年02月25日 15:52
ユキさんが羨ましいです。
近くにパワーヒール足袋愛好家のお友達がいらっしゃると客観視する事が出来るし、自分では気付かない事も発見出来るのかしらなんて思っちゃいます。
私の場合は、鏡に映したり、動き具合を見たいときはデジカメの動画モードで撮影するしかないですもの。
ただ、近くに愛好家がいない訳でもなくて、お正月に会った従姉妹の女の子がパワーヒール足袋に興味がありそうで、無理矢理にでも愛好家に抱き込んじゃおうかって思っています。(汗)
ナミショートが余っていたので、スペアーのヒール芯とセットで従姉妹に装着体験させましたよ。
初装着だと、立ち上がる瞬間がすごく怖いらしく、かなりグラグラしていました。
でも、『ヒールを持ち上げるように』アドバイスするとスムーズに動けるようになりましたよ。
練習してないのに操作の上達がすごく早くて、小癪な従姉妹でした。(苦笑)
Posted by 奈美恵 at 2011年02月26日 16:20
>『ヒールを持ち上げるように』アドバイス

いくら高いヒール芯を装着していても、ヒールを意識して持ち上げていると、わりと楽に動けちゃいますよね。
親指から付け根辺りの裏ゴムが特に擦り減るのが早いようなので、その部分は重点的に点検しちゃいます。
一度、苦い経験があって、お出かけ中に『やだっ!パワーが出せない』ってピンチに陥った事がありましたよ。
ワックスの効いた廊下で、あらかじめグラつかないようにヒールを浮かせて歩いていたのですが、裏ゴムの食い付きが急に悪くなって、かなり怖い思いをしました。
お化粧室に逃げ込んで裏ゴムを見たら、見事に親指辺りの模様が消えてしまって布底まで見えそうなくらいゴムが剥がれていました。
出先では裏ゴムの補修なんて出来るはずもなく、その日のお出かけ中は滑りそうになったりグラついたり、ヒール足袋の弱点をさらけ出してしまいました。
二度と嫌な思いをしたくなくて、お出かけ前の裏ゴム点検と早足&急ブレーキテストは必ずやるようになりました。
Posted by ユキ at 2011年03月01日 00:13
ごめんなさい。
震災に対して、どうコメントすればいいのかわからなくて、ご無沙汰してました。

この前、私にもお花見のチャンスが回って来たので、急に投稿したくなりました。
去年参加された方に内容を聞くと、ブルーシート上での開催だとわかって、すごくワクワクしました。
4月でも外は肌寒いので、ナミロンの装着は大正解。
もともと大掛かりなパワーヒール足袋だと、寒さなんてへっちゃらなんです。
いざ、ブルーシートに上がる時の緊張感は忘れられないです。
裏ゴムがしっかりと食い付いてくれて、心配だったヒールのグラつきを抑えてくれてましたよ。
シートの下の地面の凹凸も硬い長芯ヒールの上に乗っている私の足裏には伝わりません。
ユキさんたちが仰ってたように、パワーヒール足袋の高い対応力を感じちゃいましたよ。
ブルーシート初体験、すごく感動しました。
Posted by 奈美恵 at 2011年04月21日 17:33
私も、震災に関してコメントできなくて。
頑張ろうとしても頑張れない人々に、『頑張れ!』って言っても
私は無責任じゃないかと思います。
冷たい女だと思われるでしょう。


奈美恵さん、ブルーシートに上がられたのですね?
ビニール素材の上を歩く事なんて想定してないはずの裏ゴムが、しっかり守っていてくれる感じが気持ちいいですよね。
私が想像してるナミロンの裏ゴムパワーならブルーシートだってどこだって全然平気なのでしょうね。
私もユキロンで早足や急ブレーキを試した時、パワーの有り難味を感じましたよ。
Posted by ユキ at 2011年04月21日 19:33
ユキさんは広いシートの上で早足や急ブレーキを試されたんでしたよね。
私の時は、すでに人が多くて空いてるスペースの所まで歩いて移動する事くらいしか出来ませんでした。
それでも、パワーヒール足袋でビニールシートの上を歩けるチャンスなんて滅多にないので、
裏ゴムの操作に集中して歩いてましたよ。
早足程も速くないけれど、歩くスピードを少し上げてみたり、急ブレーキ程も急じゃないブレーキで止まってみたりとか。
想像してた以上の強力なパワーと安定性の高さに感動しちゃいましたね。
前の晩に、裏ゴムの模様を点検したり、徹底的にキレイに掃除して本番にそなえた甲斐がありました。
掃除が終わって箪笥にしまったナミロンの事がすごく気になって、なかなか寝付けず、結局枕元に引っ張り出して、やっと寝付けた状態でした。
朝になって、お出かけまで数時間あるのに洋服のまま早めにナミロンだけ装着して、裏ゴムを汚さないようにカバーを装着してすごしました。
本番にそなえた練習の意味もあって早めに装着したんです。
せっかくパワーヒール足袋の行動力をビニールシート上で試せるのに、失敗しちゃうの絶対いやですもの。(笑)
Posted by 奈美恵 at 2011年04月22日 22:24
前の日の夜から準備をされてたのですね。
次の日がブルーシート初体験の本番だったら、ワクワクされる気持ち、私にもわかる気がします。(笑)
たとえ、ブルーシートじゃなくても、お出かけ前日の入念なチェックは、私も必須項目でやっています。
当日になって、お出かけ前にパワー足袋の感覚に少しでも慣れておきたいという気持ちもすごくわかります。
一度、こんな事がありました。
前日の点検で裏ゴムばかりを気にしていて、マジックテープが弱ってきている事を見落としていました。
当日、待ち合わせ時間に余裕がなくて、大急ぎで着付けをして出かけたのですが、慌てていてテープが弾けそうな感じに気が付きませんでした。
バス停手前で、目当てのバスが来てしまって、走ろうとしたら専用足袋の筒の中でテープが外れてしまいました。
バス停まであと少しなのに普通に歩くことすら難しい状態に陥ってしまって。
ヒール足袋単体のグラつきに草履のグラつきが合わさってしまって、最悪でした。
次のバスで、後の角の目立たない席に座ってテープを締めなおしました。
誰にも気付かれてなかったようですが、すごく恥ずかしい気持ちでした。
その日は一日中テープの緩みが気になって、いつもどおりの動きが出来ずに大人しくしていました。
やっぱり、楽しくお出かけするためには、時間の余裕と点検が不可欠ですよね。
Posted by ユキ at 2011年04月23日 15:37
いつものお出かけ前夜より倍以上の時間をかけていました。(汗)
ナミロンの裏ゴムは、大きさの違う丸い窪みを押し付けた模様なのですが、
窪みの内側に床のゴミが入り込んで黒っぽくなってしまいます。
裏ゴムの事が他人にバレづらいように、白に近い薄グレー色のゴム材で仕上げてるので、
なおさら汚れが目立ってしまいます。
自宅での練習だからと思って汚れた裏ゴムのまま装着していると、急にパワーが落ち込んじゃう事もあるようで、
お出かけの前には、いつでもフルパワーが出せるよう、模様のゴミを取り除いておかないと心配になっちゃいます。
そして、足首のテープ。こちらもパワーヒール足袋にとっては裏ゴムと同じくらい重要なパーツですよね。
着付けの時、ヒール芯に乗り込んでタイツの上でテープをギュッと締める瞬間がオチビさんからスラリさんに変身する瞬間じゃないかと思ってますから。(汗)
テープの固定がしっかり決まっている日は、すごくヒールの操作が楽な気がしますもの。
Posted by 奈美恵 at 2011年04月24日 14:10
ユキロンの裏ゴムには長方形の窪みで模様を配置しています。
模様の向きを横長と縦長に使い分けていて、比率は7:3くらいの割合で横長を多めにしています。
さらに、土踏まずを境い目に爪先側に横長を多く、踵側に縦長を多く配置しています。
早足や急ブレーキの時よく使う爪先の裏ゴムは前後に滑りづらい仕組み、
ヒールがグラつくのを抑えるために踵の裏ゴムは左右に滑りづらい仕組みをねらっています。
たしかに模様にたまるゴミは点検して、お掃除が必要になりますね。
模様以外のゴム面に小さな石がめり込んでいるのと、ピンセットで穿り出したりしないといけません。
平らな状態で見てると何ともなくても、曲げた時だけ見えるヒビ割れがあったりします。
ヒビ割れを見逃したまま急ブレーキの練習中、裏ゴムが剥がれてしまって止まれなくなって、廊下の先の壁に突っ込んだ経験がありました。
点検、掃除、補修と、手間のかかる裏ゴムですが、その分愛着があって苦にならない気がします。
Posted by ユキ at 2011年04月25日 17:27
急ブレーキの時、裏ゴムがパワーを出してくれないのってすごく怖いですよね。
私も『やだっ!止まれない・・。』って瞬間が何度かありました。
廊下に目印を置いて、早足の状態から急ブレーキをかけて壁ギリギリに止まる練習してたのですが、
滑って止まれずに壁と爪先が当たって痛い思いをしちゃいます。
ヒール芯につけたフェルト製の爪先ポケットがなかったらって思うと怖いですよね。

ユキさんの長方形模様、すごく合理的でパワー強そうですね。
私の丸形模様は前後左右にパワーが出そうだけど、弱いのかも。
ユキさんのアイデア、使わせて下さいね。
Posted by 奈美恵 at 2011年04月27日 23:22
私のユキロンだって、奈美恵さんのアイデアを使ってすごくパワーアップしてますもの。
現状に満足しないで、どんどん改良を進めて行きましょうよ!

さて、長方形の穴模様を加工する時の注意点というか、失敗談なのですが、
元となる液体ゴムの硬さがシビアな感じがします。
はじめて長方形の模様に加工してお出かけした際、
乾いた液体ゴムが柔らかすぎたせいか、帰宅して裏ゴムを見ると悲惨な状態になってたのです。
長方形の穴の角が引き裂かれたようになっていました。
お出かけ時間が少し長かっただけなのに、一回でダメージを受ける裏ゴムでは不安になりますよね。
かといって、硬く乾くゴムを使うと床への食い付きが弱くてダメでした。
ゴムを混ぜて程よい硬さになるまで裏ゴムを塗り替えましたよ。
今は、強度と食い付きが両立できていますが、それでも補修が必要になるくらい傷んでる事があります。
私の事をいつも支えてくれている裏ゴムが可愛くてなりません。
だからいつもベストな状態にしていてあげたい気持ちなんです。
Posted by ユキ at 2011年04月28日 12:50
ゴム質も重要ですよね。
重装備なパワー足袋にとって寒い中のお出かけには全然適しているのに、
気温のせいで裏ゴムが硬くなってパワーが出せない不安がありますよね。
私の体重と床の間で常に重たい思いをしながら冷たさまで遮ってくれてるんですよね。
そう考えると、『裏ゴムを大切にして上げなきゃ』って気持ちになります。

以前、一泊二日の旅行に着物姿で行ったのですが、ナミロンの上にナミカバーを重ねて、バッグにナミショートや補修用の道具を入れてのぞみました。
外移動の時のカバーは1足だけなので、たとえカバーと言えども汚れるといけないし、結構気を遣った旅行でした。
初日はナミロンを装着して行動し、二日目はナミロンの裏ゴムを休ませて上げる意味もあってナミショートを装着しましたよ。
ほとんどいつもナミロンを装着していたので、ナミショートに履き替えると操作しづらい感じでした。
使いすぎも良くないけれど、使わずに置いたままだったナミショートの裏ゴムは、床に馴染みにくい感じだったのかもしれません。
ナミショートも分け隔てなく練習して本番でも装着して上げたいですね。
Posted by 奈美恵 at 2011年04月29日 01:14
着物姿で旅行って、すごいと思います。
私は短時間のお出かけしか経験がなくて・・・。
どうしても時間の事が気になってしまうからです。
ヒールの高いパワー足袋を装着した上に草履を履いたまま長時間すごすのが心配になってしまって。
パワー足袋を室内で装着して動くだけなら平気なのですが、草履のヒールが加わるとグラつきやすく足が疲れてきそうで。
パワー足袋なら、どんな場面にだって対応出来るって思ってたのですが、今後の改良課題なのかもしれませんね。
ユキカバーのパワーアップとフィット性の向上で何とかクリア出来そうですね。
市販の足袋カバーで、底がツブツブのゴムになった物なら前に買ってたのですが、ヒール足袋の上からは装着出来ません。
自作の裏ゴムよりはるかに強力なパワーなのが憎らしい気がします。
なので、自作の裏ゴムで市販のカバーより強力なのを目指して工夫してみますね。
Posted by ユキ at 2011年04月29日 15:29
前回の旅行でパワーヒール足袋が不便に感じてしまった部分を改善するのも、私にとってはモチベーションが上がるところですね。
とりあえず、一泊二日の旅行が完ぺきにクリアできるようにしたいです。
現状は、長芯ヒールが1セット、被せる専用足袋がロングとショート各1足、カバー1足なので気分的にギリギリの状態なんですよね。
旅先でもしもヒール芯にトラブルが出たらと思うと、もう1セット予備を持ち歩きたい気がします。
専用足袋も1日目と2日目でロングからショートに変わってしまうより、フィット性で有利な膝下丈のロングで揃えて装着していたいので、
もう1足作ろうかと思います。
カバーはいちばん汚れやすいので、小まめに取り替えるとなると予備を2足くらいは持って行きたいですし。
いろいろ考えるだけで楽しくなります。
だって、パワーヒール足袋でオチビさんからスラリさんに変身中は絶対に失敗したくないですもの。
Posted by 奈美恵 at 2011年05月01日 15:25
パワーヒール足袋を装着しての旅行、結構たいへんな様子ですね。
でも↑の奈美恵さんの上げて下さった対策案のおかげで、すごくよくわかりました。
私もショートよりロングの方が好きですね。
以前、美月さんのコメントにあったように
〜そこまで見えるほど裾を乱して歩くのも考え物ですが。
という一節。
4枚コハゼよりも5枚コハゼの深型の方が気分的にも安心なんですよね。
裏ゴムのパワーのおかげで、我を忘れてはしゃぎ回ったりした事も何度かあり、そんな時って、裾の事まで覚えてませんが、しっかり捲れてたんじゃないでしょうか。(汗)
でもロングだとある程度見られたって平気なんですもの。
私も予備のロング作ろうかしらなんて気持ちになりました。
もちろん、旅行にもチャレンジしてみたいです。
Posted by ユキ at 2011年05月02日 21:59
私もロングタイプのナミロンを装着する機会の方が圧倒的に多くなっています。
足にヒール芯を固定する為のマジックテープの場所を最初はくるぶしの高さに付けていたのですが、
どうしてもはじけやすくてくるぶしの上と下の二ヶ所に分けました。
しかしナミショート専用足袋って、元々既製品の5枚コハゼなので上側のマジックテープと丈が同じくらいなんです。
コハゼを留めた直後はテープが隠れていても動いているうちに少しでも足袋がズリ落ちたりするとテープが見えてしまうのです。
なので、昨夏の暑い時のお出かけでも、ずっとナミロンを装着していましたね。(汗汗)
ロング丈だと裾が少々まくれても脚が見えないのでタイツやストッキングが不要になる利点があるのでしょうけど、
パワー足袋の場合はテープを素足に締め付けると痛くなるので夏場もタイツは必須なんですよね。
脚の辺り、汗だくになりながら我慢してました。
Posted by 奈美恵 at 2011年05月03日 13:56
今ちょうど暑くもなく寒くもなくて、お出かけしやすい季節ですよね。
私は寒がりで冷え性なので夏場のタイツ装着も苦にはなりませんが、ユキロンを装着していると、やっぱり汗だくになります。
スラリ体型に変身する為のリスクだから我慢できます。(苦笑)
変身中の足回りは秘密だらけって事ですね。(笑)
着付けの前、普通の私がヒール芯を装着して立ち上がった時の視野の変化は、いまだに新鮮に感じます。
洋服の時、いくら玄関で高いヒールの靴を履いても、視野は変化するものの新鮮さは感じないのが不思議です。
お部屋の中なのに視野を上げる事が出来てしまうヒール足袋特有のものなのでしょうか。
和服の時しか装着できないから新鮮なのでしょうか。
着付けのまえ、ヒール足袋だけ装着し終わったところで、姿見を見ながらクルッとターンしてポーズしてしまいます。
それくらいヒール足袋に愛着があります。(笑)
Posted by ユキ at 2011年05月03日 21:15
私も着付けの途中、長襦袢を羽織る前に三面鏡をよく見ます。(笑)
他人には絶対にお見せ出来ない、すごい姿なのですが、オチビさんからスラリさんに変身した瞬間なんです。
結構気に入ってて、そのままの姿でパワー足袋のお出かけ前最終チェックをします。
お決まりの早足&急ブレーキが思い通りに操作できるか、急な操作をしてもヒールがグラグラにならないかなど。
なるべくなら家族にも見られたくない姿なので、着付けしてる和室の中でやっちゃいます。(汗)
畳の上を裏ゴムで擦りつけてしまいますが、自宅なので、まぁいいっかって感じですね。
長襦袢の前にチェックするのには意味があります。
チェックで不安があった場合、足袋全体が裾に隠れてしまっていると手直ししにくいから。
お出かけしてからトラブルが起きると、もっと手直しがたいへんになるので、着付け途中でのチェックはとっても重要だと思っています。
Posted by 奈美恵 at 2011年05月04日 19:38
自宅だと、私も大胆に動き回っていますよ。(汗)
練習で散々動き回っておいてお出かけ先で大人しくしていると失敗やトラブルも少ないような気がします。
お出かけ先のお部屋配置もさまざまで、割りに長い廊下の奥のお部屋に通されたりすると、
結構、裏ゴムのパワーを感じとれるし、失敗しないようなヒール足袋の操作を楽しめたりします。
逆に、玄関からすぐに畳の和室に通されたりすると、ちょっと戸惑いを感じちゃいますね。
奈美恵さんのスポンジ内装案を使わせてもらうまでは、どうしても畳より裏ゴムの方が硬くて丈夫な分、
畳を傷めてしまいそうでパワー足袋の優越感を発揮出来ませんでした。
練習では、片足だけユキロンを装着して、もう片方の足はタイツのままという状態になり、裏ゴムでわざとタイツの足を踏んだりします。
スポンジ無しの硬い裏ゴムの時と、スポンジ有りの軟らかい裏ゴムとでは踏まれた時の痛みが全然違ったりします。
スポンジを内装するまでの硬い裏ゴムがとても危険な存在だったと思うと、少々、反省しないといけませんね。
スポンジ内装の裏ゴムでもなるべく大人しくするのに越した事はありませんが。
Posted by ユキ at 2011年05月05日 20:46
私も、足を踏むテストしてみましたよ。
ヒール芯に下にスポンジを敷く工夫をしていても、裏ゴムの踵部でタイツだけの足を踏んでみると、やはり痛いですよね。
でも両足ともナミロンを装着した場合は、足の甲までカバーするフェルト生地の爪先ポケットがあるので、痛みも軽いようです。
他人の足を踏むと相手は痛いのに、私は踏まれても痛くないなんて、少し複雑な気分ですね。
滑らずに動いていられる裏ゴムと、ヒールがグラつかない為の大きいポケット、どちらもスラリさんに変身する為の重要な工夫なので、外す事なんて絶対ムリです。
人が多いところでは気を付けて操作に集中するくらいしかないですよね。
せっかくのパワーを発揮できないのは辛いですけど。(汗)
Posted by 奈美恵 at 2011年05月11日 20:27
今度のお出かけでは、私はお世話係みたいなのを仰せつかりました。
あらかじめお世話係を通知されるのは珍しい事なのですが、準備は整え易くて助かります。
準備といっても、お決まりのパワーヒール足袋の点検をする程度なのですが。
過去に何度かお世話係をやらせてもらったのですが、パワー足袋のおかげで忙しい動きでも難なくこなせました。
パワーヒール足袋にとっていちばん大切な裏ゴムをきれいにして上げるだけでも
パワーの強さが上がる感じなので、本番にそなえて整備する楽しみもあります。
蒸し暑い毎日なのですが、今回は操作の慣れたユキロンでお出かけしようと思って、裏ゴムの模様を付け直しています。
元々の裏ゴムの上にゴム層を塗って厚みを上げるので、クッション性が良くなって、すごくパワーアップしちゃいます。
本番では、お世話係なのを良い事に、ユキロンの強力パワーでハッスルしちゃおうなんて企んでいます。
パワー足袋って、やっぱりどこか魅力的です。
Posted by ユキ at 2011年06月15日 20:51
ユキさん、ハッスルしちゃいたい気持ち、私にはすごくわかります。
私の場合も、お出かけ先などで草履を脱いでパワー足袋だけの状態で上がらせてもらった時、そういう気分になる事がありますもの。
床面と裏ゴムの相性も色々あるみたいで、すごく食い付きの良い時なんて、パワーがすごく使えて気持ち良くすごせますもの。
逆に、入念に点検して本番にそなえた割りには、床面との相性が最悪で気分が落ち込む事もありましたよ。
足首とか、変に力が入ってテープが緩みやすくなって、だんだんヒールの操作がしづらくなって悪循環に陥ったり。
高いヒールを入れた足袋のおかげで『スラリさん』に変身する私なので、いつもヒール足袋の調子を気にして行動してる感があります。
お出かけ先で市販のヒール足袋を装着されてる人をほとんど見かけない中、私だけがこっそり装着しているのに、失敗だけは絶対ゆるされません。
忙しいお世話係にそなえて裏ゴムをパワーアップさせるユキさん、すごく健気というか、共感持てますよ。
強力パワーでお世話係を乗り切った時の達成感、コメントお待ちしています。(笑)
Posted by 奈美恵 at 2011年06月18日 16:23
あまり、健気なこともないのですが、ヒール足袋の工夫になると熱が入っちゃうところがありますね。(汗)
足裏全体がプレートで覆われちゃう長芯ヒール足袋の滑りの問題を、ビックリさせられるくらい改善してくれた裏ゴムだから、
『人前では絶対失敗したくない!』って一心でパワーを少しでも強化しようと取り組んでるみたいです。
売られているヒール芯より高さを上げて不安定になってるはずなのに、私が安全に動いていられるよう下で支えてくれている裏ゴムなので、
人前では活躍の場をあたえてあげたい気持ちです。
本当は、『私、こんなに高いヒール芯を入れてるのに早足や急ブレーキしても平気よ!』って人前で自慢したいのです。
動きづらいはずの和装の時でも自由に動ける優越感からヒール芯で背を上げ底にしてるハンデを引き算したらマイナスにはしたくないですよね。
お世話係まで、まだ少し時間があるので、とことん工夫してグングン動き回れるユキロンにしてみたいと思います。
Posted by ユキ at 2011年06月19日 15:45
おかげさまで、お世話係を乗り切る事が出来ちゃいました。(笑)
それほど忙しく動き回るって事もなくて幸いだったのですが、いつもより長時間ヒール足袋を装着したままのお出かけだったので、
裏ゴムの強化は、それなりに効果が出せたようでした。
ヒール足袋装着中の2大不安とも言える、滑りとグラつきを無くしたかったのです。
裏ゴムを細工した内容は、厚さを2mm程度から2倍の4mm程度まで厚塗りして、中敷のスポンジを2枚敷きにしました。
奈美恵さんのナミロン強化策を頂いて、とにかく密着性をアップさせたかったのです。
かなり食い付きが良くなって、滑りやすい床でも安心して動き回れた感じでしたよ。
また、畳の上でも動き回らないといけなくて、結構パワーを使っちゃいましたが、軟らかい裏ゴムだと大丈夫だったようです。
グラつき防止策は、パワーネット布の内装ソックス+マジックテープ増設で工夫しました。
内装ソックスでヒール芯を固定した上に新品のテープでさらに固定していたので、ほとんどグラつきを気にせずに動いていられました。
ここまで細工すれば、最強秘密道具の優越感を満喫できますよね。
せっかく強化したユキロンなので、元に戻すのももったいなくて、普通のお出かけでも余裕のパワーのままで使いたい気持ちです。
Posted by ユキ at 2011年06月23日 23:07
ユキさん、良かったですね。
ハイパワー化加工の勝利!って感じで、『スラリさん』変身時にパワーの恩恵を受けてる私まで嬉しくなってきます。
手間ひま掛けて強化されたんだし、元に戻すなんてほんとに勿体無いと思いますよ。
これからの普通のお出かけの時も『ハイパーユキロン』のままの方が気分も絶対に良いと思います。
私の場合も同じです。
工夫したての最初の頃は裏ゴムのパワーや信頼性も低くて、お出かけ中も不安が付きまとっていたのが、今は全然違います。
装着する私自身も、普段の練習を積み重ねてきた成果でヒールの操作にも自信が持てて、人前でも自然に動いていられる自信があります。
せっかくスラリさんに変身してるのにギクシャクした動きでヒールの秘密が暴かれてしまうのはつまらないですもの。
パワーヒール足袋の裏ゴムはハイパワーの方が良いに越した事はないと思います。
Posted by 奈美恵 at 2011年06月25日 00:59
結局、ハイパワー仕様のまま、元には戻さないで装着することにしました。
お世話係のお出かけの後、普通のお出かけに装着したら、やっぱり気持ち良かったものですから。(汗)
特に、早足とか急ブレーキとかしたわけではなくて、普通に大人しく動いてる時でもハイパワーだと安心していられますね。
パワーが強いとグラつきが少なく感じられるのは、無意識のうちに対処してるからではないでしょうか。
ヒールがグラついた時、爪先側の裏ゴムにギュッと体重を集中させて踵側の裏ゴムは床から浮かせて対処してるように思えます。
お出かけしない時でも、ほぼ毎日のように装着して操作練習してきた成果だとしたら嬉しい事ですね。
いつも踵側を浮かせてるわけにはいかないのでヒール芯に体重をかける事もありますし、そういう時にかぎってヒールがグラッとしてびっくりします。
でも、踵側の裏ゴムもパワーが強いし、横滑りがなくてグラつき方も軽い感じなのですごく安定してるみたいです。
畳の上でもハイパワーがしっかり使えるように配慮したつもりなので、後ろめたい感じがしないのも気持ち良さの秘密かもしれませんね。
暑い日でもユキロンの重装備(タイツとか・・・)が全然苦にならないですもの。
Posted by ユキ at 2011年07月01日 16:48
畳の上でもハイパワーが使えるところがユキさんらしい工夫のように感じちゃいました。(笑)
廊下でパワーを強力に仕上げるのは比較的簡単なのですが、畳の上でパワーを出そうとすると難しいですよね。
ヒール芯の下にスポンジを敷いて裏ゴムを柔らかくしてあげると畳の目を傷つけにくくなるのは実感しましたが、
裏ゴムの模様で引っ掻いちゃうような動作ってNGですよね。
自宅の畳は、練習で結構傷つけちゃいましたが、お出かけ先では許されない事ですものね。
畳の事を気遣って装着するのもパワーヒール足袋の奥深さですよね。
コメントから察するユキさんの気持ち良さって、相当なものだと感じました。
廊下でも畳でも完ぺきな裏ゴム、なんとか工夫したいですね。
Posted by 奈美恵 at 2011年07月03日 18:46
この前、パワーアップの為に厚塗りした裏ゴムが、少し裏目に出ちゃいました。
暑い中、外を歩いていると、裏ゴムと草履が貼り付くような感じで『ミチャミチャ』的な音がしました。
暑さや照り返しの影響で裏ゴムが溶けかけてしまったようですが、足を上げて裏側を見るなんて恥ずかしくて、お出かけ先に着くまで我慢しました。
玄関で草履を脱ぐ時、さり気なく裏ゴムのホコリを拭うような仕草で触って確認しちゃいました。
自宅で装着の時に触った感じと違っていて、なんとなくネトネトした感じでした。
廊下を進む時も、パワーが出せなくて、不安だったので化粧室で足を上げて見てみると、裏面の模様が溶けたように変形していました。
パワーが出せないと、ハイヒール芯はピンチになっちゃいますよね。
ヨチヨチ歩きでしか動けず、とても辛いお出かけになってしまいました。
Posted by ユキ at 2011年07月14日 17:21
お出かけ先に向かう道中でのトラブル、すごく困りますよね。
私の裏ゴムは暑さで溶けた事はありませんが、照り返しの暑さは経験があります。
夏でも和装タイツを装着した重装備スタイルですから、外を歩くと専用足袋の中は汗だく状態になっちゃいます。
タイツの足底が汗でヒール芯の斜面を前に滑ってしまって鼻緒に体重が集中してしまいます。
ヒール足袋を装着していて、一番辛い事ですよね。
着付けの時、芯のうしろの一番高いところに足を乗せて足首テープでセットするので、足底が前滑りしちゃうとテープがすぐにゆるゆるになっちゃいます。
テープが緩んだり弾けちゃうとハイヒールは上手く動けませんよね。
外だと、草履のヒールの高さも加算されて、やっぱり私もよちよち歩きになってしまいます。
ハイヒール足袋って、無理してるのかしら?と思うのですが、スラリさんに変身するための秘密道具だから手放すなんて出来ません。
Posted by 奈美恵 at 2011年07月19日 20:40
溶けてしまった裏ゴムの修復に苦労しています。
一度、布底が出て来るまでゴム層を剥がして塗り直すか、溶けた部分だけゴムを塗り重ねるか悩みました。
一度溶けて固まった部分は、とても硬くなってしまっていて、それが裏ゴムの6割くらいを占めています。
畳の上でも使えるように仕上げた独特の柔らかさを再現しようと思えば、塗り直さないとダメなようです。
せっかく、お世話係をこなせる強力パワーを出せてたのに、また同じパワーが出せる裏ゴムに仕上げれるのか不安に感じます。
私も、裏ゴム抜きのヒール足袋なんて考えられないクチなので、なんとか仕上げて行きたいと思っています。
Posted by ユキ at 2011年07月21日 00:44
ユキさんの裏ゴム、相当深刻な状態なのですね。
ゴムの柔軟性って、結構食い付きを左右させてしまう大切な事ですもの、
お気に入りのユキロンでお出かけできないのは辛いと思いますが、
ここは、じっくりと加工された方が良いのではないでしょうか。
ナミロンの裏ゴムを硬めに仕上げていた頃は、やはり食い付きが悪くて、
早足の時、床を引っ掻いてしまってたり、
急ブレーキの時、摩擦でゴムのカスが出てしまっていました。
軟らかくしすぎると、お出かけ中に模様が擦り減ってきて不意にスリップしてしまったり。
硬くもなく、軟らかすぎない状態に仕上げるのって、すごく難しいですよね。
しなやかに食い付いてくれる感じに仕上げられた時は、ほんとに嬉しかったですもの。
早足や急ブレーキを連続でやってもビクともしないし、小走りだって平気なくらいですもの。
Posted by 奈美恵 at 2011年07月22日 00:07
裏ゴム用の液体ゴムを混ぜる比率はメモが取ってあるので、ゴム層の硬さは以前のユキロンの状態と同等に再現できそうです。
今度は、高い気温や照り返しで簡単に溶けてしまわないように、少し硬めに仕上げたいと思い、比率を変えてみました。
一回目の薄塗りで乾いた後の硬さを確かめながら、二回目の塗り重ねでゴム質を変えてみましたよ。
三回目に塗り重ねる頃には、結構思い通りの硬さに仕上げられる感じです。
最後に塗ったゴム層が生乾きの間にパイプや筒を押し付けて模様を刻みました。
ちょっぴり冒険して、溶ける前の模様とは違うデザインにしちゃいました。
爪先の裏は前後左右どちら向きにも食い付ける模様、踵の裏にはヒールのグラつきを抑えるために横ブレに強くなる模様を配置しました。
完全に乾くのが待ち遠しくてなりません。
完成したら、しばらくタンスにしまってあったユキショートのパワーと比べてみようと思います。
もしも、新ユキロンのパワーが負けてたらなんて思うと少し不安なのですが・・・。
Posted by ユキ at 2011年07月22日 17:36
やっと裏ゴムが乾いたようです。
結構厚く塗り重ねたけれど乾くと少し薄くなりましたが、4mmくらいなので溶ける前と変わりませんでした。
模様を手で触ると、かなり食い付きが良くなったような引っ掛かりを感じました。
私が今まで試したテストの中で、一番裏ゴムのパワーを実感できたのが、『雑巾掛け』です。
なにせ、濡れた廊下上で雑巾を押して進むのですから裏ゴムのパワーに頼るしかないのです。
しばらくお休みしていたユキショートでトライ。
滑るところまではいかないものの、何度か足が後に行って膝を打ちそうになりました。
ニューユキロンで再トライ。
雑巾で濡れた廊下に一歩目がさしかかっても全然ブレません。
爪先の裏ゴムパワーは合格です。
廊下が乾く前に、早足&急ブレーキのテスト。
湿ったというよりベトベトに濡れた廊下上なのにしっかり食い付いてくれました。
横方向の動きで、踵を使った急ブレーキでもブレずに止まってくれます。
畳やカーペットの上でも余裕のパワーを感じちゃいました。
ユキショートの裏ゴムもニューユキロンと同様にリニューアルしてあげたいと思います。
Posted by ユキ at 2011年07月23日 14:55
濡れた廊下で早足や急ブレーキに余裕を感じちゃうなんて完ぺきじゃないですか!
私の裏ゴムは、だいぶん前に濡れた廊下でテストしたっきり、ずっとやってませんでした。
その頃は、高いヒールを支えて歩くのがやっとの弱いパワーだったのに無理して試したものですから、
早足はなんとかできたのですが、急ブレーキの時、思った位置に止まれなくて怖い思いをしました。
それからは、濡れた廊下のテストをやらなかったのです。
今のナミロンなら大丈夫かもしれません。
小走りのスピードからでもブレずにしっかり止まれるパワーなので、濡れたところだって平気かも。
そういうところにパワーヒール足袋の強みをすごく感じちゃいますよね。
気持ち良く変身するためにメンテナンスは大変だけど、ちゃんとメンテナンスして上げたら、その分しっかり応えてくれる感じ。
私とナミロンは、そんな関係だと思いますよ。(汗)
Posted by 奈美恵 at 2011年07月24日 16:25
私も、お世話係の後、しっかり対応していてくれたユキロンの事がすごく好きになった気がしていましたよ。(汗)
裏ゴムが溶けてしまった時も、私が足の裏を火傷してしまったような気持ちでしたね。
そして、リニューアルでさらに強くなったユキロンには、さらに愛着を感じちゃってます。
普通の人だったら、『何故、ヒール足袋にそこまで執着するの?』って疑問視されそうですが、
小柄な私を変身させてくれる大切な秘密道具だからでしょうか。
自己満足なのかもしれませんが、市販のヒール芯より高くしているのに自由に動き回れる裏ゴムのパワーが愛着を深めているのでしょうね。
ユキロンだけ新しいハイパワー裏ゴムに生まれ変わって、ユキショートが取り残された感じなので、
これからショートの裏ゴムも新しくハイパワーに作り変えて上げたいと思っています。
Posted by ユキ at 2011年07月25日 18:08
ロングとショートがあれば、パワーが揃ってないと使いづらいですよね。
夏場なのに、ロングを多用していますが、気分転換でショートを使いたい時もありますもの。
中で足を支えてくれるヒール芯の高さは同じでも、被せる専用足袋の長さで気分も変わる気がします。
どちらかといえば、ロングの方が包まれ感があって安心できる気がしますね。
タクシーから降りる人を見ていると、よほど上手く足を動かさないと裾がまくれてしまってます。
私もあんな風なのかしら?と置き換えて考えるとロングの方が安心です。
タイツは見られたくないですからね。(笑)
逆に、『ロングだから、どうぞ見て下さい』って、気持ちに余裕が持てるのです。(汗)
Posted by 奈美恵 at 2011年07月27日 07:49
タクシーの事は、よくわかります。
両足を揃えて浮かせ、お尻を支点にしてクルッと回るって、頭では理解していても成功率は6割くらいです。
10回のうち失敗する4回には、ユキショート装着中の大失敗もありましたよ。
クルッと回ったつもりが回りきれてなくて左足だけ車外の地面に着いてしまって右足はタクシーの床に残りました。
低い方の左足は、ユキショートの長さより上まで裾が上がって恥ずかしい思いをしちゃいました。
なにぶん重装備なパワー足袋なので、タイツ部分までは絶対に他人に見られたくないですよね。
心理面の不安も考えると、私もユキロンの方が動きやすい気がします。

>『ロングだから、どうぞ見て下さい』っていう奈美恵さんの表現、大正解かも。(笑)

心にゆとりを持たせてくれる『懐の深さ』みたいなのがロングタイプの魅力だと思います。
Posted by ユキ at 2011年07月27日 14:38
着付けの途中でタイツとナミロンを装着した時点で姿見をのぞくと、異様に膝下が長く見えます。(汗)
長襦袢を着付ける前は、何となくヒール芯の上に背伸びして乗ってるだけのような姿に思えるのですが、
長襦袢を紐でくくって着付けると不思議とスラリさんに変身した気持ちが表れ始めます。
膝の位置が確認しづらくなるせいなのでしょうか、私の背丈がバランス良く伸びたような錯覚なのでしょうね。
なので、着付け中は家族にも見せられない秘密の時間なのです。(汗)
家族には、『長襦袢を着るまでは絶対に部屋に入らないで!』と念を押してあります。
私的には、長襦袢を着る直前の下着にタイツとナミロンだけの姿がお気に入りだったりするので、結構時間かかってしまいます。
すごくスポーティーな感じに見えて、実際着物や襦袢に制限されない状態なので早足や急ブレーキをやっちゃいます。(汗)
タイツ姿で廊下には出れないので、和室の畳の上でテストしちゃってます。
裏ゴムの調子が良い日には、気分も上々でお出かけできますからね。(笑)
Posted by 奈美恵 at 2011年07月28日 21:14
お出かけ前、着付け途中での最終テストや最終練習、私もよくやります。
お出かけした先で人前に出て、しっかりヒール芯の操作をしていられるか確認しておきたくて、着付け完成の直前に必ずやりますね。
初期の頃は裏ゴム無しの長芯でも、畳の上を硬いヒール芯を装着して歩くだけでどこか後ろめたい気分だったのですが、
今ではすっかり図太くなってしまって、お出かけ本番での失敗防止の為には気にせず動き回っています。(汗)
今回のニューユキロンに加工した裏ゴムなら、畳の上でパワー使っても平気な感じに仕上がったみたいなんですよ。
自宅の畳だからって気持ちも少しあるのかも知れませんが、
早足の急発進とか、スピード速めの早足からすごい急ブレーキを掛けても裏ゴムの辺りからイヤな音がしなくなりました。
溶ける前の裏ゴムよりパワーアップしてるのに、畳の上でも平気でパワーが使えるなんて、すごく得した気分です。
ユキショートの方も、ほぼ同じくらいのパワーに仕上がったので、一度、裾の事も気にした『冒険的お出かけ』にもトライしたいです。
Posted by ユキ at 2011年07月30日 01:21
裏ゴムが溶ける前よりパワーアップした事、とても羨ましいです。
裏ゴムの全面塗り直し効果なのでしょうか?
たしかに、いくらお出かけの前日に傷んだ箇所の補修を重ねて来ても、長く使い込んでいると、すぐに他の箇所が傷んだりしやすくなってる気がします。
いつも私の体重を支えながら、早足や急ブレーキで床に擦り付けられているから、傷みやすくて当然なのでしょうね。
ナミロンもチマチマと補修を繰り返すより、ここら辺りでリニューアルして上げた方が良いのかも。
でも、ユキさんの裏ゴムのように塗り直しが、必ず成功するのかが心配です。
補修をしながらでも、今のナミロンのフィーリングが気に入ってるのに、塗り直すとガラッと変わっちゃうんじゃないかと思って。
正直、とても迷っています。
パワーヒール足袋にとって肝心要の裏ゴムだし、これからも長く活躍して欲しいと考えたら全面塗り直しもアリなのかもしれませんね。
Posted by 奈美恵 at 2011年08月01日 01:56
大切な裏ゴムの模様が溶けて消えてしまったので、小細工では修復できないと思って塗り直しました。
奈美恵さんの場合だと塗り直しには勇気が必要かもしれませんね。
ゴムという素材は、どうしても時間が経てば劣化する性質があるようですし、ユキロンの裏ゴムにも模様に亀裂が入ってのは知っていました。
お出かけ前点検で亀裂を見落としていて、帰宅後裏ゴムの模様が二つ三つ割れて無くなっていたなんて事もありました。
お出かけ毎に補修が必要なレベルだと塗り替えされた方が、維持管理が楽になると思います。
思い切って塗り直されてはどうでしょう。
たとえハイパワーが再現できなかったとしても、傷んだ裏ゴムに補修を繰り返す手間と、新しい裏ゴムに工夫を加えていく手間とでは全然展開が違うと思いませんか?
的確なアドバイスじゃなくてごめんなさい。
Posted by ユキ at 2011年08月01日 21:02
冷静に考えてみると、補修にかける手間と、工夫を積み重ねてゆく手間では、新しく塗り直してパワーアップの工夫をする方がプラスになりますね。
ナミロン、ナミショートとも裏ゴム全面塗り直ししようと思います。
今の裏ゴムよりパワーアップできたらと思うと楽しみになってきましたよ。
お出かけして人前でパワーヒール足袋を装着していると、いつもどこかに失敗の事を気にした私がいます。
練習の時は100%のパワーを出せるように心がけていても、人前では少し慎重になっちゃいます。
なので高いヒール芯にとって裏ゴムのパワーの余裕は多ければ多いほど安心できるように思います。
いつも私をスラリさんに変身させてくれる素敵な秘密道具だからとことん快適に装着できる工夫に挑戦したいと思います。
裏ゴムだけじゃなく、ヒール芯固定用のテープ類も見直して、強力パワーを操作しやすく工夫したいですね。
Posted by 奈美恵 at 2011年08月02日 19:28
奈美恵さん、全面塗り直しされるのですね。
きっと今よりパワーアップしますよ。
長期間使い込んで劣化しているゴムと塗り直したゴムとでは、模様の配置や数が再現できなくても床との密着感が違うみたいですから。
ユキロンの裏ゴムは、元々薄いグレーだったのですが、塗り直しで混ぜる液体ゴムの配合を変えてみたので、今は濃くて黒っぽいグレーになりました。
装着して姿見の前でポーズしたら(汗)裏ゴムが少し目立ちますが、すごくパワーアップしてるような気になります。
ただ、ひとつ気がかりなのは、急ブレーキをかけた時、裏ゴムの食い付きが強いせいか、ヒール芯の底と専用足袋の内側の底がブレやすくなった気がします。
ギュッと踏ん張った時、専用足袋だけが止まって、ヒール芯が少し前にブレてしまうようです。
ヒール芯の底面や専用足袋の内底にも滑り止め加工しているからブレないはずなのに。
パワーヒール足袋にとってブレやグラつきは大敵ですもの、人前で失敗しないよう私も工夫していきたいと思います。
Posted by ユキ at 2011年08月03日 01:34
塗り直そうという決意が揺らがないうちにナミロン、ナミショートとも今朝から裏ゴムを剥がしにかかりましたよ。
決意なんて大袈裟な表現ですが、裏ゴムって、それくらい大切なものだと思っているのです。
長い間使い続けて傷みやすくなってるというものの、いざ剥がそうとするとなかなか頑丈なんですね。
私の体重を支えながら早足とか急ブレーキで床に擦られても耐えてくれたんですもの、ちょっとやそっとでは剥がれない事も納得しちゃいました。
ドライヤーで温めたりお湯の中で揉み解したりして、ようやくなんとか。
一気に塗り付けてしまいたいところですが、お湯に浸けた足袋が乾くまで作業できず、明日以降にまわしました。
裏ゴムが塗れないのならばと、ヒール芯のテープやポケット類のやり替えに取り組みました。
今、友人からお出かけのお誘いがあったとしても絶対断ります。(汗)
パワーヒール足袋を装着せずにお出かけなんて、私には絶対に考えられないので。
Posted by 奈美恵 at 2011年08月03日 11:29
塗り重ねる際は、一度に厚く塗らない方が後々丈夫に仕上がるようですよ。
表面は、最初はあまりツルツルに仕上げない方が、上に重ねるゴムが食い付きやすく、乾いてからも分離しない丈夫なゴム層になりますね。
何度も乾かして塗り重ねるのってすごく手間だけど、完成して装着した時の仕上がりは格段に良くなると思います。
なんといっても新しい裏ゴムだと気分も違います。
早足や急ブレーキを繰り返し練習しても全然平気みたいですもの。
ヒール芯の底と専用足袋内底の滑り止め加工をやり直したら強力パワーがすごく操作しやすくなって、大満足です。
横方向の動きでブレーキを使った時の床とのブレ感もかなり抑えられている感じで、裏ゴム全体を使ったブレーキ動作も思い切ってできます。
今までは踵を持ち上げて爪先側の裏ゴムに圧力を集中させる操作でブレーキ力を高めていましたが、体重が裏ゴム全面に分散しても滑らなくなりましたよ。
パワーがアップすると繊細な操作を要求されずに動けるなんて、いいことずくめですよね。
奈美恵さんのナミロンも必ずパワーアップしますよ。楽しみですね。
Posted by ユキ at 2011年08月03日 17:02
一回目に塗った裏ゴムが乾くまでにヒール芯のパーツをやり替えました。
爪先ポケットも、あらためて見ると結構傷んでいました。
ヒール芯装着時は必ずタイツも装着していたので、足底がヒールの傾斜を前に滑る感じで、いつもポケットが受け止めてくれていたのでしょうね。
練習中、急ブレーキに失敗して思った位置で止まれずに、壁で爪先を打ち付けてしまった時でも厚めのフェルト生地のおかげで痛みが少なくてすみました。
今度のポケットは爪先だけじゃなく、足の甲までカバーできる大型ポケットにしちゃいました。
足の甲にあったマジックテープの働きも甲ポケットがカバーしてくれるように工夫しました。
ヒール芯だけで装着してみると、ポケットと足首テープだけなのにフィット性が良い感じです。
足の甲がテープで締め付けられない分、自由に足首が動かせれてすごく操作しやすいようです。
ヒールのグラつき感もテープで縛っていた時と変わらない安定感です。
いくら、下にタイツを装着していても、正直、足の甲のテープの締め付けは苦痛でした。
スラリさんに変身するために我慢してましたけど。(汗)
ゴムが乾いたら二回目のゴム塗り作業開始しますね。
Posted by 奈美恵 at 2011年08月04日 12:20
裏ゴムや足首のマジックテープと並んで、爪先ポケットもパワーヒール足袋にとって重要な部品ですよね。
私も何度となく練習中にポケットの有り難味を感じた事があります。
もし、普通の足袋でタンスの角や壁に指先をぶつけたりしたら、すごく痛いはずなのにポケットの生地が一枚、間にあるだけでガード効果はとても高いですよね。
ユキロンのヒール芯には爪先ポケットと足首テープの間にパワーネット生地の内装ソックスを付けていて、ソックスを穿くとヒール芯が足から落ちないようにしてあります。
ポケットのところではソックスの生地と二重になっているので結構安心ですよ。
足首テープもソックスの上から締め付けるので、強く締め付けたい時でもタイツとソックスが重なって、足首の痛みをガードしてくれています。
ヒール芯の部品は、専用足袋の外から透け出して見えないように、白色系で統一したかったのですが、材質の違いで真っ白には見えません。
タイツとヒール芯だけ装着した姿を見ると、とても物々しい感じです。(汗)
でも、秘密道具を装着して変身してる!って実感があってニンマリしちゃいますね。(汗)
今度、専用足袋の裏地を黒色系に変えようと思っています。
お出かけ中、人前でテープやポケットが足袋表面に透け出して見られちゃうの、イヤですものね。
Posted by ユキ at 2011年08月05日 15:55
やっとの思いで塗り直しが終わりましたよ。
5回くらい塗り重ねたのですが、模様は深めに刻もうと思って、最後のゴム層だけ前の4回より厚めに塗っちゃいました。
層が厚くて乾きが遅い分、模様の刻み込みがゆっくりとできました。
ゴムの色は塗り直し前と変わらなくて見た目のパワーアップ感はないようですが、模様の配置と数を大きく変えてみました。
5回の塗り重ねで厚い裏ゴムになったので、足袋の前後左右から見ても底にゴムがあるのがわかります。
歩くと足が上がって底面の裏ゴムの秘密はバレちゃうのですが、なるべく秘密にしたくて、グレーの裏ゴムの周囲を白いゴムで仕上げました。
これで、ただ立ってるだけの時には足袋の下は白いゴムが見えて安心です。
装着してみると、厚みの違いがわかりますね。
廊下を歩いてみると、ゴムの厚みがヒール芯と床の当たる音を静かにしてくれてるようです。
肝心のパワー感も、しっかりアップしていました。
床との密着性がすごく良くなっていて、今まで装着してきた中では最強感を感じました。
私も雑巾掛けにチャレンジしましたよ。
濡れた廊下での食い付きの良さも感動ものですね。
濡れた廊下上で早足、急ブレーキしても全然ブレ感がなく安心でした。
足甲ポケットも、ヒール芯の操作がしやすくて良い感じでした。
Posted by 奈美恵 at 2011年08月06日 16:54
新しい裏ゴム、しっかりパワーアップされていて良かったですね。
お出かけ中に濡れた廊下を歩くケースには出遭わないのですが、パワーアップを実感するためのテストには最適だと思っています。
布底の足袋だと当然水に濡れちゃうのに、パワーヒール足袋の裏ゴムだと防水効果もありますからね。
さらにそんなところで早足や急ブレーキできちゃうのが裏ゴムを持つパワーヒール足袋だけの特権。
背の低い私でもユキロンを装着すれば誰にも負けない!
なんて気持ちにしてくれる最強秘密道具だから絶対に手放せません。
Posted by ユキ at 2011年08月07日 17:07
>背の低い私でもユキロンを装着すれば誰にも負けない!

同感ですね。(笑)

オチビさん奈美恵がスラリさん奈美恵に変身するための秘密道具、ナミロンを使いこなせるのは私だけ!
そんな気持ちで装着しています。
もちろん、練習されてるユキさんなら、上手く使いこなされると思います。
いくらパワーアップした裏ゴムでも、グラつきのないマジックテープでも、普通の人は初装着で絶対自由には動き回れないと思います。
日々練習して練習してお出かけ本番にそなえてる感じがとても好きです。
Posted by 奈美恵 at 2011年08月08日 08:33
本番にそなえた練習、私も好きです。
裏ゴム塗り直し後、はじめて外出しましたよ。
お出かけじゃないのですが、近所を小一時間ほど散策して夏の太陽にリベンジしちゃいました。(汗)
前回、ユキロンの大切な裏ゴムを溶かした日差しや照り返しの中を歩きまわって、アレンジを加えたゴム質の強さをテストしました。
この前は、ほんの少し歩いただけで足元から『ミチャッ、ミチャッ』って変な音が聞こえて、裏ゴムと草履がくつっいたりはなれたり。
でも今回はくつっきませんでした。ゴム質を工夫した私の勝ちです。(笑)
パワーの強い裏ゴムだと、草履をキープする力も強くて安心でした。
ふつう、ヒール足袋で草履を装着したまま小一時間も外を歩くなんて、至難の業なのに、全然平気でしたよ。
着物は夏物でしたけど、足元はタイツで重装備してたので中は汗だく。
でも、テストが成功したのですごく気持ちいい汗でしたね。
Posted by ユキ at 2011年08月08日 16:28
草履で外を歩く時は絶対ナミカバーを装着します。
今回塗り直したナミロンの裏ゴムもパワーは強力なのですが、ナミカバーと比べるとナミカバーの方が断然強力に仕上がっていました。
ナミロンだけの装着で草履を履くこともできるのですが、より強力な裏ゴムを持ったナミカバーを装着しておいた方が外では歩きやすいですしね。
お出かけ先に上がらせてもらう時、ナミカバーを外してバッグにしまうのですが、
室内を歩いていてナミロンの裏ゴムが急に調子を崩した時などは、
化粧室に逃げ込んでナミカバーをかぶせて動き辛くなるのを防いだ事もありました。
室内用のナミロンに比べて強力すぎるくらいパワーのあるナミカバーを畳のお部屋でも装着してたわけですね。(汗)
畳の上でパワーをセーブしながらヒールの操作するのが大変でした。
Posted by 奈美恵 at 2011年08月10日 01:03
お出かけ前、着付けが終わってから屈んでユキロンにカバー装着するのが大変なので、
ヒール芯を足に装着して専用足袋を被せたついでにカバーも装着する事がよくあります。
カバー装着の前にユキロン自体の最終パワーチェックをしておかなきゃいけないのですが、急いでる時は一気にカバーを装着します。
お出かけ先でカバーを脱いで上がらせてもらった時、ユキロンの裏ゴムの調子が良くない事もありました。
前回装着したままの状態でしまっておくとダメな事が多い気がします。
どこかの廊下に塗られたワックスが裏ゴムにくっついちゃってて滑りやすくなるようですね。
ちゃんと点検しておくべきだったと後悔しても、お出かけ先ではどうにもなりませんよね。
滑りそうな廊下では爪先の裏ゴムに全体重を集中させて弱くなったパワーを上げる努力が必要ですね。
廊下から畳やカーペットのお部屋に通されてひと安心なのですが、油断すると畳の上でも裏ゴムのブレ感が治まってくれない時もあります。
畳の上で爪先のパワーを使うと、畳を傷めちゃう危険性があるので、歩くのも慎重になります。
思い通りの動きができないお出かけが楽しいはずもなく、パワーヒール足袋が、ただのオモリのように余計に足を疲れさせる原因にもなります。
裏ゴムの点検は絶対怠ってはいけないと思います。
Posted by ユキ at 2011年08月11日 21:04
>ただのオモリのように・・・

ナミロン一式を手に乗せてみると、かなりズッシリきちゃいますね。
練習中でもお出かけ本番中でも、裏ゴムのパワーの調子が良くてキビキビ動けてる時は重さをほとんど感じませんが、
調子が今ひとつって時は鉛のように重く感じちゃいますよね。
練習中のトラブルだと、いつでも中断して裏ゴムのお掃除とかでいくらでも対処できるので良いのですが、
お出かけ先で思うようにパワーが使えない時は気分も凹んじゃいます。
どんな時でも気分良くスラリさんに変身していたいなら、裏ゴムのパワーを強力にキープしておくことが必要ですよね。
すごい高さのヒール芯に乗って動かないといけないスラリさん奈美恵にとって裏ゴムのパワーは絶対必要ですもの。
Posted by 奈美恵 at 2011年08月12日 23:17
リニューアルユキロンの裏ゴムなら、少々ワックスが付いてしまっているのを見落としてもパワーが弱く感じる事がないみたいです。
以前は自宅の廊下で練習のために装着しただけで、床面のワックスが裏ゴムに移ってしまってパワーが落ちていたみたいです。
お出かけ本番にそなえた練習には熱を入れるほうなのですが、練習すればするほどパワーが落ちてきて、お出かけ直前にはいつも裏ゴムの手入れを強いられていました。
でも今は大丈夫みたいです。
着付けの直前まで練習で装着していて、続きに着付けをしてお出かけしても平気でいられます。
足首の固定用テープも練習前にセットしたままでお出かけしても緩んでくる心配がなくなりましたよ。
Posted by ユキ at 2011年08月15日 21:05
私のパワーヒール足袋も、足首テープが緩くなるトラブルは大丈夫のようです。
爪先をカバーするポケットを甲の辺りまでカバーできるように工夫したので、踏ん張った時もポケットが体重を支えて前に行かないようにしてくれてるようです。
足首テープに余分な力が掛からない感じなので以前のようにきつく締める必要もなくて、私の踵がヒール芯上面から離れない程度に締めておけば楽に動ける感じになりました。
今までは、いくら工夫を万全にして散々練習を繰り返していても、お出かけ先では、滑らないか?グラつかないか?って気にしながら装着していたのですが、今度の工夫なら大丈夫って自信があります。
軟らかいカーペットの部屋で練習してみた時、そう感じましたね。
今までカーペットの上で早足や急ブレーキの練習をすると、どうしてもグラツつきが出て怖い思いをしていたのですが、
大きいポケットの安定感のおかげで、速いめの早足や強めの急ブレーキでも平気です。
Posted by 奈美恵 at 2011年08月17日 17:07
カーペット敷きの床って、私はどちらかといえば苦手です。
練習をしても、上手くパワーが引き出せない感じで、お出かけ先でカーペットのお部屋に通されたりしたら、すごく気を遣ってしまいます。
特にフカフカで毛足の長いタイプだと裏ゴムの食い付き感が感じられず、安定してくれない気がします。
模様の工夫が不十分なのでしょうか。(汗)
カーペットの上で早足できる奈美恵さんが羨ましくて。(笑)
動き出す時の蹴り出した足が後ろにブレるし、止まろうと踏ん張ったら少し前にブレちゃいます。
滑るところまでは行ってないようですが、少しブレるだけでもドキッとさせられる時があります。
練習で操作を会得しようと思っても、いつもブレてしまって怖さが先に出てしまいます。
カーペット上でも安定して食い付く模様を工夫しないと、練習しても進展が無いように思います。
Posted by ユキ at 2011年08月19日 22:21
カーペット上でのブレ、ナミロンでもブレる事ありますね。
踏ん張りが弱かったかしら?って思う時ブレるような気がして、裏ゴムをカーペットに強く押し付けてブレないようにしてます。
そいう点では、私もカーペット上では気が抜けない状態で操作してるのでしょうか。
パワーヒール足袋を装着すると気持ちが大胆になっちゃうのかもしれませんね。(汗)
余計なお世話かもしれませんが、大胆な操作で動かれてみたらどうでしょう?
ユキさんの裏ゴムや操作技術だったら、後は性格とか気持ちの問題じゃないのでしょうか?
ちょっと前まで、足袋に細工したり加工するなんて面倒な事をしなかった私なのに、
素敵なパワーヒール足袋を作られたユキさんと出会ってからというもの、すごく変わった気がしますよ。
ユキさんに感謝してます。
Posted by 奈美恵 at 2011年08月22日 13:02
余計なお世話だなんて、そんな事ありませんよ。
たしかに踏み込みが弱いだけなのかもしれませんね。
ブレの原因を探ってみると裏ゴム自体はカーペットの床面をしっかり掴んでくれてるようなのですが、ヒール芯の底と専用足袋の内底が少し遊んでいてブレるみたいです。
私の細工が上手くいってなかったようですね。(汗)
早速、ヒール芯の裏にある滑り止めシートを交換しました。
最初の頃、裏ゴムを装着する前に使ってたシート底の素材でいちばんパワーが出せる物です。
信じられないくらいブレが治まって良い感じです。
スピードアップした早足から強い急ブレーキでギュッと踏ん張っても平気でした。
狭い部屋なのでスピードを上げるとすぐにブレーキかけないと壁に当たりますが、以前よりギリギリまで遅らせても壁の手前で止まれます。
ブレが原因でカーペット上ではパワーが出せないと思っていた裏ゴムも、実は強力だったことを知りましたよ。
もう、カーペットは怖くありませんよ。(笑)
Posted by ユキ at 2011年08月22日 23:50
ユキさん、カーペットの克服、おめでとうございます。(笑)
どんな床にも平気で対応できるのがパワーヒール足袋だけの強みだと私は思います。
お部屋の中でも背を高くしたまま普通に行動させてくれるヒール足袋って、オチビサン奈美恵にとっては、まさに最強秘密道具ですね。
仮にヒール芯に乗らずに背伸びしたまま過ごそうとしたら、すぐに足が疲れちゃいますものね。
それに、3cmの普通のヒール芯でも、足が疲れるとか、動きづらいなんて事をネットで目にしますが、
私は工夫を重ねて疲れないように改良しているし、練習して自由に動き回れるって自信があります。
Posted by 奈美恵 at 2011年08月24日 14:21
ちょっとご無沙汰してました。
背を高くするためなら汗だくの重装備も苦にならないって言ってたのですが、やっぱり暑い日が続いていたので着物を着てませんでした。
最近は、やっと涼しくなってきて着物が楽に着れるようになりましたよね。
ヒール足袋の練習もずっとさぼっていたので、久しぶりに装着すると慣れるまでが大変でした。
すごく不安定な感じで、『よく、こんなので早足できたわね』なんて感じです。
急ブレーキの時も、裏ゴムのパワーは落ちてないはずなのに、床に押さえ付ける加減がわからなくなってしまってて、思い通りに止まれません。
約一ヶ月も練習をさぼると大変です。
元のように自由に動き回れるようになるまで、お出かけはお預けです。
人前でヒール足袋を装着している時は、絶対に失敗したくないですもの。
Posted by 奈美恵 at 2011年09月26日 21:59
ずっと拝見してたのですが、目新しい話題もなくてコメントできなくてすみませんでした。
たしかに暑かったですよね。
節電で、エアコン無しの状況下での練習はキツかったですね。
Tシャツ、短パン姿にタイツを装着してユキロンやユキショートの練習という、信じられないようなスタイルの日もありました。
廊下に汗を散乱させてしまっていて、急ブレーキの時、汗の上で裏ゴムがブレてしまって怖い思いをしました。
初めから濡れているとわかってテストしてる時は、裏ゴムをブレさせないように操作できて平気なのですが、
乾いてるはずの廊下で早足して、急ブレーキの時だけ不意に濡れた廊下だったりすると、どうすることもできないのです。
『やだ!止まれない!』っていうパニックな状態って、ヒールの高い足袋だとすごく怖いですよね。
Posted by ユキ at 2011年09月27日 15:15
>『やだ!止まれない!』

私にも何度もありました。(汗)
足が前に行っちゃうとヒール芯に体重が乗る形になって、グラついてしまうのが怖いんですよね。
素早く動きたい時って、軽くヒール側を浮かせて爪先側の裏ゴムだけでパワーを使わないといけないんですよね。
涼しくなって、練習を再開して、だんだん操作の勘が戻って来ましたよ。
ヒールの操作さえ正確にしてあげると、ナミロンの裏ゴムは強力なままだった事がわかります。
高めのヒール芯が私の足の一部になった感じは、やっぱり嬉しいですね。
テープの留め方ひとつで、ヒール芯と足が一体化できるかできないかも重要なカギですよね。
裏ゴムのパワーの調子、テープの留め方、私の正確なヒール操作、すべてが噛みあわないと上手くいきませんよね。
やっぱり奥が深いですよね。
Posted by 奈美恵 at 2011年09月28日 10:09
奥深さがパワーヒール足袋の魅力のひとつなんですよね。
パワーを強くする工夫がかなりのウエイトを占めていますよね。
でもよく考えると、いくらパワーが強くたって足にぴったりとフィットしていてくれないと操作が難しくなっちゃいますよね。
奈美恵さんの仰るとおりパワー、固定、操作の三つ、そのうちどれが欠けても快適に装着できませんよね。
快適な装着の為に相当な手間をかけないといけないところが愛着につながっていたり。
私の背を高く見せるために、いつも重たい思いを耐えて足元で支えてくれていると思うと、放っておけない存在なんですよね。
普通の白足袋とか、洋服の時の履物だとそんな気持ちは感じにくいのに、なぜかヒール足袋だけは別格なんです。
自分で工夫を重ねれば重ねるほど期待に応えてくれるからなのでしょうか。
Posted by ユキ at 2011年09月30日 08:11
具体的に裏ゴムがどうとか、テープがどうとかってお話が拝見できるのも嬉しいですが、
↑こういったメンタルな面のお話を拝見できるのも、すごく力づけられて嬉しいですね。
市販の長芯ヒールの第一印象が最悪だった私にとって、現在のカスタマイズされたナミロンやナミショートの存在は、まるで宝物のようなものです。
裏ゴムという発想を初めて目にした時、『お部屋の中で履く足袋にゴムの底なんて・・・』という強い抵抗を感じたのも実際正直な気持ちでした。
でも、市販のままの長芯でお出かけ中、すごく嫌な思いをした事を何とか克服したくて裏ゴムの虜になっちゃいましたね。(笑)
ユキさんたちのアイデアと『二度と嫌な思いはしたくない!』って気持ちが、ナミロンやナミショートをここまで成長させてくれたのかしら?なんて思っているほどです。
ヒールの高さについても、短芯に比べてハイヒール化しやすい長芯の有利性を見事に引き出して下さった感じで、1cmでも背を高く見せたいという気持ちが上手く結び付いたと思います。
暑いからと言って練習をさぼっちゃうダメな私ですが、これからの季節、今まで以上に完ぺきを目指した工夫を重ねていきたいですね。
Posted by 奈美恵 at 2011年09月30日 12:49
私が初めて長芯ヒール足袋を見たのはネット通販の画像でした。
足袋の中にヒールを入れて、草履を脱いでお部屋に上がっても背が高いまますごせる仕組みだっていう事すら知らずに、
『出会ってしまった』という印象でしたね。
でも、購入の前に使い勝手なんかをいろいろと調べていて、こちらの美月さんのブログに出会いました。
購入するまでは、本当にお部屋の中でヒールを入れたまま動けるのか、足が疲れたり、転んだりしないのかがすごく心配でした。
美月さんにコメントの返事をしてもらって購入を決断しましたね。
本当に買うんだったら、絶対に画像で見た長芯にしようと決めていました。
通販が届いて初めて装着時は、なんだか畳の上でスリッパを履いたまま歩いてるようで、滑りそうにもなりましたね。
最初のお出かけの時は、滑らないように、すごく大人しくしていました。
今は、裏ゴムとか足首テープで武装しているので、あの頃と全然違います。
加工しやすい長芯を選んで良かったんじゃないかと思います。
Posted by ユキ at 2011年10月05日 20:28
私が長芯ヒール足袋を買ったのも通販の写真を見たのがきっかけだったように思います。
とにかく背を高く見せたくて外で履く靴はヒールの高い物ばかりで、着物を着る時の草履も高めのヒールになった物でした。
しかし、靴も草履も外では背を高く見せてくれても、室内で脱いだ時は元の『オチビサン奈美恵』に逆戻りしてしまいます。
でも、インターネットでヒール足袋を見つけた時は感動的でした。
和装の時に限定だけど室内でも背が高くなれるのは、とても嬉しく思いました。
短芯か長芯か選ぶ時、どうせ買うなら豪華な方にしようって長芯にしました。
でも、届いてから一、二回試着しただけで、ぶっつけ本番に近い形でお出かけに使ったのが大失敗。
足裏全体がプレートに乗っていて床の感覚がわからないし、足袋は布底だし歩く事すらままならない状態でしたね。
しばらくはタンスにしまったまま、オチビサンのままお出かけしていました。
こちらで、ユキさんの工夫を知るまで、装着していなかったように思います。
でも、裏ゴムのアイデアを教わって、すごくヤル気が出たんです。
とことん工夫して、人前でオチビサンを返上しよう!って。
元々安定性の面で有利な長芯には、絶対に裏ゴム必須ですよね。
Posted by 奈美恵 at 2011年10月06日 23:23
ご無沙汰してました。

紅葉を見たくて、着物で小旅行的なお出かけをしてみました。
もちろん、ユキロンを装着して行きました。
寒さ対策として、和装タイツを2枚重ねて装着し、ユキロンの上にカバーを重ねた超重装備で挑みましたよ。
室内に上がる事はないので、カバーを装着したままになるだろうなと考え、カバーの裏ゴムは念入りに強化しておきました。
草履の高さとヒール芯の高さに乗ったまま歩き続ける為の工夫です。
草履をキープする力が強いと、坂道に差し掛かっても不意に草履が脱げそうになる不安がほとんどありません。
室内での裏ゴムのパワーの恩恵は絶大なものですが、屋外でもすごいと感じましたよ。
Posted by ユキ at 2011年12月02日 16:29
私がいつも参加させてもらってる集まりでも紅葉見物がありましたよ。
紅葉には和服が似合うようですね。
いつもはお座敷中心なのですが、紅葉見物の今回は、ほとんど屋外ですごしました。
人ごみで自慢のヒール足袋が汚れたりしたら嫌なのでカバー装着は必須ですよね。
万が一の為に、バッグの中に予備のカバーも携帯して行きました。
見物が終わってお座敷の中でお食事したのですが、カバーが目立って汚れている訳では無いにしても、マナー的にカバーを脱がない訳にはいきません。
外したカバーと予備のカバーの2足分がバッグに収まりきらなくなってしまったのです。
玄関でカバーを脱いで、そのまま化粧室に逃げ込みました。
外したカバーはバッグにしまって、綺麗な方のカバーを装着しました。
お座敷内でパワーの強いカバーを使うの、少し後ろめたい気持ちでしたが、バッグには1足分しか入らないもので。
畳のお部屋に通された時は、カバーの裏ゴムが気になって、逆に大人しくなってしまいました。
ナミロンの裏ゴムのパワー程度だと畳の上でも平気で動けるのですが、カバー装着時の歩行練習は経験が少なく、上手く操作できませんでした。
やっぱり、室内でカバーを装着するのってマナー違反なのでしょうね?
Posted by 奈美恵 at 2011年12月04日 20:51
冬休みに入ったのでしょうか、親戚の女の子が訪ねて来ました。
お正月の着物にそなえてヒール芯(長)と専用足袋を買ってもらったそうなんです。
ナミロンのようにパワーアップしてしっかり動けるようにして欲しいと頼まれちゃいました。
着物姿の良し悪しを気にする年頃でもないのに、買ってもらったきっかけは以前ナミロンを試着した事なんだそうです。
なんだか、すごく微笑ましい思いです。
足袋のセットを見てみると、一応の工夫がなされています。
長芯に中敷を重ねて5cmの高さがあり、既製の専用足袋でもコハゼが止められるデザインです。
爪先ポケットと足首テープもナミロンの見よう見まねで作ったらしく、動く為の基本工夫はOKってとこでしょうか。
専用足袋への工夫も、裏ゴムが装着されていて基本は押さえている様子。
要望は、裏ゴムのパワーアップをアドバイスして欲しいとの事。
サイズが変わらないので、私がパワーテストする事になりました。
やっぱりパワーが出せない感じで、早足や急ブレーキが思い通りに出来ませんでした。
芯と足袋底の間にスポンジを入れる事にしました。
私が裏ゴムを塗り替えたりしたら、その子の工夫を否定してしまう事になるので、あくまでもアドバイスという形をとりました。
Posted by 奈美恵 at 2011年12月24日 15:28
親戚のお子さんもパワーヒール足袋ファンになられたって事ですね。(笑)
以前、奈美恵さんのスペシャル仕様を試着された時のインパクトが大きかったのでしょうか、ファンが増えるのって嬉しいですよね。

>その子の工夫を否定してしまう事になるので・・・

あまり奈美恵さんカラーに染めてしまうのも、どうかと思いますが、でも押さえておかないといけない箇所は、しっかりアドバイスしてあげないと。
いざ!って時にパワーが出せなくて滑ったりグラついたりするのって、パワーヒール足袋を装着してる私達だけにしかわからない不安要素ですもの。
そんな嫌な思いを味あわせるのってかわいそうですし、強力パワーの裏ゴムくらいはプレゼントして上げても良いのではないでしょうか。
Posted by ユキ at 2011年12月25日 15:04
新年、あけましておめでとうございます。

今年は、親戚の家から近くの神社に初詣に出かける事になっていたので、親戚の子と私と母はパワーヒール足袋装着の着物姿でしたよ。
私だけ7cmのヒール芯で、あとの二人は5cmなので、一緒に歩いていても、こっそり優越感がありました。(汗)
草履を履いたまま長い石段に差し掛かっても母以外は平気みたいでした。
母は練習してないので仕方ないですね。(苦笑)
親戚の子は年末に裏ゴムに手を加えてパワーアップさせていて、この日にそなえていたそうです。
歩行もスムーズで、とても中学生が5cmヒール芯を入れて歩いてるようには見えませんでした。
私同様、パワーヒール足袋の虜になっちゃったようです。
家に戻ると、自慢の裏ゴムパワーを披露してくれました。
年末、うちに来た時より数段パワーアップさせてるのが早足や急ブレーキの様子から伝わってきます。
時おり聞こえる『キュッキュッ』っていう裏ゴムの音すら年末には聞こえなかったくらいですから、相当パワーアップしてるとみました。
仲間が増えてとても感動しました。
私は少しアドバイスしただけなのに自力で裏ゴムを仕上げちゃうなんて・・。
Posted by 奈美恵 at 2012年01月02日 01:52
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
お正月になると普通に着物を着ていられる感じがいいですよね。
私も初詣には、着物で行きました。もちろんユキロンも装着して。
いつものお出かけに使ってる草履よりかかとの高い方の草履を試してみました。
大勢の人ごみの中でいつもより背が高くて気持ち良かったです。
カバーを装着して行ったので、かかとの高い草履でもキープ力が強くて安心できました。

奈美恵さんの親戚のお子さん、すっかりパワーヒール足袋愛好家の仲間入りされた様子で、私まで嬉しいですね。
裏ゴムの出す『キュッキュッ』って音を聞くとパワーが出せてる気がして安心できますよね。

親戚のお子さん、ロングタイプとかカバーにも挑戦して欲しいです。
Posted by ユキ at 2012年01月03日 02:09
私達の前で早足とか急ブレーキを披露してくれていた時、やっぱり着物の裾の方に目が行ってましたね。
既製の5枚コハゼヒール専用足袋に加工したパワーヒール足袋だと、どうしても裾が捲れた時に足袋の上のタイツまで見えてしまっていました。
でも、『この子ったら、しっかりタイツまで装着してる・・・』なんて、一人で感心していましたね。(笑)
パワー加工していると簡単に動けてしまうのですが、裾まくれの事を考えると、ユキさんが仰る通りロングタイプでないと苦しいですね。
他人にタイツ見られるのって、やっぱり避けたいですもの。
親戚の子と二人きりになった時、私の早足と急ブレーキを見せて、裾の捲れ具合を見てもらいました。
膝下まで丈長のナミロンだと、どんなに激しく動いてもタイツは見えませんからね。
私の母に、もう1セット、ロングタイプを縫ってもらう事にしました。
Posted by 奈美恵 at 2012年01月03日 22:12
パワーヒール足袋を装着する時にはタイツは必須のようですね。
足首テープのセットの仕方で結構動きやすさが変わってくるし、素足にテープをキツく巻きつけると痛くなってきますものね。
足首テープの高さにもよりますが、5枚コハゼ丈の専用足袋だと上にテープがハミ出す事もあるので、パワーヒール足袋を極めるならロング丈も欲しいですね。
それにしても、親戚のお子さん、本格派志向ですね。
最初にヒール芯、専用足袋、タイツ、と揃えるのに結構出費が要るのに、お子さんの親御さんの理解とバックアップ体制の良さを感じずにはいられません。
もちろん、加工する時のバックアップは奈美恵さんが担当かしら?(笑)
お二人で切磋琢磨されてる様子を想像すると羨ましいです。
私の方も一人で工夫してるわけではなくて、友人が意外なアドバイスをくれて、試してみたらすごくパワーが強くなったりとかあります。

もっともっと快適な物にしていきたいですね。
Posted by ユキ at 2012年01月07日 17:21
母に頼んでいた親戚の子のロング足袋が、やっと縫い上がりました。
母も3足目ともなると手馴れたもので、爪先の形や踵の丸みが、既製品に近いスタイルに仕上がっています。
1足目のナミロンや2足目のナミカバーと比べると、違いがよくわかります。(汗)
いちばん仕上がりの良い物が親戚の子の物になっちゃうなんて、ちょっぴりジェラシー感じます。
でも、せっかくヒール足袋を極めようとしてる子に作るのだから1、2足目より良い物を装着させてあげたい気持ちもあります。
常に長芯と床の間に挟まれる底生地を、厚みのある丈夫な布地で二枚重ねに改良しました。
早足や急ブレーキでパワーを出した時、裏ゴムが波打ってしまわないための工夫です。
早く裏ゴムを塗り終えて改良底生地のパワー感をテストしてみたいです。
Posted by 奈美恵 at 2012年01月31日 20:35
底生地の改良、すごくよくわかります。
とくに急ブレーキの時、爪先の裏ゴムは止まれているけれど踵の裏ゴムがブレて前に滑ってしまって中ほどの裏ゴムにシワができる感じですよね。
おそらく裏ゴムの付いたパワーヒール足袋を装着してる者にしかわからない不安要素のひとつですね。
ユキロンもしっかりした底生地に改良したくなってきました。
自宅で練習してる時は失敗や不安は平気なのですが、いざ、人前でヒール足袋を装着している時には少しでも不安要素は減らしたいですからね。
でも、あまり硬い生地だと裏ゴムの模様面までクッション性が落ちて床との密着度が悪くなりませんか?
クッションを敷いてパワーアップした奈美恵さんの腕前なら、すごく繊細な調整で仕上がるのかしら?って楽しみがありますよ。(笑)
私も、いろいろと調整してみてベストな裏ゴムを作り上げたいと思います。
なんだか、パワーヒール足袋って、裏ゴムを工夫してる時がいちばん楽しく感じちゃいます。(笑)
Posted by ユキ at 2012年02月01日 13:11
パワーヒール足袋、打ち込み出しちゃうと止まらなくなってしまいますね。
最初、何もわからずに買ったままの長芯ヒールで嫌な思いをしただけに、
動きやすさ=パワー、安心感=パワーって思い込んじゃってるのでしょうか。
親戚の子が作ったテープ付きの長芯を預かっていて、ロングタイプ専用足袋とのマッチングを試しながら仕上げる事になりました。
本当は、自分自身でパワーアップさせたりして欲しかったのですが、親戚の子が私のナミロンやナミカバーと同等のパワーにして欲しいって言ったので、私が仕上げる事になりました。
まだまだ着物を着る機会もヒール足袋を装着する機会も少ない年齢でしょうけど、人前で失敗させちゃうのを想像すると可哀想なので、パワーは念入りにアップさせたいと思っています。
せっかくのロングタイプなので、安心して動かせてあげたいですもの。
Posted by 奈美恵 at 2012年02月01日 22:29
親戚の子のロングタイプ専用足袋の裏ゴム、やっと塗り終わりました。
冬場の作業で一度に厚塗りすると中身が乾きにくいですからね。
以前、ナミロンの裏ゴムを仕上げる際、一刻も早く装着したくて一気に厚塗りしてしまった結果、
急な早足でパワーを使った途端、乾いた表面の模様部分が摩擦に耐えられなかったのか、
底生地から剥がれてしまって、生乾きの中身が出てきてしまうというトラブルになりましたよ。
裏ゴムは、私の体重を受け止めて床との間で常に擦られているという過酷な環境に耐えてくれているんですものね。
親戚の子の裏ゴムは、少しずつ薄く塗っては乾かし、塗っては乾かしを繰り返し5mmくらいの厚みに仕上げました。
最後の塗りが生乾きの時に模様を押し付けて乾かしました。
内底に貼ったスポンジのクッションと合わせて1cm以上の厚底になりました。
タイツの上に親戚の子が作った長芯をマジックテープで装着、ロングタイプ専用足袋を被せて装着完了。
立ち上がってみると、意外にしっかりしていました。厚底の効果で床への密着度は上々です。
廊下でスピード出し気味の早足から急ブレーキを試しました。
やはり丈夫な底生地だとナミロンのように波打つようなブレ感がありません。
ひょっとしたらナミカバーの裏ゴムに匹敵するハイパワーに仕上がったかも知れません。
ナミロンよりはるかにパワーは強力に仕上がっちゃいました。
他人のパワー足袋だから、複雑な気持ちです。
少しテープや爪先ポケットを調整して上げると完ぺきにナミロンは負けてしまいます。
親戚の子が装着したらどんな風に操作するのか楽しみです。
Posted by 奈美恵 at 2012年02月04日 19:38
底生地を丈夫にするだけでかなりパワーアップしちゃうのですね。
私のユキロンもそっくり作り直そうかと感じましたよ。
ロングだと安心して動けるものだから、つい多用してしまいがちなユキロンは、ショートに比べてくたびれた感じに見えます。
自分では着物の裾が気になる程はげしく動いてはいないと思っていますが、ショートタイプだと正直不安に感じます。
ユキロンも最初に完成した頃に比べてパワーもアップしていて、動きやすさには自信があるのですが、
最近は裏ゴムに工夫しても変化が少なくて・・・。
表面の模様を細工するだけではパワーアップも限界なのでしょうね。
私も底生地を強化したニューユキロンに挑戦します。
何も取り掛からないうちから、生地の種類とかゴム質、模様の配置具合とか想像するだけでワクワクしてきます。
パワーヒール足袋を工夫するの、やはり楽しいですよね。
Posted by ユキ at 2012年02月08日 15:09
日曜日に親戚の子にロングタイプを装着してもらって、パワー感や操作感を体感してもらいました。
通販の5枚コハゼタイプに親戚の子が工夫した物と比べると、パワーの違いにすごく驚いていた様子でした。
裏ゴムの前後方向のたるみを起こさせない丈夫な底生地に、上下方向には、たっぷりとクッションスポンジを使うやり方が効いてる感じで、
床への密着性がパワーの強化につながったのは明らかだと思います。
操作している様子もスムーズに見えました。
小走りに近いような早足も、その速いスピードからの急ブレーキでも危なっかしい感じはありませんでした。
パワーヒール足袋初心者のはずなのに、そうは見えない動きに感動しましたよ。
こうなると、ナミロンも負けてはいられません。
結局、母に依頼するのですが、ニューナミロンを作ろうかと。
Posted by 奈美恵 at 2012年02月09日 18:10
速いスピードで早足できたり、強めの急ブレーキが使えたりするのって、高さのあるヒール芯を装着してるものにとっては、かなりの強みですよね。
少しでも気を抜くと失敗しちゃってた初期の頃のユキロンに比べたら、動きにもずいぶん余裕ができたのですが、余裕は少しでも多い方が安心ですもの、
私も底生地強化タイプのニューユキロンに着手しました。
といっても頭の中で構想を練っただけなのですが、足袋底形に切り抜いた帆布で薄いウレタンを上下から挟んで縁縫いしようと考えています。
帆布だけでも強度は十分ですが、ウレタンを仕込めば『張り』が出てブレやシワに対して強くなると思ったので。
しかも、ヒール芯が床に当たる音を少しでも小さく抑える為の工夫です。
今のユキロンにもスポンジを敷いて音を消す工夫を施してはいますが、早足してる時なんかは、結構音が出てるようです。
もし、強力パワーと静さを両立できたなら、パワーヒール足袋は怖い物なしの無敵の履物になっちゃうのではないかしら。
Posted by ユキ at 2012年02月10日 16:45
親戚の子から連絡がありましたよ。
お友達と着物姿でお出かけするそうです。
室内でのヒール足袋の操作は、私が見た限りでは大丈夫なのですが、草履を履いて外を歩く所は見ていないので少し心配です。
裏ゴムの強力パワーで草履をキープする力は十分にあるとは思いますが、グラつきが出ないかと。
結局、マジックテープとかの最終調整も私が担当して渡したので、お出かけ本番で失敗したりすると責任重大ですね。
最初の頃のナミロン装着時、高い草履の上で何度もグラつきが出て苦い経験をしているだけに、親戚の子にはそんな辛い思いをさせたくないですもの。
お出かけの結果が良くても悪くても、もう一度ヒール足袋、草履一式を預かって徹底的に調整してあげようと思っている次第です。
せっかく最強秘密道具を装着するのだから、気持ちよく装着していたいですものね。
Posted by 奈美恵 at 2012年02月12日 07:34
若い人が着物でお出かけされるの、すごく良いですよね。
中学生(だったかしら?)で着物を着る人が私の周りにおられないだけに、なおさら興味津々です。(笑)
着物=動きづらい というイメージで若い人たちには敬遠されがちなのに、感心しちゃいます。
着物にしてもヒール足袋にしても、奈美恵さんが与えた影響が大きいのでしょうね。
奈美恵さんが仕上げられた最新作のパワーヒール足袋なら失敗なんてしないと思いますよ。
ロングタイプなんだし、5枚コハゼの専用足袋と比べたら足首から膝下までの生地が長い分、中に装着しているヒール芯を全体で『キュッ』っと持ち上げてくれてる感じがして、
それだけの違いでもグラつき防止にプラスに働いてくれて安心していられますもの。
万が一、悪い結果が出てしまっても、そこの部分を重点的に改良すれば、さらに完ぺきなパワーヒール足袋に仕上がっていくのだから悲観しなくても良いと私は考えます。
いずれにしても、お出かけの結果が楽しみです。
Posted by ユキ at 2012年02月12日 15:04
1ヶ月も経ってしまいましたが、親戚の子のお出かけ結果をご報告します。
底生地強化タイプは大正解だったようです。
自宅で着付け中、ヒール足袋を装着してすぐの時には、お部屋の中で靴を履いて立ってるような違和感を感じていたそうなのですが、
出かける直前に2、3度早足や急ブレーキを確認したら違和感が減って良い感じに馴染んできたそうです。
その事を踏まえて私もニューナミロンを装着して動き回ってみると、旧型の時より床の感覚が鈍っていてルームブーツのまま畳の上を歩いてる感じに思えます。
硬めの底生地に厚塗りの裏ゴムで武装しているせいだと思います。
床の感覚が掴み辛いとはいっても、パワーがすごく強くなっているので、結果として動きやすくなりましたよ。
急ブレーキの時、強めに『ギュッ』って踏ん張ってもほとんどブレることなく思い通りに止まれる感じです。
試しに、畳の上でも強力パワーを使ってみたところ、今まで通りそれほど心配しなくてもいいようで安心しました。
和装しているのに、畳の上でこそ、自由に動けなければ意味がありませんものね。
ニューナミロンで歩き回った畳の上をじっくり観察しても、とくに傷めたような痕がなくて、マナー面でも安心できるようです。
ニューナミロンでお出かけデビューするのがすごく楽しみです。
Posted by 奈美恵 at 2012年03月16日 08:23
たしかに、室内で靴を履いて歩く感覚は長芯ヒール足袋にとって、常につきまとう課題ですよね。
ニューユキロンでは、薄いウレタンを包む帆布に、柔らかめのゴムで厚塗り気味に仕上げてみましたよ。
帆布とウレタンのサンドイッチ底は想像以上にコシがあり、裏ゴム自体は柔らかくてもダメージを受けにくいと考えたからです。
高さのあるヒール足袋にとって、装着中に裏ゴムがトラブルになると致命的なので、加工する際は、特に気を遣う部分でもありますよね。
結果としては、すごくしっかりした底生地に、しなやかに食いつく裏ゴムを作る事ができた気がします。
旧ユキロンと交互に装着して比べると、かなりパワーアップ感が感じ取れて、少ないブレ感にも満足できます。
まだまだ改良の余地はあるようですが、歴代パワー足袋の中では最強レベルになっています。
強い急ブレーキで踏ん張っても、柔らかいゴム質に何のダメージも受けてなくてホッっとしています。
音も少しは静かになった感じで、廊下で早足や急ブレーキをしても全然平気でしたよ。
Posted by ユキ at 2012年03月17日 13:30
中学生も春休みに入ったみたいなので、親戚の子を呼んで、いっしょに合同練習をしてみました。
さながら、『パワーヒール足袋合宿』って感じでしょうか。(笑)
今回は、奮発してホームセンターで六畳分くらいの大きいブルーシートを買っちゃいました。
うちは郊外の家なので、庭になんとか広げる事ができますから。
約半分は庭の土の上、残りはガレージの砂利の上なので、底自慢の長芯パワーヒール足袋で上がるにはもってこいの場面設定だと思います。
室内だと畳の上で靴を履いてる気分の長芯ヒール足袋も、このときばかりは違和感が安心感に変わりますよね。
足裏全体を長芯が包み込んでいてくれてるおかげで、砂利の角の上にに乗ってしまっても全然平気ですよね。
土が盛り上がった斜面の所でグラつきを確かめたりもしましたよ。
底生地の改良で裏ゴムの出せるパワーがすごく強くできた分、ヒール芯と足を繋ぐマジックテープや爪先ポケットもかなり改良しちゃいましたもの。
私の足の動きをしっかりヒール芯や専用足袋の裏ゴムに伝えられる感じで、操作性が格段に良くなりました。
ブルーシート初体験のはずの親戚の子も、しっかり早足や急ブレーキできてた様子です。
早足では物足りなくて、二人で小走りしちゃってましたよ。
今度は二人で和装して、お花見の本番に行きたいですね。
Posted by 奈美恵 at 2012年03月25日 00:51
お二人でヒール足袋の練習の為の合宿なんて、すごく羨ましいです。
さらにビニールシートを自前で準備されるという熱の入れように感服しました。
はじめてのお花見の時を思い出しますね。
主催者のお話によると、普通の茣蓙に上がれる人数よりも参加者が多くて、急遽、はみ出た人の為にビニールシートを準備されたとの事でした。
室内や草履を履いた状態で装着する事だけを想定して作り上げたユキロンのパワーが、はじめて上がるビニールシートに対応できるのか?すごく不安を感じたのを思い出しちゃいます。
でもシートの表面が石でゴツゴツしていても、長芯なら平気ですよね。
さっきまでの不安が、すぐに優越感に変わりましたもの。
私もニューユキロンの強力パワーを早く試したいです。
Posted by ユキ at 2012年03月25日 13:23
さくらの季節も終わりかけてますが、今年もお花見に行きましたよ。
行ってみると『やっぱりブルーシートだわ・・・。』って感じで、数回目となる『ブルーシートお花見』でした。
すでにシートの上に花びらが散り始めていて、そこを踏むのが少し嫌な感じがしましたね。
最初はニューユキロンの裏ゴムに花びらが付着するのを嫌ってカバー装着のまま行動していました。
でも、せっかくのニューユキロンなんだし、ブルーシート上での対応力を試さないのも勿体無くて、カバーを外しました。
旧型ユキロンのパワーだと、強力なパワーを持ったカバーを外した途端、ちょっぴり不安な気持ちになっていたのですが、ニューユキロンの裏ゴムなら、そんなにパワーの弱さを感じませんでした。
独り言でこっそり感動してましたもの。
不意に花びらを踏んでしまってもまったくブレたりグラついたりしませんでした。
ゴツゴツしたシートの上でも結構長い時間快適にすごせるのは、やはり長芯のガード性と裏ゴムのパワーのおかげですね。
Posted by ユキ at 2012年04月22日 16:54
ご無沙汰しています。
今回、またまた母に頼んで、浴衣に合わせる為のレース生地の足袋を作ってもらいました。
去年までは夏場の浴衣の場面でも、不釣合いとは思いながらもナミロンやナミショートで変身して挑んでいたのですが、
今年はカジュアルなレース足袋に挑戦しようと思いました。
和装の時は絶対にヒール足袋!って決めているので、市販のレース足袋は役に立たず、ヒール芯を内装するためには自作(というか母作)しか道はありません。
足袋の丈はショートとロングの中間サイズでハーフ丈にしました。
せっかく浴衣とレースで涼しさを出すのに、ロングだと暑苦しいし、かといってショートだと夏場の開放的な場面で活発に動けなかったらつまらないし。
着物に比べて浴衣の生地は軽くて裾マクレしやすいので足袋の丈は深いほど安心して動けますからね。
パワーヒール足袋の足首テープの痛みを和らげてくれるタイツ装着は、浴衣の時も絶対外せませんから。
内装する爪先ポケットや足首テープがレース越しに見えないように普通の白足袋にレース生地を被せたスタイルですが、見た目は涼しそう。
肝心の裏ゴムのパワーも夏場の活発な動きに備えてナミカバーと同等クラスになるよう徹底強化しちゃいました。
高いヒールを装着してるのに活発に動く為には裏ゴムのパワーは必須ですもの。
早くお出かけで試したいです。
Posted by 奈美恵 at 2012年06月28日 15:25
ご無沙汰してます。
レースの夏用足袋を作られたのですね。

>ナミカバーと同等クラスになるよう徹底強化

パワーヒール足袋ユーザーにとっては、すごく理想的ですよね。
私の屋外用カバーも、草履のキープしやすさとか、草履装着時の早足や小走りのしやすさまで視野に入れて、
室内用のユキロンやユキショートとは違う模様の裏ゴムでパワーを強く工夫していますが、
マナー違反覚悟で室内着用させてもらった事も何度かありましたよ。
玄関先でカバーを外してユキロンの裏ゴムで上がらせてもらっても、
お出かけ先によっては、すごく床との相性が悪くて動きづらい思いをすることがあります。
市販品より高さのある長芯ヒールにとって、裏ゴムのパワーは絶対に欠かせないものですからね。
カバーの持つ強力パワーを使ってお部屋の中を自由に動き回れたらスッっとするでしょうね。
室内専用のカバークラスの強力パワーヒール足袋に挑戦してみたくなりましたね。
Posted by ユキ at 2012年06月30日 15:30
午前中、少し雨が降ってましたが外出してレース足袋の実力テストしてきましたよ。
道中は、レース足袋を汚すわけにはいかないので、ナミカバーが活躍してくれました。
草履の足をのせる面が雨で濡れてきてもナミカバーの裏ゴムならキープ力が落ちてこないので早足とか坂道に差し掛かっても平気でした。
そして、相手先に上がらせてもらう時にはワクワクしていました。
カバー並みの強力パワーを出せる裏ゴムを装着したレース足袋をお座敷で試すのですから。
廊下を進む時、自宅とは違った緊張感の中でヒールの操作にも集中しなきゃいけないのですが、強力パワーだと操作しやすかったですね。
角を曲がる時に、少し強めに踏ん張ってしまって、大き目の『キュッ』って音が出てしまい、人に気付かれてないかと、ひとり赤くなっていました。(汗)
畳のお部屋に通されても強力パワーに、ひとりニンマリしちゃいました。
お座敷でカバーを使った時より強力に感じました。
ナミロンとカバーの間で少しブレが起こるとパワーがロスしちゃうのですが、
今回のレース足袋は、単体でカバー並みのパワーなので、ロスが無い分ダイレクトに強さを体感できる様子です。
もう、嬉しくて、相当動き回ってしまいましたよ。
ユキさん仰るように、自由に動き回れるのって、ほんとに胸がすく感じでしたよ。
Posted by 奈美恵 at 2012年07月01日 16:04
しらないうちに、もう9月ですね。
まだまだ残暑の毎日ですが、もう浴衣の季節じゃないし、そろそろ秋〜来春の準備にかからないと。
レース足袋の強力な裏ゴムパワーに慣れきってしまって、久々のナミロン装着に戸惑ってしまいました。
レース足袋のパワーだと余裕で止まれた急ブレーキなのに、ナミロンの裏ゴムだとブレ感が出てしまいます。
レース足袋を仕上げる前までは満足できていたナミロンの裏ゴムパワーが物足りなくなった感じです。
人間の感覚ってそんなものなのでしょうか?
『慣れ』っておそろしいですね。
こうなったら、ナミロンの裏ゴムもレース足袋の強力パワーが出せる裏ゴムに仕上げないと不安でなりません。
秋から和装のチャンスがぐっと増えるので、それまでに仕上げようと思っています。
Posted by 奈美恵 at 2012年09月15日 15:54
ご無沙汰してました。
奈美恵さんのナミロン、どんどんパワーアップしちゃうみたいで、羨ましいです。
私のユキロンもだんだんとパワーアップして来てるのですが、加工してしばらくは強力パワーを実感できても、
そのうちに慣れてきて物足りなさを感じちゃうようです。
この間のお出かけ先で、一度は玄関でカバーを外したのですが、廊下とユキロンの裏ゴムとの相性が悪かったようで、ヒールがブレたりグラついたり、とても怖い思いをしました。
化粧室までヨチヨチ歩きで辿り着いて、外したカバーを装着し直しましたよ。
恐る恐る、廊下に出てみると、カバーの強力な裏ゴムだと大丈夫でした。
ユキロンの裏ゴムをカバーと同じくらい強化する事に決心した瞬間でしたよ。
高いヒール芯で変身するからには、絶対に失敗したくないですものね。
不安なく変身していられるハイパワーユキロンにしちゃいます!
Posted by ユキ at 2012年09月27日 12:58
ナミロンの裏ゴム塗り替えが、なんとか終わりましたよ。
ゴムが乾くまでの間にヒール芯の方も、裏ゴムのパワーを正確に操作できるようにと、マジックテープを付け替えたり、爪先ポケットの中のスポンジを詰め替えたり、
結構念入りに工夫を施しましたよ。
テープを替えるだけでも装着感がかなり変わる感じですね。
いろいろ工夫するうち、ヒール芯の重さはかなりズッシリとしたものになっているので、
足に装着して、歩こうと足を上げる時、足裏と芯が離れたりしてブカブカとした感じになりがちでしたが、
新しいテープでしっかり固定すると、そのような不安がなくなります。
足の動きとヒール芯の動きがひとつになっていると、とても動きやすいですし。
爪先ポケットのスポンジも古くなって縮んだままになると、足が前後にブレやすくなります。
急ブレーキの練習とかで、ヒール芯の傾斜を足が滑り降りる感じになり、爪先にギュッって圧力がかかるので、
新しいスポンジのフカフカ感だと、どんなに強く急ブレーキしても平気になれますもの。
裏ゴムが完全に乾くのが待ち遠しくてなりません。
Posted by 奈美恵 at 2012年10月01日 07:33
奈美恵さんのナミロンがどんどんパワーアップしていくのに刺激される形で、ユキロンにも裏ゴムを加工しちゃいました。
底生地強化タイプを作った時以来の塗り替えです。
古い裏ゴムの上に約2mmのゴムを塗り重ねて、ユキカバーの裏ゴムと同じ模様配置にしました。
ゴム層の厚さを比べると、ユキロンの方がユキカバーより今回塗り重ねたゴム層分だけ厚くなりました。
同じ模様配置だと、ゴム層の厚くなったユキロンの方が床への密着度が上がるのかしら?なんて、ほのかな期待が膨らんじゃいます。
Posted by ユキ at 2012年10月03日 19:18
元々は3cmヒールの長芯ですら満足に装着できなくて諦めていた私に、新しい工夫を教えて下さったのはユキさんなのですから、
私の方こそ、いつも刺激されて、より快適に装着していられるパワー足袋に工夫をするための原動力になっています。
そのナミロンも、やっと裏ゴムが乾いたので、テスト装着してみました。
いつも練習の時は洋服のままタイツとパワー足袋だけ装着して行なうのですが、今回は本番同様、着物も着付けて行ないました。
着付けが完成して数歩歩いただけで、パワーアップが実感できましたよ。
畳の部屋なのに思わず早足しちゃいました。
畳の目をチェックしましたが、さいわい傷んではいませんでした。
パワーは今までで最強のはずなのに畳を傷めない安心感はとても感動ものです。
次は廊下です。
裏ゴムの乾き待ち中にワックス掛けしておいたので、最初は慎重に歩いてみました。
今回裏ゴムを加工したのはナミロンだけなので、古い裏ゴムのナミショートを装着して比べてみました。
マジックテープを新しくしたヒール芯自体は共通なのですが、ナミショートのパワーだとワックスの上ではブレまくりで怖い感じでした。
とても早足や急ブレーキなんてムリなパワーでガッカリ。
再度ナミロンを装着してみると廊下に立っただけで安定感の高さが伝わってきます。
もちろん、早足や急ブレーキにもビクともしない強力ぶり。
小走りからの強めの急ブレーキだって、音もたてずに止まれる強力パワーにはビックリしちゃいましたよ。
強力パワーでお出かけするのがとても楽しみです。
Posted by 奈美恵 at 2012年10月04日 13:49
強力パワーの裏ゴム、やっぱり良いですよね。
裏ゴムの厚みが約2mm程増えただけなのに、柔らかいお布団の上に立っているようなクッション性の良さがあります。
柔らかくて厚みのある裏ゴムの上に高さのあるヒール芯で乗っかる形になるとグラつきやすくなるのでは?と心配していたのですが、
実際に装着してみると、強い密着力で『ギュッ』っと踏ん張っていられるので、思ったほどグラついたりしなくて、ひと安心。
普段、高いヒールでも早足とか急ブレーキ、横移動なんかの機敏な動きを練習しているせいで、足が勝手にグラつかない立ち方を覚えてくれてるのかも知れません。
何より嬉しいのは、奈美恵さんがレース足袋のレポートをされてた時と同じく、
カバー並みの強力パワーがユキロン単体で使えるようになった事です。
お出かけの本番で困らないように、畳の上でも一連の早足や急ブレーキ、横移動を試してみました。
自宅の畳という事もあって、結構派手に動き回ってみたにも関わらず、接地面のゴム層がクッションになって、畳の目を傷めるような事もありませんでした。
今までのユキロンの中で最強のパワーを手に入れたのに、畳の上でも平気で動き回れるとなれば、鬼に金棒。
パワーヒール足袋の宿命とも言える『お部屋の中を靴で歩く感覚』は以前と変わりませんが、後ろめたさなんて吹っ飛ぶくらいの気持ちよさを感じちゃいました。
私も、お出かけ本番の、自宅練習とは違った緊張感の中でハイパワーユキロンデビューに挑戦してみたいですね。
Posted by ユキ at 2012年10月05日 23:32
パワーヒール足袋に工夫を加えると、お出かけ本番で試したくなっちゃいますよね。
お出かけ本番での緊張感が違うのもユキさんの仰るとおりだと思います。
訪問先に上がらせてもらう時、今までのナミロンだったら、強力なナミカバーを外した時、ちゃんとナミロンのパワーが効いてくれるのかしら?って不安がよぎってたのですが、
今回の改良でナミカバーのパワーと変わらないパワーを持ったナミロンなら不安も軽減してくれそうです。
人前では絶対に失敗したくないというプレッシャーを感じない為にも、いざという時の為に強力なパワーが出せる裏ゴムでないと対処できない気がします。
『裏ゴム』っていう呼び方、すごく素敵な気がしますね。
実はゴム底の足袋なのですが、絶対にゴム底の地下足袋と一緒にされたくないから裏ゴムって呼びたいのです。
室内でゴム底はNGだけど、裏ゴムだったらOKかな?ってマナー違反にならない基準を、自分の中で作ってしまってるみたいですね。
もっとパワーヒール足袋愛好家が増えてくれれば良いのにって、いつも思います。
Posted by 奈美恵 at 2012年10月06日 23:36
お出かけでハイパワーユキロン、試してきましたよ。
訪問先までの道中は、以前のようにユキカバーを装着して行き、玄関先で外して上がらせてもらいました。
最初の2、3歩は様子を見ながら歩き始めたのですが、そのうちに裏ゴムの出してくれる強力なパワー感を実感できましたよ。
カバーはさっき外したはずなのに、まだ装着したまま上がらせてもらっているような不思議な感じがしちゃいました。
今までは、訪問先でのおしゃべりなんかで盛り上がっている途中でも、不意にヒール芯がブレたりグラついたりすると『ヒャッ!』っとさせられてしまって、
盛り上がりの輪の中からひとり外れちゃう感じもあったのですが、
今回のお出かけに関しては、全然そんな感じがなくて気持ちよくすごせました。
裏ゴムのパワーにゆとりがあると他の事に集中していても平気になれますよね。
帰り際、玄関でもたもたすると迷惑になるのでユキロンのまま草履を履きましたが、なにぶんカバーと同じ強力パワーが出せるユキロンなら、草履をキープする力も十分で問題ありませんでした。
自宅に帰り着くと、一日がんばってくれたユキロンに思わず『ご苦労様』って声を掛けちゃいましたよ。(笑)
他人が見れば変に見えるかもしれませんが、私にとってユキロンってそういう存在なんです。
お出かけには絶対かかせないパートナーですね。(汗)
Posted by ユキ at 2012年10月09日 19:14
ユキさん、お出かけは大成功だったみたいですね。
やっぱり、自宅に戻るところまでがお出かけなんですよね。
相手方の玄関先で帰り道の為のカバーが装着しづらい状況って、今まで何度も経験しましたが、
ユキロンやナミロンの裏ゴムだけでカバークラスの強力パワーが出せるのはとても魅力的だと思います。
帰り道ともなると、足も疲れていて、その上に草履をキープするパワーが弱いと、すごく歩きづらく感じてましたもの。
今度は、強いキープ力を利用して踵の高い草履に挑戦しようと思っています。
たとえ1cmでも『スラリさん』に変身したいオチビサン奈美恵なのでした。(笑)
Posted by 奈美恵 at 2012年10月11日 16:11
以前、長芯ヒール足袋と出会う前に使っていた踵の高い草履は、ナミロンを装着するようになってからは使わなくなっていたのですが、
今回のナミロンの強化裏ゴムのキープ力を試すために引っ張り出してきました。
買ったばかりの何の工夫もしていない長芯ヒール足袋で1、2度あわせてみたのですが、足袋と草履の両方が高い踵だとすごく不安定で怖かったので、
ヒール足袋には低い草履をあわせていました。
ハイパワーナミロンで高い草履を履いてみたところ、強い裏ゴムのキープ力がはたらいて、かっちりと草履をキープしていられるようです。
でも、歩いている途中で、急にヒール芯と私の足が『グリッ』っと腰砕けしそうな感じが出ちゃいました。
つい先日、足首テープを替えて、爪先ポケットにスポンジを詰め直したところなのに、高い草履を履くと酷くグラついてしまうようです。
キープ力の強さに足首の固定力が負けてしまうようですね。
裏ゴムと草履がほとんどブレないで固定された感じなので、私の足とヒール芯をつなぐマジックテープに相当な力のしわ寄せが集中してるみたいです。
何としても高いヒール芯で高い草履を履きこなすために、テープ類の工夫も見直さないといけないようです。
やっぱり、パワーヒール足袋って燃えさせられる素材ですね。
Posted by 奈美恵 at 2012年10月13日 16:39
裏ゴムのパワーが強力になったので、普通の動作はラクラク、ちょっと頑張って機敏な動きを試してもかなりラクになりました。(笑)
初期の頃から比べるとだんだんとパワーが上がってきたのは確かなのですが、それでも高いヒール芯に乗って変身してます的な構えみたいなのがあって、
どこかに失敗の不安を抱えて行動しないといけなかったのですが、
今回の工夫だけは別格って感じなんです。
どんな動作でもグラつきとかブレを気にしなくてよくなったのが、とっても嬉しいのです。
お出かけ先での『お世話係』、今度は自分から率先して引き受けちゃおうかしら、なんて、そんな気にすらさせてくれる余裕のパワーですから。
前回のユキロンでも、お世話係で動き回って不自由は感じませんでしたが、今度のパワーならかなりキビキビと動き回っても平気でいられそう。
とても楽しみです。
Posted by ユキ at 2012年10月19日 20:29
↑の投稿から1ヶ月の間に、二回もお世話係を引き受けましたよ。(笑)
とにかく、楽に動いていられるのが嬉しくて、かなりハッスルしていました。
『お世話係なんだから、大目に見て』って内心で思いながら畳の上を早足したり、結構パワーを使って動き回っていました。
お世話係を引き受けたのも、高いヒール足袋で動ける自分をアピールしたかったのが目的です。
でも、他人にヒールや裏ゴムの秘密を知られるのは嫌なのに、少し複雑な心境でした。
一緒に行った友人は普通のお客様として、私の動きを見守ってくれていました。
もちろん、友人の装着している○○ロンの裏ゴムも私のユキロンと同じ仕様にアップデートしてあるので、
大勢の中で、私の秘密を熟知しているのは友人ひとりだけです。
友人も、次の機会でお世話係引き受けようかしら、なんて言ってました。
Posted by ユキ at 2012年11月27日 13:38
ご無沙汰しています。
ナミロン装着中でも踵の高い方の草履が履けるようにする工夫に没頭してました。
ナミロンの裏ゴムが歴代最強パワーにアップしたものですから、草履のキープ力は強くて安心なのですが、高い方の草履で歩くと、ヒール芯と足のグラつき感が酷くて、
足首テープが緩んでしまったり、最悪、専用足袋の内側で外れてしまう事がありました。
対策は、テープの本数を増やす事しかないと思って、1セット増やすとともに、古いテープも幅の広いタイプと交換しました。
足に巻く時の締め付けが痛くて、タイツを二枚重ねで装着しないと耐えられそうにない感じなのですが、グラつき感は収まってくれた様子です。
高い方の草履の上でもグラつきが平気なレベルまで下がって、早足しても大丈夫な程です。
室内で、ナミロン単体で行動する時のしっかり感は格段にアップしました。
足首の痛みは、タイツを二枚装着していても少し感じてしまうのがウィークポイントです。
夏場もタイツ二枚装着する事を想像すると、それまでに改良を加えたいと思っています。
Posted by 奈美恵 at 2012年12月24日 11:52
ごぶさたしてました。
裏ゴムのパワーがアップして、逆にブレやグラつきが出てしまう感じ、私の場合は、草履を履いていない時なのですが、時々ありますよ。
前後の動作では平気なのですが、左右に素早く動いて『ギュッ』っと急ブレーキで踏ん張った時なんかに、
パワーアップ前の裏ゴムだったら少しスリップしながら止まってくれていたのが、あまりにも急に止まってしまって、高い位置にある私の踵だけが外側に行ってしまうような感じのグラつきです。
床の感覚を掴み辛い長芯ヒール足袋の弱点克服のために裏ゴムを工夫してきて、少しでもパワーをアップしたいと思ってきたのに、
スリップしながら止まる方が良いだなんて、身勝手かも知れませんね。
ユキロンの場合も、足首テープの定期交換は必須項目になっています。
裏ゴムが強力になった分、機敏に動けるようになってテープへの負担が増えてきたのか、交換サイクルが少し早くなったような気がします。
テープが新品で固定力が強いと、たしかに強力な裏ゴムパワーや高いヒール芯の操作がしっかりできて気持ち良いですものね。
Posted by ユキ at 2012年12月26日 14:58
パワーヒール足袋にとって、裏ゴムこそがいちばん重要だと思って取り組んで来たのですが、足首テープだって裏ゴムに負けないくらい重要なんですよね。
以前、お出かけ先の廊下で裏ゴムのパワーが急に弱く感じはじめて、歩くのもままならないピンチに陥りました。
そんな時の対処法も普段から練習で身に付けていて、裏ゴムの踵側を完全に浮かせて、つま先側の裏ゴムに高い圧力を集中させればパワーが復活するはずなのですが、
意識して踵側を持ち上げようとしても足首テープが緩んでしまっていて、練習時のように上手く操作できなかった苦い経験がありました。
特に、つま先に圧力を集中させなくても強力パワーを発揮できる裏ゴムなら、絶対ピンチにならないと思って工夫しはじめたのです。
強い裏ゴムを完成させても、すぐに慣れて弱く感じちゃうので、さらにパワー、パワーって、ずっと思い込んでいたのが、少し恥ずかしいです。
畳の上で使う事も考えないといけないのに。
やっぱり、裏ゴムのパワーを効率良く操作できる固定力の方も考えて工夫していかないとダメなようですね。
Posted by 奈美恵 at 2012年12月27日 08:34
あけましておめでとうございます。
本当は昨日に書き込まないといけなかったのですが、親戚の家に集まっていて、帰宅したのは夜中になってしまいましたので。
もちろん、和服にナミロンも装着して行きましたよ。
姪も和服にパワーヒール足袋でキメて来ていました。
大晦日の夜中に初詣に出かけて帰りに親戚の家に行ったので、帰宅するまで24時間近く装着していましたよ。
幅広マジックテープと増設、二重タイツ装着と、今年のお正月は最強の重装備で挑みましたので、過去最長に匹敵する長時間連続装着もなんのそのって感じでした。
姪も夜中から着付けしてもらって、私と同じくらいの装着時間だったのですが、夕方になって足の痛みを訴え、ヒール芯を外してブカブカの専用足袋のみの装着になっちゃいました。
工夫が足りぬ!
って言いたかったのですが、可哀想になり、二人きりの時にナミロン2013スペシャルの秘密を伝授しておきました。
姪のブカブカの専用足袋は、裏ゴムのパワーが逆に仇になって床に引っ掛かり、とても動き辛そうだったので、姪の母親の足袋カバーを借りて来させ、タイツの上に履かせて、足の痛みを和らげ、ヒール芯、専用足袋を装着し直しました。
足袋カーバーを重ねた分、専用足袋のコハゼが少しキツそうでしたがなんとかセットできて、逆にしわが減った分スマートに仕上がりました。
応急処置の結果、姪は元気を取り戻してくれましたよ。
私は、お正月三が日の間、和服で過ごす目標を立てたので、明日も装着してお出かけします。
今までは、帰宅のたびに裏ゴムやテープを点検しておかないと心配でしたが、2013スペシャルの性能なら、三日間連続で使っても大丈夫そうです。
Posted by 奈美恵 at 2013年01月02日 20:33
新年、おめでとうございます。
奈美恵さんのパワーアップと固定力アップ、大成功だったようでなによりです。
私は、初詣の時、途中から小雪まじりのお天気になって、最悪でした。
草履と、ユキカバーの裏ゴムの間に雪が入ってきて、さすがのユキカバーでもキープ力ダウンのピンチでした。
鼻緒をつまもうと指に力を入れても、厚めの爪先ポケットのせいで、上手くつまめずに草履が滑って脱げそうに感じるのです。
ただの雨だと、いくら草履が濡れてもキープ力は落ちない自信があったのですが、雪の日を想定していなかったので、大失敗です。
ユキロンの裏ゴムもパワー強化に越した事はないのですが、今以上のパワーを想像すると、畳の上で使えなくなっちゃいそうで、諦めないと。
でも、カバーは屋外限定装着なので、もう少し裏ゴムにパワーを持たせても良いのかと思いました。
ユキロンがピンチの時、何度か室内装着しましたけど。(汗)
今年もよろしくお願いします。
Posted by ユキ at 2013年01月04日 20:31
ユキさん、たいへんな目にあわれたようで。
雨とか雪のために和服姿をあきらめるのって、私もイヤなほうなので、そのためにもカバーをしっかり整えておく事が大切と考えています。
厚いヒール芯に乗っかって草履をキープしようとすれば爪先ポケットの厚みが
仇になる感じ、私にもわかります。
ナミカバーの裏ゴムが出す強力パワーのおかげで爪先ポケット→専用足袋→カバーという三重の布を隔てていても草履が脱げやすくならないキープ力が生まれるのですものね。
屋外移動の時だけ装着するカバーなんだからパワーを上げられるというアイデア、すごく良いと思います。
ナミカバーは雨の日を想定して、草履を湿らせてテストしましたが、雪が挟まって滑ってしまうテストはできませんよね。
プラス思考で考えたら、ユキさんは貴重な体験をなさったんじゃないかしら。
私も、カバーは絶対に室内(特に畳の上)装着しない!と決めて、もっと裏ゴムを強化して行きたいと思っています。
ヒール芯の固定力とカバーのキープ力、両方アップできたら高い方の草履だってもっと長い時間でもラクに履いていられるんじゃないかって思いますから。
Posted by 奈美恵 at 2013年01月06日 00:51
ユキカバーのパワーアップ、取りあえず仕上がりの柔らかい種類のスプレー式ゴムを裏ゴム全面に吹き付けてテストしてみました。
奈美恵さんが仰って下さったように、草履と裏ゴムに挟まった雪を再現するのは無理なので、大雨のような状態でテストしました。
高価な草履をビチョビチョに濡らすのは心苦しいのですが、買ってすぐに防水加工を依頼した物なので、おそらく大丈夫。
草履の上面に水滴が残った状態でユキロンにカバーを装着して履いてみました。
仕上がりの柔らか目のゴム膜が効いてるのか、ビチョビチョの草履をキープする力がかなりアップしました。
でも、今回吹き付けたスプレーは、以前ユキロンの裏ゴムに使って苦い思いをして放置していたものなのです。
仕上がりが柔らかいせいで、一瞬の食い付き力は強いのですが、数回、早足や急ブレーキを繰り返しただけで摩擦に負けて剥がれてしまう性質がありました。
お出かけ直前の自宅練習の時、すごいパワーが出せていたのに、お出かけ先ではゴム膜が取れてしまっていて思いどおりのパワーが全然出せず大失敗でした。
すごく悔しくて、そのスプレーは一切使わずに置いていましたね。
今回カバーのキープ力強化の目的で久しぶりに使ってみましたが、理想のパワーは出せても長い時間の信頼性は期待できません。
裏ゴムの模様のレイアウトを最初から工夫し直さないとダメみたいです。
Posted by ユキ at 2013年01月06日 13:50
私も一度だけ、乾いても柔らかい質感のゴムをナミロンの裏ゴムに試してみた事がありましたよ。
ユキさんがおっしゃるように、柔らかいゴム質だど、すごくパワーがアップしたような感覚で早足や急ブレーキのテストをしてたのですが、
やり始めて何度目かの急ブレーキの時、その前の早足の時点でゴムが取れてしまってた事に気づかず壁の手前で止まれずに、激突した経験があります。
爪先と膝を壁に打ち付けてしまいました。
爪先はフエルト生地のポケットにスポンジを詰め込んでいたのでガード性が高く痛みを感じなかったのですが、膝の痛みはすごかったですね。
意に反して突然パワーが効かなくなるって、すごく怖いものですよね。
長芯ヒール足袋にとって、裏ゴムのパワーや持続性は必須だと痛感しました。
背の高い人達に交じって普通に動くだけでも、背が低くて高いヒール芯に乗っている私にとっては、強力パワーで信頼できる裏ゴムじゃないと太刀打ちできない感じですもの。
背の高い人が羨ましく思いますが、今さらどうすることも出来ず、せめて着物を着ている時だけでも気持ち良く変身していたいですから、これからも裏ゴムの強化する工夫は続けたいと思います。
Posted by 奈美恵 at 2013年01月07日 20:51
奈美恵さん、

>強力パワーで信頼できる裏ゴムじゃないと太刀打ちできない感じ・・・

私も同じような感じです。
普段は見上げるような目線の相手にも、ユキロンに変身させてもらっている間だけは対等に接する事ができる気がします。
洋服でハイヒールの時は、なんだか変身してるという気分にはなっていない気がします。
靴は脱いじゃうと背が元に戻ってしまうのがわかっているからなのでしょうか。
ユキロンを装着していれば、お部屋の中でも背が高いままでいられるし、そのままの姿で自由自在に動き回れるのが素晴らしいと思います。
奈美恵さんのおっしゃるとおり、裏ゴムパワーのなせる業でしょうね。
市販のヒール足袋を履いてる人を見るとどこか不自然に見えますが、ユキロンはスポンジで足袋表面を補整してデジカメで自ら確認し、
他人に見られても不自然に見えないように工夫していて、ちょっと自信があります。
襦袢や着物の裾に重りを入れて、動いても容易に裾マクレしない工夫も最近やりました。
いくら自然な踵に見えるよう工夫したユキロンでも、秘密にしておきたい部分は、なるべく露わにならない方が安心できますもの。
素敵に変身できる最強秘密道具、手放せませんね。
Posted by ユキ at 2013年01月08日 19:31
>襦袢や着物の裾に重りを入れて・・・。

すごい工夫ですよね。私も是非やってみます。

一度、お出かけ先で、私の足元をずっと見てる人がいましたよ。
高く工夫したナミロンの外観が不自然にみえたのでしょうか、私の足の動きを観察されてる気がしました。
いくら隠そうとしても歩いてしまうと薄グレー色した裏ゴムが見えてしまうので、秘密がバレてしまいますよね。
薄グレー一色ならまだ良いのですが、強力パワーの源である模様が黒っぽく見えるので、秘密を守り通すのが不可能なのは重々承知の上で装着しているのですが、じろじろ見られたらやっぱり気分は良くないですね。
白く仕上がるゴムを試しても硬さを確保できずに、すぐ滑りそうになったり、床で擦られて、すぐに黒ずんでしまった事もありました。
私としては、少々派手に動き回っても汚れが目立たない薄グレーの裏ゴムがお気に入りでして、パワーと持続性のバランスがほどよく仕上がっています。
練習や、お出かけ前の着付けの時、薄グレーに黒っぽい模様の裏ゴムを見ると、ナミロンのパワーの強さを感じて安心しちゃいます。
たぶん、パワーを感じるからこそ、気持ち良く変身していられると思っています。
背丈の高さだけじゃなく、気分的な部分まで変身させてくれるのが最強秘密道具の魅力なのでしょうね。
Posted by 奈美恵 at 2013年01月09日 21:23
カバーの裏ゴム、ゴム質も模様の配置も一から作り直して、ようやく納得できるバランスの物に仕上がりました。
お部屋の中では絶対にカバーは装着しない!と自分に言い聞かせてゴム質を硬めになるように調合して、細かい模様と粗い模様を配置しました。
ここんところ、寒くて雪が少し積もっていたので、さっそく草履に雪を載せてカバーで挟むように履いてみました。
細かい模様だけだと、穴に雪が詰まったらキープ力が落ちてしまってたのですが、粗い模様がしっかりと助けてくれるせいか、以前より格段にキープ力が安定したみたいです。
大きくて粗い模様は、ゴム質を丈夫に仕上げておかないとすぐに割れたりヒビが入ってしまうようだったので、今まではテスト品を作っただけで、実際にお出かけには装着しませんでした。
それに、お部屋の中では硬いゴム質の裏ゴムが床にダメージを与えそうでしたので。
でも今回、屋外移動時の装着限定と割り切って硬めのゴム質にしちゃいました。
これで、もしユキロンがピンチになってもカバー装着で室内を歩けなくなっちゃいましたが、ユキロンの裏ゴムも、過去最強パワーモードだし、ちょっとやそっとではへこたれない自信がありますから。
Posted by ユキ at 2013年01月19日 17:15
屋外専用の超強力なカバーって素敵なアイデアですよね。
でも私の場合、ナミロンで変身中、無茶しすぎてしまうせいか、お出かけ中でも裏ゴムの調子を落としてしまうくらいダメージを与える事があって、
こっそりと化粧室に逃げ込んで調子の悪いナミロンにカバーを被せたりします。
本当はマナー上、外での移動時に使ってたカバーをお出かけ先の室内で再使用するのはダメな事かも知れませんが、
踵の高い長芯ヒール足袋を装着中だと、パワーが出せなくなるとすごく怖い思いをしちゃいますよね。
カバーを屋外移動専用にしちゃうと、ナミロンの裏ゴムが万が一の場合には不安に感じます。
屋外用のカバーとナミロンの保険用の予備カバーがあればよいと気づき、母に縫ってもらいたいと思っています。
Posted by 奈美恵 at 2013年01月21日 00:05
予備カバーのアイデア、すごく良いと思いますよ。
私も作ろうかとおもいました。
今あるユキカバーは、お出かけ用で、玄関に到着するまでの往路用に徹底強化して、少しマイルドなパワーに仕上げた相手先〜復路用の予備カバーがあれば頼もしいですよね。
というか、奈美恵さんが仰る保険用という位置づけのカバーが無いとユキロンの裏ゴムにトラブルが出た時に心配になります。
私も何度かお出かけ先のお部屋の中でユキカバーを再装着してしまった経験があります。
草履で外を歩いて来たからといって、必ずしもカバーが汚れてるって事は無いはずなのですが、日本人が昔から大切に守ってきたマナーに違反しちゃってますよね。
お世話係の時などは、お茶を出したり、後片付けをしたりと、けっこう水回りの仕事があって廊下が少し濡れていたりする事もあったので撥水加工をしたカバー装着は重宝してました。
忙しい時なんかは、廊下が濡れているとわかっていてもその上を歩いたりしてましたから、カバーの強力な裏ゴムパワーは心強かったです。
ふかふかのカーペットのお部屋なんかでもヒールのグラつきを抑えようとギュッっと踏ん張ってもパワーの強いカバーだと安心でしたね。
でも畳のお部屋になると、カバーの裏ゴムで引っ掻いたりしちゃうと大変なので、なるべく大人しくしていました。
カバー装着中は、畳の上が一番気を遣う場所ですね。
家の中でヒールの高いブーツを使ってる後ろめたさは畳の上が一番感じますよね。
今のユキロンより少しだけパワーに余裕を持たせたマイルドタイプのカバーを作りたいですね。
Posted by ユキ at 2013年01月22日 21:25
室内装着もOKなカバーをもう一つ持てるのがうれしくて、母に設計図みたいなのと素材の生地を渡しました。
ユキさんのようにご自分で縫える方が羨ましいです。
初代ナミカバーの使用経験から、
1、つま先や踵のファスナー部分の縫い方を細かく丈夫に仕上げる事。
2、底パーツはフェルト生地を帆布で上下から挟む構造にする事。
という条件を母に伝えました。
1、に関しては、ナミカバーで何度も補修を繰り返した弱点部分でしたから。
2、に関しては、裏ゴムのパワーが畳の上でも十分に伝わるようなクッション性を持たせたかったから。
という理由です。
足袋本体の丈はナミショートを包み込めるくらいの長さで、コハゼで置き換えると7〜8枚コハゼくらいにしたいですね。
ナミショートは最近ほとんど装着してないのですが、ナミロンを多用するのは、動いた時の安心感の違いでしょうね。
裏ゴムのパワーのおかげで、つい活発な動きをしてしまった時、裾のマクレを気にしちゃうのでロング丈の方が安心できるのです。
なので、カバーもナミロンを包み込めるくらいのロング丈に仕上げたいのですが、バッグの中に忍ばせておく性質上、あまりかさばるとたいへんなので必要最小限の長さにしました。
出来上がるのが楽しみです。
カバー本体が出来ないと、私担当のパワー加工も始まりませんから。
Posted by 奈美恵 at 2013年01月24日 23:38
私のユキカバー2は室内装着時の水回りの作業に特化した物に仕上げてみたいと考えています。
忙しいお世話係を引き受けた時でも長い時間に渡って平気で活動できるだけの裏ゴムパワーにしたいですね。
私の場合も専らユキロンの装着頻度が高くて、ユキショートの方は夏場までお蔵入りですから、カバーの丈は奈美恵さんと同様にショートより少し深い目くらいで考えています。
裏ゴムは、今のユキロンのパワー感と同レベルでも良いのですが、ユキロンより弱いとカバーを重ねる意味が薄れてしまうため、ゴム質をどう仕上げるか難しいですね。
過去にブレンドして作ったゴムのサンプルと、配合比率のレシピを見て、とことん拘りたいですね。
お世話係に熱中しちゃうと我を忘れて畳の上を早足したり、急ブレーキや急ターンもしてしまうので、パワー感は弱すぎず、強すぎずなところを狙わないと納得できません。
以前、お世話係の時、もう一人のお相手は普通の足袋だったのですが、すごくシャキシャキと作業されていて、私も負けじと動き回っていたのですが、無理がたたってユキロンの裏ゴムにかなりのダメージを与える結果となりました。
裏ゴムの付いたパワー足袋が普通の足袋に絶対負けるわけがないとタカをくくっていたのに、すごくショックでした。
なので、少々の無理が効く程度のパワー感だけは絶対に確保しておきたいですね。
Posted by ユキ at 2013年01月25日 20:45
母にたのんでいたカバーの本体が完成し、私担当の裏ゴム加工もやっと終わりました。
ナミロンやナミショートの裏ゴムより強力なパワーが出せて、なおかつ畳の上でも動き回れる裏ゴムに仕上げるのに、何度もやり直しがあったので、結構時間がかかりましたよ。
パワー足袋やカバーにとって裏ゴムの調整は一番大切なところなので、今回も妥協せず拘っちゃいました。
裏ゴムを取り付けたニューナミカバー、コハゼ7〜8枚分のハーフ丈で、ちょっぴりおすましな可愛い感じに見えます。
でも、ナミロンの上から装着すると、裏ゴムが新しいせいか、ナミロンをはるかにしのぐハイパワーです。
ゴムの硬さも念入りに調整してあるので畳の上ででも平気で動いていられます。
調子に乗って畳を引っ掻きそうになったのですが、傷める事はありませんでした。
早足も急ブレーキも難なくこなせましたよ。
でも、サイズが少し大きめで、急ブレーキの時ブカブカして脱げそうな感じでした。
母にたのんで寸法を少し詰めてもらう事にしました。
ナミロンの上にカバーを装着してイスに座り、床に座った母の膝に足を載せての寸法調整でしたが、強力な裏ゴムを載せるのって、少し申し訳ない複雑な気持ちでしたよ。
待ち針で寸法を詰めて、カバーを脱ぎ、母の縫い直しが終わりました。
再度、急ブレーキテストすると、今度はブカブカしない分、ダイレクトにパワーが出せる感じでした。
早足のスピードも、パワーがしっかり伝えられるようになると、ちょっぴり速くても安定性が高くて安心でした。
パワーの強さは、屋外用ナミカバーとナミロン、ナミショートの中間くらいなので、
屋外用ナミカバーを無理矢理室内で装着した時のように強力パワーを遠慮して動けないなんて事もなくて、使い勝手は上々の仕上がりです。
お出かけ本番で、強力パワーを試すの、すごく楽しみにしています。
Posted by 奈美恵 at 2013年02月18日 20:37
私の室内装着用カバー、やっと完成しました。
裏ゴム加工の段階で、思い通りの硬さのゴム質を作るのに苦労して、何度もやり直していました。
経験上、一度固まった裏ゴムの上に塗り重ねるやり方だと重ね塗りのゴムだけがペロンと剥がれる可能性があったので、
納得のいかない硬さになった裏ゴムは、足袋カバー本体の帆布底が見えるまでゴムを削り落とさないといけません。
パワーヒール足袋にとって命とも言えるほど大切な裏ゴムですから、私もかなり拘ってみました。
ユキロン以上ユキカバー未満のパワーを出してくれるまで4〜5回は塗り直したと思います。
畳の上でも動けるように、程々のパワーにしておこうと思ったのですが、毎年恒例になってしまった、ブルーシートのお花見が控えているので、
ユキカバーに近い強さの裏ゴムになっちゃいました。
もし、ブルーシートの上でお世話係がまわってきてもパワーに余裕があるので引き受けられそうです。
それにしても、なぜ毎年ブルーシートでお花見なのか考えちゃいます。
全員着物姿なのに、雰囲気とブルーシートはアンマッチですよね。
私は厚くて硬い長芯に足裏をガードされてるから平気ですが、普通の足袋の人は地面の凹凸で大変なのに。
Posted by ユキ at 2013年02月28日 07:26
お花見の事まで視野に入れてパワーアップさせるなんて、ユキさんらしくて良いですね。
はじめてブルーシート上のお花見デビューした日の事を思い出しちゃいます。
デビューまでに何度も練習を重ねていたのに、いざナミロンの裏ゴムで第一歩目をブルーシートに乗せる瞬間はすごく緊張していたと思います。
二、三歩あるいて、いつもとパワーの感じが変わらないのを確認して、ようやく緊張から解放されたような始末でした。
オチビサンな奈美恵が素敵に変身していられる高いヒール芯が、いつもどこかでハンディキャップを背負ってるように感じていましたが、
あの時ばかりは、強力な裏ゴムのおかげでブルーシートの上でも不安なく支えてくれているんだって、優越感に変わりましたもの。
さらに、シートの下に木の根っこや石が出っ張っていそうなところにわざと立って、長芯ヒール芯にだけ許された足底のガード性も確認しましたね。
普段とは違った床面でも安心して動けて、たとえ凸凹していても足底を保護してくれてるなんて素敵なヒール足袋の事をハンディキャップだなんて思っていたらバチがあたりますよね。
ユキさんには、ぜひ、ブルーシートの上で、お世話係に立候補していただきたいですね。
畳の上のように気兼ねしないで、強力パワー使い放題で動き回れると思いますので、全然大丈夫と思いますよ。
Posted by 奈美恵 at 2013年02月28日 14:25
ブルーシートお花見のお世話係、引き受けてみたいですね。
それまでに室内装着用カバーの耐久性を確認しておきたいと思っています。
瞬間的なパワーは屋外用ユキカバーに匹敵する仕上がりなのですが、長時間忙しく動き回っていられるのか知っておかないと心配です。
耐久性さえ長持ちできれば、今度は普通の足袋の人には負けない自信があります。
何せ、凹凸のあるブルーシートの上を動き回るのですから、硬い長芯ヒールのガード性は強い味方ですもの。
小さいなりにも庭があるので、ブルーシートを買ってきて練習したいと思っています。
桜の花が咲くまでに完璧なカバーに仕上げて、私自身も、完璧に強力パワーの操作をマスターしていかないといけませんね。
打ち込みだすと熱くなっちゃうヒール足袋って、やっぱり最強秘密道具なんですよね。
Posted by ユキ at 2013年03月02日 20:44
お花見対策のブルーシート、DIYのお店で買っちゃいました。
大きさは畳6畳分くらいで、なんとか庭に広げられました。
敷地内の庭といっても、人目があるので、練習時は、普段の洋服+ヒール足袋姿だと変かな?と思い、着物も本番同様に着付けました。
さらに、一人だとおかしいかと思って、友人も無理に着物を着てもらって一緒に練習に誘っちゃいました。
ユキロンやユキカバーを強化すると、友人のヒール足袋やカバーも必ず同様に改良してきたので、パワーの強さや操作性もほとんど同じ状態です。
去年までのユキロンだと、年に一回のブルーシートお花見で、一年ぶりにシートに乗った時には、パワーがグズるような不安感があったのですが、
今年初めてブルーシートに乗ったにも関わらず、しっかりとパワーが出せる感じでした。
友人も、去年のパワーと全然違うので、びっくりした様子でしたよ。
さらに、この前作った室内用カバーを重ねると私自身も戸惑う程のパワーが感じられました。
早足程度では物足りなくて、シートのの端から小走りでスタートして反対側の端で超急ブレーキを使ったり、パワーに余裕があると何でもできちゃう気持ち良さを感じました。
これだけの動きなら、お世話係でも大丈夫そうです。
今年は、お花見のお世話係、友人と二人で引き受けちゃおうって思ってます。
Posted by ユキ at 2013年03月14日 01:16
昼間、暖かかったので、ユキさんに刺激されて私もビニールシートを庭に広げましたよ。
もちろん、ナミロンやニューナミカバーの完成度チェック、ナミカバーのパワーがキープできているかをチェックしました。
砂利の上から木の根っこにかけて敷いて、わざとコンディションの悪そうなシートにしました。
まず、ナミロンのみ装着してビニールシートの砂利の上に乗ってみました。
私の体重で砂利が沈み込む感じでしたが、裏ゴムのパワーを強化している分しっかりと踏ん張っていられるせいか、グラつきの怖さを感じませんでした。
木の根っこの上に乗ってみました。
やはり、長芯ヒールで足の裏全体がガードされていると、根っこの出っ張りの上でも全然大丈夫ですね。
次に、砂利とは反対側の端っこから早足して、砂利の上で急ブレーキしましたが、カバーなしのナミロン単体でも余裕で止まれちゃいました。
ユキさんと同じく、小走り&超急ブレーキも試しましたよ。
早足よりスピードが速いのにしっかりと思い通りに止まれます。
上からニューナミカバーを装着して同じ内容をリピートしましたが、ナミロンよりパワーに余裕がある分、平気で動けました。
最後はナミカバー。
作ってからだいぶんと時間が経っていて、最近はあまり使っていなかった事もあって、裏ゴムが硬くなっていないか心配でしたが、
手でさわった感じでは大丈夫だったので、パワーを試してみました。
裏ゴムのパワーと信頼度を表すと、ナミロン>ニュウナミカバー>ナミカバーの順に大きく設定しているので、かなりの余裕が感じられました。
畳の上では装着しない方がいいと思うくらい強力パワーでした。
秘密道具あらため、超最強秘密道具と呼んでもいいくらい、ますます手放せないものとなりましたよ。
Posted by 奈美恵 at 2013年03月15日 22:04
超最強秘密道具って、素敵な呼び方ですね。
ブルーシートの上をドタバタと動き回ってみて、裏ゴムの耐久性も大丈夫な事が確認できたので、
今度のお世話係は、自分から引き受けようと思います。
前回、普通の足袋の人に負けじと無理をしてしまって、大切な裏ゴムを傷めてしまってパワーが出せなくなり悔しい思いをしたので、
今度は室内用カバーの強力パワーでリベンジしたいですね。
畳の上と違って、ブルーシートの上なら気兼ねなく強力パワーを使い切れる気がしていて、かなり自信があります。
シートの下の地面が砂利や木の根っこでデコボコしている所でも足裏は硬いヒール芯がガードしてくれているので絶対有利ですもの。
あとは、足首テープが緩んでこないように新品と交換して万全の体制で臨みたいと思います。
Posted by ユキ at 2013年03月18日 19:37
お世話係での、お花見に参加してきました。
少し寒かったせいか、ブルーシートも冷えていた感じで裏ゴムのパワーが思うように使えず大ピンチでしたよ。
練習の時はすごく調子良く動き回れていたのに本番では全然ダメで凹んでしまいました。
ほんの少し肌寒かっただけなのに裏ゴムが硬くなってしまったようで、想定外のトラブルでした。
それでも、お世話係として迷惑を掛けるわけにはいかないので、踵を浮かせるように持ち上げ、つま先の裏ゴムに体重を集中させてパワーを絞り出して動きました。
2〜3時間の間、ずっとつま先の圧力を使って動いていたので、足の疲れが酷かったです。
それより、裏ゴムのダメージ度もすごかったです。
つま先側の裏ゴムだけ擦られて擦り減ったり割れたり大変な事になってたのです。
やっぱり、まだ工夫が足りなかったみたいです。
どんな状況でも平気な裏ゴムを工夫していきたいですね。
Posted by ユキ at 2013年04月02日 18:40
せっかくのブルーシートお世話係デビューだったのに大ピンチだったなんて、心中お察しします。
もしも、私自身に置き換えた場合、不安定なシートの上でパワーが使えないなんて、想像しただけでゾッとします。
新型カバーでピンチになったら、早々に諦めて最強パワーの屋外用カバーに助けを求めてるかも知れませんね。
それにしても、裏ゴムにダメージを受けてまでもお世話係の職務を全うしてしまうユキさんの責任感の強さに感動しました。
私だったら、そこまでできるのだろうか?って考えただけで顔が赤くなっちゃいます。
こうなったら、マナーとかは二の次で、もっとダメージに強い裏ゴムに仕上げても良いのではないでしょうか?
パワーヒール足袋ってだけで特別な存在なのですから、とことん特別になっちゃってもいいと思います。
Posted by 奈美恵 at 2013年04月04日 13:39
ブルーシートの上で新しいカバーがうまくいかなくて大失態をしでかしてしまってから一ヶ月、
はがれた裏ゴムも補修せず、カバーもユキロンもほったらかしにしていました。
高さに工夫を加えた長芯ヒールにとって、要ともいえる裏ゴムが無残にもはがれてしまったカバーの姿を見るのも辛かったのです。
わざと、ほったらかしにしていても、ふと、何かの拍子に見てしまうと、傷んだ裏ゴムがすごく痛々しい感じでした。
ユキロンやお出かけ用カバーまで傷めてしまったらどうしようって気持ちで、一ヶ月間全然装着せずにすごしてきました。
一ヶ月ぶりに恋しくなって練習再開のためにユキロンを装着してみました。
お化粧台のイスで装着して立ち上がる時、少しグラついてしまって、立つのがやっとでした。
一ヶ月サボっただけで、初装着した数年前のような気持ちになっちゃいました。
でも、お部屋の中でパンプスやブーツを履いたような背の高さで立っていられるのは、やっぱり気持ち良くて、新鮮ですね。
徐々に練習していかないとダメなようで、今日はゆっくり歩くだけ。
明日から、早足やブレーキが出来るようにしていきたいです。
急ブレーキは、裏ゴムに負担をかけてしまうので、勘が戻るまでは封印です。
Posted by ユキ at 2013年05月06日 21:44
ユキさん、
早く感覚が戻ると良いですね。
しばらく装着練習していないと急ブレーキが恐い気持ち、わかります。
早足とか機敏に動きたい時、踵を浮かせて爪先の裏ゴムパワーで動きますが、
急ブレーキの時って、足袋の裏全体を使って踏ん張らないと上手く止まれませものね。
いくらパワーの強い裏ゴムでも、操作ミスしちゃうと失敗しそうになります。
数年前、ヒール足袋を装着し始めの頃は、急ブレーキの練習ばかり時間を使ってたような記憶があります。
納得できる急ブレーキが成功した時は、ほんと、感動ものでした。
さらに、畳の上でも成功できた時の嬉しい気持ちは忘れられません。
畳の上で自由にパワーが使えるのって、気持ちいいですよね。
『このナミロンは、変身した私にしか使いこなせないわよ!』
って気持ちなのでしょうか。
背が小さいコンプレックスを払拭してくれる優越感が最高ですよね。
Posted by 奈美恵 at 2013年05月08日 19:02
奈美恵さん、励まして下さって、ありがとうございます。
今日から急ブレーキの練習をやる事にしたのですが、やっぱり恐怖感があって上手く止まれませんでした。
ヒールが高い分、ギュッっと踏ん張ると、前につんのめる感じになってしまいました。
つい一ヶ月前までは平気で出来てたのに、サボっていた間に上手く出来なくなって、少し凹んじゃいました。
つんのめらないように、後ろ側に体重を掛けようとしても、早足の時の爪先側から後ろ側に乗り換えるタイミングが微妙で、
廊下の上を擦る裏ゴムの音ばかりが聞こえてきます。
ユキロンの裏ゴムなら絶対止まれていたはずなのに、思い通りのポイントをオーバーして滑るように壁に当たってしまったり。
爪先ポケットの中のスポンジがあるので、足先を壁に打ち付けても痛くはありませんでしたが、恐いのは恐いですね。
結局、数十回試して、成功したのは二回だけというありさまでした。
こんな事では、当分お出かけは無理のようです。
Posted by ユキ at 2013年05月09日 19:28
ユキさん、焦らずに少しずつ練習してください。
廊下と裏ゴムが擦れてるって事は、裏ゴムへのダメージも大きくなるかも知れませんから。
ユキロンまで壊れてしまったら大変ですものね。
裏ゴムが知らないうちに汚れてたりして急ブレーキが効きにくい事もあるようです。
あくまでも私のナミロンの場合なのですが、洗剤で裏ゴムの汚れを取ってあげて、
模様の穴の奥に溜まった小さいゴミを爪楊枝で取ってあげたりするだけでも、
さっきまでとは格段にフィーリングが変わったりしますよ。

焦らずがんばってみてくださいね。
Posted by 奈美恵 at 2013年05月10日 12:40
奈美恵さんのコメントを見て、仰るようにユキロンの裏ゴムを徹底的にメンテナンスしてみましたよ。
普通の白足袋だったら、底の汚れが目立ってしまうのですが、薄グレーの裏ゴムは目立たない分、ひどく汚れていたみたいです。
洗剤で拭き取ると、タオルが真っ黒になっちゃうくらい汚れてたみたいで、恥ずかしくなってきました。
手で触った感じが全然違いました。
拭き取るまでは、カサカサしていた表面が、きれいになるとしっとりプニュプニュした感じになりましたよ。
模様の穴も一個一個爪楊枝でゴミを取り除きました。
穴が完全にゴミでふさがってる箇所も何十ヶ所もありました。
ユキロン一足、右左をやるのに2時間半かかりました。
これで、強力パワーが復活したと信じて、急ブレーキしてみましたよ。
メンテナンス後、一回目は滑りそうになってドキッっとさせられたのですが、
二回目、三回目は連続でしっかりと止まれるようになりましたよ。
失敗の回数が減って、信頼性が上がったみたいで、とても嬉しかったです。
奈美恵さんのアドバイスに救われました。
ありがとうございました。
Posted by ユキ at 2013年05月10日 17:52
ユキさんの影響でヒール足袋の愛好家になったのに、
私がアドバイスするなんて、逆に恐縮しちゃいます。(笑)
私は、お出かけから戻ると、疲れていてもその日の内に裏ゴムをきれいにするように心がけています。
お出かけ前の最終点検では何ともなかったのに、帰宅後の点検ですごく汚れていたり、模様が割れかけていたりしますね。
でも、お出かけ先で室内用のニューナミカバーを装着するようになってからはナミロンの裏ゴムへの負担が軽くなって、
ちょっとやそっとの無理な動作なら、ニューナミカバーだとへっちゃらみたいなので、
補修の手間はかなり減ったのではないでしょうか。
そろそろ夏にそなえてレース生地のナミハーフも点検しようと思っています。
秋〜春まで装着せずにしまってあったので、裏ゴムが硬くなってると困りますから。
Posted by 奈美恵 at 2013年05月11日 15:21
奈美恵さんが私の影響でパワーヒール足袋の愛好家になられたんだとしても、過去のコメントを見ているかぎり、ヒール足袋への情熱の深さは私なんかより強いと感じられますもの。
私は少しの失敗でも凹みやすい性格なのですが、奈美恵さんは失敗されたとしても、新しい工夫を加えて乗り越える前向きさが伝わって来ますよ。
ニューナミカバーも成功されてますし、夏用のレース生地のハーフ丈もすごいと思います。
私もレース生地の専用足袋を作ろうかと考えています。
ハーフ丈っていうところが夏にぴったりだと思います。
ほとんど装着していないユキショートでは、どこか心細くて、暑い夏にユキロンの重装備も大変なので、真ん中のハーフ丈が欲しくなりました。
カジュアルなお出かけや浴衣姿の時、足元がレース生地だと、良いアクセントになりそう。
アクセントになりすぎて、秘密の裏ゴムやヒール芯を内蔵している事に注目されちゃうのも困りますが、冒険的で気持ち良さそうですよね。
裏ゴムは見られたらどうすることもできないので諦めますが、外見からヒール芯の段付きなんかが絶対にわからないような補整スポンジとか、しっかり工夫したいですね。
Posted by ユキ at 2013年05月14日 12:04
たしかに、裏ゴムを見られてしまうのは、私も諦めていますね。
真っ白なゴムに仕上げるのは難しくて、ナミロンもカバーも薄い灰色をしています。
なので、人前で足袋の秘密を守り通せないのなら、ほかの部分でなるべく自然に見せるように工夫しちゃいますよね。
爪先のガード性を上げたくて、ポケットを厚い生地で作っているので、甲の部分と段差ができないようにスポンジを裏打ちして調整してあります。
足首テープと重なる部分はスポンジを薄くしているので、鏡に映したりデジカメで撮影した画像を見てもヒール芯の秘密は見破られない自信があります。
私自身としては、裏ゴムの色を見ると、『変身してる』って実感するので、白よりは灰色の方が特別感があって好きなのですが。
Posted by 奈美恵 at 2013年05月18日 07:26
レースのユキハーフ、レース素材の下地になるハーフ丈の足袋だけ出来上がりました。
やはりヒール芯に付けた爪先ポケットや足首テープを覆い隠せないと、秘密が守れないので、レースと布の二重構造でないと装着できませんよね。
あとは、レース生地を裁断して足袋を作って被せるだけです。
ハーフ丈と言っても、膝下ギリギリまであるユキロンのロング丈に対して八分丈ほどの長さで作りました。
やっぱり短かすぎると、ちょっぴり心細い気がして、暑さを我慢してでも安心感のある丈にしました。
Posted by ユキ at 2013年05月20日 21:49
レースのヒール専用足袋って、どうしても二重構造にしないといけませんよね。
私の場合は、アイデアを母に伝えただけで縫っていませんが、下地とレースの表地の二枚も縫うのは大変なのでしょうね。
母にいろいろと注文をつけて、かなり大変な作業になったと、思っています。
下地に表地を重ねただけでは、装着中にずれるかも知れないので、数十ヶ所で固定してもらっていたり、
裏ゴムを加工する土台の帆布とレースが綻びないように二回縫いで強度を上げてもらいました。
なので、裏ゴムのパワーを使っての早足や、急ブレーキの時、足袋が引っ張られたり、引きずられたりしていても大丈夫のようです。
最初の頃のナミロンは、数回のお出かけで綻びが出たりして、何度か母に修理してもらっていました。
そんな経験を踏まえているので、ナミカバーやレース足袋の強度には、かなり自信があります。
Posted by 奈美恵 at 2013年05月28日 08:05
レースのユキハーフ、やっと裏ゴムや補整スポンジの取り付け加工がおわりました。
裏ゴムの模様は、いちばん信頼性の高いユキロンの模様と同じ配置にしたのですが、液体ゴムの微妙なブレンドの違いのせいでしょうか、
ユキロンの裏ゴムより硬めな仕上がりになりました。
でも、テスト装着してみると、硬い裏ゴムなのにすごいパワーのように思えました。
模様が新しいせいでもあると思われますが、硬くてもパワーが強いという事は、すり減ったり割れたりの心配をせずに動いていられそうなので、
使い勝手はすごく良いと思われます。
ハーフ丈の長さの感じも、ちょうど良い感じでした。
鏡に装着した姿を映してみると、ユキロンよりほんの数センチ短いだけなのに、すごく軽快なイメージに見えました。
人前では、専用足袋の上の方まで裾がまくれる事なんて絶対にありえませんが、階段とか乗り物の乗り降りの時の事を考えると安心度が違います。
入念にテスト装着して、悪い所を洗い出して、お出かけ本番で失敗がないように仕上げていきたいと思います。
Posted by ユキ at 2013年06月06日 00:03
この間、浴衣にレースのユキハーフを装着してお出かけしてきましたよ。
いつもは草履なのですが、今回は下駄に合わせてみました。
下駄には苦い経験があって、以前、浴衣に素足で下駄を履いて出かけたら、鼻緒がこすれて指股が腫れ上がってしまったのです。
でも、今回はユキハーフと内蔵の爪先ポケットのおかげで、長時間歩き回っても全然なんともありませんでした。
それに、ここ数年、着物姿の時は必ずパワーヒール足袋を装着していたので、今思えば、素足だとすごく心細く感じます。
ヒール芯固定用の足首テープの痛みを和らげる為のタイツも必需品なので、いくら夕方の気温が下がった時間帯でも、足元は汗だくでした。
そんな苦労をしながらでも、パワーヒール足袋の安心感と優越感が優ってしまう気がしちゃいます。
浴衣の着付けで悩んだのが、裾丈の長さでした。
素足だと大胆に短めに着付けて涼しさを出せるのでしょうけれど、重装備のヒール足袋を合わせるとなれば長めに着付けてしまいます。
でも、普段の着物の丈よりは、気持ち程度短くしちゃいましたよ。
レースの表面が、内蔵のヒール芯の段差をぼかしてくれて、さらには補整スポンジも重ねているので、見られてもヒールには気付かれないと思います。
総合すると、鼻緒ずれのトラウマから解放されたまま動き回れたのがとても気分よく感じました。
パワーヒール足袋の行動力の高さをあらためて実感できましたよ。
Posted by ユキ at 2013年07月19日 10:09
新しいレースの足袋でお出かけ、成功だったみたいでなによりです。
私の場合も、涼しさの象徴のような浴衣姿でも、素足で出かけるのには抵抗を感じるようになりました。
パワーヒール足袋の安心感を感じていないと、落ち着かないのだと思います。
実際、素足で下駄を履いていて私も鼻緒ずれに悩まされた事がありましたから、
パワーヒール足袋の爪先ポケットがしっかりガードしていてくれるとすごく安心ですね。
ただ、下駄の裏側って、草履のように平らじゃなくて前が上がってる分、前後に揺れる事が踵の高いヒール足袋にとってはブレやすくて怖い時があります。
下駄が揺れた時、ヒール芯がブレそうになって足首のマジックテープが足袋の中で弾けてしまった苦い経験があります。
それからは、怖い思いをしたくないので、下駄に合わせる時はテープを新しく交換する事にしています。
Posted by 奈美恵 at 2013年07月21日 19:29
たしかに、前後にゆれる下駄の上では足首テープに負担が掛かってたみたいです。
お出かけ前にタイツの上にきつめに締めつけていたのに、家に帰ってみたらいつものユキロンと草履でのお出かけ後よりゆるゆるになってしまってました。
レースと布地の二重生地で作った専用足袋がマジックテープを押さてくれていたので、テープが外れなかった様子でした。
布地だけのユキロンや、丈の短いユキショートだったら確実にテープは外れていたのかも?って思うと、紙一重でセーフだったみたいですね。
以前、友達と調子に乗って、裏ゴムのパワーにものを言わせて動き回っていたら、突然テープが外れてしまって、
さっきまでとは打って変わって動きづらくなり、すごくみじめな思いをした経験があります。
今思えば、普段は裏ゴムやヒール芯の事に気付かれやしないかと警戒した動作なのに、ちょっぴりお酒で盛り上がって、はしたない感じでした。すごく恥ずかしいです。
Posted by ユキ at 2013年07月22日 20:34
私は、ヒール足袋装着中はお酒を飲まないようにしています。
別段、お酒に強いわけでも弱いわけでもないのですが、アルコール分が入るとヒール芯のグラつき上手くコントロールできなくなるようです。
まるで、自動車の運転のようですね。(笑)
一度、ナミロン装着をしてお出かけ先でお酒をよばれたのですが、普通に立つのも大変なくらいグラついてしまって。
3cm程の高さの市販ヒール芯だと大丈夫なのかも知れませんが、ヒールの高さを加工してると、いくら足首テープで固定していても危険じゃないでしょうか。
それからは、ヒール足袋装着中は絶対お酒を頂かないようにしています。
そういう点では、普通に背丈がある人とくらべて、ヒール芯で背伸びしている私はハンディキャップを背負ってるのですね。
なので、いつかは、お酒を飲んでも大丈夫なくらい安定性の高いヒール足袋に仕上げたいですね。
Posted by 奈美恵 at 2013年07月24日 19:48
お酒での失敗、今思い出しても、すごく恥ずかしいです。(汗)
あれからは、二度と失敗したくないので、ヒール足袋装着時はお酒を飲まないように心がけています。
やっぱりヒール足袋って、特別な台に乗って歩いてる感じは否定できませんよね。
市販のヒール芯が安全性を考慮して3〜4cmの高さで作られているのに、私は、それを高くなるように改造しちゃってるのですから・・・。
でも、すでに市販の3cmの高さでは満足できないのも事実です。
裏ゴムパワーのおかげで高い改造ヒールでも動けるし、そのための練習も重ねてきたのですから。
お酒が入ると、練習どおりの操作ができないのが失敗の原因ですから、奈美恵さんの仰るように、自動車と同じなのかも。
自分がみじめな思いをするだけならいいのですが、よろめいて他人の足を踏んづけたりしたらと思うと、ゾッっとします。
Posted by ユキ at 2013年07月25日 09:30
以前、ナミロン装着中に人が多くて、近くに立っている人に足を踏まれてしまった事がありました。
普通の足袋(ほとんどの方がそうだと思いますが)をお召しだったのと、ナミロンの足先周りには爪先ポケットやら、補整スポンジやらで外見からは想像できない重装備になってるので全然平気でした。
でも逆の立場を考えると、硬いヒール芯の底に模様を刻んだ裏ゴムが付いたナミロンで他人様の足を踏んだりしたら、大変な事になるでしょうね。
加工し始めの頃の裏ゴムって、そんなに模様も刻んでないシンプルな構造だったのですが、パワーの弱さに不安がありました。
練習しては改良を加えるうちにどんどんエスカレートしちゃって、今では、かなりハードな印象になっています。
お座敷の中で、裏にゴムの付いた足袋を使うなんて、本当は非常識でマナー違反なのかも知れませんが、オチビサン奈美恵としては、高いヒール芯でも自由に動き回っていたいんですもの。
暇があれば裏ゴムをパワーアップさせる事ばかり企んでいますね。
Posted by 奈美恵 at 2013年07月28日 12:35
町内の盆踊りに出かけてみましたよ。
もちろん浴衣にヒール足袋を合わせて挑みました。
今年は盆踊りに挑戦しようと思ってから、庭で少し練習していました。
高い下駄の上に高いヒール足袋を装着するので、昔に踊った感じとは違っていて戸惑いました。
いくらキープ力の強い裏ゴムを持ってしても、下駄の上ではフラついて上手く踊れませんでした。
足首テープを固定力の強い新品に交換してなんとか踊れるようになりました。
本番にそなえてあれこれ工夫する感じがとても好きです。
本番の着付けの前に、手や首筋に虫除けスプレーをかけて万全の体制にしました。
夕方でも蒸し暑いのに、ヒール足袋装着のためにはタイツも必須なので足元は汗だくでした。
以前、素足の時、足元に虫除けスプレーするのをうっかり忘れて散々な目にあったので、その点ではタイツのガード性は有利でした。
練習の成果が出て、本番ではしっかり踊れてホッっとしました。
Posted by ユキ at 2013年08月14日 12:19
私は盆踊りに出たことはありませんが、浴衣で親戚の子と夜店に出かけました。
仰るように、虫刺され対策としての足元のタイツは、かなり頼もしい存在ですよね。
私はタイツ装着でも平気だったのですが、親戚の子は夏場のパワーヒール足袋装着がはじめてだったので、とても暑がってました。
親戚の子も浴衣や小物を持参して私と二人で着付けたので、タイツを履くか履かないかで、迷っていました。
でも、足首テープを締める痛みを和らげる為と、虫刺され防止のために履く事をすすめました。
冷房の効いた部屋で着付けが終わった時までは良かったのですが、外を歩いてる途中でタイツの中が汗だくになった様子でした。
もしタイツ無しだったら、テープが食い込む痛さで、汗だくよりももっとピンチになる事を言い聞かせてました。
結果的には、家に帰り着くまでの時間、足首テープが緩む事がなく、タイツを装着して行って良かった事を納得してくれました。
Posted by 奈美恵 at 2013年08月30日 07:57
パワーヒール足袋装着時は、必ずタイツも装着していないと安心できない気がしますね。
暑さに関しては、夏場に和装する時点で、首から下の他人から見えない部分は暑くて仕方なくても、顔には汗をかかなくなったようです。
人前では『シャン』としていなきゃ!って思う気持ちがそうさせてるような気がします。
大がかりな重装備ですらりとした体型の変身を楽しんでいるのに、人前で失敗したり、秘密がバレちゃうのって、すごく悔しいですから。
着付けの途中で、長襦袢を付ける前の姿を鏡で見ると、『今日も素敵に変身させていてね』ってつぶやきそうになるくらい気持ちが高ぶってしまいます。
下着とタイツとパワー足袋だけの、他人には絶対見せられない姿ですが、私はとても気に入ってたりします。
Posted by ユキ at 2013年08月31日 14:52
この前、親戚の子と二人で着付け中、お互いの専用足袋の仕上がり具合が気になったので、とりかえっこしました。
さいわい足のサイズは二人ともほぼ同じだったので、キツい事もブカブカな事もありませんでした。
ヒール芯本体の工夫は、私のと変わらない構造なのですが、専用足袋を被せて立った時の裏ゴムのパワー感が私のとは違ってました。
内底全体に滑り止めシートが貼ってあって、ヒール芯と専用足袋がピッタリ密着する感じでブレ感がほとんどありませんでした。
親戚の子に比べてヒール足袋の先輩としては、『やられたぁ・・・』って感じ。
裏ゴムの接地面にも工夫がありました。
模様を押し付けた穴にシリコンゴムを流し込んで膨らみを付けたというのです。
見ると、薄グレーの裏ゴムに白いシリコンの玉が並んでいました。
パワーの強さに圧倒されちゃうほどでしたよ。
廊下での早足&急ブレーキは難なくこなせるし、それでいて畳にも優しい感じでパワーを遣える感じでした。
どうすればパワーが効かなくなるのか試してみたくなり、雑巾掛けで廊下を濡らせる最悪の床コンディションを試す事にしました。
親戚の子は自信満々に『おばちゃん、たぶん大丈夫。ブレたりしないはずだよ・・』って言ってました。
足の力がヒール芯を通して裏ゴムにダイレクトに伝わるためでしょうか、ブレたり滑ったりしませんでした。
ナミロンのパワーでは太刀打ちできません。完敗って感じ。
こうなれば、ナミロンやレース足袋の裏ゴムにもシリコン玉を採用します。
強敵の出現に、益々工夫する意欲が湧いちゃいました。
Posted by 奈美恵 at 2013年09月17日 20:35
裏ゴムのパワーアップ法をいろいろと工夫してきたのですが、模様を窪みから突起にする事だけはなかなか思い切れませんでした。
畳の上で裏がゴムで出来た足袋を装着して動き回る事に後ろめたさを感じていた経緯もあって、
控えめに窪み模様にこだわっていました。
突起にしてパワーアップさせたかったのですが、畳を引っ掻いて傷めてしまう事を想像すると、どうしても踏み切れませんでした。
でも、奈美恵さんの感想は、『畳にも優しい感じ・・・』
少し安心しちゃいました。
シリコンゴムって、柔らかい性質なのでしょうか?突起模様の裏ゴムでも畳に優しい感じなら、私も是非チャレンジしたいです。
パワーが強くて、畳に優しいとなれば、パワーヒール足袋にとって良い事ばかりなんですもの。
すらりと変身する為に、常に、ブレやグラつきを気にしながらハンデを背負ってる者にとって、裏ゴムのパワーは、いくら強くても困らない存在なんですもの。
お部屋の中で、高いヒールを装着しているのに自然に動けて、時には活発な動きだって平気だって事は、どんなに素晴らしい事なんでしょう。
私も、ユキロンにシリコン突起模様を加工したいと思います。
Posted by ユキ at 2013年09月18日 21:51
早速、裏ゴムの模様の穴にシリコンゴムを流し込みました。
もうすぐ秋なので、着物でのお出かけも増えるでしょうし、大活躍しそうなナミロンから加工しましたよ。
なんとかふくらみを付け終ってゴムが乾くまでの間が待ち遠しくて、
パワーヒール足袋で絶対ピンチになりそうな床を想定して、廊下に新しいワックスを掛けてみました。
ヒール芯無しの普通の布底足袋でも滑っちゃいそうな危険な廊下になりましたよ。
ゴムもワックスもほぼ同時に乾き終ったのでナミロンを装着して、ドキドキワクワクしながら、まず歩いてみました。
和室から廊下までの数歩でも、昨日までのナミロンとは雲泥のパワー差を実感できます。
畳の上をこんなに強力なパワーで歩いても良いものかと、少しひいちゃうくらいでした。
いよいよワックステカテカの廊下に一歩踏み込みました。
今までのナミロンでも、お出かけ先のワックスのかかった廊下を何度もクリアしてきて、それなりに自信はありましたが、
ふくらみ模様だと『えっ!ウソォ!』って言葉が出そうなくらい粘り強いパワーです。
早足や急ブレーキは後回しにして、畳の和室に戻りました。
廊下での粘り強いパワーが、本当に畳の上でも違和感なく使えるのか確認したかったのです。
強力パワーなのに畳にも優しいのが信じられないくらいスムーズに動けます。
廊下より先に、畳の上で思いっきり急ブレーキしちゃいました。
一切ブレる事無く、しっかり止まれるし、それでいて畳の目が引き裂かれていませんでした。
廊下で、いつもより強く引っ掻くようにして早足ダッシュしましたが、ブレたり滑ったりせず、壁の手前ギリギリのところで強めの急ブレーキをかけてもブレずに思い通りに止まれました。
凄いパワーアップで感無量です。
ユキさんも是非加工してみて下さい。感動しますよ。
Posted by 奈美恵 at 2013年09月19日 20:35
『えっ!ウソォ!』っていう表現で、だいたい想像できましたよ。
今までの経験では、お出かけ本番で裏ゴムやテープがトラブって急に動きづらくなるピンチの時に『えっ!ウソォ!』ってなるケースの方が圧倒的に多くて、
パワーや履き心地の工夫が成功して感動の『えっ!ウソォ!』は少なかったので、すごく伝わってきちゃいます。
こうなれば、ユキロンの裏ゴムもふくらみ仕様で強化するしかありませんね。
今まででも、畳の上でゴムを付けた足袋で動き回っていて、自分では傷つけていないと信じていたのですが、
パワーと畳への優しさを両立させるのもパワーヒール足袋愛好家としての楽しみなんですよね。
最初の頃に、ヒールの高さにパワーが追い付いてなくて、お出かけ先では他の人たちと同じ行動がとりづらくて『もう少しパワーがあったら・・・』って辛い思いをしていました。
すらりとした姿に変身させてくれる高いヒール芯で自由に動き回りたい気持ちは、ずっと変わりません。
Posted by ユキ at 2013年09月20日 10:29
『えっ!ウソォ!』でわかってもらえて、うれしいです。(笑)
今までの工夫が何だったのか?って思えるくらいのパワーアップぶりを実感しちゃいましたから。
ワックスを掛け直した廊下でも自由自在に動いていられるのは、凄いことですもの。
高いヒール芯の上に乗っているのに、いつの間にか乗っている事を忘れるくらい自然に動けます。
初期の頃の裏ゴムだと、お出かけ先の廊下を歩くと、少しずつワックスが裏ゴムに着いちゃう感じでパワーを持続できにくい感じでした。
パワーアップの工夫をして気分良くお出かけしても帰り着く頃にはパワーダウンしてたりとか。
次に備えて点検してみると、裏ゴムの接地面にワックスの成分らしきものがいっぱい着いていたことも何度か。
でも、今回のシリコンのふくらみ部にはワックスが着かないようです。
って事は長時間お出かけしてもパワーは強いまま安定して動いていられると思います。
すらりと変身しながらでも、他の人たちに遅れを取らずに行動できるって素晴らしいと思います。
Posted by 奈美恵 at 2013年09月20日 18:34
私のユキロンも裏ゴムに刻んだ模様の穴にシリコンゴムを流し込んで、内側の底に新しい滑り止めシートを貼り直しました。
ヒール芯の裏側には薄いゴムシートでクッションを付け、その上に滑り止めシートを貼りました。
着付け中、ヒール芯を装着しただけの専用足袋を被せる前の状態でも、滑り止めシートのおかげで、他の用事を思い出した時なんかでも動きやすくする目的があります。
今まで、着付け中に他の用事を思い出してもパワーのある裏ゴム付きの専用足袋を装着するまでは、絶対にその場を離れないようにしていました。
専用足袋の裏ゴム程パワーに余裕があるわけではないのですが、ちょっとした用事ならヒール芯だけでも安心して動けるようになりましたよ。
シリコンが乾くまでにヒール芯の加工をしたので、そんなに待ち時間は長く感じませんでした。
いざ、シリコンの乾いた専用足袋を被せて立ちあがると、新しいシートのせいか、足裏の感覚がふんわりしていました。
シリコンのふくらみ模様、凄いパワーアップですね。
畳の和室で装着して、すぐに早足を試しちゃいました。
凄いパワーでブレないし、それでいて畳を引っ掻くような『ザクザク』っていう嫌な音がしませんでした。
急ブレーキをかけた時も、裏ゴムが前に滑らない分、『ザクッ』っていう音を立てずにしっかり止まれる感じです。
廊下では、床を濡らせる意味で、雑巾掛けにトライしました。
濡れた廊下でもパワーがしっかり使える感じです。
廊下が乾くまでに早足と急ブレーキを試しましたが、こんなに強いパワーは初体験です。
パワーを強めに調整しているユキカバーの裏ゴムより安定したパワーを感じる程でした。
次はユキカバーにもシリコン模様を付けようとしている欲張りな私。
お出かけ本番に備えてユキカバーも完璧ハイパワー仕様に加工しますよ。(笑)
Posted by ユキ at 2013年09月21日 20:04
言われてみると、ナミロンのパワーの方がナミカバーのパワーを超えちゃった感がありますね。
お出かけ先でナミロンのパワーに不安を感じた時なんかに応急的にバッグからカバーを取り出して装着していましたが、
畳の上ではパワー強すぎる感じがして、つい、畳の目を引っ掻いちゃったりすると、かえって思い通りに動いていられなくなったりしてました。
でも、カバーの裏ゴムにもシリコンのふくらみを加工すれば、ナミロンと同じか、それ以上のパワーを出せるかも知れませんね。
雨の日のお出かけは、基本、着物を着ない事にしてましたが、急な雨とかで、草履が濡れちゃうと、カバーの裏ゴムパワーが無いと不安ですから。
ナミロン以外の、カバーやナミショート、レース足袋の裏ゴムすべて、シリコン仕様に加工しちゃいますよ。
Posted by 奈美恵 at 2013年09月22日 11:03
やっぱり、パワーアップさせるなら専用足袋全部を加工してパワー感を揃えておいた方が安心だと思います。
夏場以外は、どうしてもロング丈のユキロン使っちゃうのですが、出番の無いショートもパワーアップ加工しておかないと、いざって時に装着したら、ブレたり滑りやすかったりして戸惑ってしまいますものね。
それにしても、シリコンのパワー感、すごいですよね。『やっと出会えた・・』って感じです。
奈美恵さんと親戚のお子さんに感謝しないといけませんね。
着物を着ていると活発な動きは制限されちゃうのですが、このパワーならどんな動きでも平気そうなくらい支えてくれますよね。
ショート丈だと軽快に動いていられそうですが、ロング丈+パワーアップ加工の裏ゴムの方が少々の裾のまくれも気にならなくて有利かも。
それでユキロンを多用してしまうのでしょうか。
装着しない時も、中にブーツスタンドを差して立てておくと、存在感がすごくて、その点でもロング丈のユキロンがお気に入りですね。
Posted by ユキ at 2013年09月24日 07:45
ユキさん、ブーツスタンドとは、考えましたね。
ロング丈だと、白いロングブーツを纏ってるようで、それで着付けの途中、嬉しくて鏡にむかってポーズしちゃうのでしょうか。
冬場、洋服の時に合わせるブーツを持ってはいますけど、派手がましくて白いロングブーツなんて手出しできませんので、色は黒か茶だけです。
和服の時は、足先以外裾の中に隠れてしまうので、襦袢を羽織る前の姿は、新鮮に感じてしまいます。
私は、装着してない時は畳むでもなし、立てておくでもなく片づけています。
ただ、大切に扱いたい裏ゴム部分だけは、絶対に丸めたり畳んだりしないよう気を付けています。
一度だけ、裏ゴムを折りたたんでしまっていたせいか、土踏まずの辺りでひび割れになりすごくピンチで嫌な思いをしました。
立てておくやり方、凄くいいと思います。
Posted by 奈美恵 at 2013年09月25日 09:06
一度、冬のお出かけの時、裏ゴムが真ん中でパックリ割れてしまった事がありました。
ヒール芯と裏ゴムの硬さが合わさって、足の裏は曲げづらいはずなのに、いつもよりも軽く曲がってしまうのが変だと気づいて見てみると、土踏まずのところで裏ゴムを塗っている土台に帆布が見えていました。
家を出てすぐに割れてしまったので、引き返してユキロンからユキショートに履き替えて出直したのですが、
寒い気温の中をショートで移動するのがとても辛かったのを覚えています。
暖かい家から寒い屋外に出た時の急な温度の変化でゴム質が硬くなってわれたのでしょうか。
暑い夏場にはゴムが溶けたようになって草履にくっついてしまったり。
今度のシリコンは、期待できそうですね。
温度変化や摩擦に強い性質が裏ゴムにとっては最適な気がします。
来春にむけて、ブルーシートの上にも乗ってテストしておきたいですね。
シリコンのパワーなら、ブルーシートの上でお世話係を引き受けても大丈夫そうですね。
Posted by ユキ at 2013年09月28日 19:50
シリコンゴムの膨らみ模様で強化したユキロンで、お世話係に立候補してみましたよ。
春の時は、お世話係の仕事に熱中しすぎて無理な動きを繰り返してしまい、裏ゴムにダメージを与えてしまったのですが、
今回のシリコンゴム強化ユキロンならビクともしませんでした。
過去最強とも言える裏ゴムを装着していると、忙しいお世話係の仕事に熱中していても全然平気でした。
畳の上だって事も忘れてしまって、強力パワーでギュッっと踏ん張ったり、素早くターンしたり、
動き回るというより、暴れ回っていたのに近い感じでした。(汗)
高さのあるヒール芯を装着しているのに、シリコンの強力パワーのおかげで安定性がすごく良くて、自由自在に動ける感じでとても気持ち良かったですね。
一日終わってみても、肉体的にも精神的にも疲れた感じがありませんでした。
奈美恵さんや親戚のお子さんのおかげですね。
Posted by ユキ at 2013年10月21日 16:13
ユキさん、お世話係成功されて良かったですね。
ユキさんのユキロンのパワーアップ度はどのくらいかっていうのは、ナミロンのパワーアップ度で理解できるので、動いていて気持ちが良いのもすごくわかります。
シリコン模様を加工する前でも、普通の布底足袋に比べたらハイパワーなはずなのに、
無理な動作の時に不意にグズる感じが出てしまったり、ブレが出たりして怖さを感じる事がありましたから、
それらをカバーしてくれるパワーの余裕があると安心して高いヒール芯で動き回れますよね。
背の低いオチビサン奈美恵にとしては、普通の背丈の人と合わせた行動をとるためには、どうしても裏ゴムのパワーが無いと太刀打ちできませんから。
シリコンのパワーにとどまる事無く、もっと可能性がないか、工夫は続けて行きたいですね。
Posted by 奈美恵 at 2013年10月22日 21:07
>普通の背丈の人と合わせた行動をとるためには、どうしても裏ゴムのパワーが無いと太刀打ちできませんから・・・

奈美恵さんのおっしゃるとおりだと思います。

春のお世話係の時が、まさにそんな感じでしたね。
もう一人のお世話係の方は、ヒール芯なしでもすらりとした着こなしで、グズグズしてると負担をかけてしまうと焦って動き回ったものですから、
自分では絶対に大丈夫と思い込んでいた裏ゴムの耐久性が、いとも簡単に崩れ去った感じでした。
でも今回のシリコンパワーで挑んだお世話係は違っていました。
会が始まってしばらくは、強すぎるパワーを気にしながら動いていました。
畳の上で踏ん張ったりターンするといけないという後ろめたい気持ちが少し残っていたのですが、
会が進むにつれてお世話係の仕事も忙しくなってきて、畳の上を強力な裏ゴムで動き回ってる後ろめたさなんて感じている暇がなくなってしまってました。
春の失敗を知っている友人が、『ユキ、大丈夫?手伝おうか?』って声を掛けてくれたのですが、小さな声で『シリコンだし、大丈夫よ』って言いました。
友人の装着しているヒール足袋も、シリコンでユキロンと同等の性能にしてあります。
声を掛けてくれたという思いやりがすごく嬉しかったです。
Posted by ユキ at 2013年10月26日 13:32
裏ゴムのパワーに余裕があると、本当に何でもうまくいっちゃう感じが嬉しいですよね。
お友達の優しい気遣いにも感動しちゃいました。

シリコンゴムで加工してから数回お出かけしていますが、ほとんど手間が掛からない感じも良いみたいです。
以前は、ちょっと無理したかな?って日の裏ゴムを点検すると、小さくひび割れしていたり、模様の奥にゴミが詰まっていたりしていたのに、
今は、専用足袋を手洗いしただけで、裏ゴムには軽くクリーナーをかけて終れるくらい手軽になりました。
練習メニューも、シリコンゴムの畳に優しい性質を引き出すための、和室内中心のものに変えています。
素早い早足で強めの急ブレーキを使ったり、爪先でグリッっと急ターンしたり、強力パワーだと何でも平気でこなせますよね。
和装のための秘密道具なので、畳の上で使えないと意味がないですもの。
Posted by 奈美恵 at 2013年10月28日 15:27
たしかに、シリコンにしてからは、裏ゴムの耐久性が上がった感じしますよね。
お世話係で忙しく動き回ったのにダメージを受けた箇所は見当たりませんでしたね。
泊りがけの旅行なんかに装着して出かけても、一日目をダメージ無しでクリアできたら、二日目の行動も安心って事ですものね。
今までは、日帰りのお出かけでしか装着経験がないものですから、今度試してみたいですね。
試せそうな気にさせてくれるだけのパワー感を伝えてくれてる感じがしますね。
『どんな床でもかっかってらっしゃい!』って気持ちになれるのが不思議です。
↑ヒール足袋を装着すると性格変わっちゃう私。(笑)
Posted by ユキ at 2013年11月03日 20:19
めっきり寒くなりましたよね。
この前、お出かけ先の廊下を歩いていて、あらためてシリコン裏ゴムの素晴らしさを実感しちゃいました。
以前の裏ゴムだと、冬場の冷たい廊下ではゴム質が硬くなるせいか、パワーが上手く出せずにとても怖い思いをしていました。
かかとを浮かせて爪先の裏ゴムにギュッっと圧力を集中していないと、不意にブレそうになったりグラついたりしていました。
でも、シリコンの突起模様の裏ゴムだと、そんな心配は皆無でしたよ。
最初は警戒して爪先に圧力を掛けていましたが、逆にパワーが強力すぎてつんのめりそうな感じの歩き方になってしまったので、
シリコンパワーを信頼してかかとをおろしてみたところ、ブレたりグラついたりしませんでした。
しかも、早足だって大丈夫そうな余裕のパワー感でした。
忙しく和室の畳と冷たい廊下を行き来しても全然平気で動き回っていられました。
シリコン裏ゴムなら、どんな動きもへっちゃらです。
春になったら、ぜひともブルーシートの上で動き回ってみたいです。
Posted by ユキ at 2013年12月16日 15:49
いろいろとあって、ご無沙汰してしまいました。

今年のお正月を振り返ってみました。
三が日は着物姿で過ごしたのはもちろんなのですが、親戚の子にまたまた差を付けられてしまいました。
私としてはシリコンゴムのふくらみ模様の出してくれる強力パワーのおかげで例年のお正月よりも気持ち良く過ごせていたのですが、
親戚の子が装着していたパワーヒール足袋には、新たな工夫がされていました。
膨らみ模様の周りにドーナツ状の膨らみ加工が追加されていて、試着させてもらった感じでは、未知のパワーという感じでした。
親戚の子の動きを見ても、すごくスムーズで、畳の上でもパワーをセーブしてそうな仕草がない様子でした。
もう、こうなったらナミロンにもドーナツリングを加工しないと、親戚の子に負けっぱなしですものね。
Posted by 奈美恵 at 2014年02月12日 11:56
裏ゴムのパワーって、どんどん進化していきますね。
私ひとりで工夫するのじゃなくて、いろんな人のアイデアを頂いて進化させていく方が効率的なんですよね。
>膨らみ模様の周りにドーナツ状の膨らみ加工
想像しただけでパワーが上がりそうです。
市販のヒール芯の高さだと安全性まで考えてあって、布底の専用足袋でも対応できるのでしょうけれど、それでも長芯の場合は不安がありますよね。
まして、長芯が爪先までカバーできる事を利用してさらにヒールアップさせているのですから、常に不安定さをガードしてくれる裏ゴムのパワー強化は必須ですもの。
ヒール芯って、元々写真写りをすらりと見せる為の道具であって、動き回る事まで想定していないと耳にしますが、
背の低い私にとっては、じっとポーズを取って立っているだけなんてありえないし、不自然だと思います。
ヒール芯を入れずともすらりとしてる方々と、遜色ない動きをしていたいと願うのも正直なところです。
そうなるためにも、パワーのキープ、アップ、そして日々の練習には熱が入ります。
絶対に人前で失敗をしたくないという熱い気持ちが強いですね。
私のユキロンにもドーナツリングを加工して、さらなるパワーアップを狙いたいです。
Posted by ユキ at 2014年02月16日 13:10
たしかに、パワーはいくら強力でも困らないと思います。
姪(親戚の子)の発想には脱帽しちゃいます。
今回のドーナツリング模様は、冬場に部屋の中で履いているルームブーツのゴム底をヒントに加工したそうです。
以前はスリッパのようなツルッとしたビニール製の底が付いていたと思ってましたが、最近のルームブーツにはしっかりしたゴム製の靴底が付いていて、フローリングの床でも滑らない仕様になっているようです。
そんなルームブーツを畳の部屋では履けないはずなのですが、材料にシリコンゴムを使う事で畳への優しさと強力なパワーを両立出来たみたいです。
試着させてもらった時の未知のパワーというのは、畳の上でも気を遣う事無く存分にパワーが使えた事だと思います。
畳の上で早足しても急ブレーキかけても全然ブレや滑りが無くて、今まで和室での動きの時に足先に神経を集中していたのがウソのように操作しやすい感じでした。
着物姿の時って、あまりはしゃいだり跳びはねたりはしないはずなのですが、試しちゃいましたよ。
着地の時、ヒールがグラついて怖い思いをしないように裏ゴムでギュッと踏ん張るのですが、爪先の裏で圧力を集中しなくてもしっかりと踏ん張れる余裕のパワーを感じました。
それでいて、畳に近づいて目の傷み具合を見ても全然大丈夫でした。
裏ゴムにとってシリコンというのは絶好の素材だと思います。
Posted by 奈美恵 at 2014年02月17日 09:35
お出かけ先の玄関で、先に来られた人が上がられるのを待っていたのですが、にわか雪でコートから落ちた雪の為に上り口の廊下が濡れていたみたいで、
飛び上がるように驚いている方が数人いらっしゃいました。
せっかく足袋カバーで白足袋が汚れないようにして来られたのに、廊下で底が濡れてしまうなんて、不運でしょうね。
私もユキロンの上の屋外用ユキカバーを外して上がりました。
雪粒で濡れた廊下を踏んでも、シリコンの裏ゴムならビクともしません。
念のためにヒールを少し浮かせる操作で爪先の高圧パワーで進みました。
こういう時って、パワーヒール足袋だとすごい優越感に浸れちゃうんですよね。
家の中で床が濡れてるなんて事、滅多にないはずなのに予期せぬ事態にも平気で対処出来る強さを感じます。
後から入られる方の為に、上り口が混むといけないので早足で廊下を進みましたが滑ったりグラついたりは大丈夫でした。
奈美恵さんの仰る未知のパワーを秘めたドーナツリングを加工すれば、もっとすごくなれるのかなって思うとワクワクしてきちゃいますね。
Posted by ユキ at 2014年02月22日 00:52
ナミロンの裏ゴムにもドーナツリングを追加加工しましたよ。
私も、パワーアップの加工をする時は、やっぱりワクワクするクチです。
オチビサンな私が、高いヒール芯に乗って自由に動こうとすると、裏ゴムのパワーは強いに越したことはありませんから。
パワーが強いとキビキビと動けるし、ヒールの安定性も高くなって気持ちも良くなりますよね。
実際、ゴムが乾いてテスト装着してみると、穴模様からふくらみ模様に加工した時よりも、今回のドーナツリング追加加工の方が数段パワーアップ感が感じられました。
柔らかいシリコンゴムが厚くなったせいか、足裏に感じるショックが少なくなって良い感じです。
自宅なので、畳の上で思いっきり動き回ってみました。
早足の時の安定性もさらに高くて、スピード上げていても急ブレーキが安心してかけられます。
ナミロンにとって過去最強パワーなのに、畳の上でも心置きなく動けるのは凄く嬉しかったです。
カーペットの上も試しました。ヒールが高いと、廊下→畳→カーペットと、床が柔らかくなるほど操作しづらい感じだったのですが、
恐る恐る早足と急ブレーキを試したところ、以前のようにブレそうになったりグラついたりしませんでした。
ユキさんにも、ぜひおすすめしたいです。
Posted by 奈美恵 at 2014年02月24日 00:28
ユキロンの未知のパワーアップ加工を始めましたよ。
ドーナツ形にふくらみをつけるのって、結構むずかしくて、やりはじめて10個目くらいのドーナツから、ようやく形になる始末でした。
姪御さんのパワーヒール足袋、すごく手間をかけていらっしゃるようですね。
でも、お出かけした時の事を想定すると、裏ゴムのパワーが安定して発揮できる事ほど安心できる事はありませんもの。
初期の頃、裏ゴムのパワーに信頼性が足りなかった頃には、人前でも上手く動けなくて何度も悔しい思いをしましたから。
すらりと変身するのが目的なのに、逆にヒールの不安定さがハンデになっていましたもの。
私の場合は、パワーアップしたらまず、お世話係でテストしたいですね。
焦って無理をして大切な裏ゴムを台無しにしちゃったことが大きく残っています。
そろそろ3月なので、目標は恒例ブルーシートお花見でのお世話係ですね。
Posted by ユキ at 2014年02月26日 12:41
ひそかに目標にしていたお花見会でのお世話係、今年も引き受けちゃいましたよ。
趣向を変えて、夜桜見物が予定されてるようです。
気になるのは、ユキロンのシリコンゴムドーナツ模様のパワーです。
最近暖かくなってきましたが夜風は冷たいし、冷えたシートの上をカバー無しのユキロンだけで長時間動き続けられるのか心配です。
もちろん、冬場の外出時の方が気温も低く、裏ゴムの弾力性が低下してパワーが出せないのですが、
その分カバーの裏ゴムを強化しているので、草履をキープするのは平気です。
夜の外気の中で冷たいビニールシートの上でお世話係で動き回れるだけのパワーが備わっていると良いのですが。
シリコンは温度変化に影響されず弾力性が落ちにくいそうですが、もしもの時の為にバッグの中にカバーも用意しておきたいと思います。
夜に庭にシートを広げて、ユキロンのパワーがどこまで強いのか確かめる練習もしておきたいと思います。
Posted by ユキ at 2014年03月28日 18:54
ユキさん、
シリコンのドーナツリングなら、きっと大丈夫と思います。
今年は雪の日のお出かけも多くて、歩いていると雪下駄と裏ゴムの間に雪が入り込んだりしてピンチになりかけましたが、
外出用カバーの裏ゴムは、リングの大きさや厚みを変えてナミロンよりパワーが強くなるように工夫していたので、
濡れた下駄の上でカバーがスリップすることもありませんでした。
自宅までの雪道を小一時間近く歩くはめになった事もありましたが、下駄のキープ力が落ちる事なく安心でしたよ。
自宅に着いた時、一度やりたかったテストもしました。
人目が無い事を確かめて、敷石に積もった雪の上をカバーの裏ゴムだけで直接歩いちゃいました。
早足や急ブレーキは無理でも、普通に歩くだけなら大丈夫でした。
振り返ると雪の上にドーナツリング模様の足袋型の足跡が残っていて、
室内用の足袋なのに靴かブーツを履いてるような不思議な気持ちになりました。
『こんな地下足袋で畳の上を歩いてるの?』って後ろめたい気持ちだったかも。
『不安定な高いヒール芯を安定させるための裏ゴムなんだから、やむをえない』と自分に言い聞かせてましたね。
ここ数年、普通の足袋はご無沙汰なので、パワーヒール足袋じゃないと安心できないのも事実ですね。
お世話係、がんばって下さいね。きっと成功しますよ。
Posted by 奈美恵 at 2014年03月29日 21:36
桜は満開ではありませんでしたが、夜桜見物は予定通り開かれました。
お世話係のほうは、お陰様で無事乗り切れましたよ。
今までのお世話係を振り返ってみると、どこか足元の事ばかり気にしていたようなのですが、
今回は、会が始まる直前や最初の数分間は気にして動いていたようですが、忙しくしているうちに裏ゴムのパワーの事なんか気にしている余裕もなくなっていました。
シリコンのドーナツリング模様が出してくれる強力パワーのおかげですね。
特に横方向の素早い動きにすごく強くなった気がします。
ヒールを高くしている分、不意に裏ゴムの横滑りが起きてしまうと酷くグラついてヒヤリとさせられる事が多かったのですが、
今回のお世話係の動きの中でも、無意識の内に横に動いたりしていても全然怖さを感じませんでした。
シリコンの裏ゴムなら、ブルーシート上だってどこだって平気で動いていられる感じです。
シリコンのアイデアを下さった奈美恵さんや姪御さんには、とても感謝しています。
ありがとうございました。
Posted by ユキ at 2014年04月01日 15:53
お世話係、成功されたようで良かったですね。
元々、長芯ヒール足袋を持て余していたのは私の方で、
裏に滑り止めを加工するユキさんの発想のおかげで自由に動けるようになったのですもの、
ユキさんやこのブログを開いて下さってる美月さんに感謝しなくちゃいけません。
私が姪をヒール足袋の虜にしたのに、姪の発想や工夫力に追い越される形で驚いている始末ですね。
ナミロンの裏ゴムより強力な上に、操作テクニックも中々のものでした。
若い子の運動神経には勝てないのは諦めるしかなさそうです。
唯一、勝とうとするなら、姪の裏ゴムよりもさらに強力な工夫をナミロンに加工するしかありませんね。(笑)
いずれにしても、パワーと操作練習が鍵なのでは?って思います。
私も横方向の素早い動きがマスターできるよう明日から練習したいです。
Posted by 奈美恵 at 2014年04月01日 23:38
横方向の素早い動きって、相当練習しましたよ。
シリコンの裏ゴムにパワーアップする前のユキロンだと、ちょっとキツい感じで、グラつきの不安が付きまとっていました。
お出かけ先では、なるべく横方向の動きを避けるように動作に気を遣っていましたよ。
パワーヒール足袋ですらりと変身できて気持ち良いはずなのに、前後にしか動けない不自由さを辛く思っていました。
でもシリコンドーナツ模様の裏ゴムパワーなら全然平気ですね。
パワーに余裕があると横に動いた後、ギュッっと踏ん張れるし、床に対して裏ゴムがブレないので安心です。
以前は、踏ん張ろうとしたら親指の付け根辺りの裏ゴムに意識して高圧パワーを押し付けて何とかブレない感じだったのですが、
今のシリコンドーナツ模様だったら、そんな意識をしなくても大丈夫みたいです。
パワーが強いと操作もかなりラクになるようですね。
万が一シリコンの裏ゴムパワーでもブレが出そうなら、高圧パワーでしのぐ事ができるゆとりがありますものね。
Posted by ユキ at 2014年04月11日 19:13
たしかに、シリコンの裏ゴムだと特に操作に意識しなくても普通にしているだけでパワーを出してくれるので安心して装着していられますよね。
長時間に渡る装着では、さらに強力なパワーの有難みをよく感じられます。
シリコンゴムに変える前のナミロンだと、長時間のお出かけや旅行などに装着して行くと、途中からパワーが弱くなってくる感じで、滑ったりブレたりしないようにかかとを浮かせてると、足が疲れてくるという悪循環でしたね。
シリコンゴムは丈夫な上に柔らかい仕上がりなので、畳の上でも遠慮なく強力パワーを使っていられるのも嬉しいですしね。
以前は、畳の上では思いっ切り使えなかった急ブレーキも、シリコンだと平気で使っちゃってますよ。
和服だと、畳の上こそが活躍の場なので、気兼ねなく自由に動ける事って、とても大事だと思いますから。
Posted by 奈美恵 at 2014年04月12日 16:38
私の場合は、今までの裏ゴムだったら装着して旅行に出かけるなんて考えられませんでしたよ。
二日連続で自宅からお出かけという場合でも、自宅に戻ったらどんなに疲れていてもユキロンの点検を済ませてから休むようにしてました。
そうでないと、もし大切な裏ゴムが傷んでしまっていて、知らずに二日目に装着すれば大失敗につながる不安がありましたから。
泊りがけの旅行となると、旅先のお部屋で裏ゴムを点検したり補修しないといけないなんて考えると、道具も持ち込まないといけないし、
とても大がかりになってしまうと想像していましたから。
でも、今のシリコンの裏ゴムだったら二、三日連続で装着しても耐えられそうな気がしていて、旅行にもチャレンジしてみたいですね。
最小限の補修道具や万が一の時に備えて室内用カバーくらいは持ち込むかも知れませんが。
何しろ、市販品を加工して高くしたヒール芯とそれを支える裏ゴムのついた専用足袋という特別な物を装着している以上、人前ではそれらが原因で失敗するのはとても恥ずかしい事だと思っていますから。
心配性なんですね。
Posted by ユキ at 2014年04月13日 15:36
私は何度かナミロンを装着して旅行に行きました。
でも、いつもお出かけする先のお座敷とは勝手が違っていたりして、室内用強化カバーを被せたまま外せない事とかもありましたよ。
当時のナミロンのパワーでもすごせたはずなのですが、念には念を入れてナミロンより強力な裏ゴムに仕上げたカバーを装着していたように思います。
観光中に、普段は歩く事のない坂道があって、不意にマジックテープが弾けてしまって、大ピンチになりかけた事もありました。
ヒール芯が高い上に、草履の高さも加わってグラグラの状態になって、とても怖い思いをしました。
テープが取れてしまうと、いくらカバーの裏ゴムにパワーがあって草履を強くキープ出来ても普通に立っている事すら難しい怖さでした。
自由行動になって化粧室に辿り着くまでは、まるで生き地獄のようでしたよ。
そんな経験から、裏ゴムのパワーのほかに固定具の強化も視野に入れたほうが、より安心できると思います。
Posted by 奈美恵 at 2014年04月15日 09:34
裏ゴムのパワーがすごく強力になって、ギュッっと踏ん張ったり急ブレーキで止まったりが安心して出来るようになった分、固定具の負担も大きくなりますよね。
シリコンゴムじゃなかった頃の非力なユキロンの時でも、無理をして足首テープが緩んだり、外れちゃう大ピンチは何度もありました。
いちばんピンチだったのは、ツルツルの廊下でテープが外れてしまい、滑らないように爪先の裏ゴムで高圧パワーを出そうとしても踵が上手く浮かせられず不安を感じました。
パワーヒール足袋の秘密をひた隠しにしていた時期だったので、大ピンチの辛さを誰にも打ち明けられず、余計に辛く感じてました。
なので、パワーヒール足袋でピンチになったり、人前での失敗は許されないと思っていて、常に完璧にしておきたいのが本音ですね。
Posted by ユキ at 2014年04月21日 21:09
さっき、横に素早く動いて急ブレーキで踏ん張る練習をしていたら、以前に塗り重ねていた裏ゴムがバイアステープに塗った縁ゴムのところで剥がれてしまって、危うく転びそうになっちゃいました。
お出かけ中のトラブルじゃなくて、その点では救われているのですが、肝心かなめの裏ゴムが無残な姿になってすごく悔しい気持ちです。
よく見ると、剥がれた部分と、繋がってる部分の境目で折れ曲がって千切れそうなまでのダメージになっていました。
もしも、お出かけ先でこんな事になっていたらって想像するとゾッっとします。
何度かに渡って新しいゴムを塗り重ねていたせいか、ゴム同志の食い付きが悪くなっていたのでしょうか。
床に接する面はシリコンの強力なパワーで滑らなくなったのに、上にある古いゴム層はシリコン層を支えられずに裂けてしまった感じですね。
いつも私の脚の下で支えてくれているナミロンに申し訳ない気分で凹んでいます。
Posted by 奈美恵 at 2014年04月25日 14:06
凹んでいても何も解決しないので、ナミロンの裏ゴムを補修し始めました。
剥がれた裏ゴムの厚みは5mm位になっていたので、今度もそれくらいは厚くしようと思います。
一気に厚塗りできないので3mm程のゴム板を挟むやり方に決めました。
ナミロンの布底の部分にゴム用接着剤をたっぷりと塗って足袋底の形に切り抜いたゴム版を貼り付けました。
白いナミロンと、黒いゴム板の対比が、とてもパワフルに見えました。
ツルッとしたゴム版にシリコン層が食い付かないと、また剥がれる危険性があるので、ペーパーで細かい傷をつけてからシリコンゴムを塗りました。
液体ゴムの厚塗りは、中心が乾いてくれるまで次の加工ができずに時間が掛かっちゃいますが、ゴム板で3mm厚くできたので、
ナミロン本体とゴム板の接着が乾くまでに、シリコンを塗り始めても大丈夫みたいですね。
ただ、ゴム板にすると重くなっちゃいました。
でも、パワーヒール足袋って、元々重装備感があるので、あまり気にしません。
重たい方が床に密着する時の圧力を上げれそうなので、パワーアップできそうです。
Posted by 奈美恵 at 2014年04月27日 17:42
裏ゴムのトラブル、大変でしたね。
私も、ユキロンが突然つぶれたりしたら確実に凹むと思います。
徐々に塗り重ねて来た液体ゴムの層を短時間で補修するのは無理ですよね。
ゴム板で厚みを稼ぐ方法は賢明だと思いますよ。
ある程度厚みを付けておかないと、廊下などで硬いヒール芯が床に当たる音が大きくなっちゃいますものね。
ユキロンの場合も、ヒール芯や専用足袋を合計すれば、かなりのズッシリ感がありますが、安心して装着していられる為の工夫なので仕方ないと割り切っています。
長時間に渡って動き続ける場面でも、重たいからと言って苦痛に感じた事はありません。
変身できるという気持ち良さや優越感が苦痛を上回ってるのでは?と思います。
Posted by ユキ at 2014年04月28日 20:02
修理の終わったナミロンを装着して、早速お出かけしちゃいましたよ。
というか、お出かけの予定を入れていたのにも関わらず突然裏ゴムが剥がれたので、かなり修理に焦っていた次第です。
近場のお出かけ先はだいたい2、3ヶ所で決まっているのですが、今回のところだけは、私的に拘りのある所でしたから。
ユキさんの工夫をこちらで拝見する以前の、市販状態の長芯ヒール足袋で挫折した所でした。
廊下の滑り具合なんて、どこも同じようなものだと思うのですが、私が買った状態のままの長芯ヒール足袋初お出かけで怖い思いをしたトラウマなのでしょうか、
そこの廊下は裏ゴムが無いとまともに歩けないと信じ込んでしまってるようで。
なので、そこへお出かけする時は、いつもリベンジの気持ちが湧いてきて、つい熱くなっちゃいます。
今回は、ギリギリ修理が間に合って、テストも練習もそこそこにお出かけしたので、少し心配な部分もありましたが、
ゴム板を使った弾力性のおかげなのか、廊下でも余裕のパワーでした。
シリコンの力強さをアシストしてる感じですね。
畳の和室に入っても平気でパワーが使えるのも気に入ってますよ。
Posted by 奈美恵 at 2014年05月02日 14:43
お出かけの予定があるのに壊れてしまったんですね。
私もそんな場面に出くわせば、おそらく焦るでしょうね。
ゴム板とシリコンの弾力性、凄く気になっちゃいました。
あらためてユキロンの裏ゴムを見てみると、塗り重ねた液体ゴムの表面にシリコンを塗った状態では柔らか過ぎる気がしました。
柔らかいゴムのほうが密着力があってパワーも上がると思っていましたが、
真ん中はしっかりと接着できてるようですが、外周のところどころに小さなめくれかけの部分を見つけてドキッっとさせられました。
見なかった事にしちゃおうって思ったのですが、もし、お出かけ中にめくれてしまったらって思うと怖いので、とりあえず補修しました。
なので、ある程度の硬さと弾力性のバランスが欲しくなって、ゴム板が気になっちゃいました。
思い切って奈美恵さんのと同じゴム板にバージョンアップしたいですね。
ホームセンター行って、ゴム板見てみますね。
Posted by ユキ at 2014年05月06日 12:02
ゴム板を買いに行ったのですが、色が黒しか見当たりませんでした。
丁度、足袋底二枚分取れるくらいの大きさだったので、それに決めました。
せっかくのシリコンゴムの模様をわざとめくるのは気が引けちゃいますが、さらなるパワーアップのためには仕方ないですね。
今の裏ゴム模様のレイアウトをデジカメで記録して、次も同じような模様にしたいと思います。
横方向の動きの時、安心して踏ん張れるように、縦長のミゾ模様を追加しようと考えています。
そうなると、早足や急ブレーキの時、前後のパワーを無くしちゃいそうなので、縦長、横長のミゾ、前後左右に効きそうなドーナツリングの配置をバランス良くしたいですね。
あーでもない、こーでもないって、工夫を考えてる時って、パワーヒール足袋をやり始めて数年経った今でも、ワクワクしてきちゃいますね。
私の趣味の和装の中の一部がパワーヒール足袋なのですが、今となってはパワーヒール足袋が大きなウエイトを占めちゃってます。
和装する時はパワーヒール足袋無しでは考えられません。
パワーヒール足袋で変身していたいから和装すると言った方が近いですね。
Posted by ユキ at 2014年05月11日 10:03
裏ゴム模様の写し方なのですが、デジカメで記録というところがスマートで良いですね。
私は、剥がれてない方の裏ゴムにお習字の半紙をあてて固定し、4Bの鉛筆の横部分で模様の突起に擦り付けて残しました。
デジカメに比べて、すごい原始的ですね。(汗)
お出かけの予定日まで時間が迫っていたので、同じ模様を再現するのがやっとで、横方向のパワーアップまでは気が回らず残念です。
全体としては、以前とは数段にパワーアップできているのに、横方向の踏ん張りパワーだけが少ししかアップしてない気もしますね。
横方向の急ブレーキを使おうとすると、無意識に爪先側の裏ゴムだけ押し付けて高圧にしてしまってる感じで、
意識して踵側の裏ゴムも押し付けて止まろうとすると、ほんのわずかにブレる怖さがあります。
自宅の畳だと、高圧力のパワーを使っても大丈夫なのですが、お出かけ先の畳だと、いくら柔らかいシリコンゴムでも遠慮しちゃってパワーが出し切れないかもって思います。
気持ちの問題でしょうか。
シリコンなら、畳の上でも傷つけることなくパワーを使っていられるって言い聞かせているのですが。
すらりと変身できて、自由に動き回れる安心パワーがあって、最強秘密道具の名に相応しいパワーヒール足袋なのですが、メンタルな面や、マナーの面で、ちょっぴり弱点があるところが可愛らしくてならないと思っています。
Posted by 奈美恵 at 2014年05月11日 22:29
私は、ヒール足袋を装着し始めた最初の頃と比べて、随分とずうずうしくなってしまったような気がします。
裏ゴムを付けてしばらくの頃には、階段を上がる時、他の人が上がり終えていちばん最後に上がるようにしてました。
階段の下からだと裏ゴムが丸見えになっちゃうので、パワーヒール足袋の秘密が守り通せないからです。
最初の頃って、高いヒールを安定させるための裏ゴムに恥ずかしさを感じてたと思います。
なのに、装着の回数を重ねる毎にずうずうしくなってきて、畳を傷つけちゃうかも知れないのに早足したり、急ブレーキしても何とも感じなくなってきました。
本当はマナーに違反してるのかもわかりませんが、高さのあるヒール芯で自由に動き回る為には、強力な裏ゴムが無いと絶対ダメなんですよね。
パワーは強力なのにマナーに弱いと仰る奈美恵さんの気持ち、よくわかります。
Posted by ユキ at 2014年05月14日 21:32
私だって、相当ずうずうしいのかな?って思っちゃいます。
パワーヒール足袋を装着して着物を着ていると、ずうずうしいどころか、自分が強くなった気分になります。
お出かけ先でも、最初の内は大人しくしていられるのですが、お友達と盛り上がったりすると我を忘れてしまってるようで。
いくらなんでも、着物姿で飛び跳ねるのは、はしたないですよね。(汗)
硬いヒール芯に乗ってるのに、畳の上で飛び跳ねたりしたらどうなるのか、わかっていて、いつも家に帰ってから反省するのですが、
楽しいお出かけ先では、つい忘れがちになるようです。
作法の厳しいお茶会では無いところなので、助かってるのかも知れません。
そういう厳しいところへも参加した方が良いのでしょうか。
Posted by 奈美恵 at 2014年05月19日 11:43
インターネットでいろいろと検索していたら、『すべり止め付き足袋』というのを発見しました。
早速、通販してみました。
ヒール芯を入れられる専用足袋の型ではないので、私の足より少し大きめを注文したところ、ストッレッチ素材の効果で、3.5cmの市販のままの長芯を入れてもコハゼがしっかり留められました。
すべり止めの効果を確かめたくて、早足や急ブレーキ、横移動で急ブレーキといった、いつものテストをしてみました。
布底にゴムのツブツブが全面に植え付けられたすべり止めなのですが、パワーは相当なものでしたよ。
ユキロンの裏ゴムパワーにも匹敵するくらいのパワー感でしたね。
足袋の型が普通の型なので、市販の3.5cmのヒール芯より高い物は無理かも知れませんが、気軽に装着して出かけたい時なんかには、重宝しそうです。
マジックテープも爪先ポケットも無い普通のヒール芯なのに安心して動いていられるところが良かったですよ。
Posted by ユキ at 2014年07月03日 13:57
ユキさんの探し出された足袋について検索しちゃいました。
以前から、子供用のコハゼの無い小さいサイズで滑り止めが付いた物があるのは知っていましたが、
まさか、大人用のサイズが発売されていたとは、知りませんでした。
ヒール芯を入れるか入れないかは別として、『すべり止め付き足袋』を買って愛用されてる方々は、
畳の上で裏ゴムを使って動き回る私たちと同じ感覚を体感しておられると考えたら、少し気持ちが楽になりますよね。
正座の画像を見ても、足袋底がまる見えなのに滑り止めのゴムがさほど目立たない感じもしますね。
ユキさんの仰るように、3cmのふつうの長芯を手軽に装着して出かけられるというのも良さそうですね。
なにせ、長芯の場合は何らかの滑り止めが無いと話にならないくらい危険な代物ですからねぇ。
私も欲しくなってきました。
我がナミロンの誇るシリコンのパワーとどっちが強力なのかも気になりますし。
Posted by 奈美恵 at 2014年07月06日 13:45
ちょっとしたお出かけの時は『すべり止め付き足袋』+加工無しの長芯ヒールで出かける機会が増えましたよ。
足の長さは、ユキロンの時より短くなってしまうのですが、低いヒールとすべり止め底のパワーが相まって、ヒールの操作を意識しなくても動けるのが楽な感じですね。
ただ、自由に動きすぎた時、5枚コハゼに長さだとちょっとした裾まくれでもタイツが見えてしまわないか心配なのと、
爪先ポケットが内装されてない軽装備なので、ちょっと心配になる事もあります。
そんなに足先をどこかにぶつけたりするケースって、あるわけじゃないのですが、重装備のユキロンだと、ぶつけても全然平気でしたから。
総合的にみると、『すべり止め付き足袋』は使い勝手も良くて、気軽にヒール足袋を装着していられる点で、買ってみて良かったと思います。
お世話係の動きでも長時間耐えられるのかチャレンジしてみたいですね。
Posted by ユキ at 2014年08月09日 15:10
『すべり止め付き足袋』+加工無しの長芯ヒールでお世話係にチャレンジしてみました。
ヒールのブレや動き辛さの心配はありませんでしたが、5枚コハゼの丈と、爪先ポケットが無い事による不安があるせいか、
ユキロン装着の時のように動いていられない感じが付きまとってしまいました。
ただ、今までのユキロンの装着時間が圧倒的に長くて、慣れ不慣れから来る感覚なのかも知れません。
荷物がかさばるのを承知で、ユキロン一式をバッグに入れて持ち込んでいたので、後半は化粧室でこっそりとユキロンに履き替えちゃいました。
お世話係なので、念には念を入れて、よりパワーの強力な室内用カバーも装着。
やっぱり履き慣れたユキロンだと動きやすさがアップしましたよ。
しばらく『すべり止め付き足袋』ばかりで、ろくにユキロンを装着していなくても、いざとなると動けるものですね。
ましてや、お世話係の忙しい動作なのに市販品より高さのあるヒール芯でも平気で動けるのが凄いと、改めて感動しちゃいました。
前半、ぐずぐずしていた分を取り返さなくてはと、カバーの強力な裏ゴムパワーで動き回っちゃいました。
畳の上なのに、お世話係にかこつけて、早足や急ブレーキもお構いなしでした。
カバーの裏ゴムだと、少しは畳を傷めてしまっていたかも。その点は反省しないとダメですね。
Posted by ユキ at 2014年08月27日 22:59